ファクタリングとは?会社一覧比較で仕訳・即日買取・限度額・手数料・口コミを確認

2018最新版
おすすめのカードローン10社を目的別に比較してみましょう
ファクタリングとは?会社一覧比較で仕訳・即日買取・限度額・手数料・口コミを確認

ファクタリングとは会社のキャッシュを確保するための資金調達方法のことを言います。

この資金調達方法は個人向けではなく、会社の経営者の方のためのものであります。

簡単に言うと、銀行などの金融機関から融資を断られ、会社としてキャッシュの確保が難しい場合、会社が保有している売掛金をファクタリング会社が買い取ることで、資金を提供する仕組みのことを言います。

まだまだ認知度の低いファクタリングですが、経営者にとって知っておくべき方法ですし、知らないままにしておくことは非常にもったいないことです。

売掛金があれば、最短即日で資金調達できます。ここではその特徴を詳しく解説していきます。


ファクタリングの仕組みと流れ

まずは事業資金調達としてのファクタリングの仕組みについて説明していきます。

ファクタリング取引をする前に、売掛債権について理解しておきましょう。

売掛債権とは、商品の納品やサービスの提供が完了していて、請求済みであるものの支払が実行されていない債権のことを言います。

仕入れにあたって、企業間では資金取引ではなく掛によって売買が成立します。そのため、相手企業の支払いサイトの長さによって、資金化できるまでにはタイムラグが発生する状況が生まれます。

この状況によっては、それが会社のキャッシュフローにマイナス作用することがあり、それを解決するひとつの方法がファクタリングというものになります。

キャッシュフローの問題は、企業によっては悩ましいポイントではないでしょうか。決算上は黒字であっても資金繰りに苦労することも少なくありません。以下の条件下にある企業は、ファクタリングを検討してみましょう。

・銀行などの金融機関に融資を断られてしまった
・売掛け相手の支払いサイトが自社と噛み合わない
・メインバンクや取引先に分からないように資金を引きたい

文章では分かりづらいので、図で確認してみましょう。

ファクタリングを分かりやすく図解で説明!

それでは、どのような流れで売掛債権は資金化されるのでしょうか。

1.商品の納品やサービス提供が完了⇒売掛金発生

2.売掛先企業とのファクタリング契約及び承諾

3.ファクタリング会社とのファクタリング契約及び承諾

4.売掛先企業との請求金額の確認

5.ファクタリング会社への請求金額の通知

6.ファクタリング会社と売掛先企業との請求金額の最終確認

7.ファクタリング会社から早期売掛金支払いを受ける

8.売掛先企業からファクタリング会社に期日通り売掛金が支払われる

このスキームによって、企業は売掛先からの資金回収までのタイムラグを解消することができるようになります。

そして、ファクタリングの取引は三社間方式と二社間方式の2つがあります。

●三社間取引の場合●
構図
●二社間取引の場合●
構図2

以下で詳しく説明していきますが、ファクタリングは二社間取引と三社間取引では大きく異なります。

簡単に説明するとこのようになります。

三社間取引の場合二社間取引の場合
売掛先がいる売掛先がいない
入金口座変更の可能性があり入金口座変更はなし
売掛先がファクタリング会社に支払いをする売掛金が入ってきた後、こちらからファクタリング会社に支払いをする

おすすめのファクタリング会社

ファクタリングを利用したいけど、「どこの会社が良いのか分からない」という方の為にファクタリング会社を紹介します。

JTC

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a36

利用者の98.3%がリピートする脅威のファクタリング会社です。

最短即日買取や取引金額も最大で1億円まで可能と好条件でファクタリングを行ってくれます。

JTCはほかのファクタリング会社と違い、土日も柔軟に対応してくれるなど、親切な点が最大の魅力のファクタリング会社と言えます。

担保・保証人も必要ありません。

お申し込みのご相談などは24時間メールで受け付けています。

最高限度額最短買取担保保証人手数料
1億円最短即日なし公式ページをご確認ください。
公式サイトへ

資金調達プロ

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a31

最大で3億円まで最短即日で買取してくれるファクタリング会社です。

全国規模で対応してくれるので、利用事業者数は実に1万社を超えています。

ファクタリングの利用を検討している方は、10秒カンタン無料診断があるので試してみましょう。

また、償還請求がありませんし、担保や保証人も用意することなく利用することができます。

また、銀行やノンバンク等資金調達と違い、お取引先(売掛先)の信用を重視して審査が行われます。

最高限度額最短買取担保保証人手数料
3億円最短即日なし公式ページをご確認ください。
公式サイトへ

トップ・マネジメント

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

延べ3万社を超えるファクタリング実績がある会社です。

健全な事業を営んでいれば、法人に限らず個人事業主でも申し込みが可能です。

また、設立期間や赤字決算などでも対応してくれます。

買い取り上限総額は1億円と高く設定されているのも特徴です。

担保・保証人も必要ありません。

最高限度額最短買取担保保証人手数料
最短即日なし公式ページをご確認ください。
公式サイトへ

三共サービス

%e4%b8%89%e5%85%b1%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%93%e3%82%b9

三共サービスは2社間取引も可能なので、取引先にバレることなくファクタリングを行ってくれる会社です。

償還請求権がなく、担保や保証人、手形は必要ありませんので、金銭消費貸借に代わる新しい資金調達として利用することができます。

契約完了後は即日で指定の銀行口座に振り込まれるので素早い資金調達が可能です。

さらに業種は関係なく、お申込みができます!

担保・保証人も必要ありません。

最高限度額最短買取担保保証人手数料
最短2日なし公式ページをご確認ください。
公式サイトへ

ファクタリングのメリット・デメリット

ファクタリングをすることによるメリットとデメリットがあります。

当然、良い点ばかりではないのでデメリットを把握しながら、それでもファクタリング取引をしたほうがいいのか判断しましょう。

メリット

Point1
売掛金を早期に資金化できる。

一般的に、売掛先企業から支払が実行されるまでには、支払サイトによるタイムラグが発生します。それは30日の場合もあれば180日の場合もあるでしょう。その間、キャッシュフローが行き詰まってしまうことを避けるためにはファクタリングが有効となります。

Point2
ファクタリングは借金ではない。

金融機関からつなぎ融資を受けることは借入金になります。キャッシュフローは一時的になんとかなっても、借金が増えれば利子の支払いも発生します。そのため、中長期的に企業の資金繰りを圧迫しかねません。一方、ファクタリングは売掛債権の譲渡なので、それを資金化しても借入として計上しないことも可能です。

詳しくは顧問会計士および税理士に相談しましょう。

Point3
売掛先が倒産しても支払いリスクが発生しない。

先行き不安が拭えない時代背景もあって、売掛金が必ず資金化できるかは不透明なのが現実です。ファクタリングを利用すると、売掛先企業が万が一倒産してしまった場合でも譲渡金を返済する必要がないことも、ファクタリングの大きなメリットでしょう。

●メリットまとめ●

上記のようにメリット面は多くあります。

何より経営面でのリスクを軽減できるのが一番の魅力と言え、画期的とまで呼ばれている所以でもあります。

資金繰りに困っている場合、借入金を増やしたくない、一刻も早く売掛金を回収したい、そんな場合に効率よく資金化できる方法といえるでしょう。

デメリット

Point1
手数料・掛目が必要。

ファクタリングを利用する場合、手数料や買取の掛目が必要となります。つまり、売掛金の支払いサイトまで待って資金化するよりも、手数料や掛目の分だけ目減りすることになります。

Point2
債権譲渡のため顧客へ承諾が必要なケースがある。

売掛先企業と自社及びファクタリング会社との三社間取引となる場合、売掛先企業の承諾を得る必要があるので、交渉や手続きの手間や時間がかかる場合があります。

Point3
債権譲渡登記が必要なことがある。

売掛先との取引内容によっては、売掛債権を譲渡するにあたって、債権譲渡特例法に基づく債権譲渡登記を行わなければならない場合があります。ファクタリング会社によっては、登記が必須な場合もあるので、事前に確認しておくようにしましょう。

●デメリットまとめ●

売掛金が全てそのまま資金化できるわけではありません。基本的には手数料等が引かれてしまうので、実際の手元に入る金額は目減りすることになります。

さらに、三社間取引の場合、売掛先に自社の資金繰りについてマイナスイメージを持たれる可能性があります。

ファクタリングの手数料は?

ファクタリングの手数料とひとくちにいっても、ファクタリングの仕方や状況などによって条件は変わってきます。

実際に資金調達に用いられるのは「一括ファクタリング」と呼ばれるものです。

さらに言うと売掛先に通知が必要な「3社間ファクタリング」と売掛先に通知が必要ない「2社間ファクタリング」が存在している為、その両者の手数料を比較する事から業者選びは始まるといっても過言ではありません。

さて、その2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの手数料の違いなのですが、かなり大きな差があります。

三社間取引の場合二社間取引の場合
手数料相場が安い。手数料相場が高い。
手数料は売掛債権額の1%~5%程度手数料は売掛債権額の10%~30%程度

※あくまで目安です。ファクタリング会社によって変動しますので詳しくは公式ページにてご確認ください。

手数料だけをみると確かに3社間ファクタリングが安いのですが、売掛先に対して「私の会社は資金繰りに困っています」と宣言してしまう事になります。

その為、経営者の回収サイトの調整や、医療関連の医療報酬ファクタリング・介護報酬債権ファクタリング以外は多くの場合2社間ファクタリングを使う方が多いのが現状です。

また、どうしても売掛先を交えての契約になってしまう為、緊急の資金調達の場合は即日調達可能な2社間ファクタリングを利用するしかないというのも大きく影響しています。

それではこの手数料や掛目には何が含まれているのでしょうか。

手数料の内訳は?

手数料の内容を大きく分けると以下の4つになります。

  • 登記費用
  • ファクタリング会社の取り分(人件費含む)
  • 紹介料
  • 印紙代等

手数料のほとんどを占めているのが司法書士に手続きを依頼した際発生する「登記費用」です。

これは手続き上発生する費用なので、買取金額の大小に影響されにくい、固定費用だと考えることができます。

それでは、債権譲渡登記の際、発生する「登記費用」と「印紙代等」の内訳を確認してみましょう。

●登記費用●

・債権譲渡登記および抹消登記事務代行報酬

・債権譲渡契約書作成事務代行報酬

●印紙代等明細●

・債権譲渡契約書印紙代

・登録免許税(債権譲渡登記)

・登録免許税(抹消登記)

・登記事項証明書交付

・振込手数料

・他、事務手続き費用・日当・交通費等

※ファクタリング会社や契約内容および手続きを依頼される司法書士によって、内容や金額に多少の変動があります。登記や、登記の抹消の際に必要な意思確認業務に対し、改めて日当や交通費などが必要になる場合もあります。

固定費用だけでも10万〜15万前後かかってしまうことになります。

ファクタリングの手数料が高くなってしまう理由の一つがここにあります。

もし「来月入金される100万円を二社間でファクタリングしたい」と思ったとしても固定費用だけでも10~15%が手数料として取られてしまい、相場も10~30%に落ち着いてしまうことになります。

●ファクタリングの手数料と消費税についての補足●

上記で説明したように、ファクタリングとは融資ではなく「金銭債権の譲受け」に当たりますので、非課税となります。ファクタリングに関する手数料についても同様に非課税となります。

手数料は売掛債権ごとに、売掛先の規模・業況、債権金額、取引履歴、お支払いサイトおよび諸費用等を総合的に勘案のうえ確定されることになります。

それに加え、売掛先に通知をしない二社間ファクタリングの場合は契約内容の性質上、買い取る側がかなり大きなリスクを抱えることになる為、これだけの差が開いてしまうのです。

手数料を決定づける要素をまとめると以下のようになります。

  • 売掛先与信
  • 買取債権金額
  • 二社間か三社間か
  • 履歴の有無
手数料が低い手数料が高い
売掛先与信 与信力が高い 与信力が低い
取引金額 低い 高い
二社または三社 三社間ファクタリング 二社間ファクタリング
利用回数 2回目以降 初回

※あくまで目安です。ファクタリング会社によって変動しますので詳しくは公式ページにてご確認ください。

売掛先与信について

よく誤解されがちなのですが「わが社は大手とやりとりしているのだから大丈夫だ、手数料も抑えられる。」ということをおっしゃる方が多いですが、そんなことはありません。

もちろん、大手であるに越したことはないですし、審査の上で優遇されることは間違いありません。

しかしながら、たとえ一部上場企業が売掛先であっても、それが「=手数料を下げても良い」とは簡単にファクタリング会社は判断することはしません。

交渉の際に大切なポイントの一つ、という認識でいましょう。

買取金額について

買取金額については「ファクタリング会社は当然大きな金額を買いたい」というのが本音です。

しかしながら「初回取引では月商の30%前後まで」としているファクタリング会社が多いのが現状です。

もちろん相談内容にもよるのですが、あまりにコストがかかりすぎて倒産してしまうことはファクタリング会社にとっても喜ばしくはないからです。

また、手数料の固定部分の金額を考えても、1件で100万円を超える売掛金の買取が好まれているようです。

履歴の有無について

履歴というのは利用予定のファクタリング会社を過去に使った事があるか、という事です。

上記でも触れましたが、初回の買取金額には上限を設けられる場合があります。

しかし、取引を重ねる事で信用が生まれ、買取金額の上限も少しずつ高くなっていく場合があります。

初回に20%でファクタリングを実行し、その後は10%以下まで手数料を抑えて実行されたというケースもあります。大きな金額での資金調達を成功させる為にも、計画的に少額でも実績を作っておくほうが良いでしょう。

ファクタリングの適正相場とは?

ここまでの話を元に考えると高い手数料にも、安くなるケースにも全てちゃんとした理由があります。

必ずしも手数料が安いという事が資金調達においては良い選択であり得るとは限らないという事です。

もし二社間ファクタリングの手数料相場を知った今なら「うちでなら二社間ファクタリングでも3%で実行しますよ」と言われたら「何かあるのではないか?」と警戒するでしょう。

何事においても相場を知る事は重要な事と言えます。

なので「20%という数字は高く感じるから」という安易な理由だけで会社選びをして失敗しない為にも、自分の会社の現状に適した相場を考えていきましょう。その上でコストを抑える戦略を考える事が重要になります。

まず注意しなくてはならないのは「初回の相場は選んだファクタリング会社でほぼ決まる」という事です。

どうしても初回は好材料があってもなかなか手数料は安くなりません。全く信用が無いからです。

その会社が普段何%程度で買取をしているのか、というのがほぼそのままの数字で契約になると考えてください。

そのうえで、マイナス要素があればそれだけ手数料が高くなってしまう可能性があります。

ですので初回は無理に安く抑えようとせず、条件の合うところを探す。というのが一番良い方法になることが多いです。

かかってくる手数料の目安として以下の図を用意しました、参考までにご覧ください。

ファクタリング会社(特に二社間)は手数料をあまり公にすることはありません。

リスクを含めて債権を買い取るという業種であり、条件によって大きく変動してしまうので仕方ない部分もあります。

ここに加えて入金期日までの残り時間や、負債金額などを含めた会社の与信状況が加味されてきます。

年商手数料相場
1億円以上15%~
5000万円以上1億円未満18%~
5000万円未満20%~

※二社間ファクタリングの場合

※あくまで目安です。ファクタリング会社によって変動しますので詳しくは公式ページにてご確認ください。

ファクタリング会社ぞれぞれの買取相場を知る必要や自分の会社の与信状況を知る必要、期日に間に合うかどうかという会社の規模と混雑状況を知る必要など、これらをクリアするには時間や人脈が重要かつ必須になってきます。

過去にファクタリング会社を利用した知人がいれば、体験談や口コミを聞いてみることをお勧めします。

上記にある通り、手数料に関しては、各社の基準や審査内容・その他の契約内容や条件によって大きく変動してきます。

相場に関してはすでに申し上げたとおり15%~25%前後が現在の主流だと考えられますが、基本的には30%以内に収まることがほとんどです。

契約内容や与信、資金繰りの状況が芳しくないとしてもほとんどが30%までに収まります。

これには理由があり、粗利よりも大きな割合を請求してしまうと利用するだけで完全に赤字になり資金調達の意味がなくなってしまうからです。

会社によって手数料を決める基準は様々ですが、しっかりとした会社では頂いた資料から改めて資金繰り表を作成し直し、計算の上で数字を提案してもらえるはずです。

上記でも述べたように手数料は面談時、契約者との対話や書類の原本の確認の上で決定されるものですが、虚偽申告や書類偽造・意図的な債権の二重譲渡や不良債権の売買でない限りは手数料が跳ね上がる事はそう多くはありません。

できる限りの低い手数料を求めるよりも、自社の持つ債権の現在の評価額をまずは真摯に受け止めましょう。

その上で不審な手数料だと思った際には斡旋業社などに事情を話し、相談してみてください。

手数料率を抑える為の交渉ポイントを逆算する!

手数料率を抑える交渉をする際のポイントを見ていきましょう。一番大切なのは「ファクタリング会社はリスクを気にかけている」という点にあります。

そのリスクを軽減するためにも書類や数字で訴える必要があります。

最終的な契約時に「信用できそうな人間だ」と思われることも重要なポイントの一つと言えるでしょう。

上記にもある4つの要素に関して、どのようにすれば手数料が抑えられる可能性があるかを説明していきます。

二社間か三社間か

まず大きく影響するのは二社間なのか三社間なのか、ということでしょう。

ここに関して言えば「売掛先に知られたら、取引停止になるかもしれない」という状況では当然3社間はお勧めできません、債権譲渡登記に関しても書類を留保してもらえるような会社を探す、そういう前提で相談することをおすすめします。

そうで無い場合は、可能であるならば売掛先に対し「誠実に事情を説明して、債権譲渡の承諾を貰う」のが良いでしょう。

100万円の売り掛けでも、15万円前後の差が生まれる可能性が有ります。加えて言うならば売掛先が前払いしてくれる、という可能性もあります。

ファクタリング会社に相談した直後に、売掛先と話し都合がついたのでキャンセルに、という話も珍しくありません。

売掛先与信

売掛先与信に関しては、売掛先の規模の大きさもですが、その取引先企業とどういった関係にあるのかというのをしっかりと説明できることが重要な場合もあります。

たとえ大手と取引をしていたとしても、1ヶ月しか履歴がない場合でしたら全く効力を持ちませんし、逆にそこそこ有名な会社でも10年以上毎月同じだけの売掛金が発生し、振り込まれているという実績があれば、ファクタリング会社の評価は上がるでしょう。

買取金額

買取金額が大きければ大きいほどファクタリング会社も買いたいと思うのは当然です。

しかしながら、大きすぎる規模ではリスクが大きくなる場合もあります。

なので「たとえば、買い取っていただく金額を増やしたら手数料が下がったりすることはありますか?」と聞いてしまうのも1つの手段です。

ファクタリングを1度実行しただけで資金繰りは改善されないことも少なくありません。

そういった場合には「3ヶ月程度連続で利用しようと考えているのですが、安くなりませんか?」と相談してみるのも試す価値はあります。

「資金繰りが良くなれば、弊社で取り扱っている融資等の他サービスを案内しましょうか?」と提案してもらえることもあるそうです。

履歴の有無

一度取引をして履歴を作り「再度利用する場合は手数料は抑えられませんか?」と聞いてみるのもひとつの手といえるでしょう。

その後本当に必要な際に「また利用させていただきたいのですが、手数料はどのくらいになりますか?」と聞くと早いと思われます。1度契約をしておくと審査や契約書類の準備も初回ほど大変ではなくなるため、緊急の相談にも対応していただける場合があります。

ファクタリング利用に際して

ファクタリングを実行するにあたって相談が多いのが手数料として発生したコストの仕訳です。会計処理に関しては担当の税理士に相談するのが最も確実です。

一般的には勘定科目は手形でいう「手形売却損」のように「売上債権譲渡損」や「売上債権売却損」として損金処理をすることが多いようです。

ファクタリングの仕訳の注意点!

企業によって異なるファクタリング債権の会計処理方法、その仕訳(勘定科目など)の注意点について説明します。

ファクタリングの会計処理の仕訳をする際に自社で採用している販売管理ソフトによっては、相手勘定科目にファクタリングがないことも考えられます。

こうした場合、手形として処理しておくケースが多いようです。売掛金として残してしまうと請求書の残高として残ってしまうので、それを避けるための処理になります。

また、ファクタリングに伴う手数料ですが、支払利息というよりは売上債権譲渡損・売上債権売却損として処理する方が、中小企業会計指針の会計基準としても望ましいといわれています。

これらは営業外費用科目で、売上債権譲渡損・売上債権売却損といった科目を使っていない企業の場合、その他雑支出として計上してもいいでしょう。

●ファクタリングの消費税

金融取引のファクタリングとは、債権を買い取って現金化することで、期日未到来の約束手形を買い取る手形割引も広い意味ではファクタリングの一種となります。 

ただし、金融機関の手形割引で手形が決済されなかった場合には買い戻しの義務がありますが、これは手形の売買の瑕疵担保特約となります。 

また、平成26年4月に17年ぶりの税率アップがあった消費税ですが、今後10%への再増税を前に生活必需品への軽減税率が議論されています。

しかし、平成2年の消費税施行時より、政策目的など、一定の取引は消費税が非課税とされています。

ですので、金融取引では、債権の売買の手数料は非課税取引と定められているため、ファクタリングの手数料は非課税となるのです。

その他、金融取引に関しては利息も非課税なので、手形割引の手数料は期日未到来の債権を現金化するものですので、支払利息類似取引として非課税となります。

根拠としている取引は異なりますが、ファクタリング手数料、手形割引料はともに非課税取引です。

ファクタリングについてのまとめ

資金調達をしなくてはならないのに、手数料がかかる。というのは心苦しい部分もあるかもしれません。

しかし、その手数料に見合うだけのファクタリングのメリットを有効活用することが大切だと感じています。

銀行融資を中心に考えているとどうしてもファクタリングは難しい、最後の手段と捉えがちですが「融資ではない」という特性を活かせば様々な活用法が見出せてきます。

手数料という切り口から少しでもファクタリングが身近な資金調達方法になれば幸いです。

年代別人気カードローン

20代~30代におすすめのカードローン

若い方は借入時間を気にされる方が非常に多いです!

また少額利用される方がほとんどなので無利息期間が付いてるカードローンがおすすめです。

関連記事