みずほ銀行カードローンの審査を徹底解説!キャッシングまでの流れも合せて確認!

2018最新版
おすすめのカードローン10社を目的別に比較してみましょう
みずほ銀行カードローンの審査を徹底解説!キャッシングまでの流れも合せて確認!
みずほ銀行カードローン

日本三大メガバンクのひとつである、みずほ銀行カードローンと聞けば、初めてキャッシングを利用される方でも安心なのではないでしょうか。

他の銀行カードローンと同じで、低金利の上に限度額も高く設定されています。

みずほ銀行の口座を持っている方であればWEB完結申し込みでスピーディーな融資が可能ですし、口座を持っていなくても、銀行窓口へ出向き手続きが完了すればスピーディーに融資を受けることもできとても利便性も高いカードローンです。

ただ銀行カードローンなので審査は厳しめだと言われています。

まずはみずほ銀行カードローンの審査についてしっかりと確認しておくことをおすすめします。

みずほ銀行カードローンのカードローン審査にかかる時間は?

それではみずほ銀行カードローンの審査ではどれくらの時間がかかるのかといった事を解説していきます。

みずほ銀行カードローンの審査はスピーディーとなっております。

そこは申し込みの時間だったり混雑状況などにもよって変わってくる所なので電話で直接確認してみた方がいいかもしれません。

急な出費などで急ぎでお金が必要になった方などにはとてもおすすめのカードローンです。

インターネットによるお申し込みは24時間受け付けをしているのでいつでも好きな時間に申し込みができ、忙しいといった方にはおすすめな申し込み方法になります。

お急ぎでの融資を希望している方は早めの時間に申し込まないと翌日の融資になってしまうので早めに申し込んだほうが良いでしょう。

書類の準備や、審査基準などの下調べを済ませておくとみずほ銀行カードローンにスムーズに申し込みをする事が出来ます。

デメリットはみずほ銀行カードローンは銀行系カードローンなので消費者金融カードローンよりも審査が厳しいと言われています。ですのでカードローン審査に不安な要素がある方などは少し難しいかもしれません。

ただやはりみずほ銀行カードローンは消費者金融カードローンと比較すれば金利も低いですし審査スピードも早いのでおすすめのカードローンだと言うことが出来ます。

ですので今までに金融事故などを起こしたことが無く、審査基準もクリアしていてカードローン審査に自信のあるといった方はみずほ銀行カードローンを検討してみてはいかがでしょうか。

カードローン審査までの流れ

次にみずほ銀行カードローンの審査までの流れについて説明していきます。

みずほ銀行カードローンの申し込み方法は・PC、スマホでのインターネットによる申し込み・郵送での申し込み・電話による申し込み・店頭窓口での申し込みがあります。

インターネットによるお申し込みですがみずほ銀行カードローンはみずほ銀行の口座を持っていればWEB完結申込という方法を使う事が出来ます。

この方法でしたら来店不要ですべてWEB上で手続きをする事が出来るので急ぎでの融資をご希望の方や忙しくて店舗に足を運ぶのが難しいといった方はPC,スマホでのインターネットによる申し込みがおすすめです。

どこでも自分の好きなタイミングで出来てスピーディーに申し込む事が出来るのでこれらの方法を使うといいかもしれませんね。

みずほ銀行カードローンは口座を持っていない方だとカードローン専用カードを発行するには書類を郵送によってやり取りしなくてはいけないので融資までの時間がかなり掛かってしまいます。

このように口座を持っているかいないかで大幅に融資にかかる時間が変わってきてしまうので急ぎの融資希望で口座を持っていない方にはおすすめできないかもしれませんね。

口座を持って入れば審査自体はスピーディーで可能になっていますし金利自体は他の消費者金融系のカードローンに比べれば低くなっていますのでおすすめ出来のカードローンです。

郵送による申し込みはカードローン審査から融資までに日数がかかってしまうといったデメリットがあります。

また、みずほ銀行カードローンの郵送による申し込みは口座を持っている方限定の申し込み方法になっています。申し込み用紙は銀行の窓口に置いてあるため申し込む際には窓口に申し込み用紙を取りに行かなくてはいけません。

やはり申し込み方法でおすすめなのはインターネットによる申し込みが手間もかからずスピーディーな融資が出来るのでいいのではないでしょうか。

これらのいずれかの方法でお申し込みをしたらカードローン審査が開始されスピーディーで電話もしくはメールにて審査結果の連絡が来ます。

ただしこの時間はあくまで最短の時間なのでその時の状況や申し込んだ時間によってはもっと時間がかかってしまったり、翌日になってしまうこともありますので本当に急いでいる方は直接電話で問い合わせてみてはいかがでしょうか。

そして審査項目の中には在籍確認があります。

みずほ銀行カードローンは在籍確認は基本的に必須となっております。

しかし、職場への電話ですが基本的に個人名でかけてくるので会社の人にばれるといった心配はありません。

それでも職場への在籍確認は厳しいといった方もいるとは思いますが基本的にほとんどのカードローンでは在籍確認は必須となっております。

カードローン審査から融資までの時間
みずほ銀行カードローン 契約までの流れ

次はみずほ銀行カードローンの審査から融資までにかかる時間について説明していきます。

みずほ銀行カードローンの審査はとても早いという事は説明してきましたが融資までの時間はどうなのでしょうか。

まず申し込みからカードローン審査が開始され審査結果の連絡が電話かメールにて来ます。審査が通っていればそこで契約の限度額が決められます。

みずほ銀行カードローンは最大1000万円までとかなり大型の融資が可能となっております。

ここからはみずほ銀行カードローンの借入方法について解説していきます。

みずほ銀行カードローンの借入方法は振込によるキャッシングもしくはATMによる借入の2種類の借入方法があります。

振込によるキャッシングをするには電話もしくはみずほダイレクトからキャッシングの希望を出し振込によって融資を受ける事が出来ます。

ここで注意しないといけないのは振込先はみずほの口座でなくてはなりません。

ATMによる融資方法ですがみずほ銀行カードローンには2種類のカードがあります。それはカードローンにのみ使える専用型カードとキャッシュカード機能も付いている兼用型カードの2種類です。

ですのでこのカードを受け取るまで融資を受ける事が出来ないということになります。

振り込みによるキャッシングは簡単に手軽にATMにて融資を受ける事が出来るので便利さはあります。

ですので最初に急ぎで融資を受けたい場合には振込キャッシングを利用してカードが届いてからはATMにて借入と返済を行うというのが一番手軽でおすすめな方法です。

ATMによる融資には気軽で簡単に融資を受ける事が出来るのでそちらの方が使いやすさはあるようです。

ただみずほ銀行カードローンはATMの手数料がかかりますのでその点はお気を付け下さい。

みずほ銀行カードローンの審査から融資までの時間は口座を持っていればスピーディーな融資も可能ですが口座を持っていないと時間がかかってしまいます。

これらの借入方法の中から自分に合った方法を決めて借入をしてみてはいかがでしょうか。

カードローン審査の際に必要なもの

みずほ銀行カードローンを申し込む際には本人確認書類と収入証明書を用意しておきましょう。

本人確認書類は運転免許証・・パスポート・住民基本台帳カード(顔写真付)・保険証のいずれかが必要になります。

次に収入証明書ですがみずほ銀行カードローンは収入証明書の提出は原則200万円を超える申し込み時にのみ必要となっているようです。

しかし他社からの借入が100万円を超えている場合などには収入証明書の提出は求められると思いますので準備しておきましょう。

みずほ銀行カードローンに限らず他のカードローンでも本人確認書類や収入証明書は必要になりますので申し込みをする前に用意しておくとスムーズに融資まで進む事が出来ます。

みずほ銀行カードローンのカードローン審査方法

次に一般的なカードローンの審査方法について解説していきます。

カードローン審査の際に大事なポイントはどのようなものがあるのかといった事ですが、以下のような事がポイントになってきます。

・安定した収入があるか

これはどのカードローン審査でもそうですが安定した収入がない方は審査に通るのが難しくなります。

毎月安定した収入が見込める正社員の方の方がカードローン審査に通るには有利であるようです。

ただアルバイトやパートの方でも毎月安定した収入があれば融資は可能となっているみたいです。フリーランスの仕事や芸能人など安定した収入が見込めない職業の方は不利になると言われています。

・信用情報に事故情報が登録されていないかどうか

カードローンやクレジットカードを作ると契約状況や利用記録や支払記録は信用情報機関に登録され貸金業者はこれを調べる事が出来ます。

この情報に長期延滞(2~3か月以上の支払いの滞り)、債務整理(合法的に借金を整理する事)、強制解約(長期延滞などにより強制的に契約を解除されること)、代位弁済(支払いが滞った時に保証会社が支払いを建て替えること)などのいわゆる事故情報記録があるとそれが原因でカードローン審査に落ちる事があるみたいです。

・他社からたくさんの借り入れがないかどうか

他の貸金業者からの借り入れが5件以上ある場合はカードローン審査に通らない可能性高くなるようです。

・直近半年以内位に他社への申し込み履歴があるかどうか

半年くらいの間に他社への申し込み履歴があって複数社のカードローン審査に落ちているという記録があったりするとカードローン審査に通らなくなったりする事があるようです。

そのような記録があると信用してもらえずカードローン審査に通る事が難しくなります。

・年金生活者はカードローン審査に落ちる可能性が高い

年金による収入しかない方は安定した収入がないため、カードローン審査に落ちる可能性が高いと言われています。

・特定の企業・職種で働いている

反社会的な企業等に勤めている場合はカードローン審査に通る可能性が低くなっています。

またタクシーの運転手・芸能人・フリーランスの仕事・投資家など安定のしていない職種の方などはカードローン審査に通らない可能性もあります。

・申し込み時に嘘の申告をしていないかどうか

これはどこのカードローンでも同じ事ですが、申し込み情報に偽りの情報を書いたり提出書類を偽装したりしてそれが発覚した場合審査に落ちる可能性が高くなります。

年収などはつい高額の融資を受けたいと思うあまり高めの年収を言いがちですが嘘だと発覚した場合それが原因でカードローン審査に落ちてしまう事があるそうなので注意する必要があります。

一度カードローン審査に落ちてしまうと次からも通りにくくなるようなので気をつけましょう。

カードローン審査にはこのようにたくさんの審査基準があります。

ただこの基準はみずほ銀行カードローンが公表している基準ではなく一般的なカードローンでの基準になりますのでこの基準をクリアしているからといってみずほ銀行カードローンの審査に確実に通るといったわけではありませんので参考までに見て下さい。

ただ、この基準をすべてクリアしていればカードローン審査に通る可能性は高いと言えますので先にチェックしてから申し込んでみてはどうでしょうか。

カードローン審査の時に大切なこと

カードローン審査の時に大切なのは事前にしっかりと審査基準や申し込み条件を調べて準備をして不安要素を無くしてから申し込むことです。

みずほ銀行カードローンは銀行系のカードローンなので審査は比較的厳しいと言われていますのでなおさらしっかりと事前に調べる事が大事です。

カードローン審査に落ちてしまった場合他のカードローンに申し込んだ場合でも貸金業者にはその情報はわかりますので、カードローン審査に通りにくくなるといったリスクがあります。

ですので審査基準というのは事前にチェックしてある程度リスクを軽減してから申し込む事をおすすめします。

基準をすべてクリアしていればカードローン審査に通る可能性はとても高くなりますので安心して申し込む事が出来ます。

逆に引っ掛かりそうな項目が先にわかればその対処を考える事も出来るのでリスクを減らした状態でカードローンに申し込む事が出来ます。

あとはこれはどのカードローン審査でも同じですが審査の際に大切な事は絶対に申し込みの情報や書類などに偽りの情報を絶対に書いてはいけないという事です。

申し込み情報というのは調べれば分かってしまうのです。

嘘の申告などをしてしまうとカードローン審査に悪影響を与えてしまったり発覚した時のリスクが大きすぎます。

悪質だと判断された場合警察に通報されることもあるようです。年収が低くても毎月安定した収入があればカードローン審査に通る事もあるので正直に記入しましょう。

口コミ・評判を投稿しましょう!

メールアドレスが公開されることはありません。

口コミ・評判一覧

    年代別人気カードローン

    20代~30代におすすめのカードローン

    若い方は借入時間を気にされる方が非常に多いです!

    また少額利用される方がほとんどなので無利息期間が付いてるカードローンがおすすめです。

    関連記事