オリックス銀行カードローンの金利は高い?低い?返済利息の計算方法を確認しましょう!

2018最新版
おすすめのカードローン10社を目的別に比較してみましょう
オリックス銀行カードローンの金利は高い?低い?返済利息の計算方法を確認しましょう!

銀行カードローンの中でも最低金利の低さで有名なオリックス銀行カードローン。カードローンキャッシングを利用するうえで、カードローン金利や返済利息は切っても切れないものです。

カードローンキャッシングはお金を借りるところがゴールではなく、完済してこそゴールとなります。その完済までの道のりでなるべく負担にならないように返済していくことが重要です。

ネットで圧倒的な人気を博しているオリックス銀行カードローン金利はどうなっているのか計算して徹底解説していきます!

オリックス銀行カードローンの金利内容を確認

オリックス銀行カードローンの金利は1.7%~17.8%です。上限金利は他の銀行カードローンなどと比較すると高めに設定されいるかもしれません。しかし、下限金利を見るとオリックス銀行カードローンの方が他の銀行カードローンより低金利であることは間違いありません。

但し、オリックス銀行カードローンのメリットは他にあります。業界最低水準の金利ですので、ご利用融資額が多ければ多いほど利息を安く抑えることが出来るのがオリックス銀行カードローンの特徴です。 限度額は最高800万円と高めの設定なのでまとまった金額を借りたい方に向いています。 少額の短期借入などは、消費者金融の30日無利息などを利用したほうが良いかもしれませんが大型の借入などをお考えでしたら、オリックス銀行カードローンにするべきでしょう。

サービス名金利遅延利率(実質年率)無利息期間
銀行オリックス銀行カードローン1.7%~17.8%お借入残高に対して借入利率+2.1%
三菱UFJ銀行カードローン1.8%~14.6%14.60%
みずほ銀行カードローン2.0%~14.0%※①19.9%
三井住友銀行カードローン4.0%~14.5%19.94%
消費者金融プロミス4.5%~17.8%20.00%
アコム3.0%~18.0%20.00%
アイフル3.0%~18.0%20.00%
SMBCモビット3.0%~18.0%20.00%
みずほ銀行 ※①エグゼクティブプランの場合適応金利は3.0%~7.0%になります。

1.7%~17.8%の金利は実質年率1.7%~17.8%で借り入れ限度額が高いほど、金利が下がっていきます。

借入金額によって金利が決まるのではなく、借り入れ限度額によって金利が決定します。借入金額と借入限度額は混同しやすいので、注意しておきましょう。

また、1.7%~17.8%は高額の融資を希望であれば、適しているカードローンと言えます。

1.7%~17.8%の最低金利が適用されるのは、1.7%~17.8%で高額の融資枠をもらえたときになります。

借入限度額が100万円以下なら、ほとんどの場合で金利18.0%が適用となります。借入限度額が100万円以上なら金利は低くなっていきます。

借入限度額100万以上の金利決定方法は、借入や返済状況、年収や1.7%~17.8%に対する信用によって異なります。カードローン返済と借入を繰り返していれば、1.7%~17.8%に対する信用が積み重なっていきます。

銀行系カードローンと比較しても、1.7%~17.8%の最低金利は際立っていますが、銀行カードローンの最大金利は15%以下です。借入限度額が100万円以下の場合は他の銀行カードローンを検討しても良いでしょう。

1.7%~17.8%の特徴は、最低金利が低く、借入上限金額が高いということがいえるでしょう。

オリックス銀行カードローンの金利計算方法

キャッシングの際に年利という表示をよく目にしますが、金額にして一体毎月どれぐらいのカードローン低金利がかかるのかは、よく分かりません。

そこで、1か月分の簡単な利息の計算方法を確認しておきましょう。

年利と表示されている金利は1年間にかかる金利です。

つまり、1カ月分の金利を知るためには下記の計算式を使います。

【借入金額×年利%÷365日×1カ月(30日or31日)=1か月分の金利】

具体的にどうなるのでしょうか?

・10万円を年利18%、30日間借りた場合

⇒10万円×18%(0.18)÷365日×30日=1,480円

・10万円を年利15%、30日間借りた場合

⇒10万円×15%(0.15)÷365日×30日=1,233円

要するに「借りたお金に金利をかけて、365日で割って30日をかける」だけです。

計算式をみると難しそうですが、理屈はとっても単純です。

【借りた金額×年利÷12=1か月分の金利】

先ほどの10万円、18%の場合で計算してみると1,500円になります。

このようにこれはあくまでも概算で、正確な数字ではありませんので、目安程度に確認しておきましょう。

オリックス銀行カードローンの場合
オリックス銀行カードローンの金利は実質年率で1.7%~17.8%です。金利を17.8%とすると、30日間の利息は、 10万円借りた場合

10万円✕17.8%÷365日✕30日=1,463円

30万円借りた場合

30万円✕17.8%÷365日✕30日=4,389円

50万円借りた場合

50万円✕17.8%÷365日✕30日=7,315円となります。

消費者金融と比較すれば、わずかであれば上限金利は低く設定されています。

しかし、大型の融資であれば、最低金利は低く設定されているのでオリックス銀行カードローンを検討しても良いと言えるでしょう。

オリックス銀行カードローンの金利を下げるポイント

最大金利は高く設定されていますが、その金利を低くする方法はあるのでしょうか? 少しでも金利を下げるためにも、重要なポイントを押さえておきましょう。
Point1
信用力と返済能力が大事
Point2
優良顧客になる

Point3
チャンスは少ない
会員ページにも増額申込みの項目はない

オリックス銀行カードローン公式HPには、ネット会員専用のサービス、カードローン「メンバーズナビ」がありますが、利用限度額増額に関するメニューはありません。

ネットから、利用限度額増額を依頼することはできないようです。利用者側から利用限度額増額を希望する手段がないので、金利引き下げを求めるのは非常に難しいです。

オリックス銀行カードローンでは、基本的に、利用者からの利用限度額増額の申し込みを受け付けていません。

って、利用限度額増額を希望する場合は、オリックス銀行カードローンからの増額案内を待つことになります。

優良顧客には利用限度額増額の案内が届きます

オリックス銀行カードローンを長期間利用して、確実な返済実績を積み重ねていくことで、優良顧客とみなされるようになります。

オリックス銀行カードローンとしては、こまめにキャッシングを利用しつつ、遅延なく返済を続けてくれる優良顧客には、他社に乗り換えることなく続けてカードローンを利用してもらいたいと考えるので、より有利な条件でキャッシングを利用できるように配慮をしてくれます。

そのため、優良顧客にはオリックス銀行カードローンから利用限度額増額の案内がくるのです。

利用限度額増額のチャンスは半年に2回

オリックス銀行カードローンでは、およそ半年に一度のタイミングで利用限度額の見直しを行っているようです。

オリックス銀行カードローンを利用し始めてまだ半年経たないうちは、利用限度額増額の案内がくることはないと考えて間違いありません。

借入れをしてから2~3回程度の返済をしただけでは、まだ十分な返済実績があるとは見なされないからです。

少なくとも、半年以上の利用実績と返済実績ができた時点で、利用限度額増額の可能性があるかどうかの判断がなされていると思われます。

半年間の返済実績が良かったとしても、他社でも借入れをしていたり、年収がダウンしている場合などは、利用限度額増額はあまり期待できないかもしれません。

金利引き下げの相談をすることは可能

基本的に、オリックス銀行カードローンでは、利用者が利用限度額増額の依頼をすることはできません。

オリックス銀行カードローン側からの利用限度額増額の案内を待たなければならないのですが、どうしても今すぐに金利を引き下げてもらいたいという場合には、自分から問い合わせをすることは可能です。

カードデスクのお問い合わせ番号に電話をして、利用限度額増額が可能かどうか確認することができます。

オリックス銀行カードローンは実店舗を持たないので、問い合わせ先はカードデスクのみになります。

この番号に問い合わせたとしても>利用限度額を増額してもらえる可能性はあまり高くありませんが、事情を説明して相談することができます。

最低金利と最高金利とは?

オリックス銀行カードローンに限らず、全てのカードローン会社に最低金利と最高金利が設定されています。最低金利とは、もっとも安い金利を指し、最高金利とはもっとも高い金利を示しています。

最低金利1.7%が適用されるのは、オリックス銀行カードローンの最大借入限度額である800万円の融資枠をもらえたときだけ。対して最高金利17.8%は、借入限度額100万円以下で、ほとんどの場合に適用されます。

つまり、新規利用者のほとんどは、最高金利17.8%が適用される可能性が高いです。新規利用者が低い金利でオリックス銀行カードローンから借入するためには、500万円以上の年収と他社での返済実績が重要なのです。

●借入限度額が低い理由

オリックス銀行カードローンの借入限度額を上げるためには、年収と返済実績が大切です。下記のようなことがあると、借入限度額が下がり、高い金利で利用することになります。

・他社で金融事故(延滞や未払いなど)を起こしている

・自己破産歴がある

・年収が300万円以下

・他社からの借入が50万円以上

借入限度額を上げるために、他社からの借入金額を減らすことも有効です。

オリックス銀行カードローンの返済方法

オリックス銀行カードローンの返済方法は3つです。自分の生活に合った方法を選択しましょう。

自分に適した返済方法は無理のない返済計画の大きな要素のひとつです。

下記にてオリックス銀行カードローンの返済方法をまとめてみましたので確認してみましょう。

1、ATMから返済

全国にある、金融機関やコンビニの提携ATMから、オリックス銀行カードローンの返済ができます。手数料無料でいつでも返済が可能です。

オリックス銀行カードローンの借入・返済ができる提携ATM

  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • ローソン
  • 三菱UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • ゆうちょ銀行
  • Enet
  • 西日本シティ銀行
2、口座引き落とし

一度、オリックス銀行に口座引き落としの登録をすると、毎月、自動的に返済ができるので安心できますし銀行やコンビ二にまで足を運ぶ必要が無いので、楽に返済ができます。

また、提携ATM手数料は無料です。

オリックス銀行カードローンの口座引き落とし返済の登録は、預金口座振替依頼書を提出すれば手続きできます。

そして、登録をしてしまえば、増額返済や一括返済などもオリックス銀行カードローン会員サイトから申込ができるようになります。

ただし、引き落とし出来ない金融機関があります。

  • ゆうちょ銀行
  • 商工中金
  • 農林中央金庫
  • オリックス銀行
  • セブン銀行・楽天銀行といったネット銀行系
  • シティバンク銀行などの外資系銀行

以上の金融機関は口座引き落としに使えない金融機関ですので注意が必要です。

オリックス銀行の口座そのものが引き落としに使えない点は要注意です。

また、ネット銀行の口座しかお持ちで無い方は口座引き落としで返済するのが難しくなります。

使える金融機関の口座を用意するか、もしくは提携ATMや銀行振込での返済になります。

3、振込み

オリックス銀行カードローンの返済専用口座は、利用者ごとに異なります。

自分の返済口座が分から無い場合はオリックス銀行カードローンの会員サイトから確認しましょう。

ログイン後、『返済専用口座』をクリックすれば確認ができます。

ただし、振込みでの返済の場合、提携ATM手数料は自己負担になります。

オリックス銀行カードローンの月々の返済(シミュレーション)

オリックス銀行カードローンの月々の返済金額はどのようになるのでしょうか。オリックス銀行カードローンを借入する方は50万円までの借入が半数以上を占めております。

50万円までのシミュレーションを下記通りまとめたので確認してみましょう。

借入利率:17.8%でご利用された場合で計算しております。

借入金額返済期間(回数)各回返済額返済総額
10万円1年以内(11回)10,000円109,043円
2年以内(24回)5,000円119,490円
3年以内(32回)4,000円125,864円
4年以内(-)
5年以内(-)
20万円1年以内(11回)19,000円109,043円
2年以内(24回)10,000円119,490円
3年以内(32回)8,000円125,864円
4年以内(-)
5年以内(-)
30万円1年以内(11回)28,000円109,043円
2年以内(24回)15,000円119,490円
3年以内(32回)11,000円125,864円
4年以内(-)
5年以内(-)
40万円1年以内(11回)37,000円439,224円
2年以内(24回)20,000円478,013円
3年以内(32回)15,000円512,860円
4年以内(-)12,000円555,875円
5年以内(-)11,000円579,111円
50万円1年以内(11回)46,000円549,288円
2年以内(24回)25,000円597,524円
3年以内(32回)19,000円638,578円
4年以内(-)15,000円694,862円
5年以内(-)13,000円746,160円

オリックス銀行カードローンの返済方法は、「残高スライドリボルビング方式」となっており、借入残高によって毎月の返済額が変わります。

たとえば50~100万円の借入残高の場合は、毎月最低2万円の返済になりますが、残高が減って50万円以下になれば毎月1万円の返済でOKになります。

毎月の返済額が減るということは返済期間は伸びることになります。返済期間が長いと利息は多くなりますので、約定返済額が1万円だとしても毎月2万円返済してもいいでしょう。

月々の最低返済金額を知っておくことで、完済までに最長でどれくらいかかるのか・いくらかかるのかを把握することができますから、余計な心配をせずに利用をすることができるかと思います。

まずはオリックス銀行カードローンの金利をしっかりと確認して、堅実な返済計画をたてていきましょう。

オリックス銀行カードローンのポイント

一般的に見て、金利(利息)の割合・パーセンテージが高すぎて、返済が終わらなくなるというような心配は、ありません。

オリックス銀行カードローンの金利は、各コースの上限でも、利息制限法で決められた上限金利(法定金利)よりも少ない設定になっているからです。

むしろ注意したいのは、月々の最低返済額(ミニマムペイメント)の設定が「残高スライドリボルビング方式」になっていることです。

上記にもあるようにこの方式は、月々の最低返済額の負担を減らすことに重点を置いた方式です。つまりオリックス銀行カードローンは、業界内でも最安値レベルの最低返済額となっています。

ただし逆に言えば、「最低返済額が少ない」ということは、「それだけ返済回数が増える」ということにもなります。最低返済額の支払いだけで返済を続けていくと、返済回数=返済期間も長くなってしまい、その分、最終的な利息の負担が大きくなっていきます。

そのため、元々の金利率の設定が低めとはいえ、人によっては、返済が長く感じる場合も出てくると思われます。

随時返済(繰り上げ返済)とは?

随時返済(繰り上げ返済)を上手に使い、最低返済額+αの返済をするように、返済計画を立てるのが理想です。

そうすれば返済回数=返済期間も短く済み、金利の負担もさらに減る結果になります。

以オリックス銀行カードローンの最低返済額は、残高30万円以下:7000円です。

なので、例えば5万円借りた場合、最低返済額だけだと1回7000円の返済になるため、分割となってしまいます。

そこで、一括返済を行う場合も、随時返済を利用し繰り上げ返済します。

5万円を一括返済(完済)する例の場合、初回の返済日が来る前に、随時返済で5万円を全額返せば、それで一括返済ができる事になります。

このように、随時返済を上手に活用し繰り上げ返済することで、計画的に完済を目指すことができるでしょう。

オリックス銀行カードローンの金利まとめ

オリックス銀行カードローンの最大の魅力は、低金利と最高800万円までの融資枠にあります。この2つはどちらも業界最高水準です。

また通常の貸出金利も、比較的低い水準になっているようです。

提携ATMの手数料無料と合わせて、好条件の揃ったカードローンと言えるでしょう。

30万円以下の借入時の毎月の返済額が7,000円からと他の業者に比較して高めにも見えますが、あまり返済額が少なくすぎると、いつまでたっても元金の返済が進まないので、最低額としては適切と言えるでしょう。

年代別人気カードローン

20代~30代におすすめのカードローン

若い方は借入時間を気にされる方が非常に多いです!

また少額利用される方がほとんどなので無利息期間が付いてるカードローンがおすすめです。

関連記事