千葉興業銀行カードローンを徹底分析!審査や金利などサービス内容を口コミと合わせて確認

2018最新版
おすすめのカードローン10社を目的別に比較してみましょう
千葉興業銀行カードローンを徹底分析!審査や金利などサービス内容を口コミと合わせて確認
千葉興業銀行カードローン(リリーフ)

千葉興業銀行カードローン(リリーフ)の発行元の千葉興業銀行は千葉県千葉市美浜区本店をに置く地方銀行です。

千葉興業銀行カードローン(リリーフ)は、ご利用限度額は最高1000万円で、カードローン金利は3.9%~14.6%と設定されています。

限度額の1000万円は数多くあるカードローン商品の中でも一番高い設定となっています。

この様な特徴の千葉興業銀行カードローン(リリーフ)の商品につきまして口コミなども交えてご説明していきたいと思います。

実質年率最高限度額審査時間最短融資
3.9%~14.6%1000万円
アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間

千葉興業銀行カードローン(リリーフ)とはどんなローン?サービス内容を確認

まずは千葉興業銀行カードローン(リリーフ)とはどんなローンかサービス内容をしっかり確認!

競合他社と比較しながら、客観的に千葉興業銀行カードローン(リリーフ)のデメリット、メリットを含め分析しましたので確認してみましょう。

千葉興業銀行カードローン(リリーフ)とは?

終戦後の財政金融引き締め政策であるドッジ・ラインによって、国内の中小企業は深刻な資金不足に陥り、千葉県内においてもその状況は顕著となりました。

また千葉銀行や県内に支店を構えた都銀各行は、集めた預金を融資として県内に還流させず、東京の大企業に貸し出す傾向がみられました。

そうした状況から県内の商工業者において、地元銀行をもう1行設立した上で金融サービスの向上を望む声が日増しに高まりました。

そして時の蔵相であった池田勇人がいわゆる一県一行主義を修正し、場合に応じて新銀行の設立を認める方針を示したことに沿って、地元選出国会議員のほか当時の古荘四郎彦千葉銀頭取と袂を分かった九十八銀行出身の元千葉銀役員らによって、1952年1月18日、戦後地銀として千葉興業銀は設立されました。 

発祥の経緯から芙蓉懇談会企業に参加し、現在はみずほフィナンシャルグループおよびみずほ銀行の持分法適用関連会社とされています。

千葉興業銀行カードローン(リリーフ)の商品情報

千葉興業銀行カードローン(リリーフ)ののHP内に記載がある特徴は以下の通りです。

千葉興業銀行カードローン(リリーフ)特徴

下記が千葉興業銀行カードローン(リリーフ)の商品情報となっております。

サービス名千葉興業銀行カードローン(リリーフ)
お問い合わせ番号0120-608-785
審査結果
最短融資
ご融資額1000万円まで
ご契約額当初のご契約限度額の範囲内でご契約限度額が変動することがあります。
収入証明書不要
お試し審査
金利適用方式固定金利
借入利率3.9%~14.6%
遅延利率
返済方式残高スライド元金定額リボルビング方式
ご返済期日返済用預金口座から自動引落し
ご返済期間・ご返済回数1年
資金使途自由(ただし、事業性資金を除きます。)
担保・保証人不要

千葉興業銀行カードローン(リリーフ)のメリット、デメリットから見る千葉興業銀行カードローン(リリーフ)の利用価値

千葉興業銀行カードローン(リリーフ)のメリットとデメリットを客観的に見てどうなのかを下記通りまとめてみました。

いいところがあれば足りないところももちろんございます。いいところばかりではないのでデメリットの部分も含めて確認してみるといいでしょう。

千葉興業銀行カードローン(リリーフ)のメリットは?

千葉興業銀行カードローン(リリーフ)にはどのようなメリットがあるのか下記から確認!

他のキャッシングサービスとも比較してみましょう。

借入限度額が高い

千葉興業銀行カードローン(リリーフ)の限度額は1000万円に設定されています。消費者金融などのカードローンでは500万円に設定されているところが多く、銀行カードローンでも1000万円まで設定しているところは数える程しかありません。

金利も低く設定されていますので、大型融資や長期間での融資をご希望の場合は千葉興業銀行カードローン(リリーフ)は非常におすすめのカードローンと言えるでしょう。

●メリットまとめ

・最高限度額が高い

・金利が低く設定されている千葉興業銀行カードローン(リリーフ)がおすすめカードローンと言えます。

千葉興業銀行カードローン(リリーフ)のデメリットは?

千葉興業銀行カードローン(リリーフ)の借り入れに適さない場合もあります。

以下の点も確認して、自分に適した借り入れの仕方や計画的なキャッシングをしましょう!

●申込者が限定される

千葉興業銀行カードローン(リリーフ)の申込者は居住地または勤務先が、千葉興業銀行の営業区域内の方に限らています。

カードローンスペックは非常に高いのですが、申し込みできる方の地域が限られてしまうので、誰でも申し込みできるというわけではありません。

●デメリットまとめ

ご自分の地域が営業区域内か確認してみましょう。

・営業区域外にお住まいの方

上記の方は他のカードローンを検討してみましょう。

自分に適したおすすめのカードローンは何なのか?総合的に判断しましょう!

千葉興業銀行カードローン(リリーフ)の審査基準を抑えて審査の流れを確認!

色々比較した結果、千葉興業銀行カードローン(リリーフ)をお申込みしたいと考えている方は千葉興業銀行カードローン(リリーフ)の審査の流れを予め把握しておきましょう。

一度お申込みされますと信用機関にお申込み内容が登録されますのでお申込み内容に不備がないよう、間違いがないようしっかり確認してからお申込みしましょう。

また他社カードローンのお申込み方法と審査時間などを一覧にしてみましたので千葉興業銀行カードローン(リリーフ)と比較して参考にしてみましょう。

サービス名お申込み方法審査時間融資時間お試し審査
銀行千葉興業銀行カードローン(リリーフ)

インターネット

郵送

FAX

三菱UFJ銀行カードローン

インターネット

テレビ窓口

電話

郵送

最短即日
みずほ銀行カードローン

インターネット

店頭窓口

電話

郵送

三井住友銀行カードローン

インターネット

店頭窓口

電話

郵送

消費者金融プロミス

インターネット

プロミス自動契約機

三井住友銀行ローン契約機

店頭窓口

電話

郵送

最短30分最短1時間
アコム

インターネット

むじんくん(自動契約機)

店頭窓口

電話

郵送

最短30分最短1時間
アイフル

インターネット

契約ルーム

店頭窓口

電話

最短30分最短1時間

申し込み資格者

まずは千葉興業銀行カードローン(リリーフ)の申し込み資格を確認しておきましょう。

お申し込み条件に当てはまらないと審査段階の前で落されてしまいます。

お申込み条件

・ご契約時に満20歳以上60歳未満の方。

・安定かつ継続した収入のある方(主婦・パート・アルバイトを含む)

・居住地または勤務先が、当行の営業区域内の方

・保証会社(㈱オリエントコーポレーション)の保証が得られる方。

・現在、当行に他のカードローンのご契約のない方。

千葉興業銀行カードローン(リリーフ)のお申込み方法は?

千葉興業銀行カードローン(リリーフ)はインターネット、お電話、FAXでお申し込みが可能です。

千葉興業銀行カードローン(リリーフ)申し込み

在籍確認

在籍確認とは、申込者の申込情報に虚偽が無いか、確認するためのものです。

勤務先の会社や申し込み者の携帯電話に電話をかけ、確認されますので申し込みの際には記入に間違いがないよう注意しましょう。

千葉興業銀行カードローン(リリーフ)は即日キャッシング可能?気になる時間

千葉興業銀行カードローン(リリーフ)はお申し込み後の融資時間についての明記はありません。

借入方法

千葉興業銀行ATMや全国の提携ATM、コンビニATMで利用できます。

ATMでの利用には手数料がかかる場合があるので、利用する前に必ず確認しておきましょう。

千葉興業銀行カードローン(リリーフ)借入方法

金利はどうなの?他社とも比較

千葉興業銀行カードローン(リリーフ)の金利は3.9%~14.6%なので、低金利となっております。銀行カードローンで御座いますので大型融資や長期的な融資にもおすすめと言えるでしょう。

それでは、下記の一覧を見ながら他社のカードローンとも比較してみましょう。

サービス名金利遅延利率(実質年率)無利息期間
銀行千葉興業銀行カードローン(リリーフ)3.9%~14.6%
三菱UFJ銀行カードローン1.8%~14.6%14.60%
みずほ銀行カードローン2.0%~14.0%※①19.90%
消費者金融プロミス4.5%~17.8%20.00%
アコム3.0%~18.0%20.00%
アイフル3.0%~18.0%20.00%
SMBCモビット3.0%~18.0%20.00%
※金利、遅延損害金はすべて実質年率です。

限度額

消費者金融は最大でも500万円が一般的なので、それらの業者に比べると千葉興業銀行カードローン(リリーフ)は同等の額の設定と言えるでしょう。

月々の返済(シミュレーション)

千葉興業銀行カードローン(リリーフ)の月々の返済金額はどのようになるのでしょうか。

千葉興業銀行カードローン(リリーフ)では収入証明書はご融資まで一切不要で借り入れできます。ここでは50万円までのシミュレーションを下記通りまとめたので確認してみましょう。

借入利率:14.6%でご利用された場合で計算しております。

借入金額返済期間(回数)各回返済額返済総額
10万円1年以内(10回)10,676円106,760円
2年以内(20回)5,658円113,161円
3年以内(25回)4,658円116,449円
4年以内(33回)3,692円121,837円
5年以内(51回)2,638円134,512円
20万円1年以内(10回)21,353円213,524円
2年以内(20回)11,316円226,329円
3年以内(29回)8,216円238,259円
4年以内(40回)6,334円253,380円
5年以内(51回)5,276円269,052円
30万円1年以内(10回)32,029円320,291円
2年以内(20回)16,975円339,497円
3年以内(30回)11,981円359,428円
4年以内(38回)9,892円375,882円
5年以内(51回)7,914円403,593円
40万円1年以内(10回)42,706円427,057円
2年以内(20回)22,633円452,672円
3年以内(31回)15,547円481,951円
4年以内(40回)12,669円506,772円
5年以内(51回)10,552円538,139円
50万円1年以内(10回)53,382円533,823円
2年以内(20回)28,292円565,836円
3年以内(31回)19,434円602,440円
4年以内(39回)16,153円629,973円
5年以内(51回)13,190円672,680円

上記は借入利率14.6%で50万円までの借入をした場合です。

上記と違う場合は公式ページから確認してみましょう。

返済方法

前月10日(銀行休業日の場合は翌営業日)現在の当座貸越残高に応じて、下記の毎月返済額を返済用預金口座から自動引き落しとなります。

ただし、初回お借入れが10日(休日の場合は翌営業日)となった場合、初回返済日は翌々月の定例返済日となります。

千葉興業銀行カードローン(リリーフ)返済方法

その他に臨時返済があり、ローンカードをご提示の上、店頭窓口での随時返済が可能です。

また、ちば興銀ATMにてローンカードを使用し、任意の金額をカードローン口座に入金することで随時返済が可能です。

千葉興業銀行カードローン(リリーフ)のまとめ

いかがでしたでしょうか?

ここまで千葉興業銀行カードローン(リリーフ)について述べてきましたが、最後に特に重要な点をまとめてみたので確認しましょう!

メリット
  • 低金利でお借り入れされたい方
デメリット
  • 大型融資をご希望の方
千葉興業銀行カードローン(リリーフ)を利用するならこんな人にオススメ
  • 消費者金融よりも低金利でキャッシングしたい方
  • 営業区域内にお勤め、お住まいの方

申し込みできる方の地域は限られてしまいますが、営業区域内にお住まい・お勤めの方にはおすすめのカードローンと言えるでしょう。

地域にかかわらずカードローンを検討されているのであれば、低金利のカードローン比較にて情報をまとめていますのでこちらを参考に一考していただければと思います。

口コミ・評判を投稿しましょう!

メールアドレスが公開されることはありません。

口コミ・評判一覧

    年代別人気カードローン

    20代~30代におすすめのカードローン

    若い方は借入時間を気にされる方が非常に多いです!

    また少額利用される方がほとんどなので無利息期間が付いてるカードローンがおすすめです。

    関連記事