消費者金融とは?審査基準・即日キャッシング・金利・返済・口コミをそれぞれ比較

2018最新版
おすすめのカードローン10社を目的別に比較してみましょう
消費者金融とは?審査基準・即日キャッシング・金利・返済・口コミをそれぞれ比較

消費者金融とは、消費者信用のうち、個人への金銭の貸付け(小口融資)を行う業者のことです。

また、貸金業業者、特に一般の個人に対する無担保での融資事業を中心とする貸金業の業態を指すことが多いです。

消費者金融は銀行カードローンでの融資に比べ、キャッシングの手続きが簡略化されていることが特徴として挙げられます。

大まかな目安としては、無担保・無保証、定められた金額まで収入証明書不要で借り入れすることができます。

枠内であれば手持ちのローンカードで何度もキャッシングできるシステムの消費者金融が多いのも特徴の一つでしょう。

下記で詳しく消費者金融のことに関して比較・解説しておりますので口コミなども参考にしながらまずは消費者金融の仕組みをしっかりと理解していきましょう


目次

消費者金融のメリット・デメリットを比較

消費者金融とひとくちに言っても、大手のものから街金までその業者はたくさんあります。

初めて消費者金融を利用する方の為にも、ここでは安心安全で信頼度が抜群の大手消費者金融カードローンの長所や短所を比較しながら紹介していきます。

各消費者金融によって特徴やサービスは大きく変わりますので、しっかりと把握して上手にキャッシングしましょう。

メリットやデメリットも考えながらまずは主要なカードローンを比較しながらサービス内容を理解していきましょう。

  • SMBCモビット

    SMBCモビット
    実質年率最高限度額審査時間最短融資
    3.0%~18.0%800万円最短30分※①最短即日も可能※②
    アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
    ○※③簡単お借入診断

    SMBCモビットは日本三大メガバンクのひとつである三井住友銀行グループの会社です。

    お申し込みから契約後の借入れまで一切誰とも顔を合わせずに済ませられるので、誰にもバレずにキャッシングすることができます。

    またSMBCモビットは審査スピードがとても早いことで有名で、急な出費にも対応してくれます。

    しかもSMBCモビットは利用者目線でサービスを行っているため、プライバシーに最大限の配慮をしてくれています。

    誰にもバレずにキャッシングしたい方にオススメのカードローンです。

    ■メリット

    ・web完結申込ができる

    ・審査スピードが早く、即日キャッシング可能。

    ・全国各地に自動契約機が設置されている

    ■デメリット

    ・最大金利が高い

    ■まとめ

    長期での借り入れをお考えの場合は、低金利であるカードローンといった選択肢もありますが、お急ぎの方や短期での借り入れの場合はSMBCモビットが適しているでしょう。 また、WEB完結で誰にもバレずにお申し込みができます。

    また、WEB完結でお気軽にお申し込みすることができます。

    ご相談などはこちらの0120-03-5000(窓口)からもお問い合わせすることができます。

      • モビット※① 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
      • モビット※② 14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
      • モビット※③ アルバイト・パートを含む安定した収入がある方
    • プロミス (SMBCコンシューマーファイナンス)

      プロミス
      実質年率最高限度額審査時間最短融資
      4.5%~17.8%500万円最短30分最短1時間融資
      アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
      可能 ※①50万円まで※⑤簡単3秒診断30日間無利息 ※②

      当サイトお申込件数No1で利用者からの支持も厚い消費者金融です。

      プロミスは2012年にSMBCグループに入り、社名はSMBCコンシューマーファイナンスに変更となりさらに安心感と信頼性が上がりました。

      審査時間や融資時間は業界トップクラスのスピードですので、最短融資1時間で審査も30分で回答とお急ぎでの融資をご希望の方にはぴったりな消費者金融です。

      更に希望額が50万円以下なら収入証明書不要でキャッシングが出来ます。

      また、初めてのご利用の方には30日間無利息のサービスがあります。

      カードレスを選択すれば郵送物不要ですし、申込完了後オペレーターに相談することで在籍確認に最大限配慮しています。申込み者と同じ目線で融資相談に乗ってくれます。線で融資相談に乗ってくれます。

      20~30代の若年層の方に人気が高いことでも有名です。

      ■メリット

      ・融資までの時間がとにかく早い

      ・初めての方は30日間無利息

      ・カードレスでも対応可能で在籍確認にも配慮してくれる。

      ■デメリット

      ・金利は少し高め

      ・総量規制対象

      ■まとめ

      無利息期間がありますので、少額や短期的な借入には最適です。融資スピードも早いので、お急ぎの方は是非検討してみましょう。

      ご相談などはこちらの0120-24-0365(窓口)からもお問い合わせすることができます。

        • プロミス ※①主婦・学生:安定した収入がある方に限る。
        • プロミス ※②30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
        • プロミス ※⑤新規申込のお客さまでプロミスのご利用限度額が50万円を超えるお客さまは収入証明書類の提出が必要です。
      • アコム

        アコム
        実質年率最高限度額審査時間最短融資
        3.0%~18.0%800万円最短30分最短1時間融資
        アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
        ○ ※①簡単3秒診断最大30日間無利息

        アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループで、マスターカードがライセンスを与えている日本国内唯一の消費者金融です。

        審査時間や融資時間は業界トップクラスのスピードですので、最短1時間での融資も可能となっているので急な出費で今すぐお金が必要な時に心強い味方になってくれるでしょう。

        またはじめての方なら30日間無利息でキャッシングも出来ます。

        さらに、eメールサービスや24時間返済可能なインターネット返済など、サポート体制も充実しております。

        マスターカードのクレジット機能を付加することができることが人気に拍車をかけて、プロミス同様に20~30代の若年層から圧倒的な支持を得ています。

        ■メリット

        ・ローン機能とクレジット機能が1枚のカードで利用可能

        ・融資までの時間がとにかく早い

        ・初めての方は30日間無利息

        ■デメリット

        ・金利は少し高め

        ・総量規制対象

        ■まとめ

        低金利ではないので高額の融資や長期的なキャッシングにはあまり向いておりませんが、クレジット機能も付いているのでキャッシングせずにローンカードを持っているだけでもいざと言う時に使える利便性の高い商品です。

        ご相談などはこちらの0120-07-1000(窓口)からもお問い合わせすることができます。

          • アコム※① 希望額が50万円以上の場合、収入証明書の提出が必要です
        • アイフル

          アイフル
          実質年率最高限度額審査時間最短融資
          3.0%~18.0%800万円最短30分最短1時間融資
          アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
          50万円まで簡単1秒診断初回限定30日間

          消費者金融キャッシング大手であるアイフルは、アコムやプロミスのように銀行傘下に入ることなくあくまでも独自路線を貫き、独自のスコアリングシステムによる与信ノウハウで全国に店舗を展開しています。

          アイフルは初めてご利用の方なら最大30日間利息0円のサービスがありますし、審査が最短30分で完了するなど、初めてキャッシングを利用する方に嬉しい特典がたくさんあります。

          最短融資1時間でキャッシングできますし、希望額50万円以下なら収入証明書も不要です。

          キャッシングは少額のキャッシングの利用の方にも適しています。

          また、誰にも知られずにカードの受け取りが可能という点も人気の要因の一つと言えるでしょう。

          ■メリット

          ・30日間金利無料サービス

          ・最短30分での審査回答で、即日キャッシングも可能!

          ・おまとめローンがある。

          ■デメリット

          ・金利が高い

          ・総量規制対象

          ■まとめ

          有人店舗の少なさや、最高金利の高さといったデメリットもありますので、お急ぎの方や、短期でのお借入れをお考えの方、また、おまとめを検討中の方にはおすすめのカードローンです。

          ご相談などはこちらの0120-201810(窓口)からもお問い合わせすることができます。

            • アイフル※① アイフルの利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合。
          • 評判でおすすめの消費者金融を確認していきましょう

            初めて消費者金融でカードローンを利用する方は緊張されたり、不安も多いと思います。

            しかし、各消費者金融の特徴などを知っておけば、そんなに敷居を高く感じることもなくなります。

            大手の消費者金融ならクリーンですし、無利息期間やWEB完結などの各消費者金融の独自のサービスを利用することによって自分のライフスタイルにフィットした上手なキャッシングが可能になります。

            各消費者金融の申込み方法や返済方法などをしっかりと把握してキャッシングした後も無理のない返済をしていくためにしっかりと理解しておくことをオススメいたします。

            人気のおすすめ消費者金融をランキングで確認

            消費者金融を利用する際には利用者の口コミや評判なども参考にしてみましょう。

            実際に利用されている方の口コミなどはタメになるものも多々あります。

            当サイトでは利用者が多いキャッシングや口コミで評判のカードローンをランキングにして紹介しておりますので此方のカードローンランキングも確認してみましょう。

            このランキングは実際の利用者の方の口コミなどを参考に構成しているので、これから利用する方は是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

            消費者金融利用者の口コミも参考にしましょう

            実際に利用された方の評判を参考にしてみましょう。

            先述の通り、口コミや評判には利用者の実際の状況を投稿している場合が多いので、いくつか見てみると中には自身の状況に近い口コミを見つけることができます。

            公式サイトの情報だけでは分からない部分や、人それぞれで金利などの貸付条件が変わる場合もあるのです。

            また、公式サイトに審査時の対応など詳細は記載されていません。

            審査に関しては実際にキャッシングの審査を経験した人でないとわからない部分もあるので、是非、参考にすると良いでしょう。

            金利などの条件は年齢や借入金総額によっても変わってくる場合が多々ございます。

            在籍確認方法や必要書類なども実際には記載通りでないケースはよくあります。

            オペレーターの対応なども口コミなどからでないと一切情報は入ってきません。 当サイトでも皆さまからのキャッシングの口コミを頂戴しております。

            此方のカードローン口コミも是非参考にしてキャッシングのことを更に詳しく知っておきましょう。

            おすすめの消費者金融や銀行カードローンを一括比較してみましょう。

            おすすめの消費者金融や銀行カードローンを一括比較してみましょう。

            ご自身の借入目的や金額、利用用途から比較してみるといいでしょう。

            消費者金融や銀行カードローンによっても提供してるサービス内容はかなり変わってきます。

            金利や返済方法など、ご自分が重要視している部分を確認して比較しながら注視してみましょう。

            サービス名実質年率借入限度額審査スピード融資スピード詳細ページ
            収入証明書不要事前診断無利息期間アルバイト申込
            SMBCモビット

            SMBCモビット

            3.0%~18.0%800万円最短30分最短即日も可能 ※①詳細はコチラ
            簡単お借入診断―※② 公式ページへ
            プロミス

            プロミス

            4.5%~17.8%500万円最短30分最短1時間融資詳細はコチラ
            50万円まで※⑤簡単3秒診断30日間無利息 ※② 可能 ※① 公式ページへ
            プロミスレディース

            プロミスレディース

            4.5%~17.8%500万円最短30分最短1時間融資詳細はコチラ
            50万円まで不要簡単3秒診断30日間無利息 ※② ○ ※① 公式ページへ
            アコム

            アコム

            3.0%~18.0%800万円最短30分最短1時間融資詳細はコチラ
            簡単3秒診断最大30日間無利息○ ※① 公式ページへ
            アイフル

            アイフル

            3.0%~18.0%800万円最短30分最短1時間融資詳細はコチラ
            50万円まで簡単1秒診断初回限定30日間公式ページへ
            安心のメガバンクキャッシング!ATMも豊富で利便性は抜群です。
            低金利のネット系銀行キャッシング!

            オリックス銀行カードローン

            1.7%~17.8%最高800万円詳細はコチラ
            可能公式ページへ
            • プロミス ※①主婦・学生:安定した収入がある方に限る。
            • プロミス ※②30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
            • プロミス ※⑤新規申込のお客さまでプロミスのご利用限度額が50万円を超えるお客さまは収入証明書類の提出が必要です。
            • プロミスレディース※① 主婦・学生:安定した収入がある方に限る
            • プロミスレディース※② 30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
            • アコム※① 希望額が50万円以上の場合、収入証明書の提出が必要です
            • アイフル※① アイフルの利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合。
            • モビット※① 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
            • モビット※② 14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
            • モビット※③ アルバイト・パートを含む安定した収入がある方
            • 三菱UFJ銀行 ※①学生の方は10万円、ご本人に収入がなく配偶者に収入のある方は30万円以内となります。
            • 三菱UFJ銀行 ※②審査結果のご連絡は9時~21時(土日祝日は9時~17時)までとなります。お申し込みの受付時間、審査状況によっては、審査結果の回答が翌日以降になる場合があります。

            気になる消費者金融の審査基準や審査時間を確認しましょう

            一般的に消費者金融は銀行カードローンよりも審査が通りやすいと言われています。

            なぜなら銀行カードローンは消費者金融と違い、保証会社をつけているためです。銀行カードローンは保証会社の審査もあるので審査が厳しくなるのですが、消費者金融は保証会社が無いので融資スピードも早く審査通過率も高くなります。

            審査通過が不安な方は消費者金融にお申し込みした方が良いでしょう。

            また、審査の際に消費者金融や銀行カードローンが必ず照会するのが個人信用情報です。

            これは何社にいくら借金があるのか、過去に金融事故を起こしていないか、延滞などはないかなどが載っているものです。

            この信用情報がある限り、いくら嘘をついても見抜かれてしまいます。

            むしろ、虚偽の申告をするとそれだけで審査に落とされてしまう可能性があります。他に借り入れがある場合でも正直に申告しましょう。

            またこちらのカードローン審査で審査に通るおすすめカードローンを紹介しておりますので是非参考にしてみましょう。

            消費者金融の審査基準は?

            消費者金融の審査基準はどうなっているのでしょうか。

            消費者金融各社が審査時にお客様のどこの部分を気にして確認しているかを抑えていきましょう。

            ①.現状の借入件数と借入金額

            消費者金融会社がまず1番最初に確認する内容です。

            虚偽の申請をしてもバレますので、正直に伝えましょう。

            ②.過去のお支払い状況

            これまでに金融商品に対して、誠実に向き合ってきたか評価されます。

            現在滞納中の方やお支払いが滞っている方、過去に自己破産や債務整理がある方などは審査に通る可能性は非常に厳しくなるでしょう。

            ③.勤務先と勤続年数。そして保険証

            会社の規模や勤続年数、保険証の確認をされます。

            ここは審査においてかなり重要視されるところです。評価の高さは下記通りになるのではないでしょうか。

            公務員>会社員>契約・派遣社員>アルバイト・パート

            保険証も国民健康保険より社会保険の方がより評価が高いです。

            勤続年数も長ければ長いに越したことはありません。

            もちろん会社員の中でも企業規模によって評価は全然変わってきます。

            企業の信頼が高ければ借りられる可能性は更に高まります。

            ④.借入希望額と年収

            希望融資額は幾らで、またそれに対して年収はいくらなのかを消費者金融会社は気にします。

            その場合、金額や消費者金融会社によっては収入証明書の提示を求められるケースもあります。

            収入証明書の提示を求められることも考えて収入に関しては虚偽の申告は控えましょう。

            また必要額以上の申し込みも控えましょう。借りた後に返済実績を積めば限度額は徐々に上がっていきます。

            返済実績を積むことも大事なことの一つと言えるでしょう。

            ⑤.お住まい・連絡先

            ご自宅が賃貸なのか持家なのか、実家住まいなのか、一人暮らしなのかによっても評価が変わってきます。借家や一人暮らしの方は出ていくお金も多いことから評価は低くなります。

            逆に実家暮らしの方は出ていくお金も少ないことから、返済するお金は多いと言うことで高く評価される場合があります。

            連絡先も自宅なのか携帯だけなのか、キャッシング会社としては何かあった時に連絡を取りやすい方が評価が高いです。

            自宅と携帯両方ある場合の方が評価は高くなると言えるでしょう。

            ■1と2に関しては信用情報機関にキャッシング会社から照合すれば簡単にわかってしまいます。 借入件数や借入金額などは正直にお伝えするようにしましょう。

            ※注意※

            以前キャッシングにお申込したことがある方は、お申込した際のデータが信用情報機関に残っている場合もあります。

            以前申し込みした内容と差異がある場合はよくないので以前の申し込みした内容に沿う形でお申込するようにしましょう。(勤続年数などによく見られます) またお申込ばかりしているとお申込ブラックという評価になってしまいます。一度キャッシングの審査に落ちてしまった場合は残念ですが最短でも半年はお申込し込みを控えましょう。

            消費者金融の審査時間は?

            カードローンの審査時間はカードローン会社によって変わってきます。

            時間を気にされる方は消費者金融系のカードローンの方がおすすめです。

            銀行カードローンの場合は多少お時間が掛かってくると思っていた方がいいでしょう。

            また収入証明書不要を利用すれば用意する書類も身分証明書だけ済むので更に時間を短縮することが出来ます。

            ・最短審査30分

            プロミス、アコム、アイフル

            消費者金融の在籍確認は?

            消費者金融を利用する際に行われる在籍確認も初めての方には不安の要因の一つだと思います。

            会社に電話されたら困る。会社の人にはバレたくないといった思いは誰にもあります。

            カードローン会社も個人のプライバシーに配慮して最大限申込み者に気を使って在籍確認を行ってくれます。

            会社に電話されるのに抵抗がある方はお申込完了後、電話でカードローン会社にその旨をしっかりと伝え、相談してみましょう。

            また社会保険を提示することで在籍を証明出来れば、会社に電話がいくことがない場合もあります。

            また、在籍確認で電話が会社にくる場合も会社名ではなく、個人名で電話をかけてくれたりもします。心配な方はあらかじめ聞いておくと良いかもしれません。

            消費者金融の保証会社

            保証会社とは銀行カードローンなどについていることが多い、システムです。

            銀行は保証会社をつけることで、貸し倒れなどのリスクを避けています。

            しかし、大手消費者金融には保証会社はついていません。

            銀行カードローンは保証会社をつけているので、保証会社の審査もあるため審査が厳しくなると言われています。

            。一方で、消費者金融カードローンは保証会社をつけていないので、審査時間も短く、銀行よりも審査通過率が高くなるというのが一般的です。

            審査通過が不安な方は圧倒的に消費者金融にキャッシングするのがオススメです。

            審査の厳しい銀行カードローンにお申し込みして、審査に落ちてしまうと個人情報にも傷ついてしまいますし、傷がついてしまうと他のカードローンにお申し込みした時の審査で不利になってしまいます。

            スムーズに審査に通過する為にも、他に借り入れがある方や過去に延滞履歴などがある方は消費者金融カードローンにお申し込みしましょう。

            消費者金融は即日キャッシング出来る?必要書類は?

            消費者金融でお申し込みした時の時間はどれくらいかかるのでしょうか?

            消費者金融と言っても融資までの時間は変わってきますが、必要書類を予め用意しておけば融資までのスピードは更に早まります。

            今の消費者金融はとにかく早く即日キャッシングしてくれるところは多くあります。

            即日キャッシングできるカードローンは此方のカードローン即日でより詳しく掲載しておりますので確認してみましょう。

            消費者金融の即日キャッシングについて

            消費者金融を必要とする時の多くはお急ぎの場合や急な物入りの時などが多いです。

            つまり、利用者の多くは即日ないし数日以内での融資を望んでいる傾向が強いということです。

            最近は即日キャッシングできる消費者金融や銀行カードローンが増えて、よりその傾向が強まりました。

            大手の消費者金融であれば、どこも即日キャッシングは可能です。

            店舗まで出向かなくても、無人契約機やインターネットからのお申し込みもできるようになったのも融資スピードを早めることになった一因です。

            とにかくお急ぎでキャッシングしたい場合は消費者金融がおすすめです。

            近くに店舗や無人契約機が無い場合はそこに向かいながらWEBでお申し込みして、すぐにローンカードを発行してもらい、その場でキャッシングすることも可能です。

            ただし、営業時間などは各消費者金融によって違いますので、お申し込みの前に確認しておきましょう。

            ・最短融資1時間のカードローン

            プロミス、アコム、アイフル

            ※上記カードローンはお振込キャッシング可能で無人機でのカード発行も可能です。

            早さでいえば消費者金融系のカードローンであることは間違いありません。

            またカードローンによっては無利息期間があったりサービス内容が異なってきますので、時間以外のサービス内容を理解した上で利用しましょう。

            消費者金融の必要書類は?収入証明書不要について

            手ぶらでは消費者金融にお申し込みすることはできません。

            当然ですが、お金を担保もなしに借りるわけですから必要な書類等が必要になってきます。

            まずは本人確認書類です。これは免許証があれば問題ありません。免許証が無い方はパスポートや保険証など各消費者金融で違いますので、公式ホームページで確認しましょう。

            また、収入証明書が必要な場合があります。消費者金融の場合、50万円以上借り入れする時は収入証明書の提示を求められるケースが多いようです。

            これも各消費者金融機関によって金額は変わってきますが、反対に言うとそれ以下の金額の借り入れを希望するのであれば、収入証明は不要で済む、つまり、免許証だけあればお申し込みできることもあります。

            この場合は、わざわざ収入証明書を用意する必要が無いので、融資スピードも非常に早く、即日で融資してもらえる可能性が高まります。 下記で即日キャッシング可能で収入証明書不要、即日利用出来るカードローンをまとめてみました。

            ・希望額50万円まで収入証明書不要

            プロミス、アコム、アイフル

            消費者金融の金利はどれくらい?計算方法は?

            消費者金融カードローンでは、金利に幅があるところが多いです。

            最低金利ですと5%を切るぐらい低くなっていますが、最高金利は18%程度に設定されているところが多いようです。

            金利はキャッシングした後の返済で大きな負担になるところでありますから、しっかりと確認しておくことが大事です。

            金利はある程度高額の融資でない限り、最大金利が適用されることが多いです。最低金利は限度額の借り入れでない限り設定されることはまずございません。

            その点から見るに、最大金利で確認しておいた方が良いと言えるでしょう。

            完済するうえで金利は大きく左右しますので、低金利のカードローン選びも非常に大事です。

            各カードローンの金利は金利が安い!低金利なカードローンとキャッシングのポイントを徹底比較で確認してみましょう。

            消費者金融の金利の計算方法について

            消費者金融は借入金額と利息の合計を返済していくので、金利に対してどのくらい利息を払っていくかを把握することはとても大事なことです。

            金利には日歩、月利、年利の3種類ありますが基本的に消費者金融などの金融業界で使われているのは年利となっております。

            ここでは年利の計算方法を解説していきますので、しっかりと理解しておきましょう。

            利息=借入金額×金利×借入期間

            上記の計算式にいくつか試しに当てはめてみましょう。

            例①)借入金額30万円、年利18.0%、借入期間半年間の場合

            利息=30万円×18.0%÷365×180

            計算するとおよそ26,630円となります。

            1年間で完済した場合は単純に利息が2倍になりますので53,260円となります。

            例②)借入金額100万円、年利10.0%、借入期間2年間の場合

            利息=100万円×10.0%÷365×730

            計算するとおよそ200,000円となります。

            1年間で完済した場合は単純に利息が半分になりますので100,000円となります。

            返済期間が長ければ長い程お支払いする利息総額も大きくなります。 なるべく短い間に返済していくことが完済への近道と言えるでしょう。

            また、消費者金融の金利から利息をいくら払うことになるかをしっかり理解しておくことも完済の第一歩と言えます。

            低金利の消費者金融を選びたい方は

            低金利でカードローンを選ぶのであれば、消費者金融よりも銀行カードローンをおすすめします。

            メガバンクのカードローンであれば利便性に優れ上限金利も低く設定されておりますし、ネット系の銀行カードローンも低金利で借入することが出来ます。

            ただし、銀行カードローンは消費者金融よりも審査が厳しいと言われています。

            審査に通過して借り入れが出来なくては何の意味もありませんから、審査に不安な方は金利で判断されるよりも無利息期間などがついている消費者金融を選んでキャッシングした良いでしょう。

            ・無利息期間は利息がゼロ!

            プロミス、アイフル

            ⇒消費者金融によって無利息期間は変わってきますので、下記に記載しています。また、公式ページでも確認してみましょう。

            ・上限金利 9.8%

            三井住友カードゴールドローン

            ⇒カードもゴールドでステータス高め。審査に自信がある方には絶対此方がオススメです。

            ・上限金利 17.8%

            プロミス、アコム、アイフル

            ⇒アルバイトやパート、主婦(主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。)でも借入出来るカードローン。しかも低金利です。

            消費者金融の無利息期間をうまく活用しよう

            無利息期間をうまく活用することで利息を抑えることが可能です。

            急な出費などで短期的な借入をしたい方は無利息期間をうまく活用すれば金利0で借入することも可能です。

            無利息期間があるカードローンを下記でまとめてみましたのでご確認ください。

            ・最大30日間無利息

            プロミス、アコム、アイフル

            但し上記のキャッシングは無利息期間が終わってしまうと通常の金利になります。通常の金利の場合は正直低金利ではないので利用には注意が必要です。

            短期的なキャッシングの利用を検討してる方であれば大変助かるサービスではないでしょうか。

            消費者金融の返済について

            よく利用者の方が検索されるのはキャッシングした後の返済方法です。

            返済方法は各消費者金融によっても様々で、今やその方法は数多くあります。大手消費者金融であれば、利便性にも優れていると言えるでしょう。

            返済期間はどれくらいなのか。

            そこまでしっかり考えた上でカードローンを利用するのがベストではないでしょうか。

            消費者金融の返済については此方のカードローン返済で詳しくご説明しておりますので確認してみましょう。

            消費者金融の返済方法

            昨今の消費者金融は非常に利便性が高くなっています。

            それは返済方法にも表れていて、大手の消費者金融であれば多様な返済方法が用意されています。

            当然、各消費者金融によって利用できる返済方法は違いますので、お申し込みする前に必ず公式ページから確認しましょう。

            自社ATMや全国の提携ATMも利用できますし、口座引き落としやパソコン、スマホなどからのお振込、店頭窓口、コンビニ払いなど返済方法は豊富にあります。

            カードローン各社によって返済方法が異なりますので下記を参考にしてみましょう。

            ・口座振替(引き落とし)で返済が可能

            プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビット、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、オリックス銀行、イオン銀行

            ・銀行振込で返済が可能

            プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビット、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、オリックス銀行、イオン銀行

            ・提携ATMで返済が可能

            プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビット、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、オリックス銀行、イオン銀行

            ・コンビニ払いで返済が可能

            プロミス、アコム、アイフル

            ・店頭や窓口で返済が可能

            プロミス、アコム、アイフル

            口座振込や銀行振込、提携ATMからの返済が一般的と言えるかもしれません。

            返済することも考えカードローン選びをしましょう。

            消費者金融の返済方式

            カードローンの返済方式と聞いてもあまり頭に浮かんでこない方が多いのではないでしょうか。

            わかりやすくお伝えいたしますと、カードローンのほとんどがリボルビング払いです。

            但しリボルビング払いと言ってもいくつか種類がございます。

            一般的な返済方式とリボルビング払いをそれぞれ下記にまとめましたのでご確認ください。

            1.元利均等返済

            元金と金利を合わせてお支払いして、毎月の返済額が一定になるように計算されている返済方式になります。

            2.元金均等返済

            元金の返済が毎月一定になるように計算された返済方式になります。元金に利息が上乗せされた金額を支払うことになります。

            3.分割払い

            利用毎にお支払いが分割されます。返済額は毎月一定となります。一回あたりの返済額は少ないですが、お支払いが重なると返済が大変になるリスクもございます。

            4.リボルビング払い

            毎月の利用総額に対して支払額を分割する仕組みになります。 また複数あるので細かく見ていきましょう。

            4-1.定率リボルビング方式

            ・元利定率リボルビング方式

            毎月のお支払い締日に借入残高に利息を足した金額をご自身で指定した割合で返済します。

            ・元金定率リボルビング方式

            毎月のお支払い締日に借入残高に定率をかけた金額に、利息を加えて返済します。

            4-2.定額リボルビング方式

            ・元利定額リボルビング方式

            毎月の支払額は一定になります。その中に利息も含まれておりますので、元金の返済が借入残高により一定になりません。

            ・元金定額リボルビング方式

            元金の返済額は毎月一定になります。しかし借入残高により利息が計算されますので、支払額が毎月変動いたします。

            4-3.残高スライドリボルビング方式

            ・残高スライド定額方式

            借入残高により、段階的に返済定額を変更する方式になります。 返済途中に新たな借入を致しますと、借入残高により返済定額が変動いたします。

            ・残高スライド元利定額リボルビング方式(キャッシングで一番多い返済方式です)

            借入残高により段階的に決められた金額を毎月返済します。返済額の中に利息が含まれているので元金が減りにくいです。

            ・残高スライド元金定額リボルビング方式

            借入残高により段階的に決められた返済元金に利息を加えた金額を支払いたします。

            ・残高スライド定率方式

            借入残高により、段階的に返済定率を変更するものになります。 返済途中で新たな借入を致しますと、借入残高により返済定率が変わってきます。

            ・残高スライド元利定率リボルビング方式

            借入残高に利息を加えた金額に定率をかけた金額を支払いたします。支払額に利息が含まれております。

            ・残高スライド元金定率リボルビング方式

            借入残高に定率をかけた額に利息を加えて支払いたします。

            このように見ると返済方法は非常に多く、難解に思えますが基本的には元金+利息の返済になります。

            全ての返済方式を覚える必要は無いので、ご自分がキャッシングする商品情報だけでもしっかりと抑えておくことが重要ではないでしょうか。

            消費者金融のおまとめ・借り換えについて

            複数のローンをおまとめ、借り換えすることに月々の支払いが軽減され、支払日が月1回になるので支払いの管理がしやすいなどのメリットがあります。

            審査が厳しいと言われていますが、通過すれば大きなメリットがあります。複数の債務にお悩みの方はしっかりと理解して検討してみてはいかがでしょうか。

            詳しくおまとめローンと借り換えローンを解説していきたいと思います。

            おまとめローンについて

            おまとめローンとは複数ローンや借入がある債務者に対して、借入総額を一括返済するのに相当する額を融資し、長期的に自行の顧客になってもらうことを狙ったローンです。

            2011年、新たに施行された改正貸金業法により総量規制ができました。

            これの救済措置としてできたローンがおまとめローンです。

            おまとめローンは審査は厳しいですが、審査にさえ通ってしまえば顧客に一方的に有利なローンという特性を持っています。

            此方でおまとめローンに関しては詳しく説明してありますので確認してみましょう。

            借り換えローンについて

            基本的に借り換えローンの審査は通常より厳しい傾向にございます。

            審査に通れば金利も下がるなど条件もよくなることから審査に通った際のメリットは大きいと言えるでしょう。

            また借り換えする際に必ず借り換え先の消費者金融 の条件よく確認しましょう。

            せっかく借り換えできたとしても金利など返済面で条件が変わらなければ意味がありません。

            金利を確認する際は借り換えしたい額で金利がいくらになるのかをしっかり確認しましょう。

            各消費者金融の公式ページに借入額に対して金利がどれくらいで適応されるか基本的に記載があります。

            消費者金融によってはおまとめや借り換えに消極的な消費者金融もあります。

            おまとめ借り換えに消極的な消費者金融よりもちろん積極的におまとめや借り換えを受け入てるカードローンの方が理解もあり、審査の面でも通りやすいこともありますので消費者金融選びはとても大事です。

            此方の借り換えローンのページで詳しくご紹介しておりますので是非確認してみてください。

            総量規制対象外とは

            おまとめローンや借り換えローンを利用する上では総量規制についてしっかり理解しておくことが大切です。

            まず総量規制とは、個人の借入総額が、年収の3分の1までに制限される仕組みを言います。

            総量規制対象のカードローンの場合、年収300万円の方の場合、借入は100万円までしか出来ません。

            それが数社あった場合でも同じです。総額で年収の3分の1までしか借入出来ません。

            上記の法律は貸金業者にのみあてはまります。銀行は貸金業者とは違いますので、総量規制対象外となり、年収の3分の1までという規制は無く、年収の3分の1以上のご融資可能です。

            おまとめや借り換えをする際は金額も通常の借入よりも大きくなることが多いので、総量規制対象外の銀行カードローンで借入することをおすすめします。

            消費者金融は主婦でも借入出来る?

            働いている主婦の方や仕事をしていない専業主婦の方でも消費者金融や銀行カードローンで借り入れすることは可能です。

            ただし、総量規制対象であれば年収の3分の1までの借入しか出来ないため、アルバイトやパートなどで収入が少ない場合は借入出来る金額も低くなります。

            また、専業主婦の方は銀行カードローンへのお申し込みがおすすめです。銀行カードローンは総量規制対象外のカードローンですので、ご自身に収入が無くてもお申し込みは可能です。

            注意点としては、消費者金融よりも審査自体は厳しくなりますので、そこは注意が必要になります。

            更に詳しく主婦の借入について知りたい方は此方のカードローン主婦のページで確認してみましょう。

            主婦でも借りられるキャッシング

            主婦の方であってもアルバイトやパートをしていてご自身に収入があれば、キャッシングすることが可能です。

            ただし、大手の消費者金融カードローンでもキャッシングすることはできますが、総量規制の関係で年収の3分の1までしかキャッシングすることはできません。

            高額の融資をご希望の方は銀行キャッシングであれば、総量規制の対象にはなりませんので、銀行カードローンでのキャッシングがオススメです。

            お急ぎの方や審査に不安な方は消費者金融カードローンでお申し込みしてみましょう。

            消費者金融についてまとめ

            消費者金融と言っても、完璧に理解している方はあまり多くは無いのかもしれません。

            お金に困っているからと言って、そのような状態でキャッシングしてしまうと今度は返済の方が大変になってしまいます。

            少額で短期の借入のとき、長期で高額なとき、急いでいるとき。消費者金融をより理解しておくことでご自身の用途に合わせてうまくキャッシングを利用できるはずです。

            また、あらかじめ審査のポイントなど抑えておけば急にお金が必要になった時でもスムーズにお申し込みできるのではないでしょうか。

            全ての詳細を把握するのは難しいかもしれませんが、おおまかな枠組みだけでもしっかりと捉えて上手にキャッシングすることを心がけましょう。

          理解を深める意味でもおすすめのカードローン徹底比較でどんな違いがあって利用方法にどのような特徴があるのかを合わせて知っておくことで自分に合った物を選べるはずですよ。

          年代別人気カードローン

          20代~30代におすすめのカードローン

          若い方は借入時間を気にされる方が非常に多いです!

          また少額利用される方がほとんどなので無利息期間が付いてるカードローンがおすすめです。

          関連記事