キャッシングとは?審査基準・金利・返済・口コミをそれぞれ比較

2018最新版
おすすめのカードローン10社を目的別に比較してみましょう
キャッシングとは?審査基準・金利・返済・口コミをそれぞれ比較

キャッシングには一般的に2種類あります。

クレジットカードに付帯しているキャッシング機能を使って、ATMやCDからお金を借りる場合か金融機関が発行しているローンカードを使って借り入れする場合に分かれます。

どちらも借入限度額は数万円から数十万円の小口融資がメインと言えます。返済方法は、翌月一括払いや残高スライドリボルビング払いで金利は少々高めなのが一般的です。

また、キャッシングは主に銀行やノンバンクが発行するカードを使って借入限度額の範囲内で原則何度でも借りることができます。

昨今では総量規制の影響もあって、ご自分の生活に合わせてスマートにキャッシングを利用している方が非常に増えています。

これからキャッシングする方は口コミなども参考にしながらしっかりと理解して上手に利用しましょう。


目次

各種キャッシングのメリット・デメリットを比較

まずはキャッシングのサービスを提供してる会社を解説していきます。

キャッシングする時に重要なのは、ご自分の状況と金融機関のサービスを照らし合わせて、適切なキャッシング会社を選ぶことです。

各金融機関のキャッシングのサービス内容は、融資スピードが早いところや無利息期間があるところ、低金利や高限度額などをうりにしてるところなど、金融機関によって様々です。

メリットやデメリットも考えながらまずは主要なカードローンをキャッシング比較しながらサービス内容を理解していきましょう。

  • SMBCモビット

    SMBCモビット
    実質年率最高限度額審査時間最短融資
    3.0%~18.0%800万円最短30分最短即日も可能
    アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
    ○※①簡単お借入診断

    SMBCモビットは日本三大メガバンクのひとつである三井住友銀行グループの会社です。

    お申し込みから契約後の借入れまで一切誰とも顔を合わせずに済ませられるWEB完結申込みがあるので、誰にもバレずにキャッシングすることができます。

    またSMBCモビットは審査スピードがとても早いことで有名で、急な出費にも対応してくれます。

    しかもSMBCモビットは利用者目線でサービスを行っているため、プライバシーに最大限の配慮をしてくれています。

    誰にもバレずにキャッシングしたい方にはオススメのキャッシングと言えるでしょう。

    ■メリット

    ・web完結申込ができる

    ・審査スピードが早く、即日キャッシング可能。

    ・全国各地に自動契約機が設置されている

    ■デメリット

    ・最大金利が高い

    ■まとめ

    長期での借り入れをお考えの場合は、低金利のキャッシングをした方が良いですが、お急ぎの方や短期での借り入れの場合はSMBCモビットが適しているでしょう。

    また、WEB完結でお気軽にお申し込みすることができます。

    ご相談などはこちらの0120-03-5000(窓口)からもお問い合わせすることができます。

      • モビット※① 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
      • モビット※② 14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
      • モビット※③ アルバイト・パートを含む安定した収入がある方
    • プロミス (SMBCコンシューマーファイナンス)

      プロミス
      実質年率最高限度額審査時間最短融資
      4.5%~17.8%500万円最短30分最短1時間融資
      アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
      可能 ※①50万円まで※⑤簡単3秒診断30日間無利息 ※②

      当サイトお申込件数No1で圧倒的な人気を誇るキャッシングです。

      SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)はSMBCグループなので安心感があり、信頼性も十分です。

      最短融資1時間で審査も最短30分ですので審査時間や融資時間は業界トップクラスのスピードと言っても過言ではありません。

      更に希望額が50万円以下なら収入証明書不要でキャッシングが出来ます。

      また、初めてのご利用の方には30日間無利息のサービスがあります。

      更に希望額が50万円以下なら収入証明書不要で借入が出来ます。要するに身分証明書だけの借入も可能となっております。

      郵送物を不要にもできますし、申込完了後オペレーターに相談すれば在籍確認にも最大限配慮しています。申込み者と同じ目線で融資相談に乗ってくれます。

      20~30代の若年層の方に人気が高いことでも有名です。

      ■メリット

      ・融資までの時間がとにかく早い

      ・初めての方は30日間無利息

      ・カードレスでも対応可能で在籍確認にも配慮してくれる。

      ■デメリット

      ・金利は少し高め

      ・総量規制対象

      ■まとめ

      おまとめなどの大口や長期的な借入には不向きですが、少額や短期的な借入には適してると言えます。融資スピードも早いので、お急ぎの方は是非検討してみましょう。

      ご相談などはこちらの0120-24-0365(窓口)からもお問い合わせすることができます。

        • プロミス ※①主婦・学生:安定した収入がある方に限る。
        • プロミス ※②30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
        • プロミス ※⑤新規申込のお客さまでプロミスのご利用限度額が50万円を超えるお客さまは収入証明書類の提出が必要です。
      • アコム

        アコム
        実質年率最高限度額審査時間最短融資
        3.0%~18.0%800万円最短30分最短1時間融資
        アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
        ○ ※①簡単3秒診断最大30日間無利息

        初めてのアコムのCMでもお馴染みの消費者金融系キャッシング!

        アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループで、マスターカードがライセンスを与えている日本国内唯一の消費者金融です。

        ローンカードにクレジット機能を付けることもできますので利便性も高いと言えるでしょう。

        また、審査時間や融資時間は業界トップクラスのスピードですので、最短1時間での融資も可能となっています。

        急な出費や今すぐお金が必要な時に心強い味方となってくれるでしょう。

        またはじめての方なら30日間無利息でキャッシングも出来ます。

        さらに、eメールサービスや24時間返済可能なインターネット返済など、サポート体制も充実しております。

        クレジット機能サービスもあいまって、20~30代の若年層から圧倒的な支持を得ています。

        ■メリット

        ・ローン機能とクレジット機能が1枚のカードで利用可能

        ・融資までの時間がとにかく早い

        ・初めての方は30日間無利息

        ■デメリット

        ・金利は少し高め

        ・総量規制対象

        ■まとめ

        低金利ではないので高額の融資や長期的なキャッシングにはあまり向いておりませんが、クレジット機能も付いているのでキャッシングせずにローンカードを持っているだけでもいざと言う時に助けてくれる味方になってくれるでしょう。

        ご相談などはこちらの0120-07-1000(窓口)からもお問い合わせすることができます。

          • アコム※① 希望額が50万円以上の場合、収入証明書の提出が必要です
        • アイフル

          アイフル
          実質年率最高限度額審査時間最短融資
          3.0%~18.0%800万円最短30分最短1時間融資
          アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
          50万円まで簡単1秒診断初回限定30日間

          消費者金融キャッシング大手であるアイフルは、アコムやプロミスのように銀行傘下に入ることなくあくまでも独自路線を貫き、独自のスコアリングシステムによる与信ノウハウで全国に店舗を展開しています。

          アイフルは初めてご利用の方なら最大30日間利息0円のサービスがありますし、審査が最短30分で完了するなど、初めてキャッシングを利用する方に嬉しい特典がたくさんあります。

          最短融資1時間でキャッシングできますし、希望額50万円以下なら収入証明書も不要です。

          キャッシングは少額の利用の方にも適してます。

          また、カードの受け取りにも配慮してくれていますので、誰にも知られずにカードの受け取りが可能です。

          ■メリット

          ・30日間金利無料サービス

          ・最短30分での審査回答で、即日キャッシングも可能!

          ・おまとめローンがある。

          ■デメリット

          ・金利が高い

          ■まとめ

          有人店舗の少なさや、最高金利の高さといったデメリットもありますので、お急ぎの方や、短期でのお借入れをお考えの方、また、おまとめを検討中の方にはおすすめのキャッシングです。

          ご相談などはこちらの0120-201810(窓口)からもお問い合わせすることができます。

            • アイフル※① アイフルの利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合。
          • 評判でおすすめのキャッシングを確認していきましょう

            どこでキャッシングしたらいいか迷っている時はスペックを比較して自分に適したキャッシングを選びましょう。

            また、どこでキャッシングするべきか分からない時は自分がどのポイントを一番重要視しているのかを認識しておくことが重要です。

            その為に、各キャッシングの口コミや審査基準、申込み方法など細部に至るまでなるべく把握してくことが大切です。

            キャッシングした後も無理のない返済をしていくためにしっかりと理解しておくことをオススメいたします。

            人気のおすすめキャッシングをランキングで確認

            キャッシングをする際には利用者の口コミや評判なども参考にしてみましょう。

            実際に利用されている方の声にはご自分の状況に近いものもあります。

            当サイトでは利用者が多いキャッシングや口コミで評判のキャッシングをランキングにして紹介しておりますので此方のキャッシングランキングも確認してみましょう。

            このランキングは実際の利用者の方の口コミなどを参考に構成しているので、これから利用する方にもタメになるのではないでしょうか。

            キャッシング利用者の口コミも参考にしましょう

            実際に利用された方の評判は非常に重要です。

            先述の通り、口コミや評判には利用者の状況を投稿している場合が多いので、いくつか参考にしてみると中には自身の状況に近い口コミを見つけることができます。

            公式サイトの情報だけでは分からない部分や、人それぞれで金利などの貸付条件が変わる場合もあるのです。

            また、公式サイトに審査時の対応など詳細は記載されていません。

            審査に関しては実際にキャッシングの審査を経験した人でないとわからない部分もあるので、是非、参考にすると良いでしょう。

            金利などの条件は年齢や借入金総額によっても変わってくる場合が多々ございます。

            在籍確認方法や必要書類なども実際には記載通りでないケースはよくあります。

            オペレーターの対応なども口コミなどからでないと一切情報は入ってきません。 当サイトでも皆さまからのキャッシングの口コミを頂戴しております。

            此方のキャッシング口コミも是非参考にしてキャッシングのことを更に詳しく知っておきましょう。

            おすすめのキャッシングを一括比較してみましょう。

            おすすめのキャッシングを一括比較してみましょう。

            ご自身の借入目的や金額、利用用途から比較してみるといいでしょう。

            キャッシングによっても提供してるサービス内容はかなり変わってきます。

            借入時間、金利、利便性などご自身がキャッシングのどこに一番比重を掛けているのか考えながら比較してみましょう。

            サービス名実質年率借入限度額審査スピード融資スピード詳細ページ
            収入証明書不要事前診断無利息期間アルバイト申込
            プロミス

            プロミス

            4.5%~17.8%500万円最短30分最短1時間融資詳細はコチラ
            50万円まで簡単3秒診断30日間無利息 ※② 可能 ※① 公式ページへ
            プロミスレディース

            プロミスレディース

            4.5%~17.8%500万円最短30分最短1時間融資詳細はコチラ
            50万円まで不要簡単3秒診断30日間無利息 ※② ○ ※① 公式ページへ
            アコム

            アコム

            3.0%~18.0%800万円最短30分最短1時間融資詳細はコチラ
            簡単3秒診断最大30日間無利息○ ※① 公式ページへ
            アイフル

            アイフル

            3.0%~18.0%800万円最短30分最短1時間融資詳細はコチラ
            50万円まで簡単1秒診断初回限定30日間公式ページへ
            安心のメガバンクキャッシング!ATMも豊富で利便性は抜群です。
            みずほ銀行カードローン

            みずほ銀行カードローン

            年2.0%~年14.0%※① 800万円詳細はコチラ
            公式ページへ
            低金利のネット系銀行キャッシング!

            オリックス銀行カードローン

            1.7%~17.8%最高800万円詳細はコチラ
            可能公式ページへ
            公式ページへ
            • プロミス ※①主婦・学生:安定した収入がある方に限る。
            • プロミス ※②30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
            • プロミスレディース※① 主婦・学生:安定した収入がある方に限る
            • プロミスレディース※② 30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
            • アコム※① 希望額が50万円以上の場合、収入証明書の提出が必要です
            • アイフル※① アイフルの利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合。
            • みずほ銀行 ※①住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。
            • 三菱UFJ銀行 ※①学生の方は10万円、ご本人に収入がなく配偶者に収入のある方は30万円以内となります。
            • 三菱UFJ銀行 ※②審査結果のご連絡は9時~21時(土日祝日は9時~17時)までとなります。お申し込みの受付時間、審査状況によっては、審査結果の回答が翌日以降になる場合があります。

            気になるキャッシングの時の審査基準や審査時間を確認しましょう

            いざキャッシングしたいと思っても、審査基準などが分からないと、ただただ、ご自分の信用情報を傷つけることになるかもしれません。

            信用情報とは、利用者の現在や過去に金融事故や延滞履歴などがあるか確認できるものです。銀行キャッシングや消費者金融キャッシングはお申し込み者の審査をする際に、必ず信用情報機関に照会して申込み者に貸付できるかの参考にしています。

            つまり、過去に金融事故を起こしている場合は、審査通過が非常に厳しくなる可能性が高いです。反対に、そういった事故歴が無い場合は金融機関側からすると良い印象になります。

            もちろん、それ以外にも年収や雇用形態などの属性にも左右されます。

            また、審査時間などは人によって違いますが、ある程度は把握しておかないとお急ぎの場合は急な物入りの時に対応することが難しくなってしまいます。

            お金に困っている時だからこそ、やみくもにお申し込みするのではなく、しっかりと把握しておきましょう。

            これは各キャッシングによって大きく変わってきますので、各キャッシングの口コミやキャッシング審査などを参考にしてみると良いでしょう。

            キャッシングの審査基準は?

            キャッシングする時の審査基準はどうなっているのでしょうか。

            キャッシング各社が審査時にお客様のどこの部分を気にして確認しているかを抑えていきましょう。

            ①.現状の借入件数と借入金額

            これは申込み時に記入する用紙に必ず記入する欄があります。

            信用情報機関に照会すればすぐにわかることなので虚偽の申告をするのはやめておきましょう。

            ②.過去のお支払い状況

            現在、借り入れが無くても過去のお支払い状況まで信用情報を照会されます。

            現在滞納中の方やお支払いが滞っている方、過去に自己破産や債務整理がある方などは審査通過は厳しくなってしまうでしょう。

            ③.勤務先と勤続年数。そして保険証

            お申し込み者がどこの会社にどれくらいの期間お勤めなのかを確認します。

            また保険証の種類も確認する場合もあります。 ここは審査においてかなり重要視されるところです。一般的に審査で有利なのは下記の通りと言われています。

            公務員>会社員>契約・派遣社員>アルバイト・パート

            保険証も国民健康保険より社会保険の方がより評価が高いです。

            勤続年数も長ければ長いほど、評価が高くなります。

            さらに企業の信頼が高ければ審査通過の可能性は更に高まります。

            ④.借入希望額と年収

            高額の融資を希望された場合、キャッシング会社によっては収入証明書の提示を求められるケースがあります。

            収入証明書の提示を求められることも考えて収入に関しては虚偽の申告は控えましょう。

            また必要額以上の申し込みも良くありません。借りた後に返済実績を積めば限度額は徐々に上がっていきます。

            ある程度の期間、返済実績を積んだら増額申請しましょう。

            ⑤.お住まい・連絡先

            ご自宅が賃貸なのか持家なのか、実家住まいなのか、一人暮らしなのかによっても評価が変わってきます。借家や一人暮らしの方は出ていくお金も多いことから評価は低くなります。

            逆に実家暮らしの方は出ていくお金も少ないことから、返済するお金は多いと言うことで高く評価される場合があります。

            連絡先も自宅なのか携帯だけなのか、キャッシング会社としては何かあった時に連絡を取りやすい方が評価が高いです。

            自宅と携帯両方ある場合の方が評価は高くなると言えるでしょう。

            ■1と2に関しては信用情報機関にキャッシング会社から照合すれば簡単にわかってしまいます。 借入件数や借入金額などは正直にお伝えするようにしましょう。

            ※注意※

            以前キャッシングにお申込したことがある方は、お申込した際のデータが信用情報機関に残っている場合もあります。

            以前申し込みした内容と差異がある場合はよくないので以前の申し込みした内容に沿う形でお申込するようにしましょう。(勤続年数などによく見られます) またお申込ばかりしているとお申込ブラックという評価になってしまいます。一度キャッシングの審査に落ちてしまった場合は残念ですが最短でも半年はお申込し込みを控えましょう。

            キャッシングの審査時間は?

            キャッシングする際の審査時間はキャッシング会社によって変わります。

            おおまかに言うと銀行よりも消費者金融の方が審査スピードが早いことが多く、融資を行ってくれる可能性が高いです。

            銀行キャッシングでキャッシングする場合は、銀行によって即日キャッシングが可能なところと融資まで数日かかるところがありますので注意が必要です。

            とにかくお急ぎでキャッシングしたいという方は、消費者金融キャッシングの方がおすすめです。

            ・最短審査30分

            プロミス、アコム、アイフル、三菱UFJ銀行

            キャッシングする時の在籍確認は?

            ほとんどの金融機関でお申し込みする時の審査の際に一回だけ必ず在籍確認があります。

            在籍確認とは、お申し込み者が本当にその会社に勤務しているか確認するものです。

            在籍確認の確認方法は勤務している会社に電話して呼び出すというものになりますが、キャッシングだとか借金のことは特に言われません。

            基本的にはそこは隠して個人名で電話をしてきてくれます。

            ですので、会社の同僚などにはバレずに終わらせることができるでしょう。

            さらに電話連絡なしでキャッシングできるところもあります。

            例えばSMBCモビットはWEB完結申込みなので、その希望を言えば電話連絡なしでの貸付をしてくれる可能性もおおいにあります。

            キャッシングする際の保証会社

            銀行キャッシングの多くに保証会社がついています。

            銀行キャッシングにお申し込みする際は確認しておきましょう。

            ・良く利用されてる保証会社

            プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)、アコム、オリックスクレジット、新生フィナンシャル、オリエントコーポレーション

            銀行はこういった保証会社をつけることで、貸し倒れなどのリスクを軽減しています。

            また、保証会社が保証してくれるので担保や保証人は不要になりますが、保証会社の審査も通過しなければいけませんので、消費者金融キャッシングよりも銀行キャッシングの方が審査は厳しいと言われています。

            即日でキャッシング出来る?必要書類は?

            キャッシングまでの時間はどれくらい掛かるのでしょうか?

            消費者金融キャッシングや銀行キャッシングなど、キャッシングによって融資時間は変わります。必要書類を予め用意しておけば融資までのスピードは更に早まりますので、お申し込み前にしっかりと準備しておきましょう。

            即日キャッシングできるキャッシングは此方のキャッシング即日でより詳しく掲載しておりますので確認してみましょう。

            即日キャッシングについて

            キャッシングを利用する多くの場合、お急ぎでの融資をご希望されています。

            最近では即日キャッシングしてくれるキャッシングは非常に増えております。

            また消費者金融系のキャッシングなら最短1時間で融資してくれるところもございます。

            また、銀行キャッシングの場合は口座をお持ちであれば融資スピードが更に早まる場合が御座います。

            カードが届く前にお振込でキャッシング対応してくれるところや15時以降であれば無人契約機で対応してくれるところなどキャッシング会社によってサービスは内容は多少違えど、融資スピードは早くなっているのです。

            大事なことは、あらかじめこういった情報をしっかりと理解しておくことでしょう。

            ・最短融資1時間のキャッシング

            プロミス、アコム、アイフル

            ※上記キャッシングはお振込キャッシング可能で無人機でのカード発行も可能です。

            消費者金融キャッシングの方が銀行キャッシングより融資スピードは早いです。

            銀行キャッシングの場合、保証会社の審査もあるので、その分審査が厳しくなり時間もかかると念頭に置いておきましょう。

            キャッシングする時の必要書類は?収入証明書不要について

            スムーズにキャッシングするためにもあらかじめ必要書類を把握しておくことは非常に重要です。

            また銀行キャッシング以外の消費者金融系キャッシングなどでは50万円以上の借入する場合は必須で収入証明書が必要となってきます。

            銀行キャッシングであればかなり高額な金額を希望しても収入証明書不要で利用出来るところがいくつかあります。

            収入証明書不要のサービスを利用すれば身分証明書だけで借入出来るので、融資スピードも格段に上がります。

            また銀行キャッシングの場合、当該の銀行口座が無い場合は融資まで時間がかかるケースが多いです。

            下記で即日キャッシング可能で収入証明書不要、口座をお持ちでなくても即日利用出来るキャッシングをまとめてみました。

            ・希望額50万円まで収入証明書不要

            プロミス、アコム、アイフル

            キャッシングの際の金利はどれくらい?計算方法は?

            キャッシングの金利を確認する際に注意すべき点がございます。

            金利を確認する際にどうしても下限金利ばかり目がいってしまいますが、高額な借入の場合以外では下限金利が適応されることはまずございません。

            キャッシングの金利を確認する際は上限金利が非常に大事になってきます。少額の借入や初めての借入をする場合はほぼ上限金利が適応されます。

            下限金利がいくら低くてもその金利で借入出来なくては意味が御座いません。

            金利重視でキャッシングしたい方は適応される可能が高い上限金利がいくつなのかを気にしながらキャッシング選びをしましょう。

            低金利のキャッシングは此方のキャッシング金利で確認してみましょう。

            キャッシングの金利の計算方法について

            キャッシングは借入金額と利息の合計を返済していくので、金利に対してどのくらい利息を払っていくかしっかりと把握しておきましょう。

            金利には日歩、月利、年利の3種類ありますが基本的にキャッシングなどの金融業界で使われているのは年利となっております。

            年利と聞くと月々どのくらいの金利になるのか分からない部分もあると思うので、具体例をだして解説していきたいと思います。

            利息=借入金額×金利×借入期間

            上記の計算式にいくつか試しに当てはめてみましょう。

            例①)借入金額30万円、年利18.0%、借入期間半年間の場合

            利息=30万円×18.0%÷365×180

            計算するとおよそ26,630円となります。

            1年間で完済した場合は単純に利息が2倍になりますので53,260円となります。

            例②)借入金額100万円、年利10.0%、借入期間2年間の場合

            利息=100万円×10.0%÷365×730

            計算するとおよそ200,000円となります。

            1年間で完済した場合は単純に利息が半分になりますので100,000円となります。

            当然ですが、返済期間が長くなるほど、利息総額は増えます。

            つまり返済の負担は大きくなってしまうのです。金利はたかだか数パーセントなんて思わずにしっかりと理解しておきましょう.

            低金利のキャッシングを選びたい方は

            低金利でのキャッシングに適しているのは銀行キャッシングと言えます。

            銀行キャッシングは軒並み、金利の低いキャッシング商品を提供してくれていますので、消費者金融でキャッシングするよりも低い設定になっています。

            長期でのキャッシングや高額の融資を希望の場合は金利が高いと非常に負担が大きくなりますので、低金利のキャッシングをオススメします。

            ・上限金利 9.8%

            三井住友カードゴールドローン

            ⇒カードもゴールドでステータス高め。審査に自信がある方には絶対此方がオススメです。

            ・上限金利 17.8%

            プロミス、アコム、アイフル

            ⇒アルバイトやパート、主婦でも借入出来るキャッシング。しかも低金利です。

            ・上限金利 14.5%

            三井住友銀行カードローン

            ⇒口座がなくてもOK!収入証明書300万円まで不要で借入可能です。

            キャッシングの無利息期間をうまく活用しよう

            キャッシングする際に無利息期間を上手に利用すれば、金利を低く抑えることも可能ですし、 ゼロに抑えることだってできます。

            無利息期間があるキャッシングを下記でまとめてみましたのでご確認ください。

            ・最大30日間無利息

            プロミス、アコム、アイフル

            ・最大180日間無利息

            キャッシングの返済について

            キャッシングをする際に審査や借り入れ限度額のことばかりに目がいきがちですが、一番と言っても過言ではないほど重要なことが、「返済」です。

            返済方法から返済方式まで各キャッシングで用意しているものは様々です。

            キャッシングの返済については此方のキャッシング返済で詳しくご説明しておりますので確認してみましょう。

            キャッシングの返済方法

            現在、キャッシングの利便性は非常に高まりました。

            キャッシングによってはパソコンやスマホから簡単にお振込の指示を出すことが出来ます。

            また全国の銀行ATMやコンビニATMから場合によっては手数料0円で簡単にキャッシングすることが出来ます。

            また返済も同じで口座引き落としやパソコンやスマホなどからのお振込、提携ATMや店頭窓口、コンビニ払いなど返済方法も豊富です。

            キャッシング各社によって返済方法が異なりますので下記を参考にしてみましょう。

            ・口座振替(引き落とし)で返済が可能

            プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビット、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、オリックス銀行、イオン銀行

            ・銀行振込で返済が可能

            プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビット、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、オリックス銀行、イオン銀行

            ・提携ATMで返済が可能

            プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビット、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、オリックス銀行、イオン銀行

            ・コンビニ払いで返済が可能

            プロミス、アコム、アイフル

            ・店頭や窓口で返済が可能

            プロミス、アコム、アイフル

            口座振込や銀行振込、提携ATMからの返済が一般的と言えるかもしれません。

            キャッシングで大事なことは何より返済です。

            キャッシングの返済方式

            キャッシングの返済方式と聞いてもあまり頭に浮かんでこない方が多いのではないでしょうか。

            わかりやすくお伝えいたしますと、キャッシングのほとんどがリボルビング払いです。

            但しリボルビング払いと言ってもいくつか種類がございます。

            一般的な返済方式とリボルビング払いをそれぞれ下記にまとめましたのでご確認ください。

            1.元利均等返済

            元金と金利を合わせてお支払いして、毎月の返済額が一定になるように計算されている返済方式になります。

            2.元金均等返済

            元金の返済が毎月一定になるように計算された返済方式になります。元金に利息が上乗せされた金額を支払うことになります。

            3.分割払い

            利用毎にお支払いが分割されます。返済額は毎月一定となります。一回あたりの返済額は少ないですが、お支払いが重なると返済が大変になるリスクもございます。

            4.リボルビング払い

            毎月の利用総額に対して支払額を分割する仕組みになります。 また複数あるので細かく見ていきましょう。

            4-1.定率リボルビング方式

            ・元利定率リボルビング方式

            毎月のお支払い締日に借入残高に利息を足した金額をご自身で指定した割合で返済します。

            ・元金定率リボルビング方式

            毎月のお支払い締日に借入残高に定率をかけた金額に、利息を加えて返済します。

            4-2.定額リボルビング方式

            ・元利定額リボルビング方式

            毎月の支払額は一定になります。その中に利息も含まれておりますので、元金の返済が借入残高により一定になりません。

            ・元金定額リボルビング方式

            元金の返済額は毎月一定になります。しかし借入残高により利息が計算されますので、支払額が毎月変動いたします。

            4-3.残高スライドリボルビング方式

            ・残高スライド定額方式

            借入残高により、段階的に返済定額を変更する方式になります。 返済途中に新たな借入を致しますと、借入残高により返済定額が変動いたします。

            ・残高スライド元利定額リボルビング方式(キャッシングで一番多い返済方式です)

            借入残高により段階的に決められた金額を毎月返済します。返済額の中に利息が含まれているので元金が減りにくいです。

            ・残高スライド元金定額リボルビング方式

            借入残高により段階的に決められた返済元金に利息を加えた金額を支払いたします。

            ・残高スライド定率方式

            借入残高により、段階的に返済定率を変更するものになります。 返済途中で新たな借入を致しますと、借入残高により返済定率が変わってきます。

            ・残高スライド元利定率リボルビング方式

            借入残高に利息を加えた金額に定率をかけた金額を支払いたします。支払額に利息が含まれております。

            ・残高スライド元金定率リボルビング方式

            借入残高に定率をかけた額に利息を加えて支払いたします。

            このように見ると返済方法は非常に多く、難解に思えますが基本的には元金+利息の返済になります。

            全ての返済方式を覚える必要は無いので、ご自分がキャッシングする商品情報だけでもしっかりと抑えておきましょう。

            キャッシングのおまとめ・借り換えについて

            複数のローンをおまとめ、借り換えすることに月々の支払いが軽減され、支払日が月1回になるので支払いの管理がしやすいなどのメリットがあります。

            審査が厳しいと言われる反面、通過すれば大きなメリットがある。また、精神的な負担も大きく軽減されます。

            詳しくおまとめローンと借り換えローンを解説していきたいと思います。

            おまとめローンについて

            おまとめローンとは複数の金融機関からキャッシングしていて、返済に苦しい場合にそれらを一本化することによって返済の負担を軽くする方法のことです。

            おまとめローンを利用することができれば、金利を安くして月々の返済日を1日に絞ることができます。

            逆に言えば金利などの貸付条件をしっかり確認しておかないとおまとめする前の方返済が楽だったなんてことにもなりかねません。

            此方でおまとめローンに関しては詳しく説明してありますので確認してみましょう。

            借り換えローンについて

            基本的に借り換えローンの審査は通常より厳しいと言われています。

            審査に通れば金利も下がるなど条件もよくなることから審査に通った際のメリットは大きいと言えるでしょう。

            また借り換えする際に必ず借り換え先のキャッシングの条件を確認しておくことも大事です。

            せっかく借り換えできたとしても金利など返済面で条件が変わらなければ意味がありません。

            金利を確認する際は借り換えしたい額で金利がいくらになるのかをしっかり確認しましょう。

            各キャッシングの公式ページに借入額に対して金利がどれくらいで適応されるか記載されていたり、返済シミュレーションがあったりしますので、確認しておきましょう。

            また、キャッシングによってはおまとめや借り換えに消極的なキャッシングもあります。 当然、おまとめや借り換えに積極的なキャッシングの方が審査通過の可能性は高まりますので、口コミなどを参考にしてキャッシング選びをしましょう。

            此方の借り換えローンのページで詳しくご紹介しておりますので是非確認してみてください。

            銀行キャッシングについて

            おまとめローンや借り換えローンの利用を検討してる方はまず銀行キャッシングの検討をおすすめ致します。

            銀行キャッシングの場合、消費者金融キャッシングやクレジットカードのキャッシング枠よりも金利が低く設定されております。

            金利を低くすることができれば返済の負担を大幅に減らすことができます。

            そういった意味では、現在複数の金融機関からキャッシングしている方や、高額のキャッシングしている方は少しでも金利の低いキャッシングに変更することが完済への第一歩と言えるでしょう。

            ただし、消費者金融キャッシングや信販系キャッシングよりも審査のハードルが高いと言うことも頭に入れておきましょう。

            ネット系の銀行キャッシングでは低金利を売りにしてるところもございます。

            但し銀行キャッシングは消費者金融系キャッシングや信販系キャッシングよりも審査のハードルが高いと言うことも頭に入れておきましょう。 詳しくは此方の銀行キャッシングでご説明しておりますので確認してみましょう。

            キャッシングについてまとめ

            ひとくちにキャッシングと言っても、ご自分の状況によって申し込むべきキャッシング会社は大きく変わってきます。

            お金に困った時はまずキャッシングできるかどうかが一番重要なので、自分にとって審査が通りそうなのかどうか、そのうえで貸付条件を比較してどこが一番条件が良いのか確認してお申し込みしましょう。

            利用することは少なからず負担になります。

            大事なことは、その負担を少しでも減らすことです。それは、お申し込み前にどれだけ上手にキャッシング選びできるかが非常に重要です。

            特徴などしっかりと把握して、賢くキャッシングしましょう。

          年代別人気カードローン

          20代~30代におすすめのカードローン

          若い方は借入時間を気にされる方が非常に多いです!

          また少額利用される方がほとんどなので無利息期間が付いてるカードローンがおすすめです。

          関連記事