カードローン借り換えランキング最新版!おすすめのキャッシングを確認

2018最新版
おすすめのカードローン10社を目的別に比較してみましょう
カードローン借り換えランキング最新版!おすすめのキャッシングを確認

カードローン借り換えを検討中なのに、どこのカードローンに選べばよいのか分らない、という方の参考になればと人気のカードローンランキングを掲載しています。

スペックとしては銀行カードローンも消費者金融もそれぞれ特徴がありますので、ランキングや口コミなども参考にしてみましょう。

現在、カードローン商品は消費者金融のみならず、銀行でも用意されています。豊富で利便性が高まると同時に、無数にあるカードローンからどこを選べばよいのか悩まれる方も多いと思います。

金利や審査基準、融資スピードなども借り換え先を上手に選ぶための大事な要因です。

ここでは各カードローンを厳選し、ランキングにしていますのでおすすめのカードローン借り換えをしっかりと理解して比較してみましょう。


限度額の高いカードローン

現在、貸金業者については総量規制があるので、年収によって、借りられる金額が変わります。

これは例えば年収が300万円の方であれば、消費者金融会社から借りられるのは、最大でも1/3の100万円までです。カードローンは年収の1/3までしか借入が禁止されていると説明されていますが、これは貸金業者の場合であり、貸金業者以外ならば総量規制は関係がありません。

総量規制によって借入の制限を受けるのは、消費者金融から借入した場合などです。

例えば、銀行カードローンは、銀行が貸付しており、銀行自体が貸金業者ではないので、銀行カードローンならば年収の3分の1規制はありません。

高限度額の融資をご希望であれば、銀行カードローンをキャッシング比較して検討してみてはいかがでしょうか。

カードローン借り換えのカードローン審査基準

カードローン借り換えのカードローン審査はどういったものなのでしょうか?まずは大前提として、通常のカードローン審査よりも厳しくなると覚悟しておきましょう。

理由を簡単」に述べれば、借り入れを既に行っている状態で新たにキャッシングのカードローン審査を受ける必要があるからです。

カードローン借り換えのカードローン審査に少しでも通りやすくするには、既存のカードローンの借入残高をできる限り少なくしておきましょう。

現在の借入金額というのはカードローン審査に大きく影響しますので注意しておきましょう。

カードローン借り換え選びの落とし穴とは?

今日では消費者金融、銀行カードローン、非常に多くのカードローンがあります。

その中から自分に適したカードローンを選ぶこと、安全で便利なカードローンを選ぶことはなかなか難しいものです。

そこで活用したいのはカードローンランキングです。カードローンランキングを見てみると銀行カードローンと大手消費者金融カードローンが並んでいます。

銀行というのは利用者にとって非常に安心感を与えるものです。

銀行カードローンや銀行グループの大手消費者金融カードローンを選ぶことの意味は大きく分けて二つあります。

・誰から借りているのか分かる安心感

・サービスの充実や利便性の高さ

誰から借りているか分からない状況は精神的な負担が非常に大きくなります。

また大手ほどサービスが充実しているという特徴があります。

全国どこにいても利用ができる環境は借り入れや返済でも非常に便利に、そして有効に利用することができです。

便利に使うことができるカードローンだからこそ、いつなんどきでも利用できる環境が整えられているということは大切なポイントになるでしょう。

現在では来店の必要なく利用のすべてを完結させることも可能になっています。

カードローン借り換えにおすすめのカードローン最新版

カードローン借り換えをするなら銀行カードローンがおすすめと言われています。

専業主婦や学生が借入をするのに銀行カードローンが向いている理由は銀行カードローンが総量規制の対象外となっているからです。

これに当てはめるとカードローン借り換えをするときにも金額に関わらずカードローン借り換えができるのが銀行カードローンだということがお分かりいただけるかと思います。

また、消費者金融と比べて銀行カードローンは金利が低く設定されています。

カードローン審査が厳しいところや、借入上限額が低く設定される場合もありますが借金の返済苦が軽くならなければカードローン借り換えをする意味がありません。

希望している金額が全額借りられるかはカードローン審査の具合によりますが、カードローン借り換え先の第一候補は銀行カードローンがベストと言えるでしょう。

さらに収入の無い方は消費者金融だと総量規制の対象となってしまうため、キャッシングができません。

カードローン会社の選び方

上記と矛盾しているようですが、カードローン借り換え先は、ご自分の借入状況によって選ぶ事も大切です。

例えば借入総額があなたの年収3分の1以上ある場合は、銀行法が適用され総量規制(貸金業法)の対象外にある銀行を選ぶ方がおすすめです。

一方、現在の借入金額が少なく急いでカードローン借り換えをしたいという方にはプロミスやアコム、アイフルなどの消費者金融でカードローン借り換えをする方が良いかもしれません。

大手消消費者金融は銀行カードローンよりカードローン審査時間や融資時間が短いという特徴があるので、とにかくお急ぎの方には便利に利用できるでしょう。

また、完済額は増えてもいいからとにかく月々の返済額を低くしたいという方には三井住友銀行カードローンやバンクイックなどの銀行カードローンでのカードローン借り換えがおすすめです。

月々の最低支払額は銀行カードローンの方が金利が低くなる分、負担は減る可能性が高いです。

カードローン借り換えのカードローン審査に落ちる理由

カードローン借り換えのカードローン審査は通常のカードローン審査よりもハードルは高いと言えるでしょう。

ですので、以下のことには気をつけて少しでもカードローン審査に通る可能性を高くしておきましょう。

短期間での多数申込み

短期間で多重申込みをするとカードローン審査ではマイナスポイントとなります。

なぜなら、カードローン審査が通らない状況でも数を打てば当たると思っているということが金融機関側にすぐにばれてしまうからです。

あまりに多重申し込みをすると申し込みブラックになってしまう可能性もあるので、申し込む場合は半年以上時間を空けてから申込むようにしましょう。

過去に金融事故を起こしている

金融事故を起こしているというのは、いわゆるブラックリストに載ってしまったということです。

返済の遅延や未払い、債務整理を行うなどをするとCICなどの信用情報機関に情報が記録されます。

この記録は一度登録されてしまうと最低5年は消えないといわれています。

信用情報は金融業界全体で共有される情報なので一度登録されてしまうと、どの消費者金融や銀行からも信用を失うことになります。

信用で成り立っている業界なので、信用のない人に融資をすることはありません。金融事故は絶対に起こさないように気を付けましょう。

多数の金融機関から借り入れをしている

複数の消費者金融から借り入れをしている方はカードローン借り換えをしてローンの一本化いわゆるおまとめローンにしたいという方が多いかもしれません。

ただし、あまり多くの金融機関で借り入れをしているとカードローン審査に通ることがありません。

一般的には5社以上の借り入れがあるとカードローン審査に通過する可能性は限りなくゼロになると言われています。

そういった方は、今後借り入れのできる可能性が非常に低くなりますので、債務整理をすることも視野に入れた方がいいかもしれません。

カードローン借り換えで即日キャッシングができる?

カードローンを利用する場合の多くは急にお金が必要になったパターンだと思います。

その場合は金利や利便性よりもとにかく1秒でも早く融資を行ってくれるところを探すことになるでしょう。

銀行カードローンで簡単にお申込みできるのはネット銀行でしょう。

ネット銀行とは、店舗を持たない為、すべてWEB上で申込みから契約まで完結し、一切来店不要という仕組みです。

インターネットでお申込みすることができるので、お気軽にそして簡単にお申込みすることができます。

消費者金融カードローンは、プロミス、SMBCモビット、アコムなどが即日キャッシングに対応しております。

この3社はすべて銀行傘下の消費者金融カードローンなので、安心感もありますし、利便性も非常に高くなっています。

お急ぎでの融資をご希望の方にはおすすめでしょう。

カードローンの審査について

貸金業法が改正されてからも銀行カードローンはもともと利息制限法内での貸付だった為、全く影響がありません。

また貸金業法の適用を受けないことから総量規制も関係ありません。

そして、一般的に銀行カードローンの審査はハードルが高いと言われています。

他のキャッシングで延滞をしている方や過去に事故情報があれば融資は通らない可能性が高いでしょう。

しかし、総量規制の影響で、消費者金融カードローンは年収の1/3までしか貸付できない背景から、銀行カードローンは昔よりもずっと身近になっているのが現状です。

高額の融資であれば銀行カードローンでないと貸付けてくれない場合もあるでしょう。

また高額で無くても、他社に借り入れがあり、件数が多く消費者金融では断られた人も銀行カードローンで借りられたという方もいらっしゃるようです。

もちろん、総量規制の対象でない方は消費者金融カードローンの方が審査を通過する可能性はあります。

それは銀行カードローンには保証会社がついていて、銀行だけでなくて保証会社の審査もあるからなのです。

審査項目自体は、銀行カードローンも消費者金融カードローンも変わりはありません。

しかし、銀行カードローンの方がより、その項目におけるハードルが高くなっています。

簡単に言うと、年齢、年収、他社借り入れ件数、借り入れ総額などですが、これらに少しでも傷がついていたり、虚偽があったりすると借り入れすることはできません。

年収の3分の1以下の金額で審査が不安な方は消費者金融カードローンに申し込んだ方が得策といえるでしょう。

借り換えランキングについてまとめ

如何でしたでしょうか?

カードローン借り換えはご自分の状況に適したキャッシングを選ばないと、余計に負担が増えてしまいます。

また、金利などの最新情報をまとめていますのでしっかりと確認しておきましょう。

ここに掲載しているカードローンキャッシングについては現在、人気ランキングで上位を占めているものです。

低金利のカードローンや即日キャッシングを希望の方は是非検討してみてはいかがでしょうか。

さらに利用後の返済方法やサービスなども理解しておけばカードローン借り換えもスムーズに利用できるでしょう。

年代別人気カードローン

20代~30代におすすめのカードローン

若い方は借入時間を気にされる方が非常に多いです!

また少額利用される方がほとんどなので無利息期間が付いてるカードローンがおすすめです。

関連記事