カードローンおすすめ10選厳選比較!銀行キャッシングと消費者金融が人気

2018最新版
おすすめのカードローン10社を目的別に比較してみましょう
カードローンおすすめ10選厳選比較!銀行キャッシングと消費者金融が人気

カードローンとは、消費者金融や銀行といった金融機関が提供する、契約期間中は無担保でお金を何度でも借りることのできる金融商品です。似た商品に銀行が提供する「フリーローン」というものがありますが、カードローンは借り入れ資金の用途が限定されていないという点で、このフリーローンの一種と言えるでしょう。

そもそも金融機関からカードが発行され、ATMなどでそのカードを用いてお金を借りることができることから「カードローン」と呼ばれています。

カードローンは、現在は無担保なだけでなく保証人も不要なことが多いため、少額を借りたい人にとっては、手軽に借りられることから非常に人気の高い商品となっています。

お金が必要になった時に力強い味方になってくれるおすすめキャッシングカードローン比較しながら紹介していきます。


カードローンおすすめの消費者金融

カードローンを利用する前に、利用者におすすめのキャッシングのスペックを確認しておきましょう。

利用者に人気のカードローンということは、その人気の秘密には審査であったり、限度額であったり、金利であったり様々な要因があります。

審査に関すること以外の点についても理解しておき、賢く利用することをおすすめします。

キャッシングおすすめの商品についてについてここから詳しく解説していきたいと思います。

  • SMBCモビット

    SMBCモビット
    実質年率最高限度額審査時間最短融資
    3.0%~18.0%800万円最短30分※①最短即日も可能※②
    アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
    ○※③簡単お借入診断

    お申し込みから契約後の借入れまで一切誰とも顔を合わせずに済ませられるので、誰にもバレずにキャッシング可能!指定の保険証があれば電話連絡はありません。。

    電話がかかって来たり、郵送物が届いたりすると、家族や会社の同僚にカードローンを利用していることがバレてしまいそうですが、SMBCモビットならそういう心配がないのです。

    もちろんスピード対応が可能です。最短即日審査で即日キャッシングも可能となっております。

    他社カードローンと比較しても圧倒的に入力項目が少ないので申込時間も短縮してお申込可能なのでお急ぎキャッシングを希望の方にはおすすめです。

    ■カードローンおすすめポイント

    ・他人にバレない

    ・WEB完結なら電話連絡なし」

    ・最短30分の審査時間で即日キャッシングができる

    ●まとめ●

    お急ぎの中でもとにかく、誰にもバレたくない方におすすめのカードローンです。事情がある方は、窓口から相談してみましょう。

      • モビット※① 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります
      • モビット※② 14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
      • モビット※③ アルバイト・パートを含む安定した収入がある方
    • プロミス

      プロミス
      実質年率最高限度額審査時間最短融資
      4.5%~17.8%500万円最短30分最短1時間融資③
      アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
      可能①50万円まで※⑤簡単3秒診断30日間無利息※②

      当サイト申込者数No1で圧倒的な人気を誇る消費者金融カードローンキャッシングです。

      2012年にSMBCグループに入り安心感と信頼性は抜群にUPしました。融資までのスピードはとにかく早く、最短審査30分で最短融資1時間※③です。

      50万円以下の少額融資をご希望の方は収入証明書不要で申し込みができて身分証明書のみで審査してくれるので簡単にキャッシングが可能です。

      初めての方なら30日間無利息※②でキャッシング出来るので短期間の利用ならおすすめです。カードレス※④を選択すれば郵送物不要でOKです!審査時の在籍確認については申込完了後オペレーターに相談することで最大限配慮しています。まだ借入先を決めてない方はまずはプロミスを見てみましょう。

      ■カードローンおすすめポイント

      ・審査時間がとにかく早い

      ・50万円以下なら収入証明書が不要

      ・在籍確認で配慮してくれる

      ●まとめ●

      審査時間が早く、50万円以下なら身分証だけで簡単にお申込みができるのでおすすめです。

        • プロミス ※①主婦・学生:安定した収入がある方に限る。
        • プロミス ※②30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
        • プロミス ※③限度額50万円以内なら身分証明書のみで借入可能です。
        • プロミス ※④Web申込後、自動契約機で契約の場合でもカードレスは対応可能です。
        • プロミス ※⑤新規申込のお客さまでプロミスのご利用限度額が50万円を超えるお客さまは収入証明書類の提出が必要です。
      • プロミスレディース

        プロミスレディース
        実質年率最高限度額審査時間最短融資
        4.5%~17.8%500万円最短30分最短1時間融資
        アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
        ○※①50万円まで不要簡単3秒診断30日間無利息

        女性専用のキャッシングサービスです。女性の方で審査に不安の方がいたら、プロミスよりもプロミスレディースの方がお申込みしやすいかもしれません。

        金利や審査などは通常のプロミスとなんら変わりませんが、スタッフが女性だけなので審査時に安心して相談することができます。

        上記を見て、プロミスに申し込もうと考えた女性の方にはレディースがおすすめです。

        もちろん、女性だからと言って、レディースに申し込まなければいけないなんてことはありません。あくまでもキャッシングが初めてで審査に不安な方におすすめのサービスです。

        ■カードローンおすすめポイント

        ・審査時間が早い

        ・スタッフが女性なので安心できる

        ・在籍確認時に配慮してくれる

        ●まとめ●

        最近では女性のキャッシングも増えてきました。それに伴い、レディースローンサービスも充実してきています。審査が不安な女性の方にはおすすめです。

          • プロミスレディース※① 主婦・学生:安定した収入がある方に限る
        • アコム

          アコム
          実質年率最高限度額審査時間最短融資
          3.0%~18.0%800万円最短30分最短1時間融資
          アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
          ○※①簡単3秒診断最大30日間無利息

          アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの国内でも有数の大手消費者金融です。また、マスターカードからもライセンスを与えられていて、安心感がある点がおすすめです。

          アコムのおすすめポイントはは最短30分での審査回答や、さらには最短即日での融資にあります。

          お急ぎで借り入れしたい方にはおすすめの商品です。

          また、eメールサービスや24時間返済可能なインターネット返済など、サポート体制が充実していますし、利便性も非常に高いので利用しやすいカードローンです。

          ■カードローンおすすめポイント

          ・最短30分のスピード審査

          ・クレジット機能の審査もあり

          ・安心のサポート体制

          ●まとめ●

          審査時間が最短30分なので、お急ぎの方にはおすすめの商品です。

            • アコム※① 希望額が50万円以上の場合、収入証明書の提出が必要です
          • アイフル

            アイフル
            実質年率最高限度額審査時間最短融資
            3.0%~18.0%800万円最短30分最短1時間融資※①
            アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
            50万円まで※①簡単1秒診断初回限定30日間

            消費者金融カードローンキャッシング大手であるアイフルは、アコムやプロミスのように銀行傘下に入ることなく独自路線を貫いていて、独自のスコアリングシステムによる与信ノウハウで全国に店舗を展開しています。

            アイフルもプロミスやアコム同様、業界最速のスピードで人気を博しています。

            最短審査30分で最短融資1時間で対応なのでお急ぎの方にはおすすめです。

            50万円以下の希望額なら収入証明書も不要でご融資可能です。

            少額キャッシングを希望される方の利用の方にも適してます。カードの受け取りにも配慮してくれます!誰にも知られずにカードの受け取りが可能というメリットもあります。

            ■カードローンおすすめポイント

            ・ローンカードの受け取りにも配慮

            ・審査スピードが早く、即日キャッシング可能。

            ・全国各地に自動契約機が設置されている

            ●まとめ●

            利便性も高く、融資スピードも早い人気のカードローンです。

              • アイフル※① アイフルの利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合。

            審査に通るおすすめの銀行カードローン

            • オリックス銀行カードローン

              オリックス銀行カードローン
              実質年率最高限度額審査時間最短融資
              1.7%~17.8%最高800万円
              アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
              可能

              ネット銀行の代表格といえば、オリックス銀行カードローンと言えます。

              インターネットからの申し込みが主流になっていることもあり、利用者は年々増えています。

              店舗に行かなくても申し込みが完了でき、誰にも会わずに手続きできる手軽さがネット銀行のおすすめポイントです。

              スペックは消費者金融と銀行カードローンの良いとこどりしたようなスペックなので、メリットの多いおすすめのカードローンです。

              しかし、銀行カードローンなので、審査は消費者金融よりも厳しいと言われています。

              ■カードローンおすすめポイント

              ・ネット完結でお申込みができる

              ・アルバイトやパートでも申し込み可能

              ●まとめ●

              若い方よりも30代以上の人気があるカードローンです。低金利でのキャッシングが可能です。

              • 三井住友銀行カードローン

                三井住友銀行カードローン
                実質年率最高限度額審査時間最短融資
                4.0%~14.5%800万円
                アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
                可能※①

                メガバンクのハイスペック銀行カードローン!他社の銀行カードローンと比較しても圧倒的なスピードでキャッシング可能です。

                低金利で金利(年4.0%~14.5%)で総量規制対象外!限度額は最高800万円まで利用可能です。

                使えるATMも豊富で利便性抜群!キャッシュカード1枚でローン機能も利用出来ます。三井住友銀行に口座がなくてもお申込ができます。

                ■カードローンおすすめポイント

                ・口座が無くても申し込めるので簡単です。

                ●まとめ●

                限度額も大きく低金利でスピード審査!利用出来るATMも豊富で利便性抜群!

                  • 三井住友銀行カードローン ※①原則安定した収入のある方
                • 三菱UFJ銀行カードローン

                  三菱UFJ銀行カードローン
                  実質年率最高限度額審査時間最短融資
                  1.8%~14.6%500万円※①―※②
                  アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
                  可能お試し診断

                  日本三大銀行ににして、有数のメガバンク、日本で一番有名だと言っても過言ではないでしょう。

                  三菱UFJ銀行の口座を持っていない方でも三菱UFJ銀行はご存じなのではないでしょうか?

                  三菱UFJ銀行カードローンの広告やテレビCMを目にしている方も多いと思いますが、こういった信頼力は消費者金融カードローンにはあまり無いかもしれません。

                  また利便性も非常に高く、三菱UFJ銀行カードローンのカードさえあれば、三菱UFJ銀行のATMを使って借り入れも返済もできるおすすめカードローンです。

                  ■カードローンおすすめポイント

                  ・銀行カードローンなのにスピード対応

                  ・低金利で総量規制対象外

                  ●キャッシングは誰から借りているかというのも精神的に非常に重要な要素です。三菱UFJ銀行カードローンなら安心してキャッシングできるのではないでしょうか。

                    • 三菱UFJ銀行 ※①学生の方は10万円、ご本人に収入がなく配偶者に収入のある方は30万円以内となります。
                    • 三菱UFJ銀行 ※②審査結果のご連絡は9時~21時(土日祝日は9時~17時)までとなります。お申し込みの受付時間、審査状況によっては、審査結果の回答が翌日以降になる場合があります。

                    無利息期間のあるカードローンがおすすめ

                    無利息期間のあるカードローンは非常にお得です。一定期間利息が発生しない無利息期間は、大手消費者金融を中心に、銀行カードローンでも多数取り扱われています。

                    原則的に初めて申し込む方を対象に無利息期間は設けられていますが、中には何度でも利用できる無利息のキャッシングもあります。無利息期間は大体30日程度で設定されることが多いですが、中には180日間無利息期間を用意している業者もあります。

                    無利息期間中に完済すれば、利息を一円も支払わずに完済できるため、短期の借り入れを予定している方には無利息のあるカードローンがおすすめです。

                    銀行カードローンではまだ導入されていないため、短期間の借り入れでは消費者金融の方がお得です。また無利息期間サービスの内容は、業者によって異なるため、自分の返済プランに合わせて選ばなければなりません。たとえばアイフルやアコムでは契約日の翌日から無利息期間がスタートするため、契約してすぐに借り入れなければせっかくの無利息期間を無駄にしてしまいます。一方プロミスであれば初めての借り入れ翌日から無利息期間が始まるため、どのタイミングで借り入れても無利息期間を無駄にすることはありません。

                    ただし、長期間での借入であれば、金利の低い銀行カードローンのほうが返済総額は少なくて済むことになるでしょう。

                    カードローンの特徴

                    カードローンにはどのような特徴があるのでしょうか。カードローンの特徴を知っておくことで、比較する時にポイントを押さえることができます。

                    銀行や信販会社、消費者金融が提供しているカードローンの大きな特徴としては、以下の3つが挙げられます。

                    ・無担保・無保証人で借りられる

                    ・資金用途が自由

                    ・利用限度額内であれば、いつでも自由に借入・返済が可能

                    まとめると、この3つになります。特徴は様々にありますが、まずはこの3つを押さえておくことが上手に利用していく第一歩となります。

                    しっかりと理解しておくことをおすすめします。

                    無担保・無保証人

                    多くのカードローンは、不動産などの担保や、保証人を必要とせず、個人の信用で借りることが可能です。ただし、融資を申し込む際には審査に通らなくてはなりません。

                    基本的には、定職に就き、安定した収入がある場合なら申し込みが可能です。また、最近では専業主婦や学生であっても、安定した収入が認められれば、審査に通る場合もあるようです。

                    中には、即日審査・即日キャッシングといったスピードサービスを行っている業者もあります。

                    審査に関しては、多くの場合、インターネット上で仮審査を受けられますので、まずはインターネットを利用してみることをお勧めします。

                    資金用途が自由

                    ローンには大きく分けて、資金用途が限定される「目的ローン」と、用途が限定されない「フリーローン」があり、カードローンは「フリーローン」に分類されます。

                    つまり、借入した資金は、自由に使えるということです。ただし、「目的ローン」に比べ金利が高めに設定されています。

                    資金使途が限定される「目的ローン」には、自動車ローン、住宅ローン、教育ローンなどがあります。

                    利用限度額内であれば、いつでも自由に借入・返済が可能

                    利用限度額の範囲内であれば、いつでもATMや現金自動支払機からカードで現金を引き出すことができます。

                    また、限度額内で何度でも借りたり返したりすることも可能です。限度額は利用者の年収や、借入利用実績によって変わります。

                    急な出費などで現金が必要になった場合など、非常に便利と言えるでしょう。

                    カードローンのメリットとデメリットを解説!

                    カードローンは、急な出費などにも対応できる非常に便利なサービスですが、使い方を間違えると、長期債務に陥ってしまう危険もあります。

                    利用する際には、特徴やメリットとデメリットをよく理解しておくことが大切です!

                    ここでは、カードローンのメリットとデメリットについてまとめてみました。

                    メリット

                    ●保証人・担保が必要ない

                    通常、融資を受ける際には保証人や、不動産などの担保が必要です。しかし、カードローンは「個人向け無担保融資」であるため、保証人も担保も必要ありません。審査にさえ通れば、比較的簡単な手続きで融資を受けることができます。

                    ●ATMや現金自動支払機で手軽に利用できる

                    利用限度額内であれば、クレジットカードや専用のカードを使って、いつでも自由にATMや現金自動支払機から融資を受けることができます。急な出費やトラブルで現金が必要になった場合などに、非常に便利です。

                    ●利用限度額内であれば、いつでも借入や返済を行うことができる

                    何度でも繰り返し借入や返済を行える点も、大きなメリットです。必要なときに必要な分だけ融資を受ける、臨時収入があったため早めに返済をしておく、などフレキシブルな利用が可能です。

                    ●金融機関によっては即日キャッシングなどのサービスがある

                    それぞれの金融機関によって異なりますが、さまざまな利用しやすいサービスも行われています。主なものには、即日キャッシング可能、土日借入可能、パート・アルバイト・専業主婦の借入可能、ネットで取引可能、などが挙げられます。ご自身に合ったサービスを選べば、さらに利便性は上がります。

                    銀行カードローンのメリット

                    消費者金融の場合、限度額は500万円までがほとんどですが、銀行の場合、中には800万円から1,000万円という大金まで借り入れ可能な場合もあり、限度額が高く、消費者金融の場合、最大利息は年利18%がほとんどですが、銀行の場合、最大利息は年利14%程度と低く設定されています。

                    また、総量規制対象外で「所得の1/3を超える金額は借入できない」と定めた仕組みです。消費者金融からの借入の場合は総量規制が適用されますが、銀行カードローンは適用外となり、所得の1/3を超える借入も可能となっています。

                    消費者金融カードローンのメリット

                    銀行カードローンと審査基準が違い、スピード融資なども受けやすいのでお手軽にキャッシングができます。

                    デメリット

                    ●自由に借入ができる分、長期債務に陥りやすい

                    手軽に利用できる・いつでも融資が受けられるというメリットは、一方で「なかなか完済できない」というデメリットにもなりえます。 限度額内とは言え、気軽に何度も繰り返し借入をしていると、当然返済は長期化してしまいます。さらに、返済が長期化すると、その分利息も大きくなります。

                    特にそうした場合に危険なのが、借入の感覚が麻痺してしまうことです。 こまかく借入と返済を繰り返すと、「困ったときはカードローンを使えばいい」という発想が身に付いてしまします。そうなると、返済がなかなか追いつかなくなるケースもあります。

                    こうしたデメリットに陥らないよう、借入と返済は計画的に行いましょう。

                    ●金利が比較的高い

                    カードローンの金利は、年利で10%台が多くなっています。 これは住宅ローンや自動車ローンなどの目的ローンなどに比べると、やはり高利と言えるでしょう。 例えば、30万円借入を行い、年利15%で完済までにちょうど半年かかった場合、利息は約22,500円にもなります。

                    利用の際は、決して金利が低いサービスではないことを意識しおくことも大切です。

                    銀行カードローンのデメリット

                    消費者金融カードローンに比べ、審査は厳しく、結果が出るまで数日かかる場合もあります。急ぎの方には利用しづらいでしょう。しかし、最近では銀行でも審査時間の短縮が進められ、中にはスピーディーな融資が可能な銀行もあります。また、口座開設がわずらわしい場合や、後々住宅ローンなどを組むことを考えて、普通預金口座とカードローン利用を担当者に知られたくない場合などは、デメリットとなるでしょう。

                    消費者金融カードローンのデメリット

                    銀行に比べ比較的金利が高く、また限度額も少ないです。 また、総量規制の対象となり、所得の1/3を超える借入は行えません。

                    カードローンを上手に比較

                    カードローン業者を選ぶ際には、様々な項目で比較しなければなりません。 金利が安いカードローン、審査時間の早いカードローン、サービスが豊富なカードローンなど、あなたの要望に合わせておすすめのカードローンは変わってきます。

                    そこでここからは、カードローン業者を比較して選ぶ際に、注目して欲しいポイントを紹介していきます。カードローンを利用したいけれど借り入れ先が決められない方にはおすすめの内容です。

                    消費者金融の選び方

                    大手消費者金融であれば、審査時間は最短30分程度で、ネット申し込みや自動契約機も全国に設置されているため、審査や申し込みで比較するのは難しいでしょう。

                    そのため、一番のネックである金利や利息で比較することをおすすめします。 下限金利や上限金利など、各業者には微妙に違いがあり、無利息期間サービスの内容にも違いがあります。

                    消費者金融は上手に活用することで、非常に安く利息を抑えることも可能なため、申し込む前に情報を収集することをおすすめします。

                    消費者金融はスペックに大差がなく、実際に利用してみなければサービスの中身など分からないので、口コミや人気ランキングなどを参考にするといいでしょう。

                    銀行カードローンの選び方

                    銀行カードローンは、消費者金融とは違い、業者によってさまざまな違いがあります。 下限金利や上限金利も銀行によって大きく差があり、審査時間や申し込み方法も銀行によって異なります。

                    最近は銀行でもネット申し込みが可能ですが、銀行によっては午前中に申し込みを終わらせる必要がある業者もあるため、事前に調べておく必要があります。

                    また、自分が住んでいる地域に設置されているATMの数も重要で、直営のATM以外では利用するたびに手数料が発生する恐れもあります。

                    選び方としては、まずは地元の地方銀行のカードローンを調べて、大手の銀行カードローンとスペックの比較をするといいでしょう。 メガバンクのカードローンであれば、全国で不便なく利用できるためカードローンおすすめです。

                    カードローン申し込みの注意点

                    カードローンで借入れをするときに比較したいのは「金利」、「審査」、「サービス」です。申込者の条件が同じでも、どこの業者を利用するかで契約の内容は大きく違います。

                    特に消費者金融と銀行カードローンではスペックに違いがあり、審査の通りやすさも違います。 消費者金融系の方は、使い勝手がよく多くの利用者がいますが、その分小口での融資が多い傾向にあります。

                    銀行カードローンでは、大口の融資に特化しているきらいがありますが、金利や限度額に優れているものが多くあります。

                    消費者金融や銀行カードローンの比較では、審査時間や金利など数字が注目されがちですが、業者独自のサービスにも違いがあります。

                    また、銀行カードローンの中でも、提携している信用情報機関の違いなどから、審査基準には若干の違いがあるため、申し込みの前に調べておくことをおすすめします。

                    また振込融資を考えている方は、振込時間も比較した方がいいでしょう。中には24時間即日振込に対応しているカードローンもあるのでおすすめです。

                    カードローンの審査について

                    カードローン審査についてのポイントを簡単に把握しておくことも重要なのでおすすめします。

                    まずはカードローンの審査の基本的な対象者は、返済能力があって、安定した収入がある人です。それ以外には

                    ・年収・・・借入額の限度額の判断基準にもなります。

                    ・住まい・・・賃貸より持家の方が有利

                    ・勤続年数・・・長く同じ会社で働いている方が有利。1年未満はかなり不利。

                    ・電話・・・携帯電話だけでなく固定電話があるほうが有利

                    ・滞納金・・・公共料金や信販会社からの滞納がないか等

                    申込書類に嘘を書いてはいけませんが、上記のポイントを知っておくことが審査のコツとも言えます。

                    反対に知らないと落とし穴になってしまうので注意しましょう。

                    カードローン審査の落とし穴

                    カードローンに申し込むにあたり、絶対にやらない方が良いことがあります。

                    ●複数の会社に同時に申込み

                    審査に落ちるかもしれない、急いでいる、という理由から、複数の会社に同時に申込みをする人がいますが、これは、やめておきましょう。

                    通常、カードローンの申し込みをすると、個人信用情報機関を通じて、審査担当者が確認していきます。

                    複数の金融機関に同時に申込みをすると、個人信用情報機関には、申込み記録がいくつも残ってしまいます。審査担当者がこれを見た場合、ポジティブに働くことはあり得ません。他社でも貸してもらえなかった、貸し倒れのリスクがある、総量規制を超える可能性があるなどの理由で、審査担当者は、申込み者に対して、ネガティブな印象を持ちます。結果的に審査に落ちる可能性も高くなります。

                    ●申込書に虚偽の内容を記載すること

                    申込書に虚偽の内容を記載すると、たいていの場合、ばれてしまいます。これも審査担当者に悪印象なので絶対やめましょう。

                    特に、現在の債務状況などは、審査担当者は、各信用情報機関で裏をとることができるので絶対に嘘を書いてはいけません。

                    ●申込みに不備がある

                    不備があって審査に落ちたらもったいないです。

                    一度審査に落ちると、次の審査も通りにくくなる可能性があるので、最初が肝心です。情報の記載には最新の注意を払いましょう。

                    おすすめカードローンについてまとめ

                    如何でしたでしょうか?

                    カードローンはポイントさえ押さえれば、難しいことではありません。

                    はじめてキャッシングを利用する方は、まずはおすすめのカードローンでキャッシングを検討してみましょう。

                    ここに掲載しているカードローンについては現在、人気ランキングでも上位を占めているものばかりです。

                    ご自分で重要視している点を考えて、その部分のスペックを比較していく方法をおすすめします。

                    さらに利用後の返済方法やサービスなども理解しておけばキャッシング後もスムーズに利用できるでしょう。

                    年代別人気カードローン

                    20代~30代におすすめのカードローン

                    若い方は借入時間を気にされる方が非常に多いです!

                    また少額利用される方がほとんどなので無利息期間が付いてるカードローンがおすすめです。

                    関連記事