おまとめローンなら低金利の銀行カードローン

2018最新版
おすすめのカードローン10社を目的別に比較してみましょう
おまとめローンなら低金利の銀行カードローン

初めは少額のキャッシングのつもりが、いつのまにか借金は増え、借入先が複数になっている。なんてことはカードローンやキャッシングの利用をしたことある人なら多かれ少なかれあるかと思います。

カードローンは借入総額が同じなら、借入先が複数あるよりも1社からの融資の方が金利が低くなる分、月々の返済の負担が軽くなります。

これがおまとめローンのからくりです。

概ね、消費者金融なら18%程度、銀行カードローンなら最大15%にカードローン金利が設定されているので、おまとめを検討している方は、銀行カードローンにお申込みする方が多いようです。

しかし、その分銀行カードローンでは審査が厳しくなると言われています。審査通過の為に、金利などの情報も併せて確認してからお申込みすることをおすすめします。


おまとめローンのメリットとデメリット

複数の借金にお悩みの方はすぐにでも一本化したいと思うかもしれませんが、おまとめローンにも長所と短所があります。

下でポイントを確認してみましょう。

●メリット●
Point1
毎月の返済日を1つにまとめる事が出来る。

返済日が月に何日もあってバラバラだと、ついつい返済日前にお金を使ってしまったり、うっかり返済日を忘れてしまうなんてことにもなりかねません。返済日が1日なら、そのような心配もありませんし、管理もしやすくなります。

Point2
毎月の返済額の合計を抑える事が出来る

これは一本化の目的や内容にもよるのですが、まとめる前より返済がきつくなってはローンを一本化する意味があまりないので、一般的には、一本にまとめる前よりも、まとめた後の方が毎月の返済額が小さくなります。

Point3
金利を低く抑える事が出来る。

一般的には今借りている金利よりも低いか、一番低いものと同じ金利で一本化します。通常、「おまとめローン」の金利は一般のローン、キャッシングよりも低い金利を設定していものが多いです。

●デメリット●
Point1
済までの期間と返済総額が増える事がある。

メリットで挙げた『完済までの期間と返済総額を抑える事が出来る』の正反対のことになってしまうのですが、『完済までの期間と返済総額が増える』場合がある、ということです。「ローンの一本化」をする理由としては、一般的には『負担を減らしたい』というものが多いので、毎月の返済額を少なめに設定してしまいがちですが、複数のローンの金額を1つにまとめているので、毎月の支払金額を下げすぎれば、当然支払期間は長くなりますし、支払い期間が長くなれば金利を支払う期間も長くなるので、一本化前よりも支払総額が増えるケースも出てきます。 メリットで挙げた例では、毎月の支払金額と返

Point2
またお金を借りてしまう可能性がある。

借入を完済すると、完済した金融会社から「融資枠を増額出来ます」「利息が低くなります」というお知らせが届く事があります。金融会社は、最初は「少ない融資枠」と「高い金利」でお金を貸して、その人が会社にとって上客だと分かってくると、「大きな融資枠」と「低い金利」でお金を借りてもらえるようアプローチしてきます。 ローンの一本化をすると、一本化をした金融会社以外の借入はデータ上「完済」という形になるので、そういったお知らせが来る事は十分に考えられます。 また、一本化をして月々の支払いが減ると、ついつい「借金が減った」と勘違いしてしまうのもよくある話です。 つまりはここでいうデメリットとは、「ローンの一本化」後、再び借金をしてしまうというリスクがある、ということになります。

以上を踏まえた上で、ご自分に適したカードローンを探してみましょう。

おまとめローンの審査とは

おまとめローンの審査は通常の審査よりも厳しくなる傾向がるようです。

理由としては借り入れを既に行っている状態で新たに審査を受ける必要があるからです。

おまとめローンの審査に少しでも通りやすくするには、既存のカードローンの借入残高をできる限り減らしておくことが重要です。

現在の借入金額というのは審査に大きく影響しますので注意しておきましょう。

銀行カードローンと消費者金融の審査の違い

銀行カードローンが消費者金融よりも審査が厳しいと言われるのは、銀行カードローンには保証会社の審査があるためです。

多くの銀行カードローンの場合、保証会社に消費者金融が入っています。つまり、その保証会社の審査に加えて、銀行側でも審査することになるので二重で審査することになります。

そして、その分、審査通過のハードルが高くなるということです。さらに、消費者金融はカードローン商品で利益を挙げていますのでカードローンでお金を貸さないと商売になりません。

しかし、銀行の場合はカードローンは一商品にすぎませんので、しっかりと審査してちゃんと返済能力がある人しか融資は行わないのです。

これだけ聞くと、銀行での審査に通るは無理難題のような気がしますが、過去の返済や支払いなどをしっかりと行ってきた方であれば、審査に通る可能性は十分にあります。

反対に、過去に金融事故を起こしてしまった方や、現在も延滞などがある方は審査通過は厳しいと考えましょう。

おまとめローンの審査ポイント

ずばり、審査に通りやすいカードローンなんてものはありません。

銀行はもちろんのこと、ちゃんとした消費者金融などであれば、信用情報などを確認してしっかりと審査します。

ですから、審査に甘いとか通りやすいという言葉に惑わされてはダメです。それは闇金かまたは無許可営業の金融会社かもしれません。

まず、多重債務に悩んでいる方は、おまとめ先に正直に話しましょう。

そのうえで、おまとめの希望を伝え、お申込みした方が良いでしょう。

絶対にしてはいけないのが、お申込み時に嘘をつくことです。年収や勤務先、借入総額や借り入れ件数などは調べればすぐ分かってしまいます。

嘘をつけばそれだけでマイナスになり、審査はまず通らないでしょう。

おまとめローンの審査で抑えておくべき点

おまとめローンは通常の借入とは少し異なります。

審査内容や審査方法に差異はあまり見られませんが、ちょっとした注意点があります。例えばあなたの借入先がアコムとプロミスだったとして、おまとめ先を銀行カードローンで探していたとします。

現在、この2つの消費者金融は実は大手のメガバンクと呼ばれている銀行のグループ傘下に入っています。 つまり、これらの大手消費者金融は、銀行とつながっているということです。

現在、大手と呼ばれている消費者金融のカードローンのほぼ全てが、メガバンクのグループ傘下に置かれている状況となっています。

ちなみにアコムは「三菱UFJフィナンシャルグループ」、プロミスは「SMBCグループ」となっています。つまり、消費者金融と銀行は情報共有して、審査に活用しているのです。

情報を共有するのは個人信用情報機関だけだと思っていたら痛い目を見るかもしれません。

銀行カードローンの保証を消費者金融が行っているのであれば、現在借入している消費者金融の自社独自の審査ではじかれて保証を受けることができず、おまとめを行うことができなくなる可能性も大いにあります。

おまとめローンで重要な個人信用情報とは

おまとめローンの審査を受けるときにはあなたの個人信用情報というものが重要なポイントになります。

信用情報には「属性」と「カードローン利用・キャッシング利用・クレジットカード利用・携帯電話利用など」のお金を借りた時の利用実績(クレヒス)が関係します。

属性とは、個人の信用を収入や勤務先等の情報(スペック)から個人を属性分けするものです。

つまり、公務員や大手企業に勤めており、安定した高収入を得ていて、勤続年数が長ければ、高い属性の持ち主だというふうに判断できます。

逆に中小企業で勤めてから1年未満の方は収入が低く、いつ会社を辞めるかもわからないので、返済能力に欠ける属性の低い方と判断されてしまいます。

また、当然ですが担保を取られないからと言って返済を怠ってしまうと、金融事故として処理されキャッシュングやカードローンを利用することができなくなる恐れがあります。

お金を借りてきちんと返済をして、毎回の返済で、利用者は債権者に対して信用を少しずつ積み上げている状況になります。

ですので、返済遅延をしたり、任意整理・民事再生・自己破産等の借金の踏み倒しをしたことのある方は信用情報機関(金融業者が登録している信用情報を確かめることの出来る機関CIC・JICC等)に異動(ブラック)情報が登録されてしまう為、その後は借入することが難しくなります。

おまとめローンに銀行カードローンがおすすめの理由

おまとめローンを利用するなら断然銀行カードローンがおすすめと言われています。

専業主婦や学生が借入をするのに銀行カードローンが向いている理由は銀行カードローンが総量規制の対象外となっているからです。

これに当てはめるとおまとめをするときにも金額に関わらずおまとめができるのが銀行カードローンだということがお分かりいただけるかと思います。

また、消費者金融と比べて銀行カードローンは金利が低く設定されています。

審査が厳しいところや、借入上限額が低く設定される場合もありますが借金の返済苦が軽くならなければおまとめをする意味がありません。

希望している金額が全額借りられるかは審査の具合によりますが、おまとめ先の第一候補は銀行カードローンがベストと言えるでしょう。

さらに収入の無い方は消費者金融だと総量規制の対象となってしまうため、キャッシングができません。

おまとめローンと総量規制

おまとめローンといえば、総量規制対象外で年収による借り入れ制限を受けない銀行で借りるのがお得と考えられています。

もちろん銀行でおまとめローンを借りることができるのであれば、万事うまくいくことの方が多いでしょう。

しかし銀行はおまとめローンと言えども、審査のハードルが高いので、厳しい場合もあります。そんなときは、消費者金融のおまとめローンがあります。おまとめ―ンについては総量規制対象の消費者金融でも例外として処理することができるので、おまとめローンの審査を受けることができるのです。

また、せっかくおまとめローンを利用して借金を減額するのであれば、銀行系おまとめローンを利用しましょう。

銀行系と言われる金融機関は、銀行という名前はついていますが、基本的には消費者金融にカテゴライズされるので総量規制対象です。

しかし先ほども説明したように、おまとめローンは総量規制に関係がないので、銀行系でももちろんおまとめローンを借りることができます。

銀行系おまとめローンのメリットは、他の消費者金融に比べると低金利で現金を借りることもできますし、消費者金融の中でも銀行系のほうがお まとめローンで借り入れできる金額が大きいというメリットもあります。

おまとめローンの審査に落ちる理由

おまとめローンの審査は通常の審査よりも厳しくなる可能性が高いです。

ですので、以下のことには気をつけて少しでも審査に通る可能性を高くしておきましょう。

●短期間での多数申込み

短期間で多重申込みをすると審査に落ちる可能性が高くなります。

なぜならば、審査が通らない状況でも数を打てば当たると思っているということが金融機関側にすぐにばれてしまうからです。

半年間の間に複数回のも申し込みは申し込みブラックになってしまうので、申し込む場合は半年以上時間を空けてから申込むようにしましょう。

●過去に金融事故を起こしている

金融事故を起こしているというのは、いわゆるブラックリストに載ってしまっています。

返済の遅延や未払い、債務整理を行うなどをすると信用情報機関に情報が記録されてしまいます。

この記録は一度登録されてしまうと最低5年は消えないといわれています。

信用情報は金融業界全体で共有される情報なので一度登録されてしまうと、どの消費者金融や銀行からも信用を失うことになります。

信用で成り立っている業界なので、信用のない人に融資をすることはありません。金融事故を起こさないように気を付けましょう。

●多数の金融機関から借り入れをしている

複数の消費者金融から借り入れをしている方はおまとめをしてローンの一本化を図りたいという方が多いかもしれません。

ですが、あまり多くの金融機関で借り入れをしていると審査に通ることがありません。

一般的には5社以上の借り入れがあると審査に通ることはないといわれています。

そういった方は、今後借り入れのできる可能性が非常に低くなりますので、債務整理をすることも視野に入れた方がいいかもしれません。

おまとめローンは即日キャッシングが可能?

即日キャッシングで気をつけなければならないのは、即日と謳っていても、申し込む時間やタイミングによって、即日の融資が難しくなるケースもあることです。

緊急を要するときは、できるだけ早い時の午前中やネット申し込みで営業時間前に申し込んだり、その金融機関の店舗を直接訪れるなど、申し込み方法の選び方が大事です。そこで、あらかじめお急ぎで借り入れたい旨を伝え、手続き方法や必要な書類などについて問い合わせておくことでスムーズにキャッシングできるようになるでしょう。

どの金融機関の即日カードローンを利用するか決める際には、いくつかのポイントがあります。即日キャッシングといっても、指定口座への振込みに対応しているところもあれば、店舗での融資となるもの、近所のATMが利用できるものなど、金融機関によってその方法は様々です。

急いでいるときは、移動の時間もままならないものです。どのような貸付け形式によるものかをあらかじめ調べてから行動に移すという手順を踏みましょう。

緊急で借り入れたいときは、まず各金融機関の貸付け時の申し込み方法などを事前にホームページなどで調べておきましょう。

おまとめローンは主婦でもできる?

銀行カードローン・消費者金融問わず主婦でも専業主婦でもカードローンのおまとめはできます。

また、総量規制には所得が低くても借りられる例外があります。

総量規制の例外というのは、ある一定の条件に当てはまれば総量規制の対象外となり、消費者金融や信販会社などの貸金業者から借入が可能になるという特例措置のことを指します。

この総量規制の例外の中には【顧客に一方的有利となる借換え】と言うものがあり、例えばあなたの返済にかかる金利負担や返済額が減額するようなおまとめについては、貸金業者でのおまとめでも可能になるのです。

主婦がおまとめできる理由

銀行のカードローンを専業主婦が利用する場合には、基本的に借り入れ限度額が一般の場合と比べて低めになります。

だいたい10万円ぐらいというケースも多いようです。ですが専業主婦に積極的に融資を行ってくれる銀行ですと、借り入れ限度額は30万円から50万円とまとまった金額になりますので、現在の借入金額によってはカードローンのおまとめにも十分対応できる金額になります。

専業主婦に限らずパートやアルバイトなどを含めて主婦の場合、日常的にそれほど高額の借り入れをすることはあまりなく、多くは1万円から3万円といった少額の場合が多いという特徴があります。

複数社から借り入れていますと、月に何回もある返済日を管理しなくてはならず、わずらわしいですし、返済し忘れて延滞してしまう危険性も大きくなります。複数社から借入をしている主婦の方はおまとめに便乗して、おまとめをしてしまうか、信頼できる1社にまとめる方法で返済苦をなくしていきましょう。

専業主婦は総量規制の関係もあって、消費者金融では基本的にはカードローンを利用することができません。ですので、一般的にカードローンを利用する場合には、銀行のカードローンを利用することになります。

主婦でもパートやアルバイトなど仕事がある場合には消費者金融などで借りることができますので、同様におまとめも消費者金融で利用できますが、専業である場合には収入がありませんので、たしかに銀行のカードローンに限られてしまいます。ですが一般的に消費者金融よりも銀行の方が金利が低いことが多いですので、おまとめ自体、低金利の銀行で行いたいという人も多いです。専業主婦であっても結局は低金利の銀行でおまとめできれば、メリットは大きいのです。

主婦のおまとめは銀行カードローンがおすすめ

主婦のおまとめローンとなると、ネックになるのはやはり収入です。専業主婦におまとめなんてもってのほかだと思っている方もいるでしょう。

でも、銀行によっては専業主婦にあまり積極的に融資を行っていないところも中にはありますが、最近の銀行は配偶者に安定した収入があれば専業主婦もカードローン利用できるところが多くなっています。

もちろんあなたの借入にかかる負担が一方的に有利になるのであれば、消費者金融でのおまとめもできますが、消費者金融でおまとめをしても金利負担の減少はあまり見込めないので、おまとめ先は銀行カードローンがおすすめということになりますね。

最近では専業主婦にも力を入れてる銀行カードローンもありますので、そうしたところでカードローンを申し込むことで審査にも通りやすくなります。

専業に積極的に融資を行ってくれるところの中には、配偶者の同意書などもいらないところもありますので、旦那さんや家族に内緒で申し込みをできるところもあり便利です。

おまとめローンについてまとめ

如何でしたでしょうか?

おまとめローンはご自分の状況に適したキャッシングを選ばないと、余計に負担が増えてしまいます。

現在、検討中のには特に知っておいてほしいポイントを簡単にまとめてみました。

ここに掲載している銀行カードローンについては現在、人気ランキングでも上位を占めているものばかりです。

低金利のカードローンや即日キャッシングを希望の方は検討してみてはいかがでしょうか。

また、利用後の返済方法やサービスなども理解しておけばおまとめもスムーズに利用できるでしょう。 さらに、検討する際にカードローンおすすめ最新版で今選ばれているものの情報を取り入れて決めてみてはいかがでしょうか。

年代別人気カードローン

20代~30代におすすめのカードローン

若い方は借入時間を気にされる方が非常に多いです!

また少額利用される方がほとんどなので無利息期間が付いてるカードローンがおすすめです。

関連記事