みずほ銀行カードローンとは?審査基準を抑えて融資確率UP

2018最新版
おすすめのカードローン10社を目的別に比較してみましょう
みずほ銀行カードローンとは?審査基準を抑えて融資確率UP

みずほ銀行カードローンは、低金利で限度額が大きいことが特徴的なカードローンです。

日本の銀行には「銀行コード」という4ケタの数字がそれぞれ付けられているのですが、0001番はみずほ銀行です。

第一国立銀行は1873年に創設されてから、数社との合併を経て2002年に現在のみずほ銀行となりました。みずほ銀行は第一国立銀行の時代から140年余りの期間、日本の経済発展に寄与してきた銀行です。

歴史ある老舗の銀行なのでみずほ銀行カードローンを頼るという方も多いと思います。

しかし、むやみやたらにお申し込みしても審査には通りません。

みずほ銀行カードローンとはどういったものなのか、カードローン審査は厳しいのかなど、しっかりと確認しておきましょう。

みずほ銀行カードローンとは?

2002年(平成14年)、当時みずほホールディングス傘下であった第一勧業銀行・富士銀行・日本興業銀行の分割・合併により、旧みずほ銀行とみずほコーポレート銀行が誕生しました。

行名のみずほ(瑞穂)とは、「みずみずしい稲の穂」の意とされ、「瑞穂国」(葦原千五百秋瑞穂国)は、日本書紀に登場した日本の美称です。日本を代表する銀行を目指すとのことで、この商号とされました。

みずほ銀行カードローンは最高金利が年14.0%という低金利と、限度額が最大ご利用限度額 800万円というトップクラスのスペックを持った銀行カードローンです。

限度額が最大ご利用限度額 800万円に設定されているのも大口の利用者にとっては心強いですが、さらにユーザーにとって嬉しいのが、みずほ銀行カードローンでは融資がスピーディーだという点です。

みずほ銀行カードローンは利便性にも優れていると言えるでしょう。

サービス名みずほ銀行カードローン
カードローン審査結果
最短融資
ご融資額800万円まで
収入証明書不要
借入利率

年2.0%~年14.0%※①(実質年率)

担保・保証人不要

上記がみずほ銀行カードローンの商品情報となります。

みずほ銀行カードローンでは借り入れ限度額が高いほど、金利が下がっていきます。

借入金額によって金利が決まるのではなく、借り入れ限度額によって金利が決定します。借入金額と借入限度額は混同しやすいので、注意しておきましょう。

また、みずほ銀行カードローンを利用できるのは、申し込み時の年齢が満20歳以上66歳未満で、原則、毎月安定した収入のある方であればお申し込みが可能です。

みずほ銀行カードローンのカードローン審査内容は?

どの銀行でも独自の基準でカードローン審査を行い審査基準は公表されておりません。

ですが、みずほ銀行カードローンは安定した職業についていて安定した収入があればカードローン審査に通る可能性は高くなります。

また、他社借り入れがある方なら、今まで返済の延滞や債務整理などをしたことがなければ、カードローン審査には有利になります

また、過去に金融自己を起こしている方は審査に通る可能性は低くなります。

これらの情報はすべて、信用情報機関に登録され、共有されているので、申し込み時に申し込み時にバレてしまいます。

この状況にいる方は申し込むだけ無駄になってしまいますので、この履歴が消えるまで待ちましょう。

一般的には、返済が完了、または債務責任が無くなってから5年で履歴は消えると言われています。

審査については消費者金融よりもみずほ銀行カードローンの方が厳しいと言われていますが、お申し込み条件に当てはまっていればそんなに心配することはないでしょう。

金利は年率年2.0%~年14.0%※①と消費者金融カードローンよりもかなり低く設定されています。返済までの過程を考えれば、負担は少なくて済むでしょう。

ただし、上記でも述べたように、収入面で一つ条件があって「原則安定した収入がある方」というのが利用条件になっています。この点は注意しておきましょう。

普通のフルタイムのサラリーマンであれば原則安定した収入があると判断されますから、正社員で働いている方はこの点はあまり心配しなくてよいでしょう。

みずほ銀行カードローンのカードローン審査時間

銀行カードローンの中ではカードローン審査が早いことに定評があります。

銀行カードローンでは、特に遅い所だとネットで申し込んでから実際に手元にカードが届いてキャッシングができるようになるまで3週間もかかってしまうところもあり、みずほ銀行カードローンのカードローン審査体制はとてもスピーディーと言えるでしょう。

仮に落ちてしまったとしても、時間的に余裕があれば他のキャッシングサービスに申し込んだり、他の手段も取れますが、カードローン審査に時間がかかる、とその間は身動きが取れなくなってしまいますのでカードローン審査結果が早いに越したことはないでしょう。

申し込みしてからカードローン審査回答までの時間は

銀行業務の関係から土日はカードローン審査回答が不可となっているので注意しましょう。

例えば金曜日の夕方に申し込みした場合、カードローン審査回答が得られるのは月曜日の夕方になってしまうでしょう。

さらに、みずほ銀行カードローンで融資を受けるには、カードローン審査完了後に郵送されるローンカードが必要です。

したがって、みずほ銀行の口座をお持ちでない方は口座を開設する時間がかかってしまいますので、余計に時間がかかることを念頭に置いておきましょう。

みずほ銀行カードローンは一度申し込みしてカードさえ受け取ってしまえば、非常に使いやすいカードローンです。

口座開設には少し時間がかかるかもしれませんが、銀行カードローンらしい融資枠の大きさ、借り入れ、返済手数料無料など、利用者にとって申し込みするメリットが非常に大きいカードローンだと言えるでしょう。

みずほ銀行カードローンのカードローン審査は甘い?厳しい?

銀行カードローンのカードローン審査には仮カードローン審査と本カードローン審査というのがあります。仮カードローン審査はコンピューターによる自動カードローン審査で行われます。

カードローンの申し込み者が入力した情報が自動的にコンピューターでポイント化して、一定のポイントに達したら仮カードローン審査に通るようになっています。

ここではみずほ銀行カードローンの仮カードローン審査と本カードローン審査の違いをご紹介します。

みずほ銀行カードローンの仮カードローン審査

まず、仮カードローン審査を受けるためにみずほ銀行カードローンの申し込みフォームに必要事項を入力して送信します。

必要事項は、名前や住所や電話番号などの本人を特定する情報のほかに、家族構成、子供の数、 居住形態(自己所有・家族所有・社宅・アパート・賃貸マンションなど)、家賃・住宅ローンの返済額なども含まれます。

また、勤務先、雇用形態、勤続年数なども入力します。これらの情報がポイント化されて仮カードローン審査が行われます。仮カードローン審査の時点でカードローン審査に落ちることもあります。

みずほ銀行カードローンの本カードローン審査

仮カードローン審査に通った人にはメールで連絡があります。

その後、本人確認あるいは申し込み内容の確認の電話が、自分が連絡先として申告した電話番号にかかってきます。

これと前後して在籍確認も行われます。また、みずほ銀行カードローンの担当者が申し込み者の信用情報を信用情報機関に問い合わせます。

この際に、債務整理の登録や延滞の登録があるとカードローン審査には通る可能性は低くなります。

返済の遅れが2か月あるとカードローン審査にはまず通りませんし、数日の返済の遅延であったとしても、頻繁に遅延しているならカードローン審査に通るのは難しくなります。

本人確認の電話の後、本人確認書類と必要に応じて収入証明書類をアップロードして送付します。問題がなければカードローン審査が完了しキャッシングができることになります。

みずほ銀行カードローンのカードローン審査に通るには、安定した収入がある事、申し込みフォームに正確に正直に入力すること、債務整理や延滞の記録が信用情報機関に無いこと、在籍確認がとれて本人確認書類に不備がないこと、これらが最低条件になります。

入力ミスでカードローン審査に落ちてしまうような残念なことにならないように注意して正確に入力しましょう。

みずほ銀行カードローンの在籍確認

カードローンでキャッシングするときには、カードローン審査がありますが、本カードローン審査の過程で在籍確認というのがあります。

在籍確認は、カードローンの申し込み者が勤務先として申告した電話番号に電話をかけることによって行われます。

この在籍確認がとれれば、確かに申告した通りの勤務先で働いているということで、返済能力があるとみなされカードローン審査に通ってキャッシングができます。

オリックス銀行のカードローンのカードローン審査でもこの在籍確認があります。

在籍確認があるというと不安に思う方もいますが、それほど心配する必要はありません。

在籍確認のポイント

カードローンの審査では基本的に職場への在籍確認が行われます。

最近では在籍確認を行わないカードローンもありますが、

銀行カードローンの場合、必ずといっていいほど行われるのでみずほ銀行カードローンも例外ではありません。

在籍確認の電話は、多くの場合、個人名でかけてきます。また、電話が来た時に会社にいる必要はありません。

在籍確認はとくに何か聞かれるわけでなく、借り入れする本人が本当にその会社にいるか確かめるだけですので

同僚にバレるなどの心配はありません。

保証会社

銀行系のカードローンの多くは無担保、無保証人で借りることができますが、このとき保証会社を指定しています。

みずほ銀行カードローンの場合は株式会社オリエントコーポレーション(オリコ)が保証会社になっていて、この審査に通らないと融資を受けることは出来ません。

みずほ銀行の場合は資本的にも関係の深い、オリコのノウハウを活用して、カードローンを提供しています。

オリコは信販会社であり、個人向けにクレジットカードやローンの実績がありますから、そこが保証すれば、みずほ銀行としてはリスクを抑えて、貸付できるというわけです。

みずほ銀行だから安心だという一方で、裏には保証会社がある、ということも理解しておく必要があります。

みずほ銀行カードローンの増額カードローン審査とは

カードローンには借入限度額を増やすという、増額があります。

みずほ銀行カードローンで最初限度額50万円で借りた場合、実際に出金したのは30万円だったとしても、限度額が50万円であれば、残り20万円はいつでもキャッシングができる状態です。

最初は50万円も利用しないと思っていた人でも、カードローンは提携ATMが多く、特にセブン銀行、ローソン、EnetなどのコンビニATMとも提携している為、気軽に2万円~3万円借入できるので気づいたら満額になってしまった、というケースもあります。

その場合、限度額が50万円だっとしたら、借入できるのは当然50万円までですが、それ以上に借入したい場合には、借りているカードローン会社に連絡して、増額のカードローン審査をしてもらうことになります。

もし、増額カードローン審査が通れば限度額が引き上げられます。仮に100万円まで増額がOKとなった場合、借入残高が50万円の人は、残り50万円をまたいつでも追加でキャッシングすることができるのです。

増額のメリットとしては、新たに新規借入のカードローン審査ではなく簡単なカードローン審査のため、増額カードローン審査時間としては30分~1時間程度ですぐに結果も出て、尚且つ契約書類も不要ですぐにカードから追加借入ができるという点が挙げられます。

増額カードローン審査の内容

カードローン枠の増額カードローン審査は主に今までの返済履歴を重点にカードローン審査をされます。

その為、返済の遅れが多い人は増額カードローン審査に通らない可能性が高いです。

実際にみずほ銀行カードローンの口コミを見ても、返済遅れが多い人はカードローン審査に通らない口コミを多数見かけます。

返済の履歴は約3か月程度~半年程度、カードローンによっては1年程度の履歴が必要な場合もあります。

利用期間は長ければ長いほど、信用面では上がるので3ヵ月しか利用していない人よりも1年利用している人の方が増額カードローン審査には有利と言えるでしょう。

もし、キャッシングしてから1ヵ月しか経過していない人は、当然返済も1回しかしていないことになります。このような場合はまだ増額でのカードローン審査は通らず、カードローン限度額変更もできないでしょう。

あくまで返済の履歴がある程度あって、延滞しておらず、信用情報での負債も増えていない人が増額カードローン審査に通りやすいと言えます。

また、ほかのカードローンキャッシングでの借り入れ金額が増えている人は返済も厳しくなっていることが予想されますので、増額のカードローン審査には不利となってしまいます。

増額カードローン審査の注意点

カードローンで追加で借入したい場合、限度額以上借りるなら増額カードローン審査を依頼することが1番良い方法と言えます。カードローンで返済不能になる人は借入件数が多いのが特徴だからです。

仮に50万円を2件、合計100万円借りているより、1件で100万円借りていた方が返済金額的には少なくなります。同じ額の借金をするならば、借入件数をなるべく減らす方が返済の負担は少ないのです。

この点から新たに借入申込みするよりも、今借りているカードローンにまずは増額可能か確認することが非常に大事です。

しかし、増額のカードローン審査は誰でもカードローン審査に通過するわけではありません。

融資限度額が増えることは、それだけカードローン審査も厳しくなっていくからです。

50万円→70万円の増額のカードローン審査と、新たなカードローンの20万円のカードローン審査では、20万円のカードローン審査の方が通過する可能性は高いのです。

増額カードローン審査を有利にするには

増額カードローン審査に有利と言われている人の特徴は、毎月の返済金額を多めに支払している人または、随時返済で毎月数回返済している人です。

これらの方は、カードローン会社から見たとき、返済能力に余裕があると見られる可能性が高いです。

仮に毎月最低返済金額が7,000円だったとして、月に数回返済して1か月の入金額合計が2万円~3万円の人は、たとえ限度額を引き上げて、返済金額がアップしたとしても、支払は可能だろうと見られるのです。

このことから、カードローン増額カードローン審査において最も重要なことは、利用期間と返済履歴、毎月の返済金額と言えるでしょう。

みずほ銀行カードローンでも、増額カードローン審査においては、上記の項目が重要と言えます。常日頃から、返済は遅れない、返済金額も多めに払うことが、いざというときの増額に結びつくということを念頭に置いておきましょう。

みずほ銀行カードローンのお申し込み方法

みずほ銀行カードローンカードローンには多彩なお申込み方法がございます。

パソコンでのお申し込み

郵送(メールオーダー)でのお申し込み

お電話でのお申し込み

窓口でのお申し込み

●パソコンでのお申し込み

・口座を持っている方

パソコンでのお申し込みの場合、Web完結申込という方法があります。

これは、口座を持っている方が対象なのですが、来店不要で郵送でのやりとりが不要で、さらに早めの申し込みでうまく審査が終われば、融資も可能です。

申し込みの受付時間は24時間対応ですが、審査は保証会社によって行われるので、お急ぎの方は業務時間内の平日9時から17時の間の早い段階でお申し込みすることをおすすめします。

営業時間を過ぎてしまうと、翌営業日の審査になってしまうので注意が必要です。

また、Web完結申込の場合、希望額が200万円以下であれば、書類提出は一切ありませんが200万円以上であれば、収入証明書や本人確認書類が必要になります。

ただ、提出が必要な場合も、送られてきた「必要書類登録用URL」に、書類の画像(カメラで撮ったものやスキャンしたもの)を登録するだけなので、郵送をしたりというわけではありませんので簡単です。

・口座を持っていない方

口座をお持ちでない方や、カードローン専用のカードをお持ちになりたい方は、ホームページからのお申し込みだと書類を郵送したりしなければいけないため、時間がかなりかかります。

お申し込みと審査が終わり次第、口座を新たに開設しなければなりません。

この口座開設にかかる日数が窓口なら当日ですが、郵送だと、2~3週間かかってしまうのです。

郵送してから書類に不備がなければ、契約完了の連絡がきます。

カードローン専用型なら、さらに1~2週間ほど待ってカードが送られてきますのでそこから利用が可能です。

このように、口座を持っているか持っていないかで融資までの時間が大きく変わってきてしまいます。

書類に不備があったりすれば最悪の場合、融資までに1ヶ月以上を要してしまう可能性もあります。

反対に、みずほ銀行の口座があるのであれば、Web完結申込は大変便利なお申し込み方法といえるでしょう。

●郵送(メールオーダー)でのお申し込み

これもすでに口座をお持ちの方が対象のお申し込み方法です。

みずほ銀行に備え付けのメールオーダーに必要書類を添付して送ると、審査結果の連絡がきます。

来店は不要ですが、メールオーダーは銀行窓口にあるので、最初に銀行窓口まで取りに行かなければいけません。

また、郵送でのやりとりなので融資までの時間は1~2週間ほどかかるとみておきましょう。

キャッシュカード兼用型なら1週間程度、カードローン専用型なら2週間ぐらいかかります。

●電話でのお申し込み

みずほ銀行カードローンの専用ダイヤルからお申し込みができます。

携帯電話からの利用もできますし、音声ガイダンスに従って、[1]を押すだけです。

来店は不要ですが、やはり必要書類を郵送しなければいけません。

郵送での手続きとなると、やはり数週間かかってしまうようです。

受付時間は平日の9時~20時です。

●窓口でのお申し込み

みずほ銀行窓口まで行くのが一番スムーズな手続きになります。

なぜなら、カードローンのお申し込みも口座開設のお申し込みも同時に行えますから。

窓口申し込みの場合は、申し込みの流れは相談しながら決めることができます。

審査に通った場合のみ口座開設の手続きをしても大丈夫ですし、カードローンと口座を同時に手続きすることも可能です。

ただし、融資は可能ですが、審査の時間は数時間かかる場合もあります。

何時間も銀行内で待つのは嫌でしょうから、窓口の方には、最初に急いでいることを伝えましょう。

審査や融資を早めてもらえる可能性もあります。

必要書類をお持ちでないと、また再来店しなければいけなくなりますのでご注意してください。

対応時間は銀行の窓口なので、基本的には平日9時~15時が受付時間になります。

お急ぎで融資をご希望の方は少なくとも午前中にお申し込みすることおすすめします。

もちろん、状況によってはすぐに融資してもらえない場合もあります。

●お申込み方法まとめ

みずほ銀行カードローンの場合、契約が完了すまでの時間は、申込方法やみずほ銀行の口座の有無、カードの種類などによって大きく変わってきます。

一番早い方法は、口座を持っているならWeb完結申込、口座を持っていないのなら銀行窓口でしょうか。

Web完結申込なら(口座をお持ちの方)、来店は不要で書類の提出が不要なので、簡単な手続きで終わります。

また、既に持っているキャッシュカードを利用できるので、余計なカードを増やす必要もありません。

銀行窓口に行く場合は、銀行口座の開設とカードローンを同時にお申し込みできます。

どちらの方法も「うまくいけば即日キャッシング可能」くらいに思っておいたほうが良いでしょう。

審査の状況によっては、翌営業日以降になってしまうこともよくあります。

そして、これ以外の方法だと、融資まで場合によっては1か月以上かかることもあるということも念頭に置いておきましょう。

みずほ銀行カードローンの口コミ

上記にあるようにメガバンクの中で圧倒的な人気を誇るみずほ銀行カードローン。

みずほ銀行カードローンの中にも色々なサービスがある他、信頼度も高く、利用している人はとても多いです。

では、実際利用してみた人のみずほ銀行カードローンの口コミや評価についてはどうなのでしょうか。

いろんな人の評価から、みずほ銀行カードローンの特徴についてまとめてみました。

まず、多かった口コミが、

「メガバンクなので安心して利用できた」

「他の会社のローンが数件ある中で、少額ではあるがカードローン審査に通った」

「非常に便利」等と言った、高い評価です。

人によってカードローン審査状況やカードローン審査結果は様々ですが、これから実際の利用者の声はお申し込みする方には参考になるのではないでしょうか。

また、他社のカードローンのカードローン審査と比較してることも非常に重要です。

そして、大事なことは他社からの借入が複数あるのにも関わらず申し込むというのはあまりおすすめできないということです。

他に多かった口コミですと、「電話オペレーターの対応が素晴らしかった」等と言った、電話オペレーターに対する評価です。

こちらに関しても人によって受け止め方は様々でしょう。

これらは利用した人の意見で、様々ありますので、迷っている人はまずは利用してみるといいかもしれません。 もっと詳しく知りたい方は【カードローン口コミ】を確認してみましょう。

年代別人気カードローン

20代~30代におすすめのカードローン

若い方は借入時間を気にされる方が非常に多いです!

また少額利用される方がほとんどなので無利息期間が付いてるカードローンがおすすめです。

関連記事