カードローンを低金利で借り換えしたい!総量規制対象外が人気

2018最新版
おすすめのカードローン10社を目的別に比較してみましょう
カードローンを低金利で借り換えしたい!総量規制対象外が人気

現在、カードローンキャッシングの利用をしていて、返済が困難、あるいは負担がつらくなっている方は、カードローン借り換えを検討してみましょう。

カードローン借り換えとは現在のキャッシングしている業者よりも低金利のカードローンキャッシング業者に乗り換えることを指します。

概ね、消費者金融なら18%程度、総量規制対象外の銀行カードローンなら15%以下に設定されているので、借り換えを検討している方は、総量規制対象外のカードローンにお申込みする方が多い傾向にあります。

総量規制対象外のカードローンではカードローン審査が厳しくなると言われています。カードローン審査通過の為に、カードローン金利などの情報も併せて確認してからお申込みすることをおすすめします。


総量規制対象外で借り換えのメリットとデメリット

借り換えのメリット、デメリット

借り換えとはよく聞く言葉でございますが、検討中という方も多くいらっしゃるようでございます。

カードローンの借り換えとは、現在利用しているカードローンよりも、さらにメリットのあるカードローンに乗り換えることを指します。

借り換えの認知度が高い理由は、住宅ローンの借り換えなどでは一般的だからで、メリットは主に、利息を少なくすることができる、利便性の良いカードローンを選べる、月々の返済額を減らすことができる、合計返済金額を少なくすることができる、など挙げればキリがないほど多くあります。

しかしデメリットは、再度カードローン審査を受ける必要がある、新規申し込み時よりもカードローン審査通過率が低い、選択ミスをすると、返済合計額が増える場合もある、カードローンを選ぶ手間がかかる、などが挙げられます。

このように考えていくと、借り換えのメリット・デメリットは、自分に合った借り換え先を上手く見つけることができるかどうかが何よりも重要だと言えます。

数あるカードローンの中から総量規制対象外のカードローンっをピックアップしていますので、ご検討中の方はご自分に適したカードローンを探してみましょう。

総量規制対象外のキャッシングのカードローン審査とは

カードローン借り換えのカードローン審査は通常のカードローン審査に比べて、厳しくなる傾向があります。

理由としては借り入れを既に行っている状態でまた新たにカードローン審査を受ける必要があるからでございます。

借り換えカードローン審査の通過率を上げるためには、現在の借金を少しでも減らしておくことが重要でございます。

現在の借入金額や返済状況というのはカードローン審査に大きく影響しますので注意しておきましょう。

総量規制対象外のカードローンと消費者金融のカードローン審査の違い

総量規制対象外が消費者金融よりもカードローン審査が厳しいと言われるのは、総量規制対象外のカードローン、すなわち銀行カードローンには保証会社のカードローン審査もあるためでございます。

総量規制対象外ということは銀行カードローンなので、保証会社に消費者金融が入っています。つまり、その保証会社のカードローン審査に加えて、銀行側でもカードローン審査することになるので2回カードローン審査を行うことになります。

つまり、その分、カードローン審査が厳しくなるということでございます。さらに、消費者金融はカードローン商品で利益を挙げていますのでカードローンでお金を貸さないと商売になりません。

しかし、銀行の場合はカードローンは一商品にすぎませんので、しっかりとカードローン審査してちゃんと返済能力がある人しか貸し付けは行わないのでございます。

これだけ聞くと、銀行でのカードローン審査に通るは無理難題のような気がしますが、過去の返済や支払いなどをしっかりと行ってきた方であれば、カードローン審査に通る可能性は十分にあります。

反対に、過去に金融事故を起こしてしまった方や、現在も延滞などがある方はカードローン審査通過は厳しいと考えましょう。

審査に通りやすいカードローンは?

カードローン審査に通るカードローンというのはありません。

銀行はもちろんのこと、ちゃんとした消費者金融などであれば、信用情報やスコアリングなどを確認してしっかりとカードローン審査します。

でございますから、カードローン審査に甘いとか通りやすいという言葉で誘惑してくる業者は怪しいと思った方が良いでしょう。

まず、多重借金に悩んでいる方は、借り換え先に正直に話すことをおすすめします。

そのうえで、借り換えの希望を伝え、カードローン審査に入ってもらいましょう。

絶対にしてはいけないのが、お申込み時に嘘をつくことでございます。年収や勤務先、借入総額や借り入れ件数などはCICなどの信用情報機関に照会すればすぐ分かることでございます。

嘘をつけばそれだけでマイナスになり、カードローン審査が通る可能性は低くなります。

カードローン審査に通るために抑えておくべき点

カードローン借り換えは通常のキャッシングとは少し異なります。

カードローン審査内容やカードローン審査方法に差異はあまり見られませんが、ちょっとしたポイントがあります。例えばあなたの借入先がアコムとプロミスだったとして、借り換え先を総量規制対象外のキャッシングで探していたとします。

この2つの消費者金融は実は大手のメガバンクと呼ばれている銀行のグループ傘下に入っています。 つまり、これらの大手消費者金融は、銀行とつながっているのでございます。

現在、大手と呼ばれている消費者金融のカードローンのほぼ全てが、メガバンクのグループ傘下に置かれている状況となっています。

ちなみにアコムは「三菱UFJフィナンシャルグループ」、プロミスは「三井住友フィナンシャルグループ」となっています。つまり、消費者金融と銀行は情報共有していると考えておきましょう。

情報を共有するのは個人信用情報機関だけではないということを覚えておきましょう。

総量規制対象外のキャッシングの保証を消費者金融が行っているのであれば、現在借入している消費者金融の自社独自のカードローン審査ではじかれて保証を受けることができず、借り換えを行うことができなくなる可能性も大いにあるということでございます。

総量規制対象外のキャッシングのカードローン審査で重要な個人信用情報とは

審査で重要な個人信用情報

カードローン借り換えのカードローン審査を受けるときに大事なポイントなのが信用情報でございます。

信用情報には「属性」と「カードローン利用・キャッシング利用・クレジットカード利用・携帯電話利用など」のお金を借りた時の実績つまりクレジットヒストリーがおおいに関係しています。

属性とは、個人の信用を収入や勤務先等の情報(スペック)から個人を属性分けするものでございます。

つまり、公務員や大手企業に勤めており、安定した高収入を得ていて、勤続年数が長ければ、高い属性の持ち主だというふうに判断できます。

逆に中小企業で勤めてから1年未満の方は収入が低く、いつ会社を辞めるかもわからないので、返済能力に欠ける属性の低い方と判断されてしまいます。

また、当然でございますが担保を取られないからと言って返済を怠ってしまうと、金融事故として処理されキャッシュングやカードローンを利用することができなくなる恐れがあります。

お金を借りてきちんと返済をして、毎回の返済で、利用者は債権者に対して信用を少しずつ積み上げている状況になります。

でございますので、返済遅延をしたり、任意整理・民事再生・自己破産等の借金の踏み倒しをしたことのある方は信用情報機関(金融業者が登録している信用情報を確かめることの出来る機関CIC・JICC等)に異動(ブラック)情報が登録されてしまう為、その後は借入することが難しくなります。

借り換えに総量規制対象外のキャッシングがおすすめの理由

借り換えをするなら断然総量規制対象外のキャッシングがおすすめと言われています。

専業主婦や学生が借入をするのに総量規制対象外のキャッシングが向いている理由は総量規制対象外のキャッシングが総量規制の対象外となっているからでございます。

これに当てはめると借り換えをするときにも金額に関わらず借り換えができるのが総量規制対象外のキャッシングだということがお分かりいただけるかと思います。

また、消費者金融と比べて総量規制対象外のキャッシングは金利が低く設定されています。

カードローン審査が厳しいところや、借入上限額が低く設定される場合もありますが借金の返済苦が軽くならなければ借り換えをする意味がありません。

希望している金額が全額借りられるかはカードローン審査の具合によりますが、借り換え先の第一候補は総量規制対象外のキャッシングがベストと言えるでしょう。

さらに収入の無い方は消費者金融だと総量規制の対象となってしまうため、キャッシングができません。

状況によって選ぶ総量規制対象外のキャッシング

上記と矛盾しているようでございますが、借り換え先は、ご自分の借入状況によって選ぶ事も大切でございます。

例えば借入総額があなたの年収3分の1以上ある場合は、総量規制対象外のキャッシングなど、銀行法が適用され総量規制(貸金業法)の対象外にある貸金業者を選ぶ方がおすすめでございます。

一方、現在の借入金額が少なく急いで借り換えをしたいという方にはプロミスやアコム、アイフルなどの消費者金融で借り換えをする方が良いかもしれません。

大手消消費者金融は総量規制対象外のキャッシングよりカードローン審査時間やキャッシング時間が短いという特徴があるので、とにかくお急ぎの方には便利に利用できるでしょう。

また、完済額は増えてもいいからとにかく月々の返済額を低くしたいという方には三井住友総量規制対象外のキャッシングやバンクイックなどの総量規制対象外のキャッシングでのカードローン借り換えがおすすめでございます。

月々の最低支払額は総量規制対象外のキャッシングの方が金利が低くなる分、負担は減る可能性が高いでございます。

総量規制対象外のキャッシングのカードローン審査に落ちる理由

審査に落ちる理由

カードローン低金利の総量規制対象外のキャッシングにおける借り換えのカードローン審査は通常のカードローン審査よりも厳しくなる可能性が高いでございます。

でございますので、以下のことには気をつけて少しでもカードローン審査に通る可能性を高くしておきましょう。

●短期間での多数申込み

短期間で多重申込みをするカードローン審査通過の可能性が低くなります。

なぜならば、カードローン審査が通らない状況でも数を打てば当たると思っているということが金融機関側にすぐにばれてしまうからでございます。

申し込みブラックになってしまう可能性もあるので、申し込む場合は最低でも半年以上時間を空けてから申込みをしましょう。

●過去に金融事故を起こしている

金融事故を起こしているというのは、いわゆるブラックリストに載ってしまったということでございます。

返済の遅延や未払い、借金整理を行うなどをすると信用情報機関に情報が記録されてしまいます。

この記録は一度登録されてしまうと最低5年は消えません。

信用情報は金融業界全体で共有される情報なので一度登録されてしまうと、どの消費者金融や銀行からも相手にされなくなってしまいます。

信用で成り立っている業界なので、信用のない人にキャッシングをすることはありません。絶対に金融事故を起こさないように気を付けましょう。

●多数の金融機関から借り入れをしている

複数の消費者金融から借り入れをしている方は借り換えをしてローンの一本化を図りたいという方が多いかもしれません。

でございますが、あまり多くの金融機関でキャッシングをしているとカードローン審査に通ることがありません。

一般的には5社以上の借り入れがあるとカードローン審査に通ることはないといわれています。

そういった方は、今後借り入れのできる可能性が非常に低くなりますので、借金整理をすることも視野に入れた方がいいかもしれません。

カードローン借り換えは即日キャッシングが可能?

即日キャッシングで気をつけなければならないのは、即日と謳っていても、申し込む時間やタイミングによって、即日のキャッシングが難しくなるケースもあることでございます。

緊急を要するときは、できるだけ早い時の午前中やネット申し込みで営業時間前に申し込んだり、その金融機関の店舗を直接訪れるなど、申し込むタイミングが非常に重要でございます。そこで、あらかじめ緊急で借り入れたい旨を伝え、手続き方法や必要な書類などについて問い合わせておき、準備しておくのが良いでしょう。

どの金融機関の即日カードローンを利用するか決める際には、いくつかのポイントがあります。即日キャッシングといっても、指定口座への振込みに対応しているところもあれば、店舗でのキャッシングとなるもの、近所のATMが利用できるものなど、金融機関によってその方法は様々でございます。

急いでいるときは、移動の時間も取れない可能性もあります。どのようなキャッシング方法によるものかをあらかじめ調べてから行動に移すという手順であればスムーズにキャッシングできるでしょう。

緊急で借り入れたいときは、まず各金融機関の貸付け時の申し込み方法などをホームページなどを通じて調べてみましょう。

主婦でも総量規制対象外のキャッシングできる?

主婦でもキャッシング可能か

総量規制対象外のキャッシング・消費者金融問わず主婦でも専業主婦でもカードローンの借り換えはできます。

総量規制には所得が低くても借りられる例外のようなものがあります。

総量規制の例外というのは、ある一定の条件に当てはまれば総量規制の範疇外となり、消費者金融や信販会社などの貸金業者から借入が可能になるという特例措置のことを指します。

この総量規制の例外の中には【顧客に一方的有利となる借換え】と言うものがあり、返済にかかる金利負担や返済額が減額するような借り換えについては貸金業者での借り換えでも可能というふうになっています。

主婦が総量規制対象外のキャッシングできる理由

銀行のキャッシングを専業主婦が利用する場合には、基本的に借り入れ限度額が一般の場合と比べて低めになります。

だいたい10万円ぐらいというケースも多いようでございます。でございますが専業主婦に積極的にキャッシングを行ってくれる銀行でございますと、借り入れ限度額は30万円から50万円とまとまった金額になりますので、現在の借入金額によってはカードローンの借り換えにも十分対応できる金額でございます。

専業主婦に限らずパートやアルバイトなどを含めて主婦の場合、日常的にそれほど高額のキャッシングをすることはあまりなく、多くは1万円から5万円以下の少額の場合が多いという特徴があります。

複数の業者からキャッシングしていますと、つkに何回も返済日がくるので、わずらわしいでございますし、返済し忘れて延滞してしまう危険性も大きくなります。複数の業者からキャッシングをしている主婦の方は借り換えを利用して、返済の負担を少しでも楽にしていきましょう。

専業主婦は総量規制の関係もあって、消費者金融では基本的にはカードローンを利用することができません。でございますので、一般的にカードローンを利用する場合には、銀行のカードローンを利用することになります。

主婦でもパートやアルバイトなど仕事がある場合には消費者金融などで借りることができますので、同様に借り換えも消費者金融で利用できますが、専業である場合には収入がありませんので、たしかに銀行のカードローンに限られてしまいます。でございますが一般的に消費者金融よりも銀行の方が金利が低いことが多いでございますので、借り換え自体、低金利の銀行で行いたいという人も多いでございます。専業主婦であっても結局は低金利の銀行で借り換えできれば、メリットは大きいです。

主婦の借り換えは総量規制対象外のカードローンがおすすめ

主婦のカードローン借り換えとなると、ネックになるのはやはり収入ということになります。専業主婦で借り換えなんてできないだろうと思ってる方もいるかと思います。

たしかに、銀行によっては専業主婦にあまり積極的にキャッシングを行っていないところもありますが、最近の銀行は配偶者に安定した収入があれば専業主婦もカードローン利用できるところが多くなっています。

もちろんキャッシングにかかる負担が一方的に有利になるのであれば、消費者金融でのカードローン借り換えもできますが、消費者金融で借り換えをしても金利負担の軽減は少ないので、借り換え先は総量規制対象外のキャッシングがおすすめと言えると思います。

最近では専業主婦のキャッシングに力を入れてる総量規制対象外のキャッシングもありますので、そうしたところでカードローンを申し込むことでカードローン審査通過の可能性も高くなります。

専業主婦に積極的にキャッシングを行ってくれるところの中には、配偶者の同意書などもいらないところもありますので、家族にバレずに申し込みも可能でございます。

カードローン借り換えについてまとめ

如何でしたでしょうか?

カードローン借り換えはご自分の状況に適したキャッシングを選ばないと、余計に負担が増えてしまう可能性があります。

現在、検討中の方には特に知っておいてほしいポイントを簡単にまとめています。

ここに掲載している総量規制対象外のキャッシングについては現在、人気ランキングでも上位にランクインしているものばかりでございます。

低金利の総量規制対象外のキャッシングを希望の方は是非検討してみてください。

さらに利用後の返済方法やサービスなども理解しておけば借り換えもスムーズに利用できるのではないでしょうか。

年代別人気カードローン

20代~30代におすすめのカードローン

若い方は借入時間を気にされる方が非常に多いです!

また少額利用される方がほとんどなので無利息期間が付いてるカードローンがおすすめです。

関連記事