三井住友銀行カードローンのカードローン審査を徹底解説!即日キャッシングができるか合せて確認!

2018最新版
おすすめのカードローン10社を目的別に比較してみましょう
三井住友銀行カードローンのカードローン審査を徹底解説!即日キャッシングができるか合せて確認!

三井住友銀行カードローンは日本三大メガバンクのひとつである三井住友銀行が用意しているカードローンです。

大手メガバンクの商品なので信用して申し込む事が出来ると思います。

銀行カードローンは、カードローン審査に時間がかかる、敷居が高い、などのイメージがありますが、カードローン審査さえ通れば低金利でキャッシングも可能なので消費者金融カードローンよりも便利に使うことができます。

まずは三井住友銀行カードローンの審査についてしっかりと確認しておくことをおすすめします。

三井住友銀行カードローンのカードローン審査にかかる時間は?

まずは三井住友銀行カードローンの審査ではどれくらの時間がかかるのかといった事を説明していきたいと思います。

三井住友銀行カードローンの審査は最短30分で行われ、他とカードローン比較してもスピーディーな―であると言えます。

ただあくまで最短なので申し込みの時間や混雑状況によっては審査結果が翌日になってしまうこともありますので急ぎの方は早めに申し込む事をおすすめします。

急な出費などで急ぎでお金が必要になった方などにはとてもおすすめのカードローンです。

インターネットによるお申し込みは24時間受け付けをしているのでいつでも好きな時間に申し込みができ、忙しいといった方にも便利で使いやすいですよね。

審査結果の連絡は9時から21時となっていますがお急ぎの方はお昼すぎ位までには申し込みましょう。なるべく早く申し込む事をおすすめします。

三井住友銀行カードローンに申し込む前にまずは書類の準備や、審査基準などの下調べを済ませておくとスムーズに申し込みをする事が出来ます。

デメリットは三井住友銀行カードローンは銀行系カードローンなので消費者金融カードローンよりも審査が厳しいと言われています。ですのでカードローン審査に不安がある方などは少し難しいかもしれませんね。

ただ三井住友銀行カードローンは消費者金融系カードローンと比較すれば金利も低いですし審査スピードも早くスピーディーな融資も可能になっていますのでおすすめのカードローンだと言えます。

ですので今までに金融事故などを起こしたことが無く、審査基準もクリアしていてカードローン審査に自信のあるといった方は三井住友銀行カードローンを検討してみてはいかがでしょうか。

カードローン審査までの流れ

次は三井住友銀行カードローンの審査までの流れについて解説していきたいと思います。

三井住友銀行カードローンの申し込み方法はたくさんあり・PC、スマホでのインターネットによる申し込み・インターネットバンキングでの申し込み・ローン契約機での申し込み・電話による申し込み・郵送による申し込み・店頭窓口での申し込みがあります。

急ぎでの融資をご希望の方や忙しくて店舗に足を運ぶのが難しいといった方は・PC,スマホでの申し込み・インターネットバンキングでの申し込み・電話による申し込みがおすすめです。

どこでも自分の好きなタイミングで出来てスピーディーに申し込む事が出来るのでこれらの方法を使うといいかもしれませんね。

時間があって日中に店舗に足を運ぶことが可能だといった方はローン契約機や店舗窓口によるお申し込みを検討してみても良いかもしれませんね。

ローン契約機ではそのままカードを発行する事ができ、カードローン審査から融資までがそこで出来てしまうので簡単でスピーディーな融資を受ける事が出来ます。

窓口での申し込みは直接銀行員の方に詳しい説明を受けたり質問が出来たりするので安心して申し込む事が出来るといったメリットがあります。

郵送による申し込みはカードローン審査から融資までに日数がかかってしまうといったデメリットがあります。

ですので急ぎでお金が必要な方にはあまりおすすめは出来ない申し込み方法になります。

やはり申し込み方法でおすすめなのはインターネットによる申し込みかローン契約機による申し込みが手間もかからずスピーディーな融資が出来るのでいいのではないでしょうか。

これらのいずれかの方法でお申し込みをしたらカードローン審査が開始され最短30分ほどで電話もしくはメールにて審査結果の連絡が来ます。

ただしこの時間はあくまで最短の時間なのでその時の状況や申し込んだ時間によってはもっと時間がかかってしまったり、翌日になってしまうこともありますので本当に急いでいる方は直接電話で問い合わせてみると良いのではないでしょうか。

そして審査項目の中には在籍確認があります。

三井住友銀行カードローンのは在籍確認は必須となっております。申し込みをして仮審査が行われ仮審査に通ったら本審査で在籍確認が行われます。

職場への在籍確認は厳しいといった方もいるとは思いますが基本的にほとんどのカードローンでは在籍確認は必須となっております。

申し込みをしてからオペレーターに直接相談をする事で融通をきかせてくれたりもする場合がありますので相談してみても良いかもしれませんね。

カードローン審査から融資までの時間

次は三井住友銀行カードローンの審査から融資までにかかる時間について説明していきたいと思います。

三井住友銀行カードローンの審査はとても早いという事は説明してきましたが融資までの時間はどうなのでしょうか。

まず申し込みからカードローン審査が開始され最短30分で審査結果の連絡が電話かメールにて来ます。カードローン審査が通っていればそこで契約の限度額が決められます。

三井住友銀行カードローンは最大800万円までの融資が可能でカードローン審査によって限度額が決まります。

次は三井住友銀行カードローンの借入方法について解説していきたいと思います。

三井住友銀行カードローンのカードローンの借入方法は振込によるキャッシングもしくはATMによる借入、もしくは自動融資による借入の3種類の借入方法があります。

振込によるキャッシングをするには三井住友銀行のSMBCダイレクトを契約する必要があります。

SMBCダイレクトから申し込みをすると個人の口座に融資される形になります。

ATMによる融資方法ですが融資を受けるには三井住友銀行カードローンのローンカードを発行してからでないと借入をする事が出来ません。

ただ簡単に手軽にATMにて融資を受ける事が出来るので便利さはあります。

ですので最初に急ぎで融資を受けたい場合には振込キャッシングを利用してカードが届いてからはATMにて借入と返済を行うというのが一番手軽でおすすめです。

ATMによる融資には気軽で簡単に融資を受ける事が出来るのでそちらの方が使いやすさはあります。三井住友銀行カードローンはATM手数料は無料になりますのでそこはとても良いポイントと言えるでしょう。

自動融資による借入方法ですが自動融資というのは公共料金やクレジットカードの支払いを口座振替で利用している人が残高不足で引き落とせなかった時に自動的にカードローンから借り入れて支払いをするといったものです。

クレジットカードの支払いが遅れてしまうとカードを止められてしまうなどといった事がありますが自動融資を申し込んでいれば安心です。

これらの借入方法の中から自分に合った方法を決めて借入をしてみてはいかがでしょうか。

カードローン審査の際に必要なもの

三井住友銀行カードローンを申し込む際には本人確認書類と収入証明書を用意しておきましょう。

本人確認書類は運転免許証・個人番号カード・パスポート・住民基本台帳カード(顔写真付)のいずれかが必要になります。

ただ他社からの借入が100万円を超えている場合などには収入証明書の提出は求められると思いますので準備しておきましょう。

三井住友銀行カードローンに限らず他のカードローンでも本人確認書類や収入証明書は必要になりますので申し込みをする前に用意しておくとスムーズに融資まで進む事が出来ます。

三井住友銀行カードローンのカードローン審査方法

次に一般的なカードローンの審査方法について解説していきたいと思います。

カードローン審査の際に大事なポイントはどのようなものがあるのかといった事ですが、以下のような事がポイントになってきます。

・安定した収入があるか

これはどのカードローン審査でもそうですが安定した収入がない方はカードローン審査に通るのが難しくなります。

毎月安定した収入が見込める正社員の方の方がカードローン審査に通るには有利です。

ただアルバイトやパートの方でも毎月安定した収入があれば利用可能だと書いてあります。フリーランスの仕事など安定した収入が見込めない職業の方は不利になると言われています。

・信用情報に事故情報が登録されていないかどうか

カードローンやクレジットカードを作ると契約状況や利用記録や支払記録は信用情報機関に登録され貸金業者はこれを調べる事が出来ます。

この情報に長期延滞(2~3か月以上の支払いの滞り)、債務整理(合法的に借金を整理する事)、強制解約(長期延滞などにより強制的に契約を解除されること)、代位弁済(支払いが滞った時に保証会社が支払いを建て替えること)などのいわゆる事故情報記録があるとそれが原因でカードローン審査に落ちてしまうこともあります。

・他社からたくさんの借り入れがないかどうか

三井住友銀行カードローン以外の貸金業者からの借り入れが5件以上ある場合はカードローン審査に通らない可能性高くなるようです。

また総量規制の法律により貸金業者(主に消費者金融やクレジットカード会社)からの借り入れは年収の3分の1以上は出来ないといった法律がありますので他の貸金会社からの借り入れが年収の3分の1以上ある場合はカードローン審査に落ちる可能性が高くなります。

・直近半年以内位に他社への申し込み履歴があるかどうか

半年くらいの間に他社への申し込み履歴があって複数社のカードローン審査に落ちているという記録があったりするとカードローン審査に通らなくなったりする事があるようです。

そのような事があると何か問題がある人だと思われてしまうからです。

・年金生活者・外国人はカードローン審査に落ちる可能性が高い

年金による収入しかない方、外国人の方はカードローン審査に落ちる可能性が高いと言われています。

年金生活者でも毎月安定した収入があれば融資を受ける事が出来る可能性もあります。

・勤務年数があまりたっていない方

カードローンの審査では勤務年数が1年未満だと不利だという事が言われています。1年未満でも契約できる所もあるそうですが基本的にはカードローン審査に通りにくくなります。

ただこれは明確な決まりなどはわからないので1年未満だからカードローン審査に必ず落ちるといったわけではありません。

・申し込み時に嘘の申告をしていないかどうか

これも三井住友銀行カードローンに限らずどこのカードローンでも同じですが、申し込み情報に偽りの情報を書いたり提出書類を偽装したりしてそれが発覚した場合カードローン審査に落ちる可能性が高くなるようです。

年収などはつい高額の融資を受けたいと思うあまり高めの年収を言いがちですが嘘だと発覚した場合それが原因でカードローン審査に落ちてしまう事があるそうなので注意してくださいね。

一度カードローン審査に落ちてしまうと次からも通りにくくなる可能性があるそうです。

カードローン審査にはこのようにたくさんの審査基準があります。

ただこの基準は三井住友銀行カードローンが公表している基準ではなく一般的なカードローンでの基準になりますのでこの基準をクリアしているからといって三井住友銀行カードローンの審査に確実に通るといったわけではありませんので参考までに見て下さいね。

ただ、この基準をすべてクリアしていればカードローン審査に通る可能性は高いと言えますので先にチェックしてから申し込んでみても良いと思います。

カードローン審査の時に大切なこと

カードローン審査の時に大切なのは事前にある程度調べて準備をして不安要素を無くしてから申し込むといったことではないでしょうか。

試しにまず申し込んでみるといった方もいるとは思いますが審査結果や申し込み履歴は信用情報機関に保存されるのでもしカードローン審査に落ちてしまった場合他のカードローンに申し込んだ場合でも貸金業者にはその情報が筒抜けになってしまい、カードローン審査に通りにくくなるといったリスクがあるようです。

ですので審査基準というのは事前にチェックしてある程度リスクを軽減してから申し込む事をおすすめします。

基準をすべてクリアしていればカードローン審査に通る可能性はとても高くなりますので安心して申し込む事が出来ると思います。

逆に引っ掛かりそうな項目が先にわかればその対処を考える事も出来るのでリスクを減らした状態でカードローンに申し込む事が出来ます。

あとはこれはどのカードローン審査でも同じですがカードローン審査の際に大切な事は絶対に申し込みの情報や書類などに偽りの情報を書かないという事です。

申し込み情報というのは調べれば分かってしまうようです。嘘の申告などをしてしまうとカードローン審査に悪影響を与えてしまったり発覚した時のリスクが大きすぎます。

年収が低くても毎月安定した収入があればカードローン審査に通る事もあるので正直に記入した方がよいでしょう。

口コミ・評判を投稿しましょう!

メールアドレスが公開されることはありません。

口コミ・評判一覧

    年代別人気カードローン

    20代~30代におすすめのカードローン

    若い方は借入時間を気にされる方が非常に多いです!

    また少額利用される方がほとんどなので無利息期間が付いてるカードローンがおすすめです。

    関連記事