銀行カードローンおすすめ5選最新版!低金利でキャッシング

2018最新版
おすすめのカードローン10社を目的別に比較してみましょう
銀行カードローンおすすめ5選最新版!低金利でキャッシング

金融機関から低金利でお金を借りる方法としては、銀行カードローンを比較して利用するのが一番おすすめキャッシング方法と言えます。

通常、銀行系の住宅ローンや教育ローンを借入する場合は保証人が必要ですが、銀行カードローンの場合は保証人は原則不要というケースが多いようです。

また、用途は自由なので使い道に制限はなく、借入金利は目的別ローンより若干高めの設定ですが、余裕があるときに返済できるので無駄な金利を支払う必要がありません。

銀行カードローンでは契約額に応じて借入金利が異なり、契約金額が大きいほど低金利になるのが特徴です。各金融機関のカードローン金利を比較して上手に利用しましょう。


おすすめの銀行カードローンを比較

銀行カードローンのキャッシングサービスを提供する業者は数えきれないほどたくさんありますが、申し込みをしたい場合、どのようなポイントで選べば良いのでしょうか?

多くの方は幾つか業者を比較して選ばれると思います。その際に比較するポイントとしては、限度額はいくらなのか、金利はどこが一番低いか、キャッシングはできるのか、そして自分でも借りられるか、などだと思います。

カードローン人気ランキングなどもチェックしながら、探してみましょう。

また、金利だけでなくATMの利用手数料や振込手数料キャッシングの振込手数料なども含めたトータルコストを比較するのがおすすめです。

  • オリックス銀行カードローン

    オリックス銀行カードローン
    実質年率最高限度額審査時間最短融資
    1.7%~17.8%最高800万円
    アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
    可能

    インターネット社会の現在、カ-ドローンはインターネットでのお申込みが主流になりつつあります。

    ネット銀行の代表格であるオリックス銀行株式会社には店舗はないですが、出張所にあたるローンプラザがあり、「オリックス銀行カードローン」という商品を用意しています。

    数あるカードローン中でも安定した人気を誇っていて、それはネットから簡単にお申込みできる手軽さが要因ともいえます。

    オリックス銀行カードローンの金利の低さは業界でもトップクラスです。

    ■カードローンおすすめポイント

    ・限度額が高い

    ・WEBで簡単申し込み

    ●まとめ●

    限度額が高く、最低金利が低いので高額のキャッシングに適しています。

    • 三井住友銀行カードローン

      三井住友銀行カードローン
      実質年率最高限度額審査時間最短融資
      4.0%~14.5%800万円
      アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
      可能※①

      SMBCグループがプロミスと戦略提携・資本参加する事を発表し、2005年から開始したサービスです。

      プロミスはSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が用意しているブランドですので、勘違いされがちではありますが商品概要や審査基準なども別物でございます。

      三井住友銀行カードローンは、限度額も非常に高く設定されています。

      当然、金利もプロミスより低くなっていますので、これからキャッシングされる方には魅力的な商品だと言えるでしょう。

      ■カードローンおすすめポイント

      ・限度額が高い

      ・融資時間が早い

      ・低金利えキャッシングができる

      ●まとめ●

      低金利で高限度額なので、文句のつけようがないカードローンと言えます。

        • 三井住友銀行カードローン ※①原則安定した収入のある方
      • みずほ銀行カードローン

        みずほ銀行カードローン
        実質年率最高限度額審査時間最短融資
        年2.0%~年14.0%800万円
        アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間

        みずほ銀行カードローンは非常に優秀なスペックを持った銀行カードローンです。

        みずほ銀行カードローンの保証会社は信販会社のオリエントコーポレーションが請け負っています。

        信販会社と消費者金融では、審査傾向に違いがあると言われていますが、みずほ銀行のカードローンの審査はそれほど厳しいものではないといった口コミも散見されます。

        また、金利も低く、限度額が高い融資も可能なのであらゆる利用者の要望を満たすカードローンと言えます。

        ■カードローンおすすめポイント

        ・カードローンの中でもトップクラスの限度額

        ・低金利

        ●まとめ●

        メガバンクの中でもとくにおすすめのカードローンです。給料振り込み用口座に設定していて馴染みがある方も多いのではないでしょうか。

          • みずほ銀行 ※①住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

        銀行で借りられる6種類のローン特徴とは

        銀行でお金を借りるといっても、さまざまなローンが用意されており、使用する目的によってローンの種類が違い内容が異なりますので、特徴や条件を借入内容と照らし合わせながら希望するローンを見つけることが重要です。

        ●カードローン

        銀行が発行するカードでお金を借りることができます。

        使用目的は事業性を除いて自由に利用できるというメリットがあります。

        融資額は利用者に応じて変わりますが、利用できる限度額内であれば何でも借り入れすることができるので数あるローンの中でも特におすすめとなっています。

        また担保や保証人も不要で借り入れするまでの、審査手続きも比較的簡単で早い融資が望めるでしょう。

        ●フリーローン

        フリーと名のとおり使用目的を制限しないローンとなります。

        例えば、「旅行資金」「結婚資金」「手術代」など、その他にも利用される目的に柔軟に対応できるのがフリーローンとなりますが、取り扱い金融機関によっては、使いみちを証明しないといけない場合もあります。

        目的ローンもフリーローンの一部として取り扱っている銀行もあります。比較的、金利は低めに設定されているのが特徴と言えます。

        ●自動車ローン

        自動車の購入資金として利用できます。

        その他の目的としては、バイク/車検/自動車免許/車の税金/自動車保険/カスタム/パーツ/修理/車のガレージなどの資金として車に関することならほぼ全てに対して利用できます。

        マイカーローン/オートローンなど呼び方は銀行や信用金庫にクレジット会社によって違いはありますが、同じような内容のローンが大半です。

        銀行によって使いみちにロードバイクや電動アシストなどの軽車両の購入資金としても利用できるのも最近の流れの特徴と言えるでしょう。

        ●住宅ローン

        銀行ローンの種類で、大きなお金の融資になるのが住宅ローンです。

        一戸建てやマンションの購入に使用できることができます。その他にもリフォームや修理などの目的にも利用でき、他の住宅ローンの借り換え資金としても利用できます。

        住宅ローンを契約すると利用している銀行が取り扱う他のローンの金利が優遇されるなどのメリットもあります。

        その他に、疾病保証などが無料で付いてくるローンなどや「家事代行サービス」「病児保育サービス」などの独自サービスを展開している銀行もある特徴があります。

        ●教育ローン

        子供の成長ともに必要になる教育資金として、また進学などの資金として利用できるローンになります。

        入学金/授業料などから受験/学品/留学の資金からアパートの入居資金などにも利用できます。

        他には教育ローンの借り換えにも利用できるローンとなり比較的、金利は低めに設定されている商品が多いです。

        ●事業者ローン

        個人経営/事業/企業などの利用者を対象とした融資になりますので、使用される借入額が大きくなるローンであります。

        お店の開業費用や会社設立の資金などに利用可能となり、他にも取引先への支払いに、事業拡大などの目的資金に特化したローンとなります。

        どのような目的でローンを利用するか、特徴を把握してポイントを抑えて選ぶことで自分にあったローンをまずは選びましょう。

        さらにここでは、使用使途が自由の「カードローン」について詳しく解説していきます。

        カードローン審査とは

        銀行カードローンを利用するためには審査があり、その審査で限度額が決まります。 当然、誰でも利用できるわけではありません。

        年齢・職業・住まいの状況・家族構成などいくつかの審査基準をクリアしなければ審査に落ちてしまうこともあるので注意して申し込みましょう。

        カードローンの審査基準を確認!

        カードローンにはある程度の審査基準があります。

        審査に通りやすい属性としては公務員の人や一流企業に勤めている人は比較的審査に通りやすい傾向があると言われています。

        理由としては安定した収入があり離職の可能性も低いとみられ、返済能力が高いと判断されることのようです。

        反対に審査に落ちやすい属性としては専業主婦の人やパート・アルバイト・派遣社員・水商売の人が審査の通過率は低めの傾向があります。理由は収入が低かったり離職率が高いといったことが原因と考えられています。

        とは言え少額のカードローン限度額であれば審査に通過する場合もあります。まずは詳しく理解していきましょう。

        銀行カードローンの審査の特徴

        カードローンの審査基準は銀行カードローンと消費者金融のカードローンで多少異なります。

        消費者金融の場合には貸金業法という法律の枠組みのなかで貸付の審査を行います。

        消費者金融のカードローンは貸金業法の影響で専業主婦や多重債務者が申込ができないようになっていますので注意が必要です。

        審査通過のコツ

        銀行カードローンでお金を借りる際には、「低金利」という大きな魅力があります。

        しかし銀行は「必ず返せる人」にしか貸してくれないので、審査はやや厳しめと言えるでしょう。

        銀行カードローンの審査基準と通過するコツ
        Point1
        一定の収入がある。

        一定以上の安定した収入がないと審査に落ちてしまいます。

        アルバイトでもパートでも学生でも借りれますが直近の給与明細からなるべく良い明細を見せるなどの工夫は必要です。

        Point2
        年齢条件を満たしている

        銀行系カードローンは、原則として未成年は受け付けてくれません。20歳以上、66歳未満が暗黙のルールとなっているようです。これも「返済能力」を測る基準となっています。

        Point3
        限度額が適切かどうか

        借入限度額が年収に対して高すぎはしないか。この点も厳しくチェックされます。限度額はなるべく控えめに申請するのが、審査をするっと通過するためのコツです。

        銀行カードローン金利について

        銀行のカードローンの金利は消費者金融と比較すると低めに設定されています。

        しかし、利用するときには金利がいくら掛かるのかという事を理解した上で利用しないと気づいた時には取り返しのつかないことになりえます。

        金利で重要なのは、最高金利です。実質年率 4.6%~14.6%といった場合、取引の回数を重ねたり大口の融資枠の場合に金利が徐々に下がっていくのが基本なので、ほとんどのケースでは14.6%となります。

        最低金利が低いから自分も金利を安く借りられると思っていると金利のギャップに驚かさることになってしまいます。

        銀行カードローンと消費者金融の審査スピード

        カードローンをまだ利用したことない人にとって最初の利用はお急ぎの場合が多いのではないでしょうか。

        少し前まではカードの発行までに2日~3日かかっていたのが最近では当日発行のところも増えています。

        申し込む時間やタイミングによってもスピード感違ってきますので急いでいる場合は午前中に申込をすることをおすすめします。

        より早さを求めるのであれば消費者金融を利用することも視野に入れても良いと思います。

        消費者金融の申込から融資までのスピードは驚くほど早いです。

        消費者金融は顧客へ融資して金利で利益を上げているので、『審査が甘い』とまでは言いませんが銀行ほど慎重な審査を行っていないという事が早い審査につながっているとも言われているようです。

        銀行ローン金利の種類

        銀行カードローンの金利の種類は固定金利と変動金利があります。

        ●固定金利

        借入から完済するまで、一定の金利が適用されます。

        毎月支払う返済額も一定なので総支払額も将来の計画が立てやすいですが、金利は高くなります。

        固定金利でも住宅ローンになると、全期間固定金利型と固定金利選択型があり3年5年10年20年と期間を決めて一定する金利形態もあります。

        ●変動金利

        金利が市場により変動するタイプになります。年に何回金利市場の動向を見てローンの金利が変更されます。

        市場によってはとても低金利でローンを利用することも可能な場合もありますが、金利が上昇してしまうと当然高い金利での利用になるので返済額が増えてしまうケースもあります。また、カードローンによっては借入残高によって金利が変動するタイプもあります。

        固定・変動金利の注意点

        固定金利の場合、一般的に金利が高めに設定されており、固定金利選択型は金利の変動幅の上限設定がないため大幅な金利の上昇があれが返済額が増えてしまうことになります。

        一方で、年数回金利が見直しされ大幅な上昇があると元本が減らず未払い利息が発生する恐れがあるなどの注意点があります。

        銀行カードローンに担保は必要?

        銀行ローンの借入条件として、担保が必要になるローンと担保が不要なローンがあります。

        担保が必要なローンの特徴としては、金利が低く借入できる融資額も大きくなる傾向にあります。お金を借りられるまでの時間がかかるので余裕をもっての申込みをする必要があります。

        担保が不要なローンの特徴は、金利が高く借り入れできる額は低いですが融資までの時間が早い傾向にあります。

        借り入れ期間は、有担保の方が長い期間の借入が可能となります。

        銀行カードローンでは担保が必要になることはまずありません。保証会社が保証してくれるケースが多いので銀行からしたら担保を取る必要がないのです。

        しかし、当たり前ですが担保を取られないからと言って返済を怠ってしまうと、金融事故として処理されキャッシュングやカードローンを利用することができなくなる恐れがあります。

        反対に、誠実に返済して実績を積めば増枠できる可能性もあります。

        銀行カードローン申込み方法

        カードローンの申込み方法は、何通りかあります。利用するローンによって違いもあるので申込みをする前に、まず確認ください。

        ローンの種類によっては銀行側が申込み方法に対応していない銀行もあります。

        例えば、住信SBIネット銀行や楽天銀行などはネット銀行なので、店頭窓口が存在しません。

        都市銀行の中でも三菱UFJ銀行はネット完結で利用できますし、店舗にテレビ窓口を設置しているのを利用して申込みやカードの受け取りが可能となります。

        インターネットの利用以外で忙しくて店頭に申込みに行けない!などの方には郵送や電話にFAXなどの申込み方法を選ぶことともできます。

        おすすめの銀行カードローンについてまとめ

        如何でしたでしょうか?

        銀行カードローンのことをより理解することは出来ましたでしょうか。

        これから利用される方には特に知っておいてほしいポイントを簡単にまとめてみました。

        ここに掲載している銀行カードローンについては現在、人気ランキングでも上位を占めているものばかりです。

        低金利のカードローンを希望の方は是非検討してみてはいかがでしょうか。

        さらに利用後の返済方法やサービスなども理解しておけば借入後もスムーズに利用全て女性という心強さはレディースローンの最大のメリットと言えます。。

        口コミ・評判を投稿しましょう!

        メールアドレスが公開されることはありません。

        口コミ・評判一覧

          年代別人気カードローン

          20代~30代におすすめのカードローン

          若い方は借入時間を気にされる方が非常に多いです!

          また少額利用される方がほとんどなので無利息期間が付いてるカードローンがおすすめです。

          関連記事