オリックス銀行カードローンの審査基準や時間を確認!落ちた人の特徴は?

2018最新版
おすすめのカードローン10社を目的別に比較してみましょう
オリックス銀行カードローンの審査基準や時間を確認!落ちた人の特徴は?

現在、人気を博している銀行キャッシングと言えば、ネットバンクがあります。ネットバンクとは店舗を持たない銀行で主にインターネットメインで業務を行っている銀行のことを言います。

ネットバンクのメリットは何といってもWEB上で手続きが完了し、来店不要でキャッシングできてしまうところです。

そのネットバンクの中でも圧倒的な人気を誇り、ネット上の口コミでも支持を集めているのがオリックス銀行カードローンです。

しかし、むやみやたらにお申し込みしても審査には通りません。

オリックス銀行カードローンとはどういったものなのか、審査基準や落ちてしまった人の特徴などを確認して審査通過の確率を上げましょう。

オリックス銀行カードローンとは?

オリックス銀行株式会社は、東京都に本店を置くオリックス傘下の信託銀行です。主力商品には、ネット専用定期預金「eダイレクト預金」やカードローン、住宅ローンがあります。

オリックス銀行株式会社はもとは山一證券の信託子会社でしたが、山一證券の自主廃業によりオリックスに譲渡されました。オリックス銀行にローンプラザはありますが、店舗はありません。

2012年3月1日よりオリックス銀行カードローンの取り扱いを開始し、最短で即日キャッシング審査も可能なので銀行キャッシングの中では融資までのスピードに定評のあるサービスです。

銀行キャッシングを利用したくて、かつ、出来るだけ早くキャッシング審査・融資と進めていきたい人はオリックス銀行カードローンの利用がおすすめと言えるでしょう。

限度額が最高800万円に設定されているのも大口の利用者にとっては心強いですが、さらにユーザーにとって嬉しいのが、オリックス銀行カードローンでは1000円単位での取引が可能だという点です。

銀行キャッシングは1万円単位の取引が基本と言うところも多いので、借り入れの金額が多いとそれだけ多くの利息を支払わなければいけません。

その点、オリックス銀行カードローンは利便性が非常に高いと言えるでしょう。

また、オリックス銀行カードローンでは借り入れ限度額が高いほど、金利が下がっていきます。

借入金額によって金利が決まるのではなく、借り入れ限度額によって金利が決定します。借入金額と借入限度額は混同しやすいので、注意しておきましょう。

また、オリックス銀行カードローンを利用できるのは、申し込み時の年齢が満20歳以上69歳未満で、原則、毎月安定した収入のある方、日本国内に在住の方(外国籍の方は、永住者または特別永住者の方)、オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社の保証が受けられる方です。

これらすべての条件を満たす方が、オリックス銀行のキャッシングを利用できます。

専業主婦(主夫)、学生、年金受給のみの方は申し込みができません。

オリックス銀行カードローンのキャッシング審査内容は?

どの銀行でも独自の基準でキャッシング審査を行っているので審査基準は公表されておりません。

オリックス銀行のキャッシングは安定した職業についていて安定した収入があればキャッシング審査に通る可能性は高くなります。

また、他社借り入れがある場合、今まで返済の延滞や債務整理などをしたことがなければ、まだ審査に通る可能性はあります 。

ただし、他社借り入れが4件以上あったり、年収に対して借入残高の総額が多いとキャッシング審査に通る可能性は非常に低くなります。

オリックス銀行カードローンは以前は年収の条件もありキャッシング審査が厳しいといわれていましたが、現在では年収の条件もなくなり、パートやアルバイトの方でも借りやすくなっています。

消費者金融のキャッシング審査に落ちたけれど、オリックス銀行カードローンのキャッシング審査には通ったという人もいるので、キャッシング審査に関しては特別厳しいということはないようです。

金利は年率1.7%~17.8%と最高金利は消費者金融の18.0%とほぼ変わらないので、パートやアルバイトで少額融資を受けたい方なら、金利は他の銀行よりも高くなりますが、その分キャッシング審査には通りやすいといえるかもしれません。

ただし、上記でも述べたように、収入面で一つ条件があって「原則安定した収入がある方」というのが利用条件になっています。この点は注意しておきましょう。

普通のフルタイムのサラリーマンであれば原則安定した収入があると判断されますから、正社員で働いている方はこの点はあまり心配しなくてよいでしょう。

オリックス銀行カードローンのキャッシング審査時間

「晩御飯時に申込んだら、翌日の昼ごろにはキャッシング審査通過の連絡があった」「数時間で回答があった」という利用者の口コミもあるように、銀行キャッシングの中ではカードローン審査が早いことに定評があります。

銀行キャッシングでは、特に遅い所だとネットで申し込んでから実際に手元にカードが届いてキャッシングができるようになるまで3週間もかかってしまうところもあり、オリックス銀行カードローンのキャッシング審査体制はとても高評価の口コミが多いです。 「とりあえずキャッシング用のカードも1枚作っておくか」というように時間的に猶予のある使い方であれば問題はないですが、お金の使い道がすでに決まっていて、時間もそれほどないとなると、キャッシング審査の結果だけは早めに知りたいという方も多いのではないでしょうか。

仮に落ちてしまったとしても、時間的に余裕があれば他のキャッシングサービスに申し込んだり、他の手段も取れますが、キャッシング審査に時間がかかる、とその間は身動きが取れなくなってしまいますのでキャッシング審査結果が早いに越したことはないでしょう。

申し込みした時間帯の影響を受けることも多く、即日でキャッシング審査回答が得られないケースもあります。

当日にキャッシング審査回答を得たい場合、キャッシング審査を実施している時間帯を把握しておいた方が良いでしょう。

申し込みしてからキャッシング審査回答までの時間は

オリックス銀行カードローンのキャッシング審査時間について、ポイントを押さえておきましょう。

・午前中に申し込みを完了した場合、最も早いケースで当日の夕方までにキャッシング審査回答が得られる

・在籍確認が取れない場合は、在籍確認完了までキャッシング審査回答が保留のままになり、回答に数日かかることもある

・申し込み住所が異なる場合など、本人確認書類が非承認となってしまった場合は即日回答不可となる

オリックス銀行カードローンがキャッシング審査回答に要する目安時間は2~3営業日となっているとのことでした。

したがって、融資を受けたい日が事前に決まっているのであれば、2~3営業日前には申し込みしておくほうが無難かもしれません。

インターネット上の銀行であるオリックス銀行カードローンの申し込み方法は、ネット上だけで完結できるようになっています。キャッシング審査回答に少し時間が必要だということをふまえ、早めに申し込みするようにしましょう。

申し込みのポイント

銀行業務の関係から土日はキャッシング審査回答が不可となっているので注意が必要です。

例えば金曜日の夕方に申し込みした場合、キャッシング審査回答が得られるのは月曜日の夕方になる可能性が高いです。

さらに、オリックス銀行カードローンで融資を受けるには、キャッシング審査完了後に郵送されるローンカードが必要です。

したがって、郵送にかかる1~2日間は融資を受けることができません。ローンカードはキャッシング審査が完了した日の翌日発送ですので、申し込みから最短でも2日間は待つ必要があるということです。

オリックス銀行カードローンは一度申し込みしてカードさえ受け取ってしまえば、非常に使いやすいキャッシングです。

キャッシング審査には少し時間がかかるかもしれませんが、銀行キャッシングらしい融資枠の大きさ、借り入れ、返済手数料無料など、利用者にとって申し込みするメリットが非常に大きいキャッシングだと言えるでしょう。

オリックス銀行カードローンのキャッシング審査は甘い?厳しい?

銀行キャッシングのキャッシング審査には仮キャッシング審査と本キャッシング審査というのがあります。仮キャッシング審査はコンピューターによる自動キャッシング審査で行われます。

キャッシングの申し込み者が入力した情報が自動的にコンピューターでポイント化して、一定のポイントに達したら仮キャッシング審査に通るようになっています。

ここではオリックス銀行カードローンの仮キャッシング審査と本キャッシング審査の違いをご紹介します。

オリックス銀行カードローンの仮キャッシング審査

まず、仮キャッシング審査を受けるためにオリックス銀行カードローンの申し込みフォームに必要事項を入力して送信します。

必要事項は、名前や住所や電話番号などの本人を特定する情報のほかに、家族構成、子供の数、居住形態(自己所有・家族所有・社宅・アパート・賃貸マンションなど)、家賃・住宅ローンの返済額なども含まれます。

また、勤務先、雇用形態、勤続年数なども入力します。これらの情報がポイント化されて仮キャッシング審査が行われます。仮キャッシング審査の時点でキャッシング審査に落ちることもあります。

オリックス銀行カードローンの本キャッシング審査

仮キャッシング審査に通った人にはメールで連絡があります。

その後、本人確認あるいは申し込み内容の確認の電話が、自分が連絡先として申告した電話番号にかかってきます。

これと前後して在籍確認も行われます。また、オリックス銀行のキャッシング担当者が申し込み者の信用情報を信用情報機関に問い合わせます。

この際に、債務整理の登録や延滞の登録があるとキャッシング審査には通る可能性は低くなります。

返済の遅れが2か月あるとキャッシング審査にはまず通りませんし、数日の返済の遅延であったとしても、頻繁に遅延しているならキャッシング審査に通るのは難しくなります。

本人確認の電話の後、本人確認書類と必要に応じて収入証明書類をアップロードして送付します。問題がなければキャッシング審査が完了しキャッシングができることになります。

オリックス銀行のキャッシングのキャッシング審査に通るには、安定した収入がある事、申し込みフォームに正確に正直に入力すること、債務整理や延滞の記録が信用情報機関に無いこと、在籍確認がとれて本人確認書類に不備がないこと、これらが最低条件になります。

入力ミスでキャッシング審査に落ちてしまうような残念なことにならないように注意して正確に入力しましょう。

オリックス銀行カードローンの在籍確認

キャッシングでキャッシングするときには、キャッシング審査がありますが、本キャッシング審査の過程で在籍確認というのがあります。

在籍確認は、キャッシングの申し込み者が勤務先として申告した電話番号に電話をかけることによって行われます。

この在籍確認がとれれば、確かに申告した通りの勤務先で働いているということで、返済能力があるとみなされキャッシング審査に通ってキャッシングができます。

オリックス銀行のキャッシングのキャッシング審査でもこの在籍確認があります。

在籍確認があるというと不安に思う方もいますが、それほど心配する必要はありません。

在籍確認のポイント

在籍確認では勤務先に電話がかかってきます。自分がキャッシングに申し込みをしたということが、同僚や上司にバレるのは気まずいと思う方もいると思いますが、オリックス銀行カードローンの在籍確認の電話は個人名でかかってきますので、自分以外の人が電話に出たとしてもキャッシングの在籍確認ということはわかりません。

自分が電話に出たなら「△△と申しますが○○さんいらっしゃいますか?」と聞かれ、本人であることを伝えれば、「オリックス銀行です。勤務先の確認でお電話しました。」との返事があり、それで在籍確認は終わりです。

プライバシーを尊重して行われるのでバレる心配はないです。

また、自分が不在でも、職場の人が「今日は休みです。」とか「今、席をはずしています。」のように答えてくれれば、それで在籍確認が取れたことになりますので、改めて電話がかかって来ることはありません。

在籍確認そのものは、簡単なものですが、この在籍確認が取れないとキャッシング審査が進まないので、大変重要な段階といえます。申し込みフォームに勤務先の電話番号を入力するときには、間違いがないように正確に入力しましょう。

また、もし同僚に疑われることがあってもクレジットカードの申し込みをしたと言えば納得してくれるでしょう。

オリックス銀行カードローンの審査に落ちた理由

キャッシング審査に落ちたという人、いますよね?そんな落ちた情報をもとに審査に通る方法をまとめました。

落ちた理由と言うのはどのキャッシング会社でも公表していません。そのため落ちたハッキリした理由と言うのは分かりませんが推測していくとある共通点があります。

その審査に落ちる共通点を無くすことで審査に通る可能性を高めることができるかもしれません。ここでは落ちた理由などを解説していきます。

他社で借入れがあると審査に通りにくくなる

キャッシング審査に落ちた情報を見ると「他社借入れ件数3件で否決」「他社借入れ金額20万・30万円希望否決」というパターンをよく見かけます。

つまり、他社で借入れがあると審査に通りにくくなってしまうのです。

これは「1ヶ所で借入れできる金額が少額のため件数が増える→信用が低い」と判断されてしまいます。信用が低い人にお金を貸すのは誰だって躊躇します。

申込時には、なるべく借入件数を少なくしておきましょう。

信用情報を確認している

こういった他社の借入れ件数や借入れ金額は誤魔化すことはできません。

実はキャッシング会社は申し込みがあると信用情報機関へ申込み情報を登録して申し込んできた人の過去の情報を照会する決まりがあります。そのためキャッシング会社同士では情報を共有しているのです。

万一、申告した内容と信用情報機関での内容が異なっていたら申込んだ人の信用が無くなってしまいます。

つまり、キャッシングの申し込みをする時には正直に記入するようにしましょう。

ましてや「審査に通りたいから」「どうせバレないから」といった安易な気持ちで申告を誤魔化すと審査に通るどころか落ちることが確実になりますので注意しましょう。

他社借入れ金額によっては審査に通らない

中には「年収は申し分ないハズなのに審査に落ちてしまった」という人もいます。

こういう人は借入希望額が高すぎることが原因なことがあります。

例え収入があってもローン件数が多く返済に追われていれば「返済能力は低い」と判断されます。

つまり収入に比べて年間のローン返済比率が高いと借りられる可能性は低くなってしまうのです。

逆に年収が低くても借入れ件数が少なく借入金額も少額であれば審査に通ることはできるのです。

そのため現在借入金額が多いという人は、借入れ時期をギリギリまで伸ばして少しでも多く返済することです。

返済して借入れ残高が少なくなると審査に通る可能性が高くなります。

携帯電話の未払いがある

上記にも記載してある通り、キャッシングの審査では延滞情報も信用情報機関で調べます。

「過去にどのような借入れをしたのか」「支払いは延滞なく行っているのか」などチェックしています。

盲点なのが「延滞情報はクレジットカードのショッピングの支払い方法までチェックされている」ということです。

これはクレジットカードの信用情報機関にCICという所があり、このCICにプロミスやアコムなどの大手消費者金融は加盟しています。そのためクレジットカードでの利用情報も照会することができるのです。

「今月は残高不足で携帯電話の料金が引き落としされていなかった」という事でCICに延滞情報が載っていれば信用情報機関に「延滞」があるためキャッシングの審査に通すことはできないということにもなってしまうのです。

特に「はじめてキャッシングに申し込みをするのだから延滞情報なんて何もないハズ…」なんて思い込んでいると思わぬ落とし穴があることもあります。

実際「自分は大丈夫!」と思っている人でもキャッシングに否決になり、改めて信用情報機関に情報の開示を行うと延滞情報があったというケースもあります。

審査に落ちた原因

なぜ1社目の審査に通ることができなかったのか原因を考えてみる必要があります。

闇雲に審査に申し込みをしていたのでは審査に通りにくくなってしまいます。

キャッシング審査に通ることができなかった原因を考えるには以下のことをチェックしてみましょう。

収入が安定しているか

これはキャッシングに申し込む時の大前提ですね。収入が安定していて継続的にあることが必要です。

最近ではアルバイトでも問題なく審査には通ります。

そのため金額よりも安定継続して収入があることが重要になります。

勤続年数は1年~3年以上あるか

勤続年数は長いほど審査には好印象です。

勤続年数が短いと辞めてしまったり転職してしまう可能性があるので収入が安定しているとは判断しにくく審査に通りにくくなってしまいます。

返済負担率に問題はないか

キャッシングの借入金額などが収入と比較して高すぎないかをチェックしてみましょう。

支払遅延がなく、定期的にクレジットカードなど利用しているか

「他社のキャッシングやクレジットカードの支払いに遅れたり延滞することは無かったか」また「定期的に利用をしているのか」といった事をチェックして現在支払いが遅れていたり過去に延滞があると審査には通りにくくなります。

クレジットカードなどの利用が無いのも「何故使っていないのか」「使えない理由があるのか」といった見方になるので印象は悪くなってしまいます。

居住年数が長いか

何気ないコトですが引越し回数が多いと審査に悪影響を及ぼします。

これは住所不明になる可能性があるからです。

その点、居住年数が長くなるとプラスの評価となります。

オリックス銀行カードローンの審査に落ちたらどうすればいい?

銀行のローンは安心感もあり、利率も低いので申し込む方も多いと思います。

しかし、消費者金融系のキャッシングと比べると、やはり審査基準のハードルも高いので受かりにくいのです。

ですから消費者金融系の方が、銀行系よりは比較的ハードルが低く柔軟性もありますので、銀行のキャッシングの審査に落ちた場合は、消費者金融系キャッシングに切り替えて申し込む、と言うのも肝心です。

しかし、キャッシングの申し込みの記録が保管されるのは、どの信用情報機関でも「6カ月間」とされています。一定の期間に、何社も申し込みますと、実はその“申し込み記録”も「個人信用情報」に保管されます。

立て続けに申し込んだ記録があると、金融会社としては「何社も申し込まなくてはならない人=返済額の大きい人=返済が難しい人」と言うように、審査の心証が悪くなります。受からないから、と言って闇雲に沢山の会社に申し込むのだけはやめておきましょう。

借入の予定金額の設定を変える

しかし、キャッシングの申し込みの記録が保管されるのは、どの信用情報機関でも「6カ月間」とされています。一定の期間に、何社も申し込みますと、実はその“申し込み記録”も「個人信用情報」に保管されます。

立て続けに申し込んだ記録があると、金融会社としては「何社も申し込まなくてはならない人=返済額の大きい人=返済が難しい人」と言うように、審査の心証が悪くなります。受からないから、と言って闇雲に沢山の会社に申し込むのだけはやめておきましょう。

返済実績をつくっておく

キャッシングに申し込む時は、改めて未払いが無いかどうかを確認してみて下さい。

小さなことかも知れませんが、未払いの携帯料金などが見つかった場合は、キャッシングに申し込む前になるべく支払っておきましょう。

それも「返済実績」になります。1つずつ「返済実績」を積み上げてこくことも大切です。

信用情報”の「照合」の時、今現在の「未払い情報」だけでなく、過去の様々な延滞情報も確認されます。

それは、“信用情報”には基本的に数年間、過去の延滞記録が保管されているからです。

信用情報を汚さない為にも、返済や支払いの延滞だけは気をつけましょう。

キャッシングに縁がない人でも、生きている間にいつ何が起こるか分かりません。

未払いなどが無く“信用情報”が綺麗であれば、審査に受かる可能性は非常に高くなりますから、いざと言う時の為にも、携帯料金や公共料金の未払いなどには、最善の注意を払っておくべきです。

オリックス銀行カードローンの口コミ

上記にあるようにネット銀行の中で圧倒的な人気を誇るオリックス銀行カードローン。

オリックス銀行カードローンの中にも色々なサービスがある他、信頼度も高く、利用している人はとても多いです。

では、実際利用してみた人のオリックス銀行のキャッシング口コミや評価についてはどうなのでしょうか。

いろんな人の評価から、オリックス銀行カードローンの特徴についてまとめてみました。

まず、多かった口コミが、

「延滞履歴があるブラックなのでキャッシング審査に落ちた」

「他の会社のローンが数件あり、少額ではあるがキャッシング審査に通った」

「他の銀行キャッシングに落ちたが、オリックス銀行カードローンはキャッシング審査に通った」等と言った、キャッシング審査に関する評価です。

人によってキャッシング審査状況やキャッシング審査結果は様々ですが、これから実際の利用者の声はお申し込みする方には参考になるのではないでしょうか。

また、他社のキャッシングのキャッシング審査と比較してることも非常に重要です。

そして、大事なことは他社からの借入が複数あるのにも関わらず申し込むというのはあまりおすすめできないということです。

他に多かった口コミですと、「電話オペレーターの対応が素晴らしかった」等と言った、電話オペレーターに対する評価です。

こちらに関しても人によって受け止め方は様々でしょう。

これらは利用した人の意見で、様々ありますので、迷っている人はまずは利用してみるといいかもしれません。 もっと詳しく知りたい方は【キャッシング口コミ】を確認してみましょう。

年代別人気カードローン

20代~30代におすすめのカードローン

若い方は借入時間を気にされる方が非常に多いです!

また少額利用される方がほとんどなので無利息期間が付いてるカードローンがおすすめです。

関連記事