おまとめローンを比較!低金利カードローンで負担は軽減できる?

2018最新版
おすすめのカードローン10社を目的別に比較してみましょう
おまとめローンを比較!低金利カードローンで負担は軽減できる?

複数のカードローンを利用していて、月々の返済が苦しい…。

そんな多重債務者向けのおまとめローン(借り換えローン)は、金利や月々の返済にかかる負担を抑える意味で便利なサービスです。

ただ、おまとめローンは使えば必ず得をするとも限りません。

おまとめローンの利用で逆に金利が高くなってしまったり、返済総額が多くなってしまうケースも存在するのです。

そこで今回は、いくつかのおまとめローンを紹介するとともに、それぞれの特徴を比較しながら詳しく解説していくことにしましょう。

現在の利用状況に合わせて、自分に見合ったおまとめローン選びの参考にしてみてください。

金利と審査を踏まえたおすすめのおまとめローン

おまとめローンで一番に重視されやすいのは、恐らく「金利」でしょう。

低金利であれば、月々の返済負担も減りやすくなりますし、最終的な返済総額も抑えられる可能性が高くなるからです。

ただ、金利よりももっと重要視すべきポイントが実はあります。

審査に通ること」です。

たとえどれだけ低金利であったとしても、そもそもおまとめローンの審査に通らなければ利用することはできません。

何より、おまとめローンとは既にキャッシングしている方が使うサービスである為、初めてキャッシングする際の審査などとは訳が違ってくるでしょう。

必然的に「審査の難易度」も考慮した上で、自分にあったおまとめローンを選ぶことが重要だと言えるのです。

ではこれらのポイントを踏まえたうえで、実際におすすめできるおまとめローンをここからいくつか紹介していきたいと思います。

オリックスVIPフリーローン

オリックスVIPフリーローンはオリックス・クレジット株式会社が提供するカードローンです。

おまとめローンをお考えであれば、一押しがこのオリックスVIPフリーローンです。

複数の債務をまとめて支払いを楽にすることで状況を変えるのに適しているといえるでしょう。

特徴は何と言っても金利の低さ

この部分が借金を一本化して返済負担を抑えるうえで魅力的なメリットといえます。

詳しいスペック概要はこちら。

オリックスVIPフリーローン 商品概要

金利の低さと限度額の高さが目を引きますが、「お申し込みいただける方」にも注目してください。

ローンの中では珍しく、「年収400万円以上」と明確な条件が設定されているため、申込条件を事前に把握したうえで利用を検討しましょう。公式サイトはこちら

プロミス

SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)はSMBCグループであり、信頼度・知名度はともに抜群です。

プロミスと言えば、担保・保証人不要のフリーキャッシングが有名ですが、実はおまとめローンも取り扱っています。

以下がおまとめローンのスペックになりますので確認してみましょう。

プロミス 返済表

返済は毎月一回ですので、返済金額や返済日を管理しやすくなるのがやはり魅力です。

ただ、あくまで「返済目的」のためのおまとめローンですので、追加での借り入れを行うことはできません。

フリーキャッシングとは根本的に概要が異なることはあらかじめ頭に入れておきましょう。

アコム

三菱UFJフィナンシャル・グループのアコム。

メガバンク系の金融業者だけあって、初めての人でも安心して利用できる充実したサービス提供で着実に人気を集め続けてきました。

そんなアコムも、「複数のローンをお借入中のお客さま」向けに、という形で借り換え専用ローンを提供しています。

詳しいスペック概要はこちら。

アコム 貸付条件

毎月の返済金額、金利の負担軽減を目的としているのはもちろんのこと、アコムならではのスピーディな審査と手続きの手軽さもおおきな魅力だと言えるでしょう。

ただ、アコムの場合も追加のお借入は出来ませんし、貸付金額はお申し込み時の借換え対象となるローン残高(元金のみ)の範囲内に限る点を頭に入れておいてください。

アイフル

テレビコマーシャルでもおなじみのアイフル。

フリーキャッシングとは別に、アイフルでは「複数の借り入れをまとめて計画的な返済を応援する」、おまとめMAXという商品が用意されています。

ではまず先にこちらのスペック概要を確認しておきましょう。

アイフル 詳細

アイフルの提供する「おまとめMAX」の魅力は、何と言っても「上限15.0%」の低金利にあります。

借金をおまとめする目的はあくまで、金利を抑えて返済額を軽減する点にありますから「おまとめMAX」をうまく利用することで、毎月の返済による負担軽減を見込めるでしょう。

ただし、あくまでこちらもカードローンではなく、返済のみ(既存の借り入れの返済)商品ですので追加での借り入れは行えません。

消費者金融のおまとめローンは何故おすすめなのか?

おまとめローンは消費者金融に関わらず、銀行が取り扱う商品も多く存在します。

ではなぜ今回消費者金融のおまとめローンをおすすめしたのか?

その理由はおまとめローンの根本的な性質を見ていくと理解できるかと思いますので、このまま解説に入りましょう。

おまとめローンの存在意義

おまとめローンは基本的概念として、「お金を借りたい人が利用できるサービス」ではありません。

もちろん形として「お金を借りる」ことにはなる訳ですが、あくまで借りたお金を「使う」のではなく「返済を目的として融資を受ける」のがおまとめローンです。

つまり、おまとめローンを利用できるのは「すでにお金を借りている人」だけです。

それも一社だけの借り入れだけでなく、複数他社から借入を行っている多重債務者向けのサービスですので、正確には「複数社からお金を借りている人」だけが利用できるサービスと言えるでしょう。

まずはこの「おまとめローンの存在意義」について覚えておいてください。

この部分が消費者金融をおすすめのおまとめローンとして挙げた理由を述べる上での重要ポイントになります。

おまとめローン審査の特徴

さて、おまとめローンそのものの概要を説明したところで、ここからは審査の解説に入りたいと思います。

というのも今回の記事上部で、おまとめローン選びの際は「審査に通ること」が何より重要だと述べたことを覚えていますか?

これはおまとめローンに限らず新規の借り入れでも同じことなのですが…

まず第一に契約を結べなければ当然サービスの利用は行えないからです。

ではおまとめローン審査にはどういった特徴があるか?

おまとめローンは、複数社から借り入れを行っている人のための商品ということもあり、「審査が甘い」と考えている人も多いようですが、そんなことはありません。

むしろ新規の貸し付けより審査の難易度は上がると言っても良いぐらいです。

考えてもみてください。

おまとめローン=複数社からの借入を一本化する目的な訳ですから、当然貸付の額も高額になりやすくなります。

しかも利用者のほとんどは「月々返済、金利」に負担を感じている人になりますので、貸す側からすれば、当然貸し倒れのリスクも考慮しなければなりません。

複数他社から借金をした人に高額の貸し付けを行う訳ですからね。

新規貸付であるカードローン審査よりも厳しくなりやすいのは、むしろ当然と言えば当然なのかもしれません。

消費者金融をおすすめするのは?

消費者金融を推す理由はズバリ、審査のシステムの違いです。

まず銀行系の場合、基本的に契約を結ぶには「保証会社の保証」を受けなければなりません

この保証会社とは、本人が返済を延滞したり、返済を行わない場合、本人になり代って代位弁済を行う会社のこと。

つまり、申込者の保証人のような存在で、おまとめローンを利用する際にもこの保証会社による保証を受けることが条件となっているケースがほとんどになるのです。

その為、銀行系おまとめローンの場合は、保証会社・銀行と二度の審査を受けなければいけません。

商品を提供する銀行はもちろんのこと、保証会社としても「保証して問題のない人物であるか?」を見極める必要はありますからね。

銀行と保証会社。

両方の審査を受けるとなれば、当然審査の難易度が上がりやすいのは想像に難しくないと思います。

しかし、消費者金融の場合は話が違ってきます。

保証会社が間に入ることはなく、基本的に消費者金融の審査を受けるだけでOKになります。

もちろんかといって誰でもかれでも審査に通る訳ではありませんが、銀行系のおまとめローンに比べれば審査への不安は軽減できると言えるでしょう。 消費者金融のおまとめローンをおすすめするのは、何よりこの審査に関する部分で強みを持っているからです。

おまとめローンの審査が通らないのは何故?

ではそもそも、おまとめローンの審査基準とはどのようなものなのでしょうか?

審査のポイントをまとめて解説していきますので、おまとめローンの利用を考えている人はぜひ参考にしてみてください。

おまとめローンの審査基準

まずは新規での貸付と同じで、「信用情報に重大な問題があると、審査通過は非常に難しくなります。

具体的には、クレジットやローンなどにおいて、

■支払い・返済の長期延滞

■度重なる支払い・返済の遅延

■短期間での多重申し込み

■債務整理・自己破産を行っている

上記のような「金融事故」を起こしている場合は、審査通過が難しくなると考えておいてください。

また、「複数の借り入れをひとつにまとめる」おまとめローンゆえに誤解されやすいのが、借り入れ件数です。

もちろん2件以上の借り入れがある人全員が審査に落ちてしまうわけではありませんが、目安として4件以上の借り入れを行っている場合は注意しましょう。

理由は単純。

借り入れ件数があまりにも多いと、多重債務に陥りやすく、返済不可となるリスクを考慮する必要が出てくるからです。

そもそも多くの金融業者から借り入れを行っている人というのは、限度額が低く、また頻繁にお金を借りていることから「お金の管理が下手」だとみなされる可能性も高くなってしまいます。

要するに一言で言えば、信用が低いと見られやすい

結果、審査そのものの通過にも影響が及ぶ可能性も高くなるのです。

おまとめローン審査で重要になるのは主に上記のようなポイントになることを覚えておきましょう。

ちなみにその他にも、

・勤続年数が短い

・年収が低すぎる

・毎月の出費が多すぎる(住宅ローン、扶養家族の多さなどが要因)

などなどあくまで総合的に判断されますので、この点も頭に入れておくのがベストです。

おまとめローン比較のまとめ

複数者からの借り入れで返済に困っている、管理をもっと楽にしたい。

そのような人にとっては確かに魅力的なおまとめローン

しかし、まずは審査に通ることが大前提であり、おまとめローン選びの際も大前提の基準として考えることをおすすめします。

審査を大前提として、その上で金利やそれぞれの特徴を考慮しながら、自分に見合ったおまとめローン選びを進めるようにしましょう。

口コミ・評判を投稿しましょう!

メールアドレスが公開されることはありません。

口コミ・評判一覧

    年代別人気カードローン

    20代~30代におすすめのカードローン

    若い方は借入時間を気にされる方が非常に多いです!

    また少額利用される方がほとんどなので無利息期間が付いてるカードローンがおすすめです。

    関連記事