カードローンの借り換えなら低金利の銀行キャッシングがおすすめ

2018最新版
おすすめのカードローン10社を目的別に比較してみましょう
カードローンの借り換えなら低金利の銀行キャッシングがおすすめ

現在、カードローンなどでキャッシングしている方の中には毎月の利息にお悩みの方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

金利はカードローンによって変わってきますので、同じ金額での借り入れでも借り入れ先によっては最終的な返済総額は大きく変わってきてしまうのです。

現在の返済状況では生活を圧迫してしまい、とてもじゃないけどまとまな生活を送ることができない、など支払い状況が厳しくなると精神的にもどんどん追いつめられていきます。

そこで、現在の借入先から新しく借入先を変更することで、毎月の支払いを抑え、生活に余裕をもたせることができるのがカードローンの借り換えです。

カードローン借り換えのメリットは非常に多く、メリットばかりと言っても良いぐらいです。

キャッシングを初めてする場合、最初は気軽に借りれて、審査も早く即日キャッシングで借りられる消費者金融を多くの人は選びがちです。

しかし消費者金融だけに、やはり金利がどうしても高くなっています。

それに比べ、銀行のカードローンであれば低金利でカードローン商品を用意しているので借り換えにはぴったりなのです。

まだ銀行とカードローンの組み合わせは馴染みが薄いかと思いますので、ここで詳しく解説していきたいと思います。


銀行カードローンが低金利の理由

今、銀行カードローンと消費者金融の2つをメインで借り入れをする人が多いと思いますが、この2つにはどのような特徴があるのでしょうか?特に銀行カードローンについては消費者金融よりも大体が低金利になっています。

低金利の銀行カードローンと高金利の消費者金融という構図が今では当たり前のようになっていますが、銀行カードローンが低金利に出来るには理由があります。

消費者金融では法的に借り入れが難しい人もいますが、それでも銀行カードローンよりはかなり借り入れ出来る範囲が広く、多くの人が融資を受けることが出来ます。

専業主婦などは借り入れが難しいと言われていますが、実際にはパートをしていれば審査に通る可能性がありますし、夫の同意書さえ持ってくることが出来るのであれば、銀行カードローンよりは審査に通りやすいでしょう。

しかし、銀行カードローンは誰でもが使えるか?というとそうではありません。多くの人が使えるというよりも、正社員で働いていてそれなりの給料をもらっている人を対象にしています。特にパート・アルバイトでも申込可能などという記載がない銀行は、正社員や公務員などに限定していることが多いと言えます。

銀行カードローンは対象者を絞り、貸付のハードルを高くすることで低金利を実現しているという側面があります。

また、銀行ではカードローンを申し込む際に口座開設も行うところが多いですが、消費者金融では口座開設は一切行っていません。

消費者金融では、個人への貸付だけではなく事業用ローンや目的ローン、おまとめや借り換えローンなど多彩な商品が取り扱われていますが、貸付のみが事業内容となっています。

ですので貸し付けるお金を預金などで準備することができません。その経緯で消費者金融は銀行からお金を借りています。

消費者金融が借り入れしているということは、そこで銀行に対して利息が発生します。さらに加えて消費者金融としての利益も必要となります。

ですので、消費者金融の金利は銀行カードローンと比較すると高めとなっています。

銀行カードローンの借り換えとは?

銀行のカードローンは、不意の支出に備えて持つか、まとまった支出があるために申し込むのが一般的ですが、すでにある、複数の借り入れを一本にまとめたり、より金利の低いローンに借り換えるためにカードローンをつくることもあります。

カードローンは、教育ローンやマイカーローンとは違い、使いみちが自由なフリーローンの1種ですから、借金の借り換えに使ってもなんら問題ありません。

消費者金融の金利が高かったころから、その残債を借り換えるために、銀行のカードローンを申し込む方はいました。

今はそれが商品化されたり、「貸金業法に基づく借り換え専用ローン」として出てきています。

借り換えローンは審査も厳しくなる

カードローン借り換えやおまとめ向けにつくられているカードローンのなかには、複数の借り入れをまとめられるように、利用上限額が500万円で可決されるものもあるようです。

しかし、まとめなければならない、借り入れが400万円も500万円もあるような方に、銀行や、実質的な審査を行う保証会社が、極度額の大きなカードを救済的に発行してくれることは余程のことが無い限りありません。年収に基づいた審査によって、返済能力に見合った極度額が設定されることになっています。

カードローンというのは、はじめてのお申込みの場合は、大体10万円~30万円までのローンカードを発行することが多いですが、おまとめや借り換えとなると、初回でも100万円以上の希望額でカードローンを申し込むことも少なくないでしょう。

当然ながら、そのぶん、申し込み者の年収や返済状況が、より厳しく見られることになります。

カードローンの金利は極度額で変わる

カードローンの金利は、極度額によって変わってきます。たとえば、銀行カードローンの広告を見ると、限度額が30万円~500万円、金利は4.6%~14.6%などとなっており、金利にかなり幅があります。

4.6%というのは500万円カードローンの金利であり、30万円のカードローンでは14.6%が適用となるわけです。

なお、消費者金融カードローンの場合は、18%ぐらいが一般的でしょう。このとき、銀行のカードローンなら、最高金利で借り換えても金利差は3%ぐらい生じますが、銀行系消費者金融の最高金利だと、借り換えても金利差がほとんど生じません。

しかし件数が1本化されると、それだけでも月々の返済金額は下がります。

消費者金融カードローンで借り換える場合は、複数あればたとえ2本でも良いので、複数の借り入れをまとめられるように計画すると良いでしょう。

●総量規制対象外

平成22年から消費者金融では多重債務者を減らす目的で「融資は年収の3分の1までにする」という規制が実施されています。

この規制のことを「総量規制」というのですが、これは貸金業法の規制になっていますので、対象は貸金業者だけとなるのです。

貸金業者には消費者金融やクレジットカードのキャッシングが当てはまります。

つまり、年収の3分の1が上限の総量規制は消費者金融等などに限定されています。

一方、銀行カードローンの場合は貸金業者とは違うので、総量規制対象外となり、融資の際の上限が年収3分の1までという規制はありません。

審査によって年収3分の1以上でも融資可能という結果が出れば、消費者金融では貸付できない金額での借り入れも可能になります。

つまり、総量規制対象外のカードローンであれば借り換えのカードローンおすすめと言えます。

カードローン借り換えの流れ

カードローンの借り換えの流れは、ローンカードが発行されるまでは、普通のカードローンと同様です。

カードローンは、今日ではインターネット経由で申し込むケースが非常に多くなっています。

インターネット申し込みの方法はまず、カードローンの公式ページから、申し込みフォームで、基本情報を送信して、仮審査を受けます。仮審査では、信用情報機関から得た、ローン利用・返済履歴などから、カードローンの申し込みが可能な申し込み者かどうかがチェックされます。

そして、ここで問題がなければ本審査に進み、必要書類などを用意し送付します。本審査の結果はメールか電話で通知されますが、カードローンの希望金額によっては、金額調整がはいる場合もあります。本審査が可決されると、一週間ほどで自宅にローンカードが郵送されます。

なお、銀行カードローンは極度貸付方式が一般的ですが、銀行カードローンには証書貸付もあり、契約証書にて、借入金額や借入期間を取り決め、償還予定に従って返済していくものもあります。

こちらの場合は、本審査可決後、金銭消費貸借契約を締結することになりますので、書類のやりとりが増えますし、カード発行にも少々時間がかかってしまいます。

なお、使いみちが限定されている目的ローンと違い、カードローンは使いみちが限定されないフリーローンです。

借り換え・おまとめローンで借りても、フリーローンであることは変わりません。極端に言えば、借り換え目的でつくったカードローンから資金を引き出して、旅行費用にあてることもできるのです。

しかし、そんなことをしていては、いつまでたっても借り入れは減らず、苦しむことになりますし、途上与信で融資枠を少しずつ増やしてくれるような会社もありますから、そこからは融資ストップとなります。借り換えでカードローンをつけてもらえた場合は、何があっても他社の返済に回すようにしましょう。

カードローン借り換えの注意点

借り換えやおまとめ目的でカードローンを利用する上で注意したいのは、今借りているローンの滞納です。

年収が十分あっても、一本化しようとしているローンの返済に問題があると、事前審査で落ちてしまいます。

すでに直近で、返済の遅れなどが生じているなら、期日に遅れず返済している実績をつけてから(時期をずらしてから)、申し込んだほうが良いでしょう。

また一般的に金額が大きくなるおまとめローンは、審査が厳しくなりますので、否決されないにしても、希望額がつかない場合もあります。またローンカードの発行条件に、保証人を求められることも銀行によってはあります。そのような場合はどう対応するかも、考えておいた方が良いでしょう。

もちろん、保証人不要の銀行カードローンもたくさんありますので、そういった銀行カードローンの方がおすすめと言えます。

銀行カードローンの審査と信用情報

銀行カードローンの審査は厳しいという話をしましたが、その審査では信用情報を調べて融資に足りうる人物なのかを判断します。

信用情報というのは簡単に言うと、だれが、いつ、どこから、いくら借りて、いくら返済した、という履歴の情報です。

現在は貸金業法による「指定信用情報機関制度」が導入されており、貸金業者から借りたお金の記録はすべて指定信用情報機関に登録されるようになっています。

さらに、この制度はすべての貸金業者に対して指定信用情報機関への加盟を義務付けているため、必然的に利用者の信用情報は全貸金業者の間で共有されることになります。

そして、利用者から借入の申込を受けると、貸金業者は必ず指定信用情報機関に利用者の信用情報を照会するシステムになっているため、信用情報の中に延滞や未払いがあると、審査に通ることがありません。

加えて、貸金業法には「総量規制」の規定があるため、利用者の信用情報において、年収の3分の1の額の借入契約があった場合は貸出が拒否されます。

なお、指定信用情報機関には利用者の住所や電話番号、勤務先、職種、年収などの個人情報も登録されているため、別の業者に申込をする時に虚偽の内容を記載してもすぐに判明し、その時点で審査から落とされてしまいます。

信用情報の保管期間は?

指定信用情報機関にはJICC(日本信用情報機構)とCICの2つがあり、両機関の間で信用情報の取り扱いに若干の違いがありますが、保管期間に大きな差はありません。

個人情報の氏名や住所、勤務先、本人確認書類の番号などの個人情報は契約の継続されている限り、消去されることがありません。

従って、すべての業者との契約を解除しない限り、個人情報は保管され続けます。なお、誤解されている面がありますが、カードローンのような極度額方式の包括契約の場合は借入金を完済しただけでは契約が解除されません。

包括契約というのは完済してもまた新たに借入が自由にできる契約だからです。契約を解除したい場合は正式な解除手続きが必要です。

●申込情報

知らない人の多いのがこの申込情報であり、そのために「申込ブラック」という事態が生じます。

カードローンに申し込むと申込日や申込商品の種類などが指定信用情報機関に登録されます。

申込情報の登録は審査に通らなかったとか、審査に通っただけで借入はしていない、ということは関係ありません。

申し込んだという事実だけで登録されます。そして、申込情報は申込日から6ケ月間保管されます。

●事故情報
俗に言う「ブラックリスト」のことであり、延滞や債務整理のことです。延滞というのは返済期日までに約定の返済金を支払わなかったことですが、1回滞納したくらいですぐにブラックリストとして登録されることはなく、通常では3ケ月間続くと返済事故扱いになります。

延滞の場合は延滞が続いている限りその記録が消えることは無く、延滞が解消すると、解消日の1年後に記録が消去されます。

一方、債務整理というのは借入金や利息の返済を免除したり、金額を削減したりすることです。債務整理の場合は債務整理の発生した日から5年間が保管期間になります。

なお、事故情報には他にも、利用者の滞納に起因する保証会社の保証業務の履行や、利用者の契約違反などを起因とする強制解約などがあります。

当然、指定信用情報機関に事故情報の記録が残っている間はその利用者は一切の借入が不能となります。

また、指定信用情報機関と銀行業界の信用情報機関(全国銀行個人信用情報センター)は事故情報の相互交流を図っているため、消費者金融で借入のできない人が銀行から借入ができる可能性は極めて低いと言わざるをえないでしょう。

借り換えローンのまとめ

現在、カードローンキャッシングしていて、毎月返済していても完済が見えない方は、他のカードローンに借り換えて金利を低くしてみることをおすすめします。

ここで紹介した銀行カードローンは誰でも知っている銀行なので安心してご利用いただくことが可能です。

借り換えて返済の負担を少しでも楽にすることができるのであれば、迷わずお申込みをしましょう。

借り換えローンは通常の借り入れとは違いますので、キャッシング比較しながらそれぞれのカードローンのスペックや審査基準のポイントを抑えてご自分に最適なカードローンで借り換えましょう。

年代別人気カードローン

20代~30代におすすめのカードローン

若い方は借入時間を気にされる方が非常に多いです!

また少額利用される方がほとんどなので無利息期間が付いてるカードローンがおすすめです。

関連記事