お金を借りるには?審査基準・即日キャッシング・金利・返済・口コミをそれぞれ比較

2018最新版
おすすめのカードローン10社を目的別に比較してみましょう
お金を借りるには?審査基準・即日キャッシング・金利・返済・口コミをそれぞれ比較

急な出費でお金に困っている時、給料日はまだまだなのにお金が無い時、用意するのに一番手っとり早い方法はお金を借りることです。

しかし、それが家族だったり友人であったりすると迷惑をかけるかもしれないし、断られて嫌な空気になったりするかもしれません。

では、そんな時はどうすればよいのでしょうか?答えは簡単です。カードローンでキャッシングするという方法があります。この方法であれば、誰にも迷惑かけることもなく、しかも上手に利用すれば利息もかからずに借りられるのです。

初めはカードローンでキャッシングすることは不安かもしれませんが、よく理解したうえで利用すればお金を借りたいあなたの心強い味方になってくれるでしょう。


お金を借りる時のメリットとデメリット

カードローンの利便性が高まり、利用者が増えていく一方で、気軽にお申し込みできる手軽さからしっかりと理解せずにキャッシングしてしまう方も多く見受けられるようになりました。

お金に困っている時はどんな状況であれ、藁にもすがる思いが心の根底には少なからずあります。

しかし、そんな時だからこそカードローンの特徴や利用方法をしっかりと理解して賢く、そして上手にキャッシングする必要があるのです。

ここでは初めて利用する方もそうでない方もこれから利用する時の注意点などカードローン比較しながら、詳しく解説していきます。

メリット

お金に困っている時に即日で融資をしてくれたり、家族や友人には頼めないほど高額のお金が必要になった時、強い味方となってくれるのがカードローンです。

カードローンでお金を借りることのメリットはそのお手軽さにあります。

ある程度の金額であれば、本人確認書類があればお申し込み可能なカードローンも多く、わざわざ店舗に出向かなくてもネットでお申し込みすれば振り込みなどでも融資してもらえるのです。

また、キャッシングまでの過程が非常に簡略化されているので、あまり煩わしさを感じることもなく、ハードルもそれほど高く感じることはないでしょう。

そして、カードローンでの借り入れには保証人や担保を不要としているところが多いことが最大のウリです。

消費者金融は、できる限りお金を借りられる層を広げるために、さまざまな計画を立てていることもあって、金利が多少高くても今すぐ借りたい人にとって、便利なサービスであることには変わりありません。

アルバイトの方や、派遣社員の方など、いわゆる属性の弱い状態であっても、必要な条件さえ満たしていればお金を借りることは可能なので、この点も魅力のうちの一つです。

初回の方限定で、無利息期間などのサービスを用意しているカードローンおすすめもありますのでこういったものを賢く利用すれば無駄な負担を抑えることができます。

デメリット

多くのメリットが存在する中、デメリットもあることを認識しておく必要があります。

このメリットとデメリットを理解してこそ、キャッシングは生活を充実させるためのサービスとしてなりうるのです。

消費者金融では、借りるまでの過程が銀行系のキャッシングやカードローンよりも簡単な仕組みとなっているので、キャッシングで一度借り方を覚えると、便利であるがために何度も使用することも人によってはあると思います。

繰り返し利用すること自体に問題はありませんしむしろそれもメリットとして捉えることもできますが、キャッシングに慣れてしまうと口座からお金を引き出す感覚でお金を借入してしまうため、しっかりと計画的に利用をしていない人は後で大変なことになります。

そのため、キャッシングを利用するのはいいのですが、使い方に関してよく理解しておく必要があります。

銀行でお金を融資してもらうためには、それなりの年収や社会的属性の強い人である必要があるのに対して、消費者金融では年収や職の部分が弱い場合であっても、融資の審査に通ることは銀行より多いと言われています。

しかし一方、金利面に関しては、審査等の保証人不要などの制度をとっているため、どうしても高くなる傾向があります。

もちろん、無利息サービスがあるので、その期間だけ使用するという方法であればお得に使用できるのですが、

それ以降に活用する場合、銀行で借りるより金利が高いということを認識しておく必要があると言えるでしょう。

お金を借りる方法は?

現在、銀行カードローンや消費者金融カードローンは数多くあります。

全てのカードローンに共通していることは必ず本人確認書類が必要であるということです。

また、カードローンでスムーズにお金を借りるためには、安定した収入があることも重要です。

お申し込みは各カードローンによって多種多様の方法がありますから、ご自分に合ったお申し込み方法ができるカードローンを選んでおくことも大切でしょう。

カードローンでお金を借りることはそこまで敷居が高いわけではないので、気軽に相談、お申し込みしてみましょう。

カードローンの選び方

カードローンはおおまかに分けて、消費者金融カードローンと銀行カードローンの2つになります。

銀行カードローンは低金利で高限度額のカードローンをが多いですが、一般的に銀行カードローンの方が消費者金融カードローンよりも審査が厳しいと言われています。

当一方の消費者金融は審査スピードが早く、融資まで1時間程度というところも少なくありません。

しかし、高金利ですので長期間での借り入れはお世辞にも適しているとは言えません。

審査が不安な方はひとまず、消費者金融カードローン、低金利での借り入れをご希望の方は銀行カードローンという風に選べますし、各カードローンはもっと細かい特徴やサービスなども多くありますのでキャッシング比較しながらご自分に適したカードローンを選びましょう。

申込み方法

カードローンのお申し込み方法は各カードローンによって変わりますが、ネット申し込みや無人契約機が主流です。

今は店舗で対面しながらお申し込みする方は減ってきているようです。

こういった気軽なお申し込み方法がたくさんありますので、あまり深刻にならずにキャッシングできるでしょう。

代表的な申込み方法は

  • インターネット申込み
  • 無人契約機
  • 店頭
  • 郵送
  • 電話

などがございます。

郵送や電話などは書類を郵送したりする関係で融資までの時間がかかることが多いようです。

やはり、なるべく早い融資をご希望の場合は、無人契約機かインターネットでのお申し込みが一番良いでしょう。

また、銀行カードローンなどは当該銀行の口座を作らないとカードローンを利用できない場合もありますので、さらに時間がかかってしまうこともあります。

ご自分の状況とよう照らし合わせておくことが重要です。

必要書類

銀行カードローンでは、利用限度額が100万円以下のカードローンは、申込者本人の収入を証明する書類の提出を求められない場合もありますが、総量規制対象のカードローンの場合は、利用限度額が50万円を超えるカードローンや、他社との合計額が100万円を超える場合は、収入を証明する書類の提出が求められます。

また金融機関や貸金業者にカードローンのお申し込みをする際は、利用限度額にかかわらず、本人確認書類が必要となります。

ここではカードローンの申し込みに必要な書類について詳しく解説していきます。

まず、収入を証明する書類についてですが、たしかに希望する利用限度額によっては、収入を証明する書類を提出しなくても良い場合があります。

しかし、カードローン会社から求められた場合は、これを出さないと審査は通過できません。

ですから、上限額が低いカードローンを希望している場合でも、求められたら、いつでも提出できるようにしておき、お申し込み時に事実と違う年収を伝えたりはしないようにしてください。

とくに銀行のカードローンの場合は、収入を証明する書類の提出は求められることが多いので、そのつもりでいたほうが良いでしょう。

【給与所得者の方(サラリーマン、公務員の方)】

  • 源泉徴収票
  • 所得証明書

前年度の所得証明書が、市区町村から発行されるのは、大体6月頃です。

それ以前であれば、源泉徴収票を用意しておけば、前年度の年収を証明できます。

いずれもすぐ準備できない場合は、直近の3ヵ月以内、連続2ヵ月分の給与明細書を求められることもありますが、源泉徴収票は紛失しても勤務先から再度取得できますので、事後でも提出したほうが良いのはもちろんのことです。

【自営業・個人事業主の方】

  • 住民税決定通知書または課税証明書
  • 納税証明書

上記のほかに、確定申告書の写しでも収入を証明できます。金融会社が指定するもののうち、いずれかで準備しておきます。

なお専業主婦でも借りられる、カードローンもあります。この場合は、配偶者の所得を証明する書類を、上記のいずれかから選択肢て、なおかつ配偶者の同意書を求められることになります。

本人確認書類について

本人確認書類とは、申込者が本人であることを証明するものですから、利用上限額に関わらず用意しなければなりません。

本人確認書類には、以下のものがあります。

  • 運転免許証
  • パスポート(写真およびご住所のページ)
  • 各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)
  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • 住民基本台帳カード
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • 外国人登録証明書

一般的には運転免許証と健康保険証を使う方が多いですし、どちらも手元にあるものなので、用意するのは簡単です。

なお金融機関によっては、免許証だけでなく、同時に健康保険証も求められる場合があります。またいずれも、写しで良いことになっています。

無職でも借りるには?

2010年に施行された総量規制の関係で、年収の3分の1までしか借り入れすることは出来なくなりました。

つまり、無職の方は収入がゼロと判断されるため消費者金融カードローンではキャッシングすることはできなくなりました。

では、絶対にカードローンを利用できないかと言うと、そうではありません。

銀行カードローンは審査が非常に厳しいことでも有名です。少なくとも配偶者がいて配偶者に安定した収入がある状況でないと借り入れは難しいと考えておきましょう。

独身で無職の方は銀行カードローンであっても融資される可能性は低いです。

学生でも借りるには?

学生であっても安定した収入がある方はお申し込みできるカードローンは多くあります。

お金を借りるためのポイントは

Point1
アルバイトで定期的な収入を得ていること
Point2
20歳以上であること
Point3
収入を多くしたりなどウソの申告はしないこと

まずは安定した収入を得ることが大前提です。

そして、虚偽の申告をしないこと。収入の少ない学生の方はついつい嘘をついてしまいがちですが、個人信用情報というもので照会されてすぐにバレてしまいますのでこれはやめておきましょう。

むしろ印象が悪くなり、せっかくの審査に落ちてしまう可能性すらあります。

お金を借りる方に人気のカードローン

巷で人気を博しているカードローンには、もちろん理由があります。

ですので、お金をどこで借りていいいのか分からない方や比較した結果悩んでいる方は、利用者の方の口コミや評判を参考にしてみましょう。

数ある利用者の口コミなど探していると、ご自分の状況に似た口コミなどを見つけることができます。

その口コミは利用者の方の生の声なので、参考にすればご自分に適したカードローンが見つけやすいはずです。

ここでは利用者の声を基にした作成したカードローン人気ランキングなどもありますので、是非参考にしてみてください。

人気ランキング

カードローン選びをする際に利用者の口コミや声などを基に構成しているカードローンランキングを参考にしましょう。

実際の金利や返済方法、幾ら借りれたかなど具体的な口コミは参考にしやすいですし、当サイトでは利用者が多いカードローンや口コミで評判のカードローンをランキングにして紹介しておりますので此方のカードローンランキングも確認してみましょう。

ランキングは審査や借り入れ額などの利用者の総合的な評価です。

ご自分がどこに重点を置いているのかを改めて確認しておくと参考にしやすいでしょう。

口コミ

実際に利用された方の声や口コミは本当に参考になるのではないでしょうか。

先程も記載させて頂きましたが、カードローンの公式サイトなどからでは実際にわからない情報はいくつもございます。

公式サイトに審査時の対応が記載してあるわけではありません。

審査に関しては実際にカードローンの審査を経験した人でないとわからない部分もございます。

金利に関しても同じ年齢や借入金額によっても属性によって変わってくる場合が多々ございます。

在籍確認方法や必要書類なども実際には記載通りでないケースはよくあります。

オペレーターの対応なども口コミなどからでないと一切情報は入ってきません。

当サイトでも皆さまからのカードローンの口コミを頂戴しております。

此方のカードローン口コミも是非参考にしてカードローンのことを更に詳しく知っておきましょう。

おすすめ一括比較

おすすめの消費者金融や銀行カードローンを一括比較してみましょう。

ご自身の借入目的や金額、利用用途からカードローン比較してみるといいでしょう。

消費者金融や銀行カードローンによっても提供してるサービス内容はかなり変わってきます。

金利や返済方法など、ご自分が重要視している部分を確認して比較しながら注視してみましょう。

サービス名実質年率借入限度額審査スピード融資スピード詳細ページ
収入証明書不要事前診断無利息期間アルバイト申込
SMBCモビット

SMBCモビット

3.0%~18.0%800万円最短30分最短即日も可能 ※①詳細はコチラ
簡単お借入診断―※② 公式ページへ
プロミス

プロミス

4.5%~17.8%500万円最短30分最短1時間融資詳細はコチラ
50万円まで※⑤簡単3秒診断30日間無利息 ※② 可能 ※① 公式ページへ
プロミスレディース

プロミスレディース

4.5%~17.8%500万円最短30分最短1時間融資詳細はコチラ
50万円まで不要簡単3秒診断30日間無利息 ※② ○ ※① 公式ページへ
アコム

アコム

3.0%~18.0%800万円最短30分最短1時間融資詳細はコチラ
簡単3秒診断最大30日間無利息○ ※① 公式ページへ
アイフル

アイフル

3.0%~18.0%800万円最短30分最短1時間融資詳細はコチラ
50万円まで ※① 簡単1秒診断初回限定30日間公式ページへ
安心のメガバンクカードローン!ATMも豊富でお金を借りる利便性は抜群です。
低金利のネット系銀行カードローン!

オリックス銀行カードローン

1.7%~17.8%最高800万円詳細はコチラ
可能公式ページへ
  • プロミス ※①主婦・学生:安定した収入がある方に限る。
  • プロミス ※②30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
  • プロミス ※⑤新規申込のお客さまでプロミスのご利用限度額が50万円を超えるお客さまは収入証明書類の提出が必要です。
  • プロミスレディース※① 主婦・学生:安定した収入がある方に限る
  • プロミスレディース※② 30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • アコム※① 希望額が50万円以上の場合、収入証明書の提出が必要です
  • アイフル※① アイフルの利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合。
  • モビット※① 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
  • モビット※② 14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
  • モビット※③ アルバイト・パートを含む安定した収入がある方
  • 三菱UFJ銀行 ※①学生の方は10万円、ご本人に収入がなく配偶者に収入のある方は30万円以内となります。
  • 三菱UFJ銀行 ※②審査結果のご連絡は9時~21時(土日祝日は9時~17時)までとなります。お申し込みの受付時間、審査状況によっては、審査結果の回答が翌日以降になる場合があります。

お金を借りる際の審査

カードローンでキャッシングなどしてお金を借りる時、必ず審査があります。

本人確認書類さえあれば、お金を借りられるわけではなく、審査に通過して初めて借り入れできるようになります。

しかし、審査と言っても実際にはどういったような審査が行われるのか一般の利用者には分からない部分も多いと思います。

そのため、お申し込みする前に不安になってしまい、お金が必要なのにキャッシングすることを諦めてしまう方もいらっしゃるようです。

審査基準や時間、在籍確認、保証会社など審査に関する項目を詳しく解説していきますので、これからカードローンでお金を借りる予定のある方はあらかじめしっかり理解しておくと良いでしょう。

消費者金融の審査基準は?

カードローンでお金をかりるの時の審査基準はどうなっているのでしょうか。

カードローン各社が審査時にお客様のどこの部分を気にして確認しているかを抑えていきましょう。

①.現状の借入件数と借入金額

消費者金融会社がまず1番最初に確認する内容と言ってもいいのはないでしょうか。

申し込みされた方がどれだけ借入があるのか調べます。

②.過去のお支払い状況

借入がある場合は過去にお客様がしっかり消費者金融やキャッシングの返済をされてるかどうか。

現在滞納中の方やお支払いが滞っている方、過去に自己破産や債務整理がある方などはこの時点でかなり審査に通る可能性は低くなってきてしまいます。

③.勤務先と勤続年数。そして保険証

会社の規模や勤続年数、保険証の確認をされます。

ここは審査においてかなり重要視されるところです。評価の高さは下記通りになるのではないでしょうか。

公務員>会社員>契約・派遣社員>アルバイト・パート

保険証も国民健康保険より社会保険の方がより評価が高いです。

勤続年数も長ければ長いに越したことはありません。

もちろん会社員の中でも企業規模によって評価は全然変わってきます。

企業の信頼が高ければ借りられる可能性は更に高まります。

④.借入希望額と年収

希望融資額は幾らで、またそれに対して年収はいくらなのかを消費者金融会社は気にします。

その場合、金額や消費者金融会社によっては収入証明書の提示を求められるケースもあります。

収入証明書の提示を求められることも考えて収入に関しては虚偽の申告は控えましょう。

また必要額以上の申し込みも控えましょう。借りた後に返済実績を積めば限度額は徐々に上がっていきます。

返済実績を積むことも大事なことの一つと言えるでしょう。

⑤.お住まい・連絡先

ご自宅が賃貸なのか持家なのか、実家住まいなのか、一人暮らしなのかによっても評価が変わってきます。借家や一人暮らしの方は出ていくお金も多いことから評価は低くなります。

逆に実家暮らしの方は出ていくお金も少ないことから、返済するお金は多いと言うことで高く評価される場合があります。

連絡先も自宅なのか携帯だけなのか、キャッシング会社としては何かあった時に連絡を取りやすい方が評価が高いです。

自宅と携帯両方ある場合の方が評価は高くなると言えるでしょう。

■1と2に関しては信用情報機関にキャッシング会社から照合すれば簡単にわかってしまいます。 借入件数や借入金額などは正直にお伝えするようにしましょう。

※注意※

以前消費者金融にお申込したことがある方は、お申込した際のデータが信用情報機関に残っているケースがあります。

以前申し込みした内容と差異がある場合はよくないので以前の申し込みした内容に沿う形でお申込するようにしましょう。(勤続年数などによく見られます) またお申込ばかりしているとお申込ブラックになる可能性がありますので、一度に複数のお申し込みは避けるようにしましょう。

審査時間

カードローン審査の時間は銀行カードローンよりも消費者金融カードローンの方が早いと言われています。

ですので、お急ぎでのキャッシングをご希望の方は消費者金融カードローンがオススメです。

また収入証明書不要のカードローンを利用すれば用意する書類も身分証明書だけ済むので更に時間を短縮することが出来ます。

・最短審査30分

プロミス、アコム、アイフル

在籍確認は?

カードローンを申し込みすると審査時に在籍確認が行われます。

在籍確認とはお申し込み者が在籍している会社に電話をして本当に申込み者がその会社に在籍しているか確認するものです。

しかし、カードローン会社も個人のプライバシーに配慮して在籍確認を行ってくれますので、個人名で電話してきてお申し込み者の在籍が確認できたらすぐ電話を切ります。

確認の方法も「○○様はいらっしゃいますか?」だけです。その場にお申し込み者がいなくても電話応対した方が「今は席を外しています」と言えばそれで在籍確認は終了になります。

余計なことは言われませんので安心でしょうか。

もし、それでも会社に電話されるのに抵抗がある方はお申込の際にカードローン会社にその旨をしっかりお伝えしてみましょう。

また社会保険を提示することで在籍を証明出来れば、会社に電話がいかない場合もあります。

もちろんカードローン会社によって、在籍確認の方法は変わりますので、不安な方はお申し込み時に相談してみると良いでしょう。

即日でお金を借りるには?

カードローンを利用する方の大半は急な出費や物入りでお金を必要としている方々です。。

確実に即日でキャッシングしたい方は消費者金融カードローンにお申し込みするのがベストでしょう。

即日でお金を借りるためには身分証(本人確認書類)は必要です。また、高額の融資をご希望であれば収入証明書も用意しておくとズムーズに融資してもらえる可能性は高まります。

時間がある場合は、インターネットでなく無人契約機に直接向かって契約してしまえば、契約後発行してもらったローンカードでその場でお金を借りることができます。

此方のカードローン即日でも確認しておきましょう。

即日キャッシング可能なカードローン

カードローンを利用する方はお急ぎでのキャッシングをご希望の方が多いのではないのでしょうか。

また消費者金融系のカードローンなら最短1時間で融資してくれるところもございます。

銀行系のカードローンの場合でも最短即日キャッシングしてくれるところもあります。

また、銀行カードローンの場合は口座をお持ちであれば融資スピードが更に早まる場合が御座います。

カードが届く前にお振込でキャッシング対応してくれるところや15時以降であれば無人契約機で対応してくれるところなどカードローン会社によってサービスは内容は多少違えど、融資スピードは早くなっているのです。

大事なことは、あらかじめこういった情報をしっかりと理解しておくことでしょう。

・最短融資1時間のカードローン

プロミス、アコム、アイフル

※上記カードローンはお振込キャッシング可能で無人機でのカード発行も可能です。

消費者金融カードローンの方が銀行カードローンより融資スピードは早いです。

銀行カードローンの場合、保証会社の審査もあるので、その分審査が厳しくなり時間もかかると念頭に置いておきましょう。

お金を借りる時の注意点

お金を借りる時の注意点を借りる際のカードローンキャッシングには当然ですがリスクもあります。

使い過ぎによる返済不能などに陥らないように、以下のポイントに注意しておきましょう。

Point1
借りる目的をしっかりとさせること
Point2
返済計画を立てて無理のない範囲で返済する
Point3
自分に合ったキャッシングを選ぶ

だらだらとキャッシングをすると、借り癖がついてしまい、返済不能になってしまうことがあります。

初回のキャッシングはもちろんのこと、追加のキャッシングの際も、「なんでお金が必要なのか」を自分に問いなおすことが大事です。

返済方法

今ではカードローンキャッシングの利便性は非常に高まりました。

カードローンによってはパソコンやスマホから簡単にお振込キャッシングが出来ますし、また全国の銀行ATMやコンビニATMから場合によっては手数料0円で簡単にキャッシングすることが出来ます。

またカードローン返済も同じで口座引き落としやパソコンやスマホなどからのお振込、提携ATMや店頭窓口、コンビニ払いなど返済方法も豊富です。

カードローン各社によって返済方法が異なりますので下記を参考にしてみましょう。

・口座振替(引き落とし)で返済が可能

プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビット、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、オリックス銀行、イオン銀行

・銀行振込で返済が可能

プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビット、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、オリックス銀行、イオン銀行

・提携ATMで返済が可能

プロミス、アコム、アイフル、SMBCモビット、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、オリックス銀行、イオン銀行

・コンビニ払いで返済が可能

プロミス、アコム、アイフル

・店頭や窓口で返済が可能

プロミス、アコム、アイフル

口座振込や銀行振込、提携ATMからの返済が一般的と言えるかもしれません。

返済することも考えカードローン選びをしましょう。

返済方式

カードローンの返済方式と聞いてもあまり頭に浮かんでこない方が多いのではないでしょうか。

わかりやすくお伝えいたしますと、カードローンのほとんどがリボルビング払いです。

但しリボルビング払いと言ってもいくつか種類がございます。

一般的な返済方式とリボルビング払いをそれぞれ下記にまとめましたのでご確認ください。

1.元利均等返済

元金と金利を合わせてお支払いして、毎月の返済額が一定になるように計算されている返済方式になります。

2.元金均等返済

元金の返済が毎月一定になるように計算された返済方式になります。元金に利息が上乗せされた金額を支払うことになります。

3.分割払い

利用毎にお支払いが分割されます。返済額は毎月一定となります。一回あたりの返済額は少ないですが、お支払いが重なると返済が大変になるリスクもございます。

4.リボルビング払い

毎月の利用総額に対して支払額を分割する仕組みになります。 また複数あるので細かく見ていきましょう。

4-1.定率リボルビング方式

・元利定率リボルビング方式

毎月のお支払い締日に借入残高に利息を足した金額をご自身で指定した割合で返済します。

・元金定率リボルビング方式

毎月のお支払い締日に借入残高に定率をかけた金額に、利息を加えて返済します。

4-2.定額リボルビング方式

・元利定額リボルビング方式

毎月の支払額は一定になります。その中に利息も含まれておりますので、元金の返済が借入残高により一定になりません。

・元金定額リボルビング方式

元金の返済額は毎月一定になります。しかし借入残高により利息が計算されますので、支払額が毎月変動いたします。

4-3.残高スライドリボルビング方式

・残高スライド定額方式

借入残高により、段階的に返済定額を変更する方式になります。 返済途中に新たな借入を致しますと、借入残高により返済定額が変動いたします。

・残高スライド元利定額リボルビング方式(キャッシングで一番多い返済方式です)

借入残高により段階的に決められた金額を毎月返済します。返済額の中に利息が含まれているので元金が減りにくいです。

・残高スライド元金定額リボルビング方式

借入残高により段階的に決められた返済元金に利息を加えた金額を支払いたします。

・残高スライド定率方式

借入残高により、段階的に返済定率を変更するものになります。 返済途中で新たな借入を致しますと、借入残高により返済定率が変わってきます。

・残高スライド元利定率リボルビング方式

借入残高に利息を加えた金額に定率をかけた金額を支払いたします。支払額に利息が含まれております。

・残高スライド元金定率リボルビング方式

借入残高に定率をかけた額に利息を加えて支払いたします。

上記のようにカードローンの返済方法は複数あり、カードローン各社によって変わってきます。

金利ももちろん着目全てところでは御座いますが、お支払いの返済方法と返済方式をよく理解した上で借入することが出来ればより賢くカードローンの利用出来るのではないでしょうか。

金利

お金を借りるにあたって、金利は非常に重要です。

消費者金融カードローンのキャッシングの平均的な金利水準が、5%~18%程度なのに対し、銀行のカードローンの金利水準は3%から15%程度と、銀行カードローンの方が低く、その差は明らかです。

金利ではなく、利息の金額で考えてみると、その差を実感することができるでしょう。

金利ではなく、利息の金額で考えてみると、その差を実感することができます。たとえば、10万円を1ヶ月(30日)借りた場合、金利が14%の場合と18%の場合では、返済時の利息の額はそれぞれ1,150円および1,479円となり、300円以上の差が付きます。

1ヶ月でなく、1年間借りた場合は、利息の差は4,000円とさらに広がります。(1年後に一括返済した場合)

このようにお金を借りるにあたって、金利は大事な要素となります。

お申し込みする際には、必ずカードローン金利にも注視して確認しておきましょう。

おまとめや借り換えローンでお金を借りるには?

カードローンには通常の借り入れと、おまとめローンや借り換えローンといったすでに債務がある場合の借り入れがあります。

通常のキャッシングと違い、おまとめや借り換えローンには注意点するポイントがいくつかあります。

これからおまとめローンや借り換えローンの利用を検討している方はしっかりポイントを抑えて損しない借り入れをしましょう。

おまとめローン

おまとめローンとは多重債務者向けの借り換えローンのことです。

複数の借金をひとつにまとめることで金利と毎月の返済の負担を低くしてくれます。

2010年に改正貸金業法が施行されて、総量規制という新たなルールができました。

総量規制によって消費者金融から借り入れできる金額は年収の3分の1までと決められていますので、すでに債務があり返済の為に新たにキャッシングしようとしても総量規制の関係で審査に通らず借り入れはできなくなってしまいました。

しかし、そういった方々の救済措置として提供されているのがおまとめローンです。

おまとめローンは顧客に一方的に有利な借り換えでなければいけませんので総量規制の対象にはなりません。

そのため、すでに年収の3分の1まで借り入れしている方でも、カードローンで新たに借り入れができるうえに一つにおまとめすることが可能です。

おまとめローンのメリットは返済日を一つに絞ることができることと、金利が下がることによる返済の負担の軽減、またそれらによる精神的な負担の軽減、この3つが挙げられます。

多重債務者にとって、3つめの精神的な負担の軽減は非常に大きく、これを一番のメリットとして挙げる方も多くいます。

では、おまとめローンでお金を借りるのはどこのカードローンが良いのでしょうか。

まず大前提として、金利が安くなければ意味がありません。

そういった意味では銀行カードローンがオススメです。

銀行カードローンは消費者金融カードローンよりも金利が低いカードローンスペックになっていますので、オススメです。

審査に不安があって、消費者金融カードローンで一本化する場合でもこの金利に注目しましょう。

今よりも返済の負担は少なくなるのか、金利は安くなっているのか、これらを総合的に判断する必要があります。

おまとめローンには悪質な業者もいますから、必ず銀行や大手消費者金融などにお申し込みするようにしましょう。

詳しくは此方のおまとめローンでも確認しておきましょう。

借り換えローン

カードローンを借り換えする最大のメリットは、金利が低くなることです。

複数の金融機関からカードローンの借り入れをしている人の多くは、少額融資(50万円未満)の借り入れを重ねているケースが多いようです。

しかし、少額融資の場合は、ほぼすべてが上限金利での融資となっているはずで、それらを借り換えるだけで金利は安くなります。 。

例えば、A社から40万、利率は上限金利付近の18%程度となっているケースがほとんどです。

この借り入れをより金利の安いカードローンに借り換えることによって返済の負担を軽減することができるのです。

このように、おまとめローンと同じく借り換えローンも現在キャッシングしている金利よりも低くならなければ意味がありません。

借り換えローンでも金利の低い銀行カードローンがオススメです。

現在、金利の低いカードローンに借り換えを検討している方は、此方の借り換えローンも確認しておくと良いでしょう。

銀行カードローン

銀行カードローンは、消費者金融のカードローンと比べると低金利で借り入れが可能です。

下限の金利だけでなく、上限の金利も消費者金融のカードローンと比べると低い水準になっています。

金利が低いとその分、返済の際に必要な利息が少なくて済みますので、返済の負担が少なく、賢く利用できると言えるでしょう。

銀行カードローンは、消費者金融のカードローンに比べて低金利や高限度額という借入条件が良い分、審査は厳しくなっています。

消費者金融が安定収入のある方に幅広く融資をします、というスタイルをなのに対して、銀行カードローンは比較的生活にゆとりがあり、お金を融資するにあたり、きちんと返済できる可能性が高い方を対象としていると言えるでしょう。

ただし、銀行カードローンの中には、本人に収入がなくても、配偶者の方に収入がある場合は、融資が可能なカードローンもあります。

一方、消費者金融のカードローンは、本人に収入がない場合は、お金を借りることができません。

そのため、専業主婦の方は、銀行カードローンを検討したほうが良いでしょう。

総量規制対象外

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。(ただし一部除外または例外となる借入れもあります。)

貸付けの契約には「個人向け貸付け」「個人向け保証」「法人向け貸付け」「法人向け保証」の4種類があります。その中で、総量規制の対象となるのは、「個人向け貸付け」のみであって、法人向けの貸付けと保証、また個人向けであっても個人向け保証については総量規制の対象にはなりません。

総量規制の対象となる「個人向け貸付け」とは、個人がお金を借り入れる行為のことです。

ただし、個人が事業用資金として借入れる場合は、原則として総量規制の対象とはなりません。

主婦でもお金を借りるには?

主婦の方は総量規制の関係でキャッシングできないと勘違いされていることも多いようですが、そんなことはございません。

アルバイトやパートなどで収入がある方は消費者金融カードローンでも銀行カードローンでもお申し込みは可能ですし、専業主婦の方であっても配偶者に収入がある場合は銀行カードローンにお申し込みすることができます。

同じカードローンとはいえ、消費者金融カードローンと銀行カードローンは似て非なるもので、全くの別物なので注意しましょう。下記にてカードローン主婦について解説していきます。

主婦のキャッシング注意点

主婦と言っても専業主婦ではなくアルバイトやパートなどで少しでも収入がある方であればカードローンを利用することは可能です。

ただし、総量規制対象の縛りがありますので年収の3分の1までしか借入は出来ません。

銀行カードローンであれば年収は気にせず借入することが可能です。

銀行カードローンであっても収入が低いと借り入れ出来る金額は低くなると思っていた方が良いでしょう。

初めから高額な借り入れをするのは非常にハードルが高くなります。

主婦の方で高額な融資を希望している方は少額のキャッシングをして実績を作って徐々に枠を増やして行くようにしましょう。

また、銀行カードローンの場合であっても収入がない方への融資は消極的で、実際に専業主婦でも借入出来るところは限られてきます。

主婦の方でも積極的に融資を行っているカードローンをまとめてみました。

お金を借りるポイントまとめ

お金を借りることはリスクがつきまといます。

それは家族や友人であっても、カードローンであっても同じです。

大事なことは、誠実に対応し返済を遅らせるようなことは絶対にしないことです。

なぜなら、カードローンキャッシングの返済で延滞や踏み倒しなどしてしまうと金融事故として個人信用情報に傷がついてしまうのです。

一度、信用に傷がついてしまうと取り戻すのには時間が非常にかかります。

計画的なキャッシングを心がけて、しっかりと返済していくことができれば、カードローンはきっと心強い味方になってくれます。

決して安易な気持ちで借り入れするようなことはせず、しっかりと自己管理しながら利用していきましょう。

ここで紹介しているカードローンはどこも大手消費者金融や銀行カードローンです。

余計な不安を抱えることなく、安心してご利用することができるので、現在お金にお困りの方は是非検討してみてはいかがでしょうか。

年代別人気カードローン

20代~30代におすすめのカードローン

若い方は借入時間を気にされる方が非常に多いです!

また少額利用される方がほとんどなので無利息期間が付いてるカードローンがおすすめです。

関連記事