カードローン審査に通るおすすめ10選最新版!

2018最新版
おすすめのカードローン10社を目的別に比較してみましょう
カードローン審査に通るおすすめ10選最新版!

カードローンを利用するためには審査があり、そのカードローン審査で限度額が決まります。 当然、誰でも利用できるわけではありません。年齢・職業・住まいの状況・家族構成などいくつかの審査基準をクリアしなければカードローン審査に落ちてしまうこともあります。

上手にキャッシングが利用できるようにまずは、審査についてしっかりと理解しておく必要があります。一概にカードローン審査と言っても銀行カードローンと消費者金融では審査基準や審査方法に微妙に差異があります。

カードローン選びのひとつの要素とすることをおすすめします。

また、審査が通過してキャッシングした後の返済も考えて、金利や無利息期間なども確認しておきましょう。


審査に通るおすすめの消費者金融

カードローン審査について確認する前に、利用者に人気のカードローンを把握しておきましょう。

利用者に人気のカードローンということは、その人気の秘密には審査であったり、限度額であったり、金利であったり様々な要因があります。

審査に関すること以外の点についても理解しておき、賢く利用することをおすすめします。

キャッシングおすすめの商品についてについてここから詳しく解説していきたいと思います。

  • SMBCモビット

    SMBCモビット
    実質年率最高限度額審査時間最短融資
    3.0%~18.0%800万円最短30分※①最短即日も可能※②
    アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
    可能※③簡単お借入診断

    お申し込みから契約後の借入れまで一切誰とも顔を合わせずに済ませられるので、誰にもバレずにキャッシング可能!指定の保険証があれば電話連絡はございません。

    電話がかかって来たり、郵送物が届いたりすると、家族や会社の同僚にカードローンを利用していることがバレてしまいそうですが、SMBCモビットならそういう心配がないのです。

    もちろんスピード対応が可能です。最短即日審査で即日キャッシングも可能となっております。

    他社カードローンと比較しても圧倒的に入力項目が少ないので申込時間も短縮してお申込可能です。

    ■審査おすすめポイント

    ・他人にバレない

    ・電話連絡なしの方法もある

    ・最短30分の審査時間で即日キャッシングができる

    ●まとめ●

    お急ぎの中でもとにかく、誰にもバレたくない方のためのカードローンです。事情がある方は、窓口から相談してみましょう。

      • SMBCモビット ※①申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
      • SMBCモビット ※②14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
      • SMBCモビット ※③アルバイト・パートを含む安定した収入がある方。
    • プロミス

      プロミス
      実質年率最高限度額審査時間最短融資
      4.5%~17.8%500万円最短30分最短1時間融資③
      アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
      可能①―※⑤簡単3秒診断30日間無利息※②

      当サイト申込者数No1で圧倒的な人気を誇る消費者金融カードローンキャッシングです。

      2012年に三井住友フィナンシャルグループに入り安心感と信頼性は抜群にUPしました。融資までのスピードはとにかく早く、最短審査30分で最短融資1時間※③です。

      50万円以下の少額融資をご希望の方は収入証明書不要でOK!身分証明書のみで審査してくれます。

      初めての方なら30日間無利息※②でキャッシング出来るのも魅力の一つではないでしょうか。カードレス※④を選択すれば郵送物不要でOKです!審査時の在籍確認については申込完了後オペレーターに相談することで最大限配慮しています。まだ借入先を決めてない方はまずはプロミスを見てみましょう。

      ■審査おすすめポイント

      ・審査時間がとにかく早い

      ・50万円以下なら収入証明書が不要

      ・在籍確認で配慮してくれる

      ●まとめ●

      審査時間が早く、50万円以下なら身分証だけで簡単にお申込みができます。

        • プロミス ※①主婦・学生:安定した収入がある方に限る。
        • プロミス ※②30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
        • プロミス ※③限度額50万円以内なら身分証明書のみで借入可能です。
        • プロミス ※④Web申込後、自動契約機で契約の場合でもカードレスは対応可能です。
        • プロミス ※⑤新規申込のお客さまでプロミスのご利用限度額が50万円を超えるお客さまは収入証明書類の提出が必要です。
      • プロミスレディース

        プロミスレディース
        実質年率最高限度額審査時間最短融資
        4.5%~17.8%500万円最短30分最短1時間融資
        アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
        可能※①お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票等)が必要です。簡単3秒診断30日間無利息

        女性専用のキャッシングサービスです。女性の方で審査に不安の方がいたら、プロミスよりもプロミスレディースの方がお申込みしやすいかもしれません。

        金利や審査などは通常のプロミスとなんら変わりませんが、スタッフが女性だけなので審査時に安心して相談することができます。

        上記を見て、プロミスに申し込もうと考えた女性の方にはレディースがおすすめです。

        もちろん、女性だからと言って、レディースに申し込まなければいけないなんてことはありません。あくまでもキャッシングが初めてで審査に不安な方におすすめのサービスなのです。

        ■審査おすすめポイント

        ・審査時間が早い

        ・スタッフが女性なので安心できる

        ・在籍確認時に配慮してくれる

        ●まとめ●

        最近では女性のキャッシングも増えてきました。それに伴い、レディースローンサービスも充実してきています。審査が不安な女性の方は検討してみましょう。

          • プロミスレディース ※①主婦・学生:安定した収入がある方に限る。
        • アコム

          アコム
          実質年率最高限度額審査時間最短融資
          3.0%~18.0%800万円最短30分最短1時間融資
          アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
          可能※①簡単3秒診断最大30日間無利息

          アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの国内でも有数の大手消費者金融です。また、マスターカードからもライセンスを与えられていて、安心感もあります。

          アコムの利点は最短30分での審査回答や、さらには最短即日での融資にあります。

          お急ぎで借り入れしたい方にはおすすめの商品です。

          また、eメールサービスや24時間返済可能なインターネット返済など、サポート体制が充実していますし、利便性も非常に高いので利用しやすいカードローンです。

          ■審査おすすめポイント

          ・最短30分のスピード審査

          ・クレジット機能の審査もあり

          ・安心のサポート体制

          ●まとめ●

          審査時間が最短30分なので、お急ぎの方にはおすすめの商品です。

            • アコム ※①20歳以上で安定した収入がある方であればご利用可能。
          • アイフル

            アイフル
            実質年率最高限度額審査時間最短融資
            3.0%~18.0%800万円最短30分最短1時間融資※①
            アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
            可能―※①簡単1秒診断初回限定30日間

            消費者金融カードローンキャッシング大手であるアイフルは、アコムやプロミスのように銀行傘下に入ることなく独自路線を貫いていて、独自のスコアリングシステムによる与信ノウハウで全国に店舗を展開しています。

            アイフルもプロミスやアコム同様、業界最速のスピードで人気を博しています。

            最短審査30分で最短融資1時間で対応なのでお急ぎの方にはおすすめです。

            50万円以下の希望額なら収入証明書も不要でご融資可能です。

            少額キャッシングを希望される方の利用の方にも適してます。カードの受け取りにも配慮してくれます!誰にも知られずにカードの受け取りが可能というメリットもあります。

            ■審査おすすめポイント

            ・ローンカードの受け取りにも配慮

            ・審査スピードが早く、即日キャッシング可能。

            ・全国各地に自動契約機が設置されている

            ●まとめ●

            利便性も高く、融資スピードも早い人気のカードローンです。

              • アイフル ※①アイフルの利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合。

            審査に通るおすすめの銀行カードローン

            • オリックス銀行カードローン

              オリックス銀行カードローン
              実質年率最高限度額審査時間最短融資
              1.7%~17.8%最高800万円
              アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
              可能

              ネット銀行の代表格といえば、オリックス銀行カードローンと言えます。

              インターネットからの申し込みが主流になっていることもあり、利用者は年々増えています。

              店舗に行かなくても申し込みが完了でき、誰にも会わずに手続きできる手軽さがネット銀行のウリです。

              スペックは消費者金融と銀行カードローンの良いとこどりしたようなスペックなので、メリットの多いカードローンともいえるでしょう。

              しかし、銀行カードローンなので、審査は消費者金融よりも厳しいと言われています。

              ■審査おすすめポイント

              ・ネット完結でお申込みができる

              ・アルバイトやパートでも申し込み可能

              ●まとめ●

              若い方よりも30代以上の人気があるカードローンです。低金利での融資が可能です。

              • 三井住友銀行カードローン

                三井住友銀行カードローン
                実質年率最高限度額審査時間最短融資
                4.0%~14.5%800万円
                アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
                可能※①

                メガバンクのハイスペック銀行カードローン!他社の銀行カードローンと比較しても圧倒的なスピードでキャッシング可能なのでおすすめです。

                低金利で金利(年4.0%~14.5%)で総量規制対象外!限度額は最高800万円まで利用可能です。

                使えるATMも豊富で利便性抜群!キャッシュカード1枚でローン機能も利用出来ます。三井住友銀行に口座がなくてもお申込ができます。

                ■審査おすすめポイント

                ・口座が無くても申し込めるので簡単です。

                ●まとめ●

                限度額も大きく低金利でスピード審査!利用出来るATMも豊富で利便性抜群!

                  • 三井住友銀行カードローン ※①原則安定した収入のある方
                • みずほ銀行カードローン

                  みずほ銀行カードローン
                  実質年率最高限度額審査時間最短融資
                  2.0%~14.0%※①800万円
                  アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間

                  みずほ銀行カードローンは最高金利が14.0%という低金利と限度額が1,000万円という優秀なスペックを持った銀行カードローンです。

                  みずほ銀行カードローンの保証会社は信販会社のオリエントコーポレーションが請け負っています。

                  信販会社と消費者金融では、審査傾向に違いがあると言われていますが、みずほ銀行のカードローンの審査はそれほど厳しいものではないと言われていて、スピーディーな融資も可能です。

                  また、金利も低く、限度額は高い、高スペックカードローンです。

                  銀行カードローンの中でも人気の商品です。

                  ■審査おすすめポイント

                  ・最高限度額1,000万円

                  ●まとめ●

                  限度額も大きく低金利でスピード対応!

                    • みずほ銀行 ※①エグゼクティブプランの場合適応金利は3.0%~7.0%になります。

                  カードローン審査とは?

                  カードローンにはある程度の審査基準があります。審査に通りやすい属性としては公務員の人や一流企業に勤めている人は比較的審査に通りやすい属性と言えます。理由としては安定した収入があり離職の可能性も低いとみられ返済能力が高いと判断されるためです。

                  逆に審査に落ちやすい属性としては専業主婦の人やパート・アルバイト・派遣社員・水商売の人が審査の通過率は低めの傾向があります。理由は収入が低かったり離職率が高いといったことが審査落ちの原因と考えられます。

                  とは言え少額のカードローン限度額であれば審査に通過する場合も多々ありますので怖がらずにお申込みしてみましょう。

                  案外、少額の融資であれば申し込みに通過したという方もいらっしゃいます。審査結果ばかりは申し込んでみないと分からない部分ですので、不安な方は一度お申込みしても良いかもしれません。しかし、お申込みしたという履歴は信用情報に載りますし、過去に金融事故などを起こしてしまった方、現在も延滞しているお支払いがある方、これらの方はまず審査には通過しませんので、まずはご自分の債務状況を整理することをおすすめします。

                  銀行カードローンと消費者金融の審査の違い

                  一般的に、銀行のカードローンとは、大手都市銀行や地方銀行が取り扱うカードローンのことです。銀行のカードローンの最大のメリットは、皆が知っている銀行が取り扱うサービスなので、安心感や信頼感が高いということです。

                  また、消費者金融などと比較した場合、低金利である場合が多くなります。

                  そして、銀行のカードローンなので、銀行法にのっとり、総量規制対象外となりますので、場合によっては、大きな借入額の取引が可能です。

                  逆にデメリットは、審査が厳しめであることです。さらに、審査申込みをしてから、実際に、お金を受け取るまでに数日間を要することがほとんどです。

                  つまり、即日あるいは次の日にお金が必要という方には向いていません。

                  消費者金融のカードローンのメリットは、融資完了までのスピード感でしょう。 殆どの会社で、即日キャッシングが可能であり、今すぐお金を受け取りたい方にとっては、何よりのサービスとなります。

                  一昔前は、過剰な取り立てなどであまり良い印象ではなかった消費者金融も、2010年の貸金業法の改訂後、健全な運営が行われるようになりました。最近では、大手の消費者金融が大手銀行グループの傘下に入るなど、安心感や信頼感が増しています。

                  デメリットとしては、総量規制の対象となり、借入額に制限があること。

                  銀行のカードローンに比べ、金利が若干高めであることなどです。

                  必要書類

                  総量規制の対象外となる銀行では、利用限度額が100万円以下のカードローンは、申込者本人の収入を証明する書類の提出を求められない場合もありますが、総量規制対象のカードローンの場合は、利用限度額が50万円を超えるカードローンや、他社との合計額が100万円を超える場合は、収入を証明する書類の提出が求められます。

                  また金融機関や貸金業者から、お金を借りる場合は、利用限度額にかかわらず、本人確認書類が必要となります。

                  まず、収入を証明する書類についてですが、たしかに、希望する利用限度額によっては、収入を証明する書類を提出しなくても良い場合がありますので、ほかに借り入れがなく、希望しているカードローンも30万円限度のものなので、収入証明はあまり関係ないかもと思う方もいるかもしれません。

                  。しかし、提出しなくても良い場合でも、お金を貸す側から提出を求められた場合は、これを出さないと審査を進められません。ですから、上限額が低いカードローンを希望している場合でも、求められたら、いつでも提出できるようにしておくべきですし、口頭の申告などで、事実と違う年収を伝えたりはしないようにしてください。

                  とくに銀行のカードローンの場合は、収入を証明する書類の提出は求められることが多いので、そのつもりでいたほうが良いでしょう。

                  ●【給与所得者の方(サラリーマン、公務員の方)】

                  ・源泉徴収票

                  ・所得証明書

                  前年度の所得証明書が、市区町村から発行されるのは、大体6月頃です。それ以前であれば、源泉徴収票を用意しておけば、前年度の年収を証明できます。

                  いずれもすぐ準備できない場合は、直近の3ヵ月以内、連続2ヵ月分の給与明細書を求められることもありますが、源泉徴収票は紛失しても勤務先から再度取得できますので、事後でも提出したほうが良いのはもちろんのことです。

                  ●【自営業・個人事業主の方】

                  ・住民税決定通知書または課税証明書

                  ・納税証明書

                  上記のほかに、確定申告書の写しでも収入を証明できます。金融会社が指定するもののうち、いずれかで準備しておきます。

                  なお専業主婦でも借りられる、カードローンもあります。この場合は、配偶者の所得を証明する書類を、上記のいずれかから選択肢て、なおかつ配偶者の同意書を求められることになります。

                  ●本人確認書類について

                  本人確認書類とは、申込者が本人であることを証明するものですから、利用上限額に関わらず用意しなければなりません。

                  本人確認書類には、以下のものがあります。

                  ・運転免許証

                  ・パスポート(写真およびご住所のページ)

                  ・各種健康保険証(被保険者および被扶養者のページ)

                  ・印鑑証明書

                  ・住民票

                  ・住民基本台帳カード

                  ・在留カード

                  ・特別永住者証明書

                  ・外国人登録証明書

                  一般的には運転免許証と健康保険証を使う方が多いですし、どちらも手元にあるものなので、用意するのは簡単でしょう。なお金融機関によっては、免許証だけでなく、同時に健康保険証も求められる場合があります。またいずれも、写しで良いことになっています。

                  審査基準

                  カードローン審査は申込書に記載された情報に基づき進められていくことになります。対象となるのは、

                  インターネット申込
                  ●年収

                  利用希望者の年収によって、カードローンは融資できる金額が変わってきます。

                  100万円の融資を受けたい人の年収が300万円であれば、生活上必要な経費などを除いてある程度の支払い能力があるとみなされるかもしれません。

                  しかし、年収に見合わない額を借り入れようとした場合は、支払い能力がないと判断されることもあります。

                  ●勤務形態・勤続年数

                  勤続年数の長さによって融資可能かどうかが決定されます。

                  定期的な返済がちゃんとできるかどうかは、勤務形態や勤続年数で判断されるからです。

                  安定した月給がある公務員が有利なのは言うまでもありませんが、パートやアルバイトといった勤務形態だと安定性という面から不利になることがあります。

                  また、正社員でも職を転々としているようだったり、勤続年数が極端に短かったりする場合は借り入れできない可能性があります。

                  パートやアルバイトでも勤続年数が長いと、その実績が買われて審査が通ることもあります。

                  ●居住年数・居住形態

                  持ち家か賃貸かという点も審査基準に含まれます。

                  もし返済ができなくなったときに差し押さえることができるため、融資に関しては持ち家があることが有利に働きます。

                  しかし、賃貸だからダメということもありません。

                  賃貸の場合、現在住居として使っているところに長い間住み続けているかどうかが重要視されます。

                  あまりに居住期間が短かったり、引越しが頻繁に行われていたりする状態だと、返済せずに逃げられることが疑われるので借入できないケースもあります。

                  賃貸物件に住んでいる場合は、1年以上の居住実績がボーダーラインとなることがほとんどです。

                  ●家族構成

                  既婚者の場合、家族を養っている観点から信用力が高くなる傾向があります。

                  反面、養わなければならない家族がいるということは、生活上必要な経費が独身者よりも多くあるという見方をされることもあります。

                  子どもがいる場合は、いない場合よりも家計の出費が多いと判断され、返済能力が低いと予測されたりします。

                  ここはカードローン業者によって判断が分かれるところになります。

                  審査通過の条件

                  ・初めてカードローンを作る人

                  ・安定した収入のある人(目安は200万円以上)

                  ・今まで返済の延滞がない人

                  たとえば、よくあるカードローンの貸付対象者は、20歳以上69歳以下の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方となっております。

                  当社基準を満たすという箇所は、公開されていない基準ではありますが、上記3つに記した条件にすべて当てはまるという方は、審査に通る可能性が高くなります。

                  逆に、審査が厳しめになるケースは以下のような方です。

                  ・3社以上の借入がある

                  ・今まで返済の延滞をしたことがある

                  ・収入がまったくない

                  ・ブラック入りしている

                  当然と言えば当然ですが、上記のような方は、ひとつでも当てはまってしまうと、審査はかなり厳しくなってきます。 。

                  信用情報とは

                  信用情報を簡単に言うと、クレジットカードやローンの利用記録のことです。

                  たとえば、あなたがローンを組んだとしたら、その契約内容や返済状況、返済残高などが記録されます。いうならば、個人の「お金に関する履歴書」のようなものだと思ってください。

                  プロミスの当日振込は原則としてWEB契約が条件となっています。WEBから手続きを行い、手続きに不備がなければ、当日中に指定の口座にお金を振り込んでもらうことが出来ます。ただし、これには時間の制限があり平日の14時までにWEB契約完了が必要な条件となっています。

                  店舗受付と自動契約機であればその場でカードを発行して貰えるので、審査に通って、カードが発行されればその場で借入を行うことが出来ます。

                  振込ではなく自分でお金を引き落とそうと考えているのであれば、自動契約機か店舗となりますが、人に見られたり、契約までの手間を考えると自動契約機のおすすめです。

                  お金を融資してもらうということで言えば便利なWEB契約でも同じことなので時間のない方は便利なWEB契約を利用するののもカードローンおすすめです。

                  受付時間平日
                  本人を特定するための情報・氏名 ・生年月日 ・性別 ・住所 ・電話番号 ・勤務先名 ・勤務先電話番号
                  契約内容に関する情報・会社名・契約の詳細(商品名、支払回数等)・契約日

                  ・利用金額等

                  返済状況に関する情報・入金日・入金予定日・残高・完済日・延滞の有無
                  取引事実に関する情報・債務整理・代位弁済・契約日・強制解約

                  このように、利用者の基本的な個人情報や、クレジットカードやローンの利用状況が細かく記録されているのです。

                  信用情報機関って?

                  個人の信用情報は信用情報機関で、管理・保持されています。

                  日本には下記3つの信用情報機関があり、国内の金融機関はいずれかの信用情報機関に必ず加盟しています。

                  ・JICC(株式会社 日本信用情報機構)

                  ・CIC(株式会社シー・アイ・シー)

                  ・全国銀行個人信用情報センター

                  最近は2つ以上の信用情報機関に加盟している金融機関が多いです。

                  CICは主に、クレジットカード会社やローンを取り扱う銀行が加盟しています。一部の消費者金融会社も加盟しています。

                  JICCは消費者金融会社のうち、およそ80%が加盟している信用情報機関です。

                  全国銀行個人信用情報センターは銀行や銀行関連のクレジットカード会社が加盟しています。

                  金融機関と信用情報の関係性

                  ローンやクレジットカードに申込むと、「契約して問題ないか」を判断するため、金融機関は信用情報機関を通じて申込者の信用情報を確認します。

                  また、金融機関は利用者の状況(申込み・契約・借入れ・返済など)を逐一、信用情報機関に申告しています。

                  たとえば、消費者金融A社がCICに加盟しているとしましょう。

                  あなたがA社のローンに申込むと、A社はCICを通じてあなたの信用情報をチェックします。信用情報やその他の情報にもとづき審査を行い、問題なければ融資が実行されます。

                  そして、あなたがA社に申込み、契約、借入れ、返済した情報は、A社を通して、逐一CICに保存されるのです。

                  基本的に、金融機関は加盟している信用情報機関にある信用情報しか参照できません。

                  ただ、一部の情報は3つの信用情報機関で共有されているので、どの信用情報機関からも確認できます。

                  一部の情報とは、延滞、債務整理などのいわゆる事故情報、カードの紛失や盗難に関する情報、本人からの申告情報などです。このような情報は、3つの信用情報機関で共有されているのです。

                  在籍確認とは

                  キャッシングやカードローンを申し込むとき気になるのが在籍確認ではないでしょうか。

                  在籍確認とはお金を借りる際、申込書に記入した内容が間違いないかどうかを調べるための方法の一つとしてどのカードローン会社でも行っていることです。

                  キャッシングまたはカードローン会社からすれば、実際に借りようと申し込んできた本人がきちんとした収入を得ているかどうかは返済に関わる大切なポイントです。

                  キャッシングやカードローンの申込書には必ず勤務先がどこか会社名や所属先を記入する欄が設けられています。

                  その申込の内容の通りに、本当にそこで仕事をしているのかをチェックするのが在籍確認です。

                  キャッシングやカードローンの在籍確認のポイントは次の3点です。

                  1.審査するスタッフが個人の名前で電話を掛けてくる
                  2.本人が電話に出たら融資の在籍確認であると伝えられる
                  3.もし会社を休んでいたり、席を外していても、本人がその職場で働いていることがわかれば在籍確認となる

                  在籍確認は申込者の職場に電話して行われます。 キャッシングやカードローンの会社の担当者が直接会社に電話をしてくるのです。

                  こう聞くと、会社の上司や同僚に、自分がお金を借りようとするのを知られるのは嫌だ、と思うかもしれません。

                  しかし、融資を申し込むことはとてもプライベートでデリケートなことなので審査で電話を掛けてくる担当者も必ず「スズキと申しますが○○さんいらっしゃいますか?」といったように個人名を名乗って電話を掛けてきてくれます。 これは貸金業法でプライバシー保護をするよう定められていることでもあり、間違っても「○○キャッシングです」「○○カードローンですが」という電話で在籍確認されることはありませんので安心してください。

                  電話が掛かってきて本人が出て初めて、この電話がキャッシングやカードローンの在籍確認であることが告げられます。電話の内容自体はとてもあっさりしています。

                  電話で話す時間は在籍確認の場合、1分程度であることがほとんどです。

                  また、在籍確認でキャッシングやカードローンの申込者を確かめる場合、在籍確認した結果、審査が通らない場合もあります。 申込書の内容が正しければまず起きない事ですが、確認しておきましょう。

                  まず当然ですが、申込書の内容は現在働いている職場の連絡先を書かなければいけません。 働いていない会社だったり、以前は勤務していたけれどすでに退職している会社を記入するのは虚偽の申請として扱われます。

                  どんなにキャッシングやカードローンを利用したくて在籍確認をクリアしたくても、今後改めて申し込むことができなくなる可能性もあるので絶対にやらないようにししてください。

                  一番起こりうるのが電話応対をした職場の社員が、該当する社員は在籍していないと答えてしまうことです。 電話の声は聞き取りづらいこともあるため、「ヤマダさん」が「ヤマシタさん」と聞き間違えることもあるでしょう。

                  こうしたミスは大きな会社や複数の部署に分かれている企業ほど起こりやすくなります。 1箇所の所在地で何千人も働いているような場合、代表番号以外にも複数の電話番号があるのなら自分の所属に直通するものを記入するようにします。

                  とくに正社員ではなく派遣社員や契約社員、アルバイトやパートとして勤務していてキャッシングやカードローンを申し込んだ場合、在籍確認での行き違いが起きやすいので注意しましょう。

                  審査のポイント

                  上記で審査のポイントについて説明してきましたが、カードローン審査についてのポイントを簡単にまとめたいと思います。

                  まずはカードローンの審査の基本的な対象者は、返済能力があって、安定した収入がある人です。それ以外には

                  ・年収・・・借入額の限度額の判断基準にもなります。

                  ・住まい・・・賃貸より持家の方が有利

                  ・勤続年数・・・長く同じ会社で働いている方が有利。1年未満はかなり不利。

                  ・電話・・・携帯電話だけでなく固定電話があるほうが有利

                  ・滞納金・・・公共料金や信販会社からの滞納がないか等

                  申込書類に嘘を書いてはいけませんが、上記のポイントを知っておくことが審査のコツとも言えます。

                  事実であることが前提ですが、できるだけ審査に有利な情報を申込書には記載しましょう。

                  カードローン審査でやってはいけないこと

                  カードローンに申し込むにあたり、絶対にやらない方が良いことがあります。

                  ●複数の会社に同時に申込み

                  審査に落ちるかもしれない、急いでいる、という理由から、複数の会社に同時に申込みをする人がいますが、これは、やめたほうが良いです。

                  通常、カードローンの申し込みをすると、個人信用情報機関を通じて、即座に審査担当者が確認することができます。

                  複数の金融機関に同時に申込みをすると、個人信用情報機関には、申込み記録がいくつも残ってしまいます。審査担当者がこれを見た場合、ポジティブに働くことはあり得ません。他社でも貸してもらえなかった、貸し倒れのリスクがある、総量規制を超える可能性があるなどの理由で、審査担当者は、申込み者に対して、ネガティブな印象を持ちます。結果的に審査に落ちる可能性も高くなります。

                  ●申込書に虚偽の内容を記載すること

                  申込書に虚偽の内容を記載すると、たいていの場合、ばれます。これも審査担当者に悪印象なので絶対やめてください。

                  特に、現在の債務状況などは、審査担当者は、各信用情報機関で裏をとることができるので絶対に嘘を書くのはやめましょう。

                  ●申込みに不備がある

                  不備があって審査に落ちたらもったいないです。

                  一度審査に落ちると、次の審査も通りにくくなる可能性があるので、最初が肝心です。情報の記載には最新の注意を払いましょう。

                  カードローン審査についてまとめ

                  如何でしたでしょうか?

                  カードローンの審査はポイントさえ押さえれば、難しいことではありません。

                  申し込みをしっかりすることができれば、審査に通るかどうかは結局のところ祈るしかありません。

                  ここに掲載しているカードローンについては現在、人気ランキングでも上位を占めているものばかりです。

                  カードローンの審査について不安な方は是非検討してみてはいかがでしょうか。

                  さらに利用後の返済方法やサービスなども理解しておけばキャッシング後もスムーズに利用できるでしょう。

                  年代別人気カードローン

                  20代~30代におすすめのカードローン

                  若い方は借入時間を気にされる方が非常に多いです!

                  また少額利用される方がほとんどなので無利息期間が付いてるカードローンがおすすめです。

                  関連記事