カードローン借り換え!おすすめの低金利キャッシングは?即日は可能?審査の詳細は?

2018最新版
おすすめのカードローン10社を目的別に比較してみましょう
カードローン借り換え!おすすめの低金利キャッシングは?即日は可能?審査の詳細は?
財布と万札

現在カードローンを利用していて、返済の負担を大きく感じている方は、カードローンの借り換えを検討してみましょう。

賢く選択すれば金利だけでなく、毎月の返済負担やトータルの返済金額をダウンさせることも可能です。


借り換えできる低金利カードローンを徹底比較・解説

カードローン借り換えを検討する時に特に重要なのが金利です。

借り換えはより低い金利のカードローンに乗り換えることで、返済の負担を軽くすることが目的ですので、適切に低金利のカードローンを選ばなければいけません。

そこで、カードローン借り換えに適した低金利のカードローンを厳選し比較してみました。

他にも審査が不安であったり金利は高くてもいいから、限度額を上げたいという方もいらっしゃるかと思います。

そういった方におすすめなのが、大手の消費者金融カードローンです。

賢い返済計画をたてるためにもしっかり確認しておきましょう。

下記に金利に特徴のあるカードローンを比較しております。サービス内容を正しく理解して賢い借入しましょう。

カードローンの借り換えについて

お金を貸してくれる「ローン」の関しては、使い道やタイプなどにより、数多くの種類が存在しています。

その中において、「借り換え」とはどのような意味や目的を持ち、他のローンとは何が異なるのでしょうか?

借り換えの優れた点やそうでない点、また、借り換えローンがどんな人に向いているのか、分かりやすく解説しましょう。

借り換えのメリット・デメリット

すべての商品に言えることでもありますが、借り換えローンについてもメリット・デメリットの双方が存在します。

それぞれの内容を比較しながら、借り換えローンの特徴をとらえてください。

メリット

借り換えの主なメリットをまずは以下にまとめます。

現状よりも金利が下がる

返済金額のトータル負担が減る

毎月の返済金額が減る

カードローンの借り換えにおける一番のメリットは、「現在の借入先より条件面で優れた借入先にシフトできる」点です。

この「条件面で優れた」という部分に関しては、主に金利や月々の返済額について示していると考えてください。

具体的に例を出してみましょう。

A社から100万円を年利18%で借入中


年利10%のB社に借り換え


B社から受けた融資金でA社の借り入れ(100万円)を完済し、その後はB社へ返済する

上記のように、特に金利面で条件が有利になる他のカードローンへ乗り換えることにより、利用者に課される利息が軽減され、返済負担が楽になるのを目指すのが借り換えローンの基本的な目的です。

金利が低くなれれば、トータルでの返済額を抑えることが出来るだけでなく、月々の最低返済金額もダウンすることが少なくないため、トータルで見て、返済にかかる負担を抑えるメリットに期待できます。

デメリット

カードローンの借り換えは、必ずしもメリットだけをもたらすとは限りません。

現状より金利が上がってしまうことも

返済期間が長くなる

現状より金利が上がる?

金利の引き下げを大きな目的としている借り換えにおいて、そんな失敗をなぜするのか?と思われるかもしれません。

しかしながら、カードローンという商品は基本的に金利を一律としておらず、例えば「5.0%~18.0%」といった具合に幅を持たせて設定されています。

そのため、借り換えを選ぶ時には下限金利(上記だと5.0%)にだけ目を引かれ、いざ融資を受けた際には上限金利近くが適用されて、結果的に金利がアップしてしまうケースを招いてしまう人も少なくありません。

また、同じように返済期間についても注意が必要です。

カードローンごとに月々の最低返済金額は各社異なるため、たとえ借り換えで金利が下がったとしても、既存の借入先より月々の返済金額が少なく設定されているところを選ぶと、返済に要する時間も長くなってしまいます。

無論、返済期間が長引くほどに利息の支払い額もかさみますので、結果として借り換えをしたメリットがなくなってしまう場合があることも覚えておきましょう。

借り換えとおまとめの違いとは

カードローンの借り換えとおまとめ。

人によってはこの二つを同じように混同している場合もありますが、正しくは仕組み的にも特徴を見てもそれぞれ異なる商品になります。

では分かりやすくシンプルにそれぞれの商品について紹介しましょう。

借り換え・・・現状よりも有利な条件で融資を受けられるカードローンに乗り換えること

おまとめ・・・複数の借り入れを一本にまとめて返済負担を軽減するために他社で借金を一本化すること

いかがでしょうか?

おまとめローンとはあくまで「複数の借金を一本化する」ところに特徴がありますが、借り換えは決して一本化に限定されているわけではありません。

言い換えれば、借り換えは既存の借入先が1社だけの人にも利用価値があるローンになります。

イメージ的には「条件の良い会社に移る転職」などが近いかもしれません。

借り換えが向いているのはこんな人

・既存の借入先は1社だけだが、適用金利が高い
・既存の借入先の毎月の返済金額が高く、負担が大きい
・既存の借入先の使い勝手、利便性に不満を持っている

リボ払いも借り換え可能?

リボ払いとは、カードの支払い方法のひとつです。

あらかじめ決められた額を毎月支払うので、家計のやり繰りがしやすいメリットがあります。

高い買い物をする場合、リボ払いで毎月の支払額の負担を抑えたことがある人もいるのではないでしょうか。

このリボ払いには、毎月の支払額が一定になるかわりに、使い方によっては返済期間が長くなるデメリットがあります。

中には、支払額が一定になっていることでついつい使いすぎてしまい、支払残高が膨れ上がるケースも少なくありません。

支払残高が多いと、それだけ返済にかかる期間が長引き手数料がかかるので最終的に支払う金額は多くなります。

そうしたリボ払いの負担を少しでも減らしたい人も、カードローンへの借り換えを検討してみるとよいでしょう。

実はリボ払いの手数料はカードローンの金利と比べ、利率が高く設定されている場合があります。

消費者金融の支払い負担を低金利のカードローンに借り換えるように、リボ払いもカードローンに借り換えた方が負担を抑えられるかもしれません。

さらに、カードローンは借入額が高額になると低金利になる場合があるので、そういった面でも借り換えをおすすめします。

例えば、支払残高が100万円未満だと金利は15%、100万円を超えると金利は12%になるように金額によって金利が低くなります。

どの程度の金額から金利が下がるのか、どの程度金利が安くなるのかについてはカードローンによって違います。

一般的な借り換えと同じく、事前によく確認するようにしましょう。 <

借り換えに向いているのは?カードローンを一括比較

借り換えにおいて、確かに多くの人が重要視するのは「金利」の引き下げです。

ただし、既存の利用先から乗り換えた後にも様々な形で付き合っていくことを考えると、金利だけでなく、ひとりひとりにあった使いやすさや特徴を備えているカードローンを選ぶのに越したことはありません。

以下は数あるカードローンの中でも、特に高い人気を誇るカードローンを厳選した一括表です。

金利はもちろんのこと、他のスペックや特徴も踏まえたうえで、各社を比較しながら検討してみてください。

サービス名実質年率借入限度額審査スピード融資スピード詳細ページ
収入証明書不要事前診断無利息期間アルバイト・パート申込
AIスコア・レンディング

AIスコア・レンディング

0.8%~12.0%※①1,000万円仮審査最短30秒最短30分詳細はコチラ
あり公式ページへ
プロミス

プロミス

4.5%~17.8%500万円最短30分最短1時間融資詳細はコチラ
50万円まで※⑤簡単3秒診断30日間無利息※②可能※①公式ページへ
アコム

アコム

3.0%~18.0%800万円最短30分最短1時間融資詳細はコチラ
簡単3秒診断最大30日間無利息○※①公式ページへ
オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

1.7%~17.8%最高800万円詳細はコチラ
可能公式ページへ
SMBCモビット

SMBCモビット

3.0%~18.0%800万円最短30分※①最短即日も可能※②詳細はコチラ
簡単お借入診断○※③公式ページへ
アイフル

アイフル

3.0%~18.0%800万円最短30分最短1時間融資詳細はコチラ
50万円まで簡単1秒診断初回限定30日間公式ページへ
女性に人気
女性1番人気プロミスレディース

プロミスレディース

4.5%~17.8%500万円最短30分最短1時間融資詳細はコチラ
50万円まで不要簡単3秒診断30日間無利息※②○※①公式ページへ
J.Score ※① (※)みずほ銀行、ソフトバンクまたはYahoo!JAPANとの情報連携により貸付利率(実質年率)を0.1%引下げいたします(最大0.3%引下げ)。 (※)貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクおよびYahoo!JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。 なお、Yahoo! JAPANとの情報連携で金利引下げとなるのは、以下のいずれかを満たす場合です(金利引下げのタイミングはそれぞれの場合で異なります)。 ・情報連携に同意された日の前月末から過去1年以内に「Yahoo!ショッピング」の購買履歴がある ・情報連携に同意された日の前月末から過去1年以内に「ヤフオク!」の落札(支払)履歴がある ・情報連携同意時点で「Yahoo!プレミアム」会員である
J.Score ※② ジェイスコアの契約極度額が50万円以下かつ他社を含めた借入総額100万円以下の場合
J.Score ※③ 満20歳以上、満70歳以下で安定した収入がある方
プロミス ※①主婦・学生:安定した収入がある方に限る。
プロミス ※②30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス ※⑤新規申込のお客さまでプロミスのご利用限度額が50万円を超えるお客さまは収入証明書類の提出が必要です。
アコム※① 希望額が50万円以上の場合、収入証明書の提出が必要です
プロミスレディース※① 主婦・学生:安定した収入がある方に限る
プロミスレディース※② 30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
モビット※① 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
モビット※② 14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
モビット※③ アルバイト・パートを含む安定した収入がある方

銀行カードローンと消費者金融の違い

今現在、カードローンには膨大な数が存在しますが、その中でも、銀行系と消費者金融系が大きな割合を占めます。

借り換えを検討する際はまず、このどちらを選択するかを見極めるところから始めると良いでしょう。

消費者金融の特徴

・大手消費者金融は歴史が長く、経験を活かした細やかなサービスが魅力的
・各種サポートが充実しており、使い勝手が良い
・審査・融資スピードが速い
・審査通過率は銀行系より高め
・金利は銀行系より全体的に高い

銀行カードローンの特徴

・法律による「利用者の年収を基準とした融資額の制限」を受けない
・メガバンク系は信頼性が高い
・限度額が高めに設定されている
・審査通過率は消費者金融より低め
・全体的に低金利

もちろんそれぞれのカードローンごとに細かな違いはありますが、トータルで見ると上記のような点が銀行系と消費者金融系カードローンの特徴と言えるでしょう。

低金利の借り換えでどれぐらい利息の違いは出る?

代表的な銀行系と消費者金融系カードローンを例に出しながら、借り換えを行う上で重要な「金利」を比較してみましょう。

サービス名金利遅延利率(実質年率)無利息期間
銀行オリックス銀行カードローン1.7%~17.8%お借入残高に対して借入利率+2.1%
三菱UFJ銀行カードローン1.8%~14.6%14.60%
みずほ銀行カードローン年2.0%~年14.0%※①お借入残高に対して借入利率+2.1%
三井住友銀行カードローン4.0%~14.5%19.94%
消費者金融プロミス4.5%~17.8%20.00%
アコム3.0%~18.0%20.00%
アイフル3.0%~18.0%20.00%
SMBCモビット3.0%~18.0%20.00%
AIスコア・レンディング0.8%~12.0%※①20.00%
住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。 J.Score ※① (※)みずほ銀行、ソフトバンクまたはYahoo!JAPANとの情報連携により貸付利率(実質年率)を0.1%引下げいたします(最大0.3%引下げ)。 (※)貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクおよびYahoo!JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。 なお、Yahoo! JAPANとの情報連携で金利引下げとなるのは、以下のいずれかを満たす場合です(金利引下げのタイミングはそれぞれの場合で異なります)。 ・情報連携に同意された日の前月末から過去1年以内に「Yahoo!ショッピング」の購買履歴がある ・情報連携に同意された日の前月末から過去1年以内に「ヤフオク!」の落札(支払)履歴がある ・情報連携同意時点で「Yahoo!プレミアム」会員である

ご覧の通り、金利面では総じて銀行カードローンが消費者金融を下回り低さに設定されていることが多いと分かります。(AIスコア・レンディングだけ例外ですが)

このように、銀行カードローンの大きなメリットは低金利であり、借り換えの際には利用を検討したいところですが、審査の難易度が消費者金融よりも比較的高めであるため、「誰でも借り換えできる」とは限りません。

借り換えの審査について

一般的にカードローン借り換えの審査は通常のカードローンのものよりも厳しいと言われています。

誰でもカードローンを乗り換えられるわけではなく、当然ですが審査通過の基準があります。

せっかく通るはずの審査も何も知らないばっかりに落ちてしまう可能性もあります。

カードローン借り換えの審査は厳しい?

金利が下がり、月々の返済金額やトータルでの返済負担が軽くなるなら、誰だって積極的に借り換えしたいものですよね。

しかしながら、借り換えの目的で既存利用先と異なるカードローンに申し込む場合は、審査が厳しくなる可能性があることを事前に理解しておいてください。

以下の例を元に「貸す側の立場になって」考えてみてください。

■利用者A:他社借入件数0件、初めてのカードローン申し込み

■利用者B:他社借入件数1件、100万円をすでに借り入れている状態で申し込み

年齢や収入などの条件が同じであったとしても、貸す側からすればすでに他社である程度の額の借り入れを行っている人の場合、「借入額がさらに増えた時の返済に関する不安」はぬぐい切れません。

もちろん他社借入額が少額であり、滞納などもなく返済実績を積んでいるなら、その点はプラスに働くかもしれません。

しかしながら大前提として、仮に借り換え専用ローンではなく、通常のローンに申し込んだ場合、「融資したお金を既存借入先の返済に充てるかどうかは利用者の判断に委ねられる」のです。

カードローンで「融資されたお金の使い道は基本的に自由」ですからね。

そうなると借りたお金を返済に充てず、借入金が膨れ上がってしまうような状況が考えられる限り、貸す側からすれば返済に関する不安を感じても不思議ではないでしょう。

以上の点から考慮し、借り換えの際には慎重となるケースも出てくるわけです。

※あくまで「可能性」としての話です。借り換え先を正しく吟味し、返済負担を軽くしている方も現に多くいらっしゃいます。

つまり何が言いたいかというと、カードローンの借り換えを検討している際は「審査の面についても考慮したうえで申し込み先を選ぶ」ことが重要だということです。

以下のカードローンは審査、金利、どちらの面でも借り換えにおすすめですので一度目を通して見てください。

  • AIスコア・レンディング

    実質年率最高限度額審査時間最短融資
    0.8%~12.0%※①1,000万円仮審査最短30秒最短30分
    アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
    あり

    最新のAI技術を活用し、多種・大量の情報を元に利用者の可能性や信頼性を公正にスコア化した日本初のスコアレンディングサービスを提供。

    全く新しい審査システムにより、これまでに評価されなかった人たちがより有利な条件で融資を受けられる可能性が大きく広がりました。

    また、融資限度額は最大1,000万円までと業界トップクラスで、貸付利率(年率)は0.9%~12.0%と、カードローン全体の中でも非常に低い金利設定となっています。

    審査、金利、両方の面において、借り換えを希望している方には今イチオシのカードローンです

    • 詳細はコチラ
    • 公式サイトへ
    • J.Score ※① (※)みずほ銀行、ソフトバンクまたはYahoo!JAPANとの情報連携により貸付利率(実質年率)を0.1%引下げいたします(最大0.3%引下げ)。 (※)貸付利率(実質年率)0.8%については、みずほ銀行、ソフトバンクおよびYahoo!JAPANとの情報連携を行った場合に限り適用いたします。 なお、Yahoo! JAPANとの情報連携で金利引下げとなるのは、以下のいずれかを満たす場合です(金利引下げのタイミングはそれぞれの場合で異なります)。 ・情報連携に同意された日の前月末から過去1年以内に「Yahoo!ショッピング」の購買履歴がある ・情報連携に同意された日の前月末から過去1年以内に「ヤフオク!」の落札(支払)履歴がある ・情報連携同意時点で「Yahoo!プレミアム」会員である
    • J.Score ※② ジェイスコアの契約極度額が50万円以下かつ他社を含めた借入総額100万円以下の場合
    • J.Score ※③ 満20歳以上、満70歳以下で安定した収入がある方

カードローン借り換えの審査方法は?

借り換えローンは同一の金融機関で利用するものではなく、新たに別のカードローン会社にお申込みをします。

通常のカードローンであれば、申込み者に返済能力があるのかを確認するために審査をしますが、カードローン借り換えの場合も同様です。

審査については、申込み内容が正しいのかのか確認と申込み者のスコアリング属性になります。

要は申込み者がちゃんと返済できる能力があるかどうかの確認なのです。

申込み内容の確認については記入事項に虚偽が無いか信用情報機関からの情報と照らし合わせて調べられます

年収や借り入れ件数、借金総額などがこの信用情報で虚偽がないか判断されます。

スコアリング属性は過去の統計データを利用して行われる調査方法です。各金融機関は、過去の顧客プロフィールや支払履歴を「統計データ」として独自にまとめ、審査に応用しています。

利用者の様々な条件を当てはめ、申込者のプロフィールに一番近い過去のユーザー探しだします。

「申込者に似ているユーザーが過去にきちんと返済を行ったか」を一つの参考にするのです。

もちろん以上の他にも、

・ 申込者の態度や言動などに問題がないか

・ 借入の目的

なども少なからず審査に影響します。

●年収

一般的にカードローン借り換えでは年収の最低ラインは年収200万円と言われています。

それ以下だと、カードローン借り換えの審査に通過することは非常に厳しいと言えるでしょう。

●勤続年数

当然ではありますが、勤続年数は長ければ長いほど良いと評価されます。

しかし、勤続年数と社会人年数を同じに考えてはいけません。

働く期間そのものは長くても、転職を繰り返している場合は安定性に欠けると判断され、評価は低くなります。

また、自営業の場合は最低1年以上の事業を継続させてからお申し込みした良いでしょう。

●職業

職業で一番一番有利なのは公務員と言われています。

に、一部上場企業や設立年数の長い企業に勤めている方は評価が高くなります。

中小企業にお勤めの方は良くも悪くもなくといった評価です。

審査を通過するうえで、厳しくなってしまうのが自営業、アルバイト、派遣社員、契約社員の方々です。

カードローン借り換えの審査は通常よりも厳しくなりますので、正社員でない方にはハードルは高くなるかもしれません。

●年齢

年齢は30~40代だと評価が高くなるようです。やはり働き盛りの歳というのが大きいと思われます。反対に高齢の方には審査が厳しいかもしれません。

●お住まい

名義は本人だろうが家族だろうが賃貸よりも持ち家の方が評価は高くなります。

持ち家の方は賃貸の方より、いなくなったり、連絡が取れなくなったりする可能性は少ないためだと思われます。

また、賃貸や社宅だからといって審査で特別不利になるということは特にはありません。あくまでも判断材料のひとつです。

●居住年数

居住年数が長ければ長いほど評価は安定性を買われ評価は高くなります。

転居が多い方は不利になるでしょう。

●連絡先

できれば「固定電話」「携帯電話」の両方あるのが望ましいでしょう。

審査では「連絡がとれなくなりそうな人」は敬遠されます。

携帯電話だけではどうしても信頼性に欠けてしまう部分もありますので、可能であれば固定電話も用意しておくのがベターです。

カードローン借り換えの審査でおさえておくポイント

外国の紙幣と貨幣

上記にある審査項目についての解説はあくまでも目安です。

こうでないからと言って審査に落ちると決まったわけではではありませんし、むしろ各金融機関ごとに違うものです。

これを参考にしながら、ご自分に適したカードローン選びに役立てましょう。

まとめると、

Point1
申込内容に虚偽がないこと(記入ミスもNG)

年収や借金総額など嘘をつけば、そういう人物と判断され、審査に通る可能性は低くなってしまいます。「正直に言ったら絶対審査に通らない、」と思っても嘘つけば余計印象は悪くなりますので、開きなおって素直に記入しましょう。

Point2
信用情報に載っているほどの金融事故を過去に起こしていない

過去にカードローンやクレジットカード、携帯電話料金などで延滞や未払いなどがあると信用情報機関に載ってしまい、カードローン会社の審査の時に照らし合わせられてしまい、審査通過の可能性が低くなってしまいます。

Point3
多すぎる借り入れ件数はNG

審査で注視されるのが他社からの借入件数です。借り入れ件数の多い方はまずは借入件数を1件でも減らしてからお申込みしましょう。。一般的に4件以上になってくると、一度に一本化するのは厳しいようです。加えて、メガバンクのカードローンともなると、3社以上の借り入れがある場合は審査が厳しくなるようです。

カードローン借り換えのまとめ

銀行カードローンや消費者金融カードローンが多くある現在、カードローンの借り換えやおまとめローンの融資を謳う業者はたくさんあります。

ここで紹介した各カードローンは銀行や消費者金融の中でも大手のカードローンなので、安心してご利用いただくことが可能です。

基本的には少しでも金利を低くする場合は銀行カードローンで、審査に不安の方や無利息期間をりようしたい方は消費者金融カードローンでご利用するのがベターです。

カードローンの借り換えは通常の借り入れとは違いますので、カードローン比較しながらそれぞれのカードローンのスペックや審査基準のポイントを抑えてご自分に最適なカードローンでカードローン借り換えを利用しましょう。

年代別人気カードローン

20代~30代におすすめのカードローン

若い方は借入時間を気にされる方が非常に多いです!

また少額利用される方がほとんどなので無利息期間が付いてるカードローンがおすすめです。

関連記事