SMBCモビットの金利は高い?低い?返済利息の計算方法を確認しましょう!

2018最新版
おすすめのカードローン10社を目的別に比較してみましょう
SMBCモビットの金利は高い?低い?返済利息の計算方法を確認しましょう!

カードローンキャッシングには金利が必ずついてきます。その金利は利息として、返済時に加えて支払わなければなりません。つまり、キャッシングしたときよりも返済額の方が大きくなります。返済に大きく関わる金利についてはしっかりと理解しておきましょう。

キャッシングから完済まですんなり、なるべく負担なく終わらせるためにもカードローン低金利や利息返済など確認しておかないといけません。

CMや駅の広告などで目にする機会も多いSMBCモビット金利はどうなっているのか計算して徹底解説していきます!

SMBCモビットの金利内容を確認

SMBCモビットの金利は3.0%~18.0%です。銀行カードローンなどと比較すると少々高めに設定されいるかもしれません。金利だけで見ると銀行カードローンの方がSMBCモビットより低金利であることは間違いありません。

但し、SMBCモビットのメリットは他にあります。来店不要&電話なし&郵便物なしの「WEB完結申込」です。金利重視の方にはあまり適しているとは言えないかもしれません。

他社のカードローンとも比較してみましょう。

サービス名金利遅延利率(実質年率)無利息期間
消費者金融SMBCモビット3.0%~18.0%20.00%
プロミス4.5%~17.8%20.00%
アイフル3.0%~18.0%20.00%
SMBCモビット3.0%~18.0%20.00%
銀行三井住友銀行カードローン4.0%~14.5%19.94%
三菱UFJ銀行カードローン1.8%~14.6%14.60%
みずほ銀行カードローン2.0%~14.0%※①19.90%
三井住友銀行カードローン4.0%~14.5%19.94%
オリックス銀行カードローン1.7%~17.8%お借入残高に対して借入利率+2.1%
みずほ銀行 ※①エグゼクティブプランの場合適応金利は3.0%~7.0%になります。

SMBCモビットの金利は実質年率3.0%~18.0%で借り入れ限度額が高いほど、金利が下がっていきます。

借入金額によって金利が決まるのではなく、借り入れ限度額によって金利が決定します。借入金額と借入限度額は混同しやすいので、注意しておきましょう。

また、SMBCモビットは総量規制の対象となるカードローンです。そのため、どれだけ信用が高くても、年収の3分の1以上の金額を借り入れすることはできません。

SMBCモビットの最低金利3.0%が適用されるのは、SMBCモビットの最高借入限度額800万円の枠をもらえたときだけなので、800万円の借入限度枠をもらうためには、最低でも年収2400万円が必要になります。

借入限度額が100万円以下なら、ほとんどの場合で金利18.0%が適用となります。借入限度額が100万円以上なら金利が15.0%以上により高くなることはありません。

借入限度額100万以上の金利決定方法は、借入や返済状況、年収やSMBCモビットに対する信用によって異なります。カードローン返済と借入を繰り返していれば、SMBCモビットに対する信用が積み重なっていきます。

銀行系カードローンと比較しても、SMBCモビットの最低金利がもっとも低いですが、銀行カードローンの最大金利は15%以下です。

SMBCモビットの特徴は、最低金利が低く、借入上限金額が高いということがいえると思います。

SMBCモビットの金利計算方法

キャッシングの際に年利という表示をよく目にしますが、金額にして一体毎月どれぐらいの金利がかかるのかは、よく分かりません。

そこで、1か月分の簡単な利息の計算方法を確認しておきましょう。

年利と表示されている金利は1年間にかかる金利です。

つまり、1カ月分の金利を知るためには下記の計算式を使います。

【借入金額×年利%÷365日×1カ月(30日or31日)=1か月分の金利】

具体的にどうなるのでしょうか?

・10万円を年利18%、30日間借りた場合

⇒10万円×18%(0.18)÷365日×30日=1,480円

・10万円を年利15%、30日間借りた場合

⇒10万円×15%(0.15)÷365日×30日=1,233円

要するに「借りたお金に金利をかけて、365日で割って30日をかける」だけです。

計算式をみると難しそうですが、理屈はとっても単純です。

【借りた金額×年利÷12=1か月分の金利】

先ほどの10万円、18%の場合で計算してみると1,500円になります。

このようにこれはあくまでも概算で、正確な数字ではありませんので、目安程度に確認しておきましょう。

SMBCモビットの場合
SMBCモビットの金利は実質年率で3.0%~18.0%です。金利を18%とすると、30日間の利息は、 10万円借りた場合

10万円✕18%÷365日✕30日=1,479円

30万円借りた場合

30万円✕18%÷365日✕30日=4,438円

50万円借りた場合

50万円✕18%÷365日✕30日=7,397円となります。

とにかく金利が低いカードローンでキャッシングしたい方は銀行カードローンや消費者金融であれば、わずかな差であればプロミスの方が向いているでしょう。

しかし、大型の融資であれば、最低金利は低く設定されているのでSMBCモビットを検討しても良いと言えるでしょう。

SMBCモビットの金利を下げるポイント

最大金利は高く設定されていますが、その金利を低くする方法はあるのでしょうか? 少しでも金利を下げるためにも、重要なポイントを押さえておきましょう。
Point1
信用力と返済能力が大事
Point2
最大金利18.0%の利用者は金利が下がりやすい

Point3
総量規制内の借入をしている場合
信用力と返済能力が大事

金利を下げるために、有効な方法のひとつです。継続して借入と返済を繰り返すと、SMBCモビットに返済をきちんとする人だと判断されます。これが返済実績になります。

社会的な信用とは異なる、SMBCモビットに対する信用が付いてくるのです。

SMBCモビットのカスタマーセンターに連絡して、金利を下げたい旨を伝えると対応してくれます。すぐに金利を下げてくれる場合もありますし、収入証明書の提出が必要な場合もあります。 ただし、返済実績を作るには半年~1年ぐらいの時間を要します。

当然、金利が下がらないケースもあるので、過度な期待は禁物です。

最大金利18.0%の利用者は金利が下がりやすい

SMBCモビットの最大金利18.0%の利用者は、比較的金利が下がりやすいと言われています。もちろん、継続利用して、ある程度の返済実績が必要です。SMBCモビットを最大金利で利用されている方は、一度カスタマーセンターに問い合わせてみましょう。

総量規制内の借入をしている場合

総量規制とは、年収の3分の1までしか借入できない制度です。総量規制内であれば、他社から借入することも可能です。

もちろんSMBCモビットからすれば、総量規制限界まで借入してもらいたいのです。 他社から借入されるよりも、自社で借入してもらった方が利益を生み出せるからです。総量規制内の借入をしているなら、SMBCモビットに問い合わせてみましょう。

SMBCモビットで金利を下げるノウハウ

SMBCモビットで金利を下げるためには、返済実績が必要不可欠です。返済実績は、最低でも半年以上あると望ましいとされています。返済実績が少ないと、総量規制の制限内であったとしても、総量規制ギリギリまで借入できない可能性があります。

SMBCモビットの金利を下げるために、まずは返済実績を作ることを心がけましょう。

最低金利と最高金利とは?

SMBCモビットに限らず、全てのカードローン会社に最低金利と最高金利が設定されています。最低金利とは、もっとも安い金利を指し、最高金利とはもっとも高い金利を示しています。

最低金利3.0%が適用されるのは、SMBCモビットの最大借入限度額である800万円の融資枠をもらえたときだけ。対して最高金利18.0%は、借入限度額100万円以下なら、ほとんどの場合で適用されます。

つまり、新規利用者のほとんどは、最高金利18.0%が適用されるということです。新規利用者が低い金利でSMBCモビットから借入するためには、500万円以上の年収と他社での返済実績が重要なのです。

・借入限度額が低い理由

SMBCモビットの借入限度額を上げるためには、年収と返済実績が大切です。下記のようなことがあると、借入限度額が下がり、高い金利で利用することになります。

・他社で金融事故(延滞や未払いなど)を起こしている

・自己破産歴がある

・年収が300万円以下

・他社からの借入が50万円以上

借入限度額を上げるために、他社からの借入金額を減らすことも有効です。

SMBCモビットの返済方法

SMBCモビットの返済方法は提携ATMか口座引落、または銀行振込です。

インターネットバンキングを利用した返済方法はありません。

提携ATMは全国にありますが、利用時には下記の手数料がかかります。

  • 利用額1万円以下なら108円
  • 利用額1万円超なら216円

また、銀行振込の際の利用手数料も利用者負担となります。

口座引落なら手数料無料ですが、引き落とし先として指定できるのは、三井住友銀行、三菱UFJ銀行の口座のみです。

なお、追加返済(繰上げ返済)はいつでも何度でも可能です。通常の返済方法と同じ方法でできます。

返済方式

多くの消費者金融が残高スライドリボルビング方式を採用していますが、SMBCモビットは借入後残高スライド元利定額返済方式を採用しています。

これは、借入残高によって毎月の返済額が増減(スライド)する方式です。

ただし、この返済方式は、返済が長期化すると、利息の負担がおおきくなる場合がありますのでご注意です。

また、返済が進むにつれて返済額も小さくなってしまうと返済が長引いてしまいます。

多めに返せるときに返済しておくことが、完済への近道となります。

なぜなら、追加返済の分はすべて元本の返済にあてられるからで、完済が早まり利息も節約することができるからです。

SMBCモビットでのキャッシングの注意点
自社ATMがない

SMBCモビットには同業他社のように自社でのATMがありません。

従ってSMBCモビットのカードを利用する場合は提携ATMからのみとなります。

提携ATMの利用には手数料もかかりますから、SMBCモビットのカードを頻繁に利用したいという方には少々不向きです。

返済では口座引き落としにすれば手数料はゼロですが、そのためには三井住友銀行か三菱UFJ銀行の口座を持っているか、新たに作る必要があります。

無利息期間が無い

例えば消費者金融系の場合、プロミスやアコムなどには30日間無利息などという、いわゆる「無利息期間」というものがあります。

ジャパンネット銀行ネットキャッシングの30日間無利息などのサービスが知られています。

短期で返済をしたいという場合は「無利息期間」を活用するとお得ですが、SMBCモビットにはそれがありません。

ネットバンキングを利用した返済ができない

競合他社の場合、会員ページからインターネットバンキングを利用したいわゆる「ネット返済」をすることが可能ですが、SMBCモビットは「ネット返済」ができません。

SMBCモビットの返済方法はあくまでも、提携ATMからか銀行振込、口座引き落としに限られてしまいます。

SMBCモビットの月々の返済(シミュレーション)

SMBCモビットの月々の返済金額はどのようになるのでしょうか。

50万円まで収入証明書不要で借入出来ることから、SMBCモビットを借入する方は50万円までの借入が半数以上を占めております。

50万円までのシミュレーションを下記通りまとめたので確認してみましょう。

借入利率:18.0%でご利用された場合で計算しております。

借入金額返済期間(回数)各回返済額返済総額
10万円1年以内(11回)11,000円109,710円
2年以内(20回)6,000円118,930円
3年以内(25回)5,000円123,709円
4年以内(33回)4,000円131,987円
5年以内(51回)3,000円150,105円
20万円1年以内(10回)22,000円219,425円
2年以内(20回)12,000円237,869円
3年以内(29回)9,000円254,432円
4年以内(40回)7,000円277,945円
5年以内(51回)6,000円300,256円
30万円1年以内(10回)33,000円329,141円
2年以内(20回)18,000円356,809円
3年以内(30回)13,000円385,927円
4年以内(38回)11,000円408,970円
5年以内(51回)9,000円450,401円
40万円1年以内(10回)44,000円438,856円
2年以内(20回)24,000円475,748円
3年以内(31回)17,000円517,659円
4年以内(40回)14,000円555,929円
5年以内(51回)12,000円600,544円
50万円1年以内(10回)55,000円548,569円
2年以内(20回)30,000円594,690円
3年以内(31回)21,000円649,464円
4年以内(39回)18,000円686,705円
5年以内(51回)15,000円750,686円

SMBCモビットでは借入後残高スライド元利定額返済方式を採用しています。

借入後残高スライド元利定額返済方式とは借入後残高スライド元利定額返済方式:借入残高が減るにつれて、最低返済金額がスライドして減っていく方式のことです。

また、返済日は、5日・15日・25日・末日から好きな日にちを選ぶことができます。

月々の最低返済金額を知っておくことで、完済までに最長でどれくらいかかるのか・いくらかかるのかを把握することができますから、余計な心配をせずに利用をすることができるかと思います。

まずはSMBCモビットの金利をしっかりと確認して、堅実な返済計画をたてていきましょう。

SMBCモビットの金利推移

消費者金融金利ですが、以前と比べて大きく変化して推移してきています。その理由は貸金業法の改正になります。貸金業法の改正によりまして、消費者金融では今まであったグレーゾーン金利が完全に撤廃されました。 グレーゾーン金利とは、出資法と利息制限法の違いによるものにより生まれました。利息制限法の上限金利は年利で20.0パーセントまでです。一方で出資法による上限の金利については、29.2パーセントまでです。 消費者金融業者については、出資法の金利を採用していましたので、最高で29.2パーセントまで取得していたことになります。20.0パーセント以上の金利についてはグレーゾーン金利と呼ばれていたわけです。 多くの消費者金融で、当時は20.0パーセント以上の金利でお金を貸していました。25.0パーセント前後や24.0パーセント前後となります。 しかし、貸金魚穂の改正でグレーゾーン金利は完全に撤廃されました。その結果として、最高の金利が20.0パーセントになったわけです。どんどんと金利が安く推移しているといった状況になりました。 最近では、金利については18.0パーセント前後で推移していることが多くなりました。

・1984年=39.5%

・1987年=36.5%

・1988年=32.0%

・1989年=29.2%

・1995年=25.55%

・2010年=20.0%

この数字をみると約30年前と比較すると現在の金利は半分ほどまで下がっていることが分かります。

以前の消費者金融には、「出資法」と「利息制限法」という2つの法律があり、どちらの法律を前面に打ち出すかによって上限金利が大きく違っており、このような状態を「グレーゾーン金利」と呼んでいました。

それが、金利を明確化することを目的として法律の改善が行われ、現行の金利となりました。

今後、しばらくは現行の3.0%~18.0%という実質年率で定着するのではないかというのが一般的な評価のようです。

●SMBCモビット独自のサービス●

しかし、現在SMBCモビットが行っているように「WEB完結」などのサービスを取りれて競合他社との差別化を図っていくことで、より独自色を強めていくのではないでしょうか。

また、SMBCモビットはWEB上で10秒簡易審査を行うと、効率的に審査通過の見込みを知る事ができます。

他社でもWEB上で1秒診断や3秒診断などのサービスがありますが、他社からの借り入れがあるか?未成年ではないか?などの簡単な最低限の基準をクリアしていない人だけを除外する内容になってます。

それに対してSMBCモビットでは個人情報の入力もありますが、10秒簡易審査で信ぴょう性の高い仮審査を行う事ができます。

カードローンキャッシングは申し込むだけで信用情報に申し込んだという情報が記録されてしまいますので、先に仮審査で借りることができるのか確認しておくことは大事なことです。

また、即日キャッシングなど審査を急いでいる人にもおすすめで、他社で仮診断から本審査を行い通過しなかった時は例え1時間以内のスピード審査であっても大きなロスになりますが、SMBCモビットであれば本審査をして落とされるというリスクを軽減する事ができます。

SMBCモビットの金利まとめ

消費者金融の金利はだいたい横並びですが、SMBCモビットの最低金利は3.0%と他の消費者金融に比べて低くなっています。

また、最大限度額も800万円と他社に比べて高いのが特徴です。他社は500万円のところが多いのでたくさん借りて金利も低く抑えたい人はSMBCモビットは最適かもしれません。

ただ、金利は融資限度額が高くなるほど低くなる傾向があるので、一般的な100万円以下の限度額なら他社とあまり金利は変わらないと思います。また、新規契約でいきなり融資限度額800万円が下りることはまずありません。よほど年収の高い人でない限り限度額は50万から100万円程度になる傾向が高いです。

最初は希望の金利や限度額でなくても、徐々に返済実績を積み上げていき、限度額を上げていくかあるいは金利を下げていくことも可能ですので、誠実にキャッシングの取引を行っていきましょう。

年代別人気カードローン

20代~30代におすすめのカードローン

若い方は借入時間を気にされる方が非常に多いです!

また少額利用される方がほとんどなので無利息期間が付いてるカードローンがおすすめです。

関連記事