プロミスレディースのカードローン審査を徹底解説!即日キャッシングができるか合せて確認!

2018最新版
おすすめのカードローン10社を目的別に比較してみましょう
プロミスレディースのカードローン審査を徹底解説!即日キャッシングができるか合せて確認!

プロミスレディースはとても有名な大手消費者金融であるプロミスの女性専用のカードローンです。

ですので通常のプロミスと審査基準や審査の流れは基本的にほとんど変わりません。

女性でカードローンに申し込む際にオペレーターが男性だと相談しにくかったりと安心して契約をする事ができないといった方も多いと思います。

プロミスレディースはオペレーターも全員が女性で親身に対応をしてくれるので通常カードローンに申し込みにくいといった女性でも安心して気軽に申し込みをする事が出来ます。

まずはプロミスの審査についてしっかりと確認しておくことをおすすめします。

プロミスレディースのカードローン審査にかかる時間は?

ここではプロミスレディースのカードローン審査にはどれくらいの時間がかかるのかといった事を解説していきたいと思います。

基本的にプロミスレディースの審査にかかる時間は通常のプロミスカードローンと全く一緒です。

プロミスレディースの審査にはプロミスカードローン同様「お借入診断」と「申込時の本審査」の2つの審査があります。

「お借入診断」は申込をする前に簡単な項目を記入するだけでお借入が可能かどうかを診断できる簡易審査の様なものです。

このお借入診断では年齢、年収、現在の借入金額の3点を入力するだけで即時に暫定的にではありますが借り入れが可能かどうかを診断できる大変便利なものなので本審査を申し込む前に試してみることをおすすめします。

ただここでの審査はあくまで参考レベルなのでここで借り入れ可能と出たからと言って確実に本審査に通ると言ったわけではありませんのでご注意ください。

本審査についてですが本審査はインターネットや電話、無人契約機や書類郵送など様々な方法によるお申し込みをした際にまず行われる審査になります。

一番おすすめの方法がインターネットからのお申し込みになります。その理由はインターネットからのお申し込みはスピーディーで24時間365日好きな時にパソコンや携帯から簡単に申し込む事が出来るからです。

プロミスレディースは女性専用のカードローンになっておりオペレーターも必ず女性が対応してくれるので安心ですよね。

審査にかかる時間ですが申し込みをしてから最短30分で審査の結果が出るという大変スピーディーな最短30分となっております。

とても早いので即日キャッシング希望の方や急ぎでお金が必要になった方にはとてもおすすめです。

ただあくまで最短30分なのでその時の混雑状況や申し込んだ時間によって変わってくると思いますのでそこは確認してみることをおすすめします。

カードローン審査までの流れ

プロミスレディースのカードローン審査までの流れを説明していきたいと思います。

まずはお申し込みをする前に簡単3秒診断で借り入れが可能かどうかを診断する事をおすすめします。

この診断をする事でざっくりではありますがプロミスレディースから融資を受ける事が出来るかどうかといった事を知る事が出来ます。

これは何度受けても本審査には何の影響もないのでとりあえずまずは試しにやってみて融資が可能かどうかを知るということをおすすめします。あくまで仮の簡単な診断なのでここで融資可能となっていても本審査で審査に通らなかったという場合もあります。

簡単3秒診断で借り入れが可能という結果が出たら次に本審査への申し込みになります。

申し込み方法は様々な方法があり、インターネット、電話、直接来店、郵送による申し込みの中から選ぶことが出来ます。

一番簡単で便利なのがインターネットによるお申し込みです。

インターネットによるお申込みなら24時間365日店頭に行く事無く申し込む事ができ、融資まですべてインターネットで完結させる事が出来るのでおすすめです。※対象金融機関は200行以上あります。

自動契約機や店頭によるお申し込みの場合、審査の結果が出るまでの間待たなくてはいけません。

また郵送による申し込みは書類の郵送などでどうしても日数がかかってしまうので急いでいる方、即日キャッシングを希望している方にはあまりおすすめできません。

インターネット、電話、直接来店でのお申し込みをしたら審査が開始され最短で30分ほどで電話かメールの希望した方法で審査結果の連絡が来ます。

ただしこの時間は最短の時間であってその時の状況や申し込み時間によって最短30分は変わってきますので電話などで確認してみると良いでしょう。

そして審査の最後には在籍確認があります。

こちらも通常プロミス同様、プロミスレディースから職場へ実際に在籍をしているかといった確認の電話が入ります。

職場に電話が掛かってくるのはちょっとといった方も多いと思います。在籍確認はプロミスを名乗らず個人名で電話をかけてきてくれますのである程度の所は配慮してもらうことが出来ます。

プロミスレディースはオペレーターも女性なので気軽に申し込み後にオペレーターに相談してみると良いと思います。

在籍確認は最終審査のようなものなので在籍確認が取れれば審査は終了になります。

カードローン審査から融資までの時間

審査が無事に終わったら次は実際に融資を受ける手続きへと移ります。こちらも基本的には通常のプロミスと同じになります。

審査結果は電話かメールの希望した方法で連絡が来てそこで審査が通っていれば契約限度額が知らされます。

審査から融資までにかかる時間ですがこれは条件や方法によって変わってきます。

まず審査から融資までが一番早くおすすめな方法が三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座をお持ちの方が利用する事が出来る瞬フリです。こちらは申込から最短10秒ほどで三井住友銀行かジャパンネットの口座に振り込みでとてもスピーディーな融資を受ける事が出来ます。

時間も日曜日の21時~翌月曜の7時までと元旦以外は24時間いつでも即時振り込みが可能なので急ぎで融資を受けたいといった方や急にお金が必要になったといった方にはとても利便性が高いと言えると思います。

その他の銀行による振込融資は時間によって振込にかかる時間が変わってきます。

詳しくは下の表をご覧下さい。

その他の融資方法はATMによる融資になりますがこちらはプロミスレディースのカードを受け取ってからでないと融資を受ける事が出来ません。

なのでこちらの取引を希望される方はカードを無人契約機や店舗に発行しに行く必要があります。

プロミス自動契約機の営業時間は9:00~22:00(※一部21時もあります)なので、その間に行かなくてはいけないのでその日にカードを発行する事が出来れば即日キャッシングも可能ですが時間がないといった方などは振込による融資の方法を使うことをおすすめします。

ただATMによる融資は三井住友銀行やプロミスのATMはもちろんコンビニなどの提携ATMでも利用する事は出来ますので気軽にATMさえあればどこでも簡単に融資を受ける事が出来るといったメリットもあります。

プロミスと三井住友銀行のATMは手数料も無料です。その他のATMは種類や時間によって手数料がかかる事もありますので確認しておくと良いでしょう。

以上の事からプロミスレディースは即日キャッシングが可能なカードローンとなりますので急ぎの融資が必要な方にはとてもおすすめのカードローンだと思います。

カードローン審査の際に必要なもの

次にプロミスレディースのカードローンの審査の際に必要な書類などについて説明していきたいと思います。

プロミスレディースの審査に必要なものは基本的に本人確認書類と収入証明書の2点になります。

本人確認書類は免許証もしくはパスポートが必要になります。

収入証明書は50万円を超える融資の際に必要となりますので50万円以下の限度額の場合は基本的には収入証明書無しでも融資を受ける事が出来ます。

収入証明書として認められるものは源泉徴収所(最新のもの)・確定申告書(最新のもの)・給与明細書(直近2カ月+1年分の賞与明細書)の3点が認められます。

プロミスレディースは総量規制対象なので50万円を超える金額の借入をご希望の場合や他社借入合計額が100万円を超える場合にも収入証明書が必要となります。

収入証明書の提出が難しいといった方でも50万円までは収入証明書がなくても融資を受ける事が出来るというのはとても良いポイントですね。

プロミスレディースのカードローン審査方法

次にプロミスレディースのカードローンの審査方法について解説していきたいと思います。

こちらも通常のプロミスカードローンと同じで、下記のような事が大事なポイントになります。

・信用情報に事故情報が登録されていないかどうか

信用情報とは信用情報機関が管理している過去のカードローンやクレジットカードの契約情報や借入状況、返済状況などについての情報です。

この情報に長期延滞(2~3か月以上の支払いの滞り)、債務整理(合法的に借金を整理する事)、強制解約(長期延滞などにより強制的に契約を解除されること)、代位弁済(支払いが滞った時に保証会社が支払いを建て替えること)などの記録があるとそれが事故情報といい審査に落ちる事があります。

・貸金業者から年収の3分の1以上の借り入れがないかどうか

総量規制の法律により貸金業者(主に消費者金融やクレジットカード会社)からの借り入れは年収の3分の1以上は出来ないということになっています。

ですので他の貸金会社からの借り入れが年収の3分の1以上ある場合は審査に落ちる可能性が高くなります。

・他の消費者金融からの借入が5件以上ないかどうか

他の消費者金融などからの借り入れが5件以上ある場合は審査に落ちる可能性が高くなります。

この件数にクレジットカード会社は含まれません。

・1週間以内に他の貸金業者に申し込みをしているかどうか

過去1週間以内に他の貸金業者への申し込みをしている場合には審査に落ちる可能性が高くなります。

なぜなら短期間で申し込んでいると相当お金に困っていると判断されてしまうためです。

・安定した収入があるか

プロミスレディースの申し込み条件には安定した収入がある事といった条件があります。

これは毎月安定した収入が見込める正社員の方の方が審査に通るには有利であるという事です。

ただアルバイトの方でも審査に通らないといった事はありません。

・年金生活者・外国人はNG

年金による収入しかない方、外国人の方は審査に落ちる可能性が高いようです。

安定した収入がないと判断されるからでしょう。

・過去にプロミスで30日以上延滞した事がないかどうか

プロミスを過去に利用した事があって30日以上の延滞や7日以上の延滞を5~6回繰り返した場合審査に落ちる可能性は高くなります。

このような情報はプロミス内の情報には半永久的に残ってしまうので2度とプロミスでは融資を受ける事が出来なくなる場合もあります。

・過去にプロミスを利用した際に第3者が返済した情報がないかどうか

プロミスを過去に利用してその時に自力で返済が出来ず家族や友人が変わりに返済をした場合プロミスの社内情報に残っていて審査に通らない可能性が高くなります。

・特定の企業・職種で働いている

プロミスには反社会的な企業等の情報がありそういった企業に勤めている場合は審査に通る可能性が低くなっています。

またタクシーの運転手・芸能人・フリーランスの仕事・投資家など安定のしていない職種の方などは審査に通らない可能性が高いです。

・マイナス要素が多い

プロミスでは審査をコンピューターによって行っておりそこでマイナスの要素が多いと審査に落ちる可能性が高くなります。

ここでの審査では主に年齢や勤務先情報、健康保険の種類や住まいの種類などがみられる項目になります。

・申し込み時に嘘の申告をしていないかどうか

申し込み情報に偽りの情報を書いたり提出書類を偽装したりしてそれが発覚した場合審査に落ちるのはもちろん最悪の場合警察に通報されますので気を付けて下さい。

もちろん一度それをやってしまうとプロミス内の情報には一生残ってしまうので今後の融資が出来なくなります。

・在籍確認が取れたかどうか

プロミスの審査を通すためには基本的に在籍確認を完了する必要があります。

在籍確認がどうしても厳しいといった方は申込をした後に電話でオペレーターに相談してみるといいと思います。

プロミスレディースのカードローン審査にはこのような審査基準があります。

女性専用ということもあり安定した収入があれば主婦でも融資を受ける事が出来るというのはおすすめなポイントですね。

これらの条件をクリアしていれば審査に通る可能性は高いと言えるでしょう。

カードローン審査の時に大切なこと

プロミスレディースのカードローンの審査の際に大切な事はまず第一に審査基準をクリアしているかどうかという事ですね。

審査基準の一つでもクリアできないものがあると審査に通る可能性はとても低くなってしまいます。

逆にいえば全ての条件をクリアしていれば高確率で審査に通る事は出来るという事です。

プロミスレディースは在籍確認も相談すれば融通をきかせてもらえるそうですし審査書類も50万円までであればお借入総額により収入証明書類(源泉徴収票等)が必要です。など利便性もとても高いのでとてもおすすめのカードローンだと思います。

あと審査の際に大切な事は絶対に申し込みの情報や書類などに偽りの情報を書いてはいけないという事です。

これをやってしまうとずっとその情報が残ってしまい2度と融資を受けられなくなる可能性がありますし、悪質だと判断された場合警察に通報されてしまうといった事もあるので気をつけましょう。

なんといってもプロミスレディースは女性専用のカードローンなので女性でも気軽に安心して申し込む事が出来るといった事がメリットだと思います。

口コミ・評判を投稿しましょう!

メールアドレスが公開されることはありません。

口コミ・評判一覧

    年代別人気カードローン

    20代~30代におすすめのカードローン

    若い方は借入時間を気にされる方が非常に多いです!

    また少額利用される方がほとんどなので無利息期間が付いてるカードローンがおすすめです。

    関連記事