おすすめのカードローンランキング【2018年最新版】

2018最新版
おすすめのカードローン10社を目的別に比較してみましょう
おすすめのカードローンランキング【2018年最新版】
サービス名実質年率借入限度額審査スピード融資スピード詳細ページ
収入証明書不要事前診断無利息期間アルバイト・パート申込
J.Score(AIスコア・レンディング)

J.Score(AIスコア・レンディング)

0.9%~12.0%※①1,000万円仮審査最短30秒最短30分詳細はコチラ
―※③あり可能※②公式ページへ
プロミス

プロミス

4.5%~17.8%500万円最短30分最短1時間融資詳細はコチラ
―※⑤簡単3秒診断30日間無利息※②可能※①公式ページへ
アコム

アコム

3.0%~18.0%800万円最短30分最短1時間融資詳細はコチラ
簡単3秒診断最大30日間無利息可能※①公式ページへ
オリックス銀行カードローン

オリックス銀行カードローン

1.7%~17.8%最高800万円詳細はコチラ
可能公式ページへ
SMBCモビット

SMBCモビット

3.0%~18.0%800万円最短30分※①最短即日も可能※②詳細はコチラ
簡単お借入診断可能※③公式ページへ

アイフル

3.0%~18.0%800万円最短30分最短1時間融資詳細はコチラ
簡単1秒診断初回限定30日間可能公式ページへ
女性に人気のカードローン
女性1番人気プロミスレディース

プロミスレディース

4.5%~17.8%500万円最短30分最短1時間融資詳細はコチラ
お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票等)が必要です。簡単3秒診断30日間無利息※②可能※①公式ページへ
J.Score ※①実質年率0.9%はみずほ銀行ならびにソフトバンクとの情報連携を行った場合に限り適用されます。
J.Score ※②満20歳以上、満70歳以下で安定した収入がある方
J.Score ※③ジェイスコアの契約極度額が50万円以下かつ他社を含めた借入総額100万円以下の場合
プロミス ※①主婦・学生:安定した収入がある方に限る。
プロミス ※②30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
プロミス ※⑤新規申込のお客さまでプロミスのご利用限度額が50万円を超えるお客さまは収入証明書類の提出が必要です。
アコム ※①20歳以上で安定した収入がある方であればご利用可能。
プロミスレディース ※①主婦・学生:安定した収入がある方に限る。
プロミスレディース ※②30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
SMBCモビット ※①申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
SMBCモビット ※②14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
SMBCモビット ※③アルバイト・パートを含む安定した収入がある方。

あらゆる特徴を持ったカードローンが存在する中から、総合的に見て評価の高いものをランキング形式でご紹介します。

それぞれを比較しながら、自分に合ったカードローン選びの参考にしてください。

おすすめカードローンランキング

金利、限度額、審査の難易度、使いやすさなど、カードローンを評価する上ではいくつものポイントを押さえなければなりません。

まずはあらゆるポイントを踏まえて出したおすすめのカードローンランキングを紹介しますので、ひとつひとつの特徴をチェックしていきましょう。

    第1位:J.Score(AIスコア・レンディング)

    実質年率最高限度額審査時間最短融資
    0.9%~12.0%※①1,000万円仮審査最短30秒最短30分
    アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
    可能※②―※③あり

    日本で初のAIスコアによる、レンディング(貸付)を行うのが、AIスコア・レンディング。 J.Scoreはみずほ銀行と、SoftBankが共同で設立した会社が「未来への投資」という形でスコアリングを行い、そこから貸付額が決まる新しい型のサービスを提供しています。

    金利は0.9%~12.0%と消費者金融、銀行と比較してみても低く、また契約極度額も1000万円まで。更に申し込みの時間帯によっては最短で30分で融資可能なシステムでの対応を行っています。

    デモAIスコア体験も可能ですし、正確なAIスコア診断も最短なら2分で完了できます。

    WEB上で審査申し込みが完了できるので、人に知られることなく、24時間申し込み可能ですからお急ぎで必要な状況でも利用である所も魅力でしょう。(ただしメンテナンス時を除く場合)

    特典についても、初回申し込みの方は利息のキャッシュバックを受けられたり、またみずほ銀行との情報連携特典として利息の引き下げも用意されています。

    • 詳細はコチラ
    • 公式サイトへ
    • J.Score ※①実質年率0.9%はみずほ銀行ならびにソフトバンクとの情報連携を行った場合に限り適用されます。
    • J.Score ※②満20歳以上、満70歳以下で安定した収入がある方
    • J.Score ※③ジェイスコアの契約極度額が50万円以下かつ他社を含めた借入総額100万円以下の場合
    • 第2位:プロミス (SMBCコンシューマーファイナンス)

      プロミス
      実質年率最高限度額審査時間最短融資
      4.5%~17.8%500万円最短30分最短1時間融資
      アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
      可能 ※①50万円まで簡単3秒診断30日間無利息 ※②

      プロミスは業界でも最大手の消費者金融カードローンです。

      現在、数多くのカードローン商品がありますが、その中でも圧倒的な人気を博しているのがプロミスです。

      プロミスが人気なのは、30日間の無利息サービスや即日キャッシング、SMBCコンシューマーファイナンスの商品であるという安心感、などといった理由が挙げられるでしょう。

      業界でも最大手のカードローンなので、利便性も非常に高く、利用者にとっては借り入れも返済も利用しやすいカードローンとなっています。

      • 詳細はコチラ
      • 公式サイトへ
      • プロミス ※①主婦・学生:安定した収入がある方に限る。
      • プロミス ※②30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • 第3位:アコム

      アコム
      実質年率最高限度額審査時間最短融資
      3.0%~18.0%800万円最短30分最短1時間融資
      アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
      最短1時間融資※①可能簡単3秒診断

      アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの国内でも有数の大手消費者金融です。

      また、マスターカードからもライセンスを与えられているなど、他とは異なる安心感もあります

      商品に関してですが、アコムの利点は最短30分での審査回答や、さらには最短即日での融資が可能ですので、お急ぎで借り入れしたい方には適した商品でしょう。

      また、eメールサービスや24時間返済可能なインターネット返済など、サポート体制が充実していますし、利便性も非常に高いので使い勝手の良いカードローンとしても評判です

      • 詳細はコチラ
      • 公式サイトへ
      • アコム ※①20歳以上で安定した収入がある方であればご利用可能。
    • 第4位:オリックス銀行カードローン

      オリックス銀行カードローン
      実質年率最高限度額審査時間最短融資
      1.7%~17.8%最高800万円
      アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
      可能

      高い限度額と低い金利が魅力のオリックス銀行カードローン。

      来店や口座開設は不要で、担保や保証人も不要で借りられるという利用者にとっては嬉しい特徴を取りそろえています。

      さらに、パートやアルバイトの方でも一定の収入、安定した収入があれば申し込みが可能ですし、 また、その金利の低さや限度額の高さ、銀行ならではの信頼性で人気が高いカードローンですので、複数の借金にお悩みの方は検討しても良いでしょう。

      • 詳細はコチラ
      • 公式サイトへ
    • 第5位:SMBCモビット

      SMBCモビット
      実質年率最高限度額審査時間最短融資
      3.0%~18.0%800万円最短30分※①最短即日も可能※②
      アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
      可能※③簡単お借入診断

      SMBCモビットは日本を代表する知名度と人気を持つカードローンです。

      社名は“Mobile”“Money”のMoと、データ単位のBit(ビット)という情報化社会にちなんだ語句を合わせた造語で、web完結申込に代表されるように、審査からお申込までのスピードの早さが特徴的です。

      また、SMBCモビットの大きな特徴として挙げられるのが在籍確認です。 通常、在籍確認と言えば電話での確認が一般的ですが、SMBCモビットでは書類による在籍確認の手続きが可能なとなっており、「他人にバレたくない」「会社への電話を避けたい」という方から特に多くの支持を集めています。

      • 詳細はコチラ
      • 公式サイトへ
      • SMBCモビット ※①申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
      • SMBCモビット ※②14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
      • SMBCモビット ※③アルバイト・パートを含む安定した収入がある方。
    • 第6位:プロミスレディース

      プロミスレディース
      実質年率最高限度額審査時間最短融資
      4.5%~17.8%500万円最短30分最短1時間融資
      アルバイト・パート収入証明書不要事前診断無利息期間
      可能※①お借入総額により収入証明書類(源泉徴収票等)が必要です。簡単3秒診断30日間無利息②

      プロミスレディースは女性専用のキャッシングサービスです。

      女性の中にはお金を借りることを男性には知られたくない方や男性オペレーターには話し辛いなど、様々な事情を抱えている方が大勢いらっしゃるでしょう。

      そんなときに、役立つのがこの女性専用キャッシングです。

      カードローンを初めて利用する女性向けに作られたサービスなので、女性オペレーター対応の専用お問い合わせ窓口を用意するなど、女性の利用者でも安心して利用できるようになっています。

      • 詳細はコチラ
      • 公式サイトへ
      • プロミスレディース ※①主婦・学生:安定した収入がある方に限る。
      • プロミスレディース ※②30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

    カードローンを比較するならここを見る

    各社様々な特徴をアピールしているため、具体的にどのような部分を見てカードローンを比較すれば良いか難しく感じる方もいらっしゃるでしょう。

    ここからは具体的なポイント別に、カードローンの賢い比較方法をご紹介したいと思います。

    金利

    まず第一に。消費者金融や銀行カードローンの金利を比較する時に注意しなければならないのは、最大金利です。

    ついつい、最低金利の方に目がいきがちですが、最低金利が適用されるのは限度額近く借り入れた場合が多いので高額での借り入れが認められていない限りまず適用されません。

    もちろん、金利が高く設定されればされるほど、借りたお金以上に支払う利息額が膨れ上がります。

    そしてさらに付け加えるとすれば、借入額に対して利息を何日分支払うのかという計算もしておいた方が賢明です。

    表示されている金利は年間にかかる利息を示しているのが一般的ですので、借り入れ額にその金利を掛けて計算したものを日割り計算すれば、おおよその利息負担額が分かります。

    具体的な例を出してみましょう。

    【30万円を年18.0%の金利で借り入れした場合】

    ・30万円×0.18が年間の利息なので、一年間で54,000円の利息が発生する計算

    ・年間で54,000円なので、÷365すると一日の利息はおよそ150円

    ・150円×30日でおよそひと月に4,500円の利息が発生する計算になる

    以上のような計算が成り立ちます。

    ただし、利息は月々の返済金額から引かれますので、上記のケースでひと月に一万円返済したとすると、4,500円は利息として引かれて、元金に充てられるのは5,500円になります。

    こうして分割で返済する場合は毎月一定の金利の支払いが必要となるため、返済金額が少ないほど、元金に充てられる割合が少なくなり返済期間が長引くだけでなく、金利の支払い総額も増えていくことが分かるでしょうか。

    つまりトータルでの返済負担を抑えたいなら、余裕がある時にこまめに返済していくことで、利用日数をなるべく短くすることが重要となるのです。

    返済方法や毎月の返済額は各カードローンによって違いますので、そちらも併せて確認しておくと良いでしょう。

    他にも、金利の面でカードローンを選ぶなら、下記のような各社の金利一覧を比較できるページを参考にするのがおすすめです。

    ⇒低金利のカードローンを一括比較

    最大限度額

    カードローンごとに「借りられるお金の上限」はバラバラに設定されています。

    まとまった融資を希望しているなら、限度額に余裕のあるカードローンを選ぶべきですし、自分の希望する融資額に見合ったものを厳選するのが重要です。

    とはいえ、カードローンごとに設定されている利用限度額とは、「誰でも借りられる上限の融資額」ではありません。

    例えば「最大限度額800万円」のカードローンがあるとしましょう。

    この場合、審査に通ると全員が全員800万円まで借りられる訳ではなく、審査においてひとりひとりに合わせて「融資上限額」が設定されます。

    つまり、「Aさんは融資上限額800万円」「Bさんは融資上限額50万円」などといった具合に、人それぞれ借りられるお金の上限は異なるという訳ですね。

    融資希望額については申し込み時に申告できるところが多いですが、「いくら借りられるか?」はあくまで審査において決定されることを覚えておきましょう。

    スピード

    冠婚葬祭のために、ある程度の現金が必要になった…。

    給料日まで、生活費が足りない…。

    このように、急な出費に際してカードローンの利用を考える人も多いのではないでしょうか?

    急ぎでキャッシングしたい場合、当然ながら少しでも早く申し込みから融資までを完了できるカードローンを選ばなければなりません。

    その際、以下のポイントを見ながらカードローン選びを行うと良いでしょう。

    1.申込方法:どのような申込方法が用意されているか?

    2.審査・融資スピード:審査及び融資までにかかる時間は公表されているか

    まず申し込み方法についてですが、例えば申し込み手続きの中で郵送を必要とするようなカードローンの場合、当然ながら即日融資は受けられません。

    また、店舗で申し込めるかネットでも申し込めるかなど、手続きにかかる手間次第では人によって融資までに相応の時間がかかる場合もあります。(仕事のため来店できない、など)

    そしてもう一点。

    審査・融資スピードについてですが、カードローンによっては、審査時間や融資までの日数などを公式情報としてリリースしているものがあります。

    これらの情報を元に比較していけば、急ぎでキャッシングしたい時、自分に最も合ったカードローンを見つけるうえでの参考となるでしょう。

    ⇒即日融資のおすすめカードローンを比較

    あなたに合ったおすすめカードローン

    カードローンを利用する目的や使い方は皆バラバラ。だからこそ、人によってカードローンごとに相性の良し悪しは異なります。

    ここからは具体的なシーンや特徴別に分けて、おすすめのカードローンをご紹介することにしましょう。

    初めてのカードローン

    カードローン利用の経験がない方に関しては、何より使いやすさ、分かりやすさが重要です。

    また、カードローンによっては初めての利用者限定の特典を用意しているところもありますので、うまく活用しながらお得に利用しましょう。

    初めてのカードローンの中では、特に「アコム」がおすすめです。

    ●アコムがおすすめの理由は?

    ・クレジットカードの大手国際ブランド「マスターカード」がライセンスを与えている、国内唯一の消費者金融

    ・初めての契約なら、30日間金利0円サービスが受けられる

    ・審査は最短30分、即日融資にも対応しているので急いでいる時にも安心

    ・返済日のお知らせなどを配信してくれるeメールサービスなど、サポートも充実

    できるだけ早くお金が欲しい

    お金を借りる際と言うのは、予想外の急な出費や一時的な利用になることも多いものです。

    しかしながらカードローンごとに、審査時間、融資時間は大きく異なるため、注意しましょう。

    少しでも早く融資を受けたい際には「プロミス」がおすすめです。

    ●プロミスがおすすめの理由は?

    ・業界最速融資で当サイト申込者数No1のスピーディなカードローン

    ・WEBからの申し込みは24時間365日受け付け

    ・最短1時間での融資も可能

    ・30日間無利息サービスがあるので、短期間の利用なら利息を大幅に抑えられる

    低金利でかりたい

    どんなカードローンでも、キャッシングしたらその後の返済には利息がプラスされます。

    カードローンごとに利息の設定値は異なりますので、少しでも余分な返済金額を抑えたいのであれば、低金利のカードローンを選びましょう。

    中でも特におすすめのは「J.Score(ジェイスコア)のAIスコア・レンディング」

    ●J.Score(ジェイスコア)がおすすめの理由は?

    ・多種・大量の情報を最新のAI(人工知能)技術で分析してスコア化し、これまでにはない審査を実現

    ・スコアが高いほどに融資の提供条件がお得に

    ・貸付利率(年率)は0.9%~12.0%※①とかなりの低金利

    ・融資も最短30分と、スピード感も抜群

    J.Score ※①実質年率0.9%はみずほ銀行ならびにソフトバンクとの情報連携を行った場合に限り適用されます。

    高額の融資を希望

    人によっては、カードローンで高額の融資を希望する場合も多いでしょう。

    カードローンの融資限度額は数万円~数百万円とピンキリですが、高額融資を希望するなら「みずほ銀行カードローン」がおすすめです。

    ●みずほ銀行カードローンがおすすめの理由は?

    ・限度額が最高で800万円と業界でもトップクラス

    ・金利も年2.0~14.0%と非常に低金利

    ・口座引落の際に残高不足だと、不足分を自動で貸し出す「自動融資サービス」を提供

    女性に人気

    女性にとっては、まだまだカードローンも身近な存在とは言えない部分があるかもしれません。

    しかし、いくつかのカードローンでは女性向けに特化した商品が提供されており、カードローンになじみの薄い女性でも安心して利用できるよう工夫が凝らされています。

    中でも特に女性から支持を集めている「プロミスレディース」をご紹介しましょう。

    ●プロミスレディースがおすすめの理由は?

    ・女性オペレーターが対応してくれる、安心の女性専用ダイヤルを用意

    ・主婦、学生でも安定した収入があれば申し込み可能

    ・商品の基本的な内容はプロミスと同じなので、スピーディでなおかつ使いやすい点も魅力的

    カードローンキャッシングの注意点

    中小の消費者金融のフリーローンのなかには、一度借りたら返済するだけで、枠内融資を受ける場合は、その都度審査を受ける必要があるものもあります。

    これは、債務者の与信をその都度チェックすることで、返済不能に陥らないようにするためでもあり、債権者も貸し倒れのリスクを抑えるためでもあります。

    しかし、カードローンの場合、一度与えられた限度額は、よほどのことがない限り減額されることはありませんし、枠内であれば審査なしでいつでも自由に引き出せます

    これは毎回審査を受けて契約更新しなければならないローンと比べると、非常に大きなメリットになります。

    一方で、枠内であればいつでも自由に引き出せるということで、カードローンに対して借金の感覚が薄れてしまうという面もあります。

    一度カードローンをつくると借りる返すをずっと繰り返してしまい、なかなか返済できずにいる方もいらっしゃいます。

    こうなると、金利だけで相当な金額を支払っていることになり、大きな損失です。こうならないようにしっかりと理解し、上手に利用しましょう。

    カードローンにはメリットとデメリットが表裏一体で存在していることを忘れてはいけません

    銀行カードローンと消費者金融カードローンの違い

    カードローンには大きく分けて2つあります。銀行カードローンと消費者金融カードローンです。

    この2つの一番大きな差は限度額にあります。

    消費者金融カードローンは貸金業法により、申込み者の年収の3分の1までしか貸しつけることはできません。

    一方で、銀行カードローンは銀行法が適用されますので、銀行カードローンであれば、与信次第では高額の融資も可能になります。

    また銀行カードローンの最大金利は15%以下のところが多いですが、消費者金融カードローンの最大金利は18%程度のところが多いです。

    つまり、銀行は長期で借り入れする場合にも適していると言えるでしょう。

    消費者金融カードローンにメリットはないのか?と疑問に思う方もいらっしゃるかと思いますが、消費者金融カードローンは無利息期間があります。

    これを上手に利用すると、例えば少額で短期の借り入れをする場合は借り入れから最初の1カ月で返済してしまえば利息はゼロで抑えられます。

    単に金利が安いものを選ぶのではなく、ランキングなどを参考にしてご自分の状況に合わせて適したカードローンを選択しましょう。

    上手にカードローンを使うためには

    間違いのないカードローン選びは、ポイントを抑えることが非常に重要です。

    手順としては、

    ランキングをみていくつかのカードローンをピックアップする。
    そのカードローンの詳細を見てメリットとデメリットを確認する。
    カードローンの公式ホームページで商品情報を確認する。

    こういった手順で安全なカードローン選びをしていくようにしましょう。

    しかし、いくらご自分に適したカードローンを選ぶことができても、その使い道を間違ってしまっては何の意味もありません。

    頻繁に借入を繰り返し、融資限度額が満額に達してしまい他のカードローンにも手を出して結果、多重債務になってしまうというのはよくある話です。

    カードローンと上手に付き合っていくには、キャッシングをするルールを決めることです。

    それはつまり、しっかりとした返済計画を立てることにつながります。カードローンランキングなどを利用して安全なカードローン選び、安全なカードローンの使い方ができれば、非常に強力な味方となってくれるでしょう。

    カードローン選びの落とし穴とは?

    消費者金融、銀行カードローン、非常に多くのカードローンがあります。

    その中から自分に合ったカードローンを選ぶこと、安全で便利なカードローンを選ぶことは難しいものです。

    そこで活用したいのはカードローン人気ランキングです。カードローン人気ランキングを見てみると銀行カードローンと大手消費者金融カードローンが並んでいます。

    銀行というのは利用者にとって非常に安心感を与えるものです。

    銀行カードローンや銀行グループの大手消費者金融カードローンを選ぶことの意味は大きく分けて二つあります。

    ・誰から借りているのか分かる安心感

    ・サービスの充実や利便性の高さ

    誰から借りているか分からない状況は精神的な負担が非常に大きくなります。

    また大手ほどサービスが充実しているという特徴があります。

    全国どこにいても利用ができる環境は借り入れや返済でも非常に便利に、そして有効に利用することができです。

    便利に使うことができるカードローンだからこそ、いつなんどきでも利用できる環境が整えられているということは大切なポイントになるでしょう。

    さらに現在では来店の必要なく利用のすべてを完結させることも可能になっています。

    カードローンの申し込み

    カードローンには様々な申込み方法があり、それは各カードローンによって違います。

    カードローンをお申込みする時にスムーズにお申込みできるようにカードローンのお申込みについて確認しておきましょう。

    申込み方法は?

    カードローンの「申込み」と聞くと、手続きを済ませるのに店頭まで足を運ばなくてはならないイメージがあるかもしれませんが、そんなことはありません。

    手続きの順序や流れは、それぞれ若干異なる部分もありますが、おおむね以下のような流れになります。

    申込書の記入・身分証明や収入証明となる書類のコピー提出

    申込書に記入するのは「個人情報」です。自身のプロフィールから家族構成、自宅電話の有無、自宅情報、勤務先情報など細かに記入します。

    保証会社による審査

    これは「申込者に返済能力があるか」どうかを判断する審査です。個人信用情報機関から申込者の信用情報を参照します。

    過去、現在のローンの履歴、金融事故(返済の延滞、不払いなど)の有無、他社への申込履歴などをチェックします。

    審査結果の確認

    審査時間は消費者金融より多少長くなるものの、最短即日で審査結果が通知される銀行も増えてきました。

    申込日時によって、翌営業日になるところもありますが、今は小一時間で済むところも増えてきています。気になる場合は申込前に一度確認しておきましょう。

    契約書類の記入・提出

    審査に通ったら、いよいよ本契約の手続きです。契約を交わす前に、もう一度、利用規約などの契約文書をよく読んでおくといいでしょう。

    カードローン開設・受け取り

    これも銀行によって開設までの時間が異なります。その場ですぐにもらえることが多いようですが、ネット申込、郵送申込であれば配送の都合上、カードが届くのに2~3日かかることもあります。

    在籍確認とは?

    どこでお金を借りるとしても、在籍確認については必ず行われます。

    消費者金融や銀行のカードローンはもちろん、クレジットカードにキャッシング枠を付ける場合であっても在籍確認が行われるようになっています。

    そもそも在籍確認とは、申し込み時に入力した勤務先や自宅の電話番号や住所が間違っていないか、職場に在籍をしているかを確認するものとなります。

    既に退職しているのに昔の勤務先を入力して申し込みを行う方も稀にいるため、各サービスともしっかりと確認をするようにしています。

    電話は金融会社の担当者の個人名となり、本人宛にかかってきます。電話を繋いでもらえばそこで初めて業者名やサービス名を明かされ、確認が取れましたとの話で電話を切ります。

    仮に席を外していたり休みだったりとしても、それは在籍をしている事実が確認出来るので問題なくクリアとなります。

    会社への電話無しで借りる場合には、有名どころではSMBCモビットのWeb完結があります。

    SMBCモビットのWeb完結ではいくつかの必要書類を揃えることで、会社はもちろん、自宅にも本人にも電話の無いキャッシングが可能となります。

    キャッシングともなるため、カードをなくしてしまう心配も、誰かに見られてしまう心配もいりません。

    分からない点、不安な点は、コールセンターに問い合わせて確認をしてみましょう。

    各カードローンの審査について

    貸金業法が改正されてからも銀行カードローンはもともと利息制限法内での貸付だった為、全く影響がありませんでした。

    それに加え貸金業法の適用を受けないことから総量規制も関係ありません。

    そして、一般的に銀行カードローンの審査は甘くないと言われてます。

    他のキャッシングで延滞をしている方や過去に事故情報があれば融資は通らない可能性が高いでしょう。

    しかし、総量規制の影響で、消費者金融カードローンは年収の1/3までしか貸付できない背景から、銀行カードローンは昔よりもずっと身近になっているのが現状です。

    高額の融資であれば銀行カードローンでないと貸付けてくれない場合もあるでしょう。

    また高額で無くても、他社に借り入れがあり、件数が多く消費者金融では断られた人も銀行カードローンで借りられたという方もいらっしゃるようです。

    もちろん、総量規制の対象でない方は消費者金融カードローンの方が審査を通過する可能性はあります。

    それは銀行カードローンには保証会社がついていて、銀行だけでなくて保証会社の審査もあるからなのです。

    審査項目自体は、銀行カードローンも消費者金融カードローンも変わりはありません。

    しかし、銀行カードローンの方がより、その項目におけるハードルが高くなっています。

    簡単に言うと、年齢、年収、他社借り入れ件数、借り入れ総額などですが、これらに少しでも傷がついていたり、虚偽があったりすると借り入れすることはできません。

    年収の3分の1以下の金額で審査が不安な方は消費者金融カードローンに申し込んだ方が得策といえるでしょう。

    オススメを参考にカードローンを選ぼう

    今回様々なカードローンをランキング形式で紹介するとともに、選ぶ際の注意点やポイントも合わせて解説してきましたが、イメージはつかめたでしょうか?

    お金の用途や利用環境が異なる以上、カードローンは人それぞれの好みや希望に合わせて選ぶの重要です。

    ご紹介したおすすめのカードローン情報を踏まえながら、自分にとって一番相性の良いカードローン選びの参考にしてみてください。

    年代別人気カードローン

    20代~30代におすすめのカードローン

    若い方は借入時間を気にされる方が非常に多いです!

    また少額利用される方がほとんどなので無利息期間が付いてるカードローンがおすすめです。

    関連記事