審査に通るカードローンとキャッシングを比較

2018最新版
おすすめのカードローン10社を目的別に比較してみましょう
審査に通るカードローンとキャッシングを比較

カードローンキャッシングをしたいと考えた場合、必ず通らなくてはならないものが借入れ審査です。

カードローンキャッシング=審査と言って過言ではありません。

借入れ審査という言葉を聞くと、非常に大きな壁だと感じてしまう方もいらっしゃるかもしれません。

借入れ審査の申し込みの際に、勤務先情報、勤続年数、家族構成や居住している住宅の状況、さらには、月収や年収、他社への借入れ件数や金額などを申告して、カードローン会社の借入審査基準に照らし合わせます。

なかには、ついつい大げさに報告したくなる方もいらっしゃるかもしれませんが、あまりに実態に即していない内容を申告してしまうと、かえって借入審査が通りにくくなってしまいますので虚偽の申告は絶対にしないようにしましょう

カードローンは、基本的に担保不要、保証人不要で借入れができるサービスですので、カードローン会社にとっては、申込みをされた方がきちんとした身元であるのかどうか、連絡がスムーズに取れる状態の方なのか、貸したお金を返す能力がある方なのか、就業状況が安定している方なのかなど、その方の信用を確認することが主な審査の目的となります。

  • プロミス
  • アコム
  • アイフル

審査に通過したい方は必見のカードローンキャッシング一覧比較

審査に通過したい方は必見のカードローンキャッシング一覧比較

年代別人気カードローン

年代別人気カードローン

借入審査の基準は?

借入審査の基準についてですが、カードローン会社や保証会社によって異なります。

基本的には、その人がどんな人であるのかを借入審査します。

●仕事、勤続年数

どんな仕事をしているのか、どのような規模の会社に勤めているのか、勤続年数はどれくらいか、など、返済に直接かかわる部分についての審査は最重要項目とも言えます。

●お住まい

次に、お住まいの住宅の状況も重要視されます。

自宅がご自身の持ち家なのか、家族所有のものなのか、または、賃貸住宅なのかも、その人の返済能力のバックアップとして確認されます。

●利用状況

それから、過去にカードローンを借りたことがあるのか、現時点での他社からの借入れ状況はどのようになっているのか、現在から過去に至って金融事故がないかなど、本人の返済能力にかかわる情報も借入審査基準として重要視されます。

●お金の使用用途

当然ではありますが、借入れしたお金の使い道も借入審査に影響してきます。

カードローンは、使途が自由なところが良い点でもあるのですが、だからと言って、「趣味のギャンブルに・・・」等の理由を審査の際に使途として申し出たとしますと、やはり借入審査は難しくなります。

カードローンの利用目的は、あくまでも健全な理由でなくてはいけませんのでご注意ください。

上記の借入審査を基準として、借入額が決定されます。

借入審査した時点での借り入れ限度をカードローン会社が提案してきます。

最近では、最初のご利用から大きな金額を借入審査してもらっても、なかなか希望通りの金額を融資してくれない場合が多くなっています。

借入審査要件をクリアしていても、初めて利用される方は、返済に関しての実績が当然ながらありませんので、その実績を積み重ねていただきたいという考えがカードローン会社の借入審査基準になっています。

アルバイトやパートの方でも借入可能なカードローンキャッシングを下記で比較しております。審査を実施する保証会社もしっかりと確認しておきましょう。

収入証明書不要や事前診断などもうまく利用して審査通過率を少しでも上げられるようにしましょう。

  • プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)

    プロミス
    実質年率 最高限度額 審査時間 最短融資
    4.5%~17.8% 500万円 最短30分 最短1時間融資
    アルバイト・パート 収入証明書不要 事前診断 無利息期間
    可能※① 50万円まで※⑤ 簡単3秒診断 30日間無利息※②
    保証会社(審査) プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)

    当サイト審査通過者No1の人気消費者金融カードローンキャッシング!

    アルバイトやパートの方でも借入可能!※①希望額50万円以下なら収入証明書不要で身分証明書だけでOK!

    借入審査が不安な方はまずは事前診断から試してみましょう。大凡の審査結果を数秒でお伝えして頂けます。

    時間に関してはとにかく早いの一言!最短審査30分で最短融資1時間※③です。

    初めての方なら30日間無利息※②でキャッシング出来るのも魅力の一つではないでしょうか。

    カードレス※④を選択すれば郵送物不要でOKです!申込完了後オペレーターに相談することで在籍確認に最大限配慮しています。誰にもバレたくない方は必見です。

    20~30代の若年層の方や少額を利用される方に絶大は人気を誇っております。

    ご相談などはこちらの0120-24-0365(窓口)からもお問い合わせすることができます。

    • 詳細はコチラ
    • 公式サイトへ
    • プロミス ※①主婦・学生:安定した収入がある方に限る。
    • プロミス ※②30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
    • プロミス ※③限度額50万円以内なら身分証明書のみで借入可能です。
    • プロミス ※④Web申込後、自動契約機で契約の場合でもカードレスは対応可能です。
    • プロミス ※⑤新規申込のお客さまでプロミスのご利用限度額が50万円を超えるお客さまは収入証明書類の提出が必要です。
  • アコム

    アコム
    実質年率 最高限度額 審査時間 最短融資
    3.0%~18.0% 800万円 最短30分 最短1時間融資
    アルバイト・パート 収入証明書不要 事前診断 無利息期間
    ○※① 簡単3秒診断 最大30日間無利息
    保証会社(審査) アコム

    初めてのお借入を希望の方はCMでもお馴染みのアコムがオススメ!

    アコムはマスターカードがライセンスを与えている日本国内唯一の消費者金融ですのでクレジットカード機能も付けられます。アコムが初めての方なら30日間無利息で借入可能です。カードローンキャッシング初心者の方には嬉しい特権ですね。

    もちろんアルバイト・パートの方でも借入可能です。

    プロミス同様、希望額が50万円以下なら収入証明書不要で身分証明書だけで借入出来ます。

    審査が気になる方は簡単3秒事前診断をお申込に必ずやってみましょう!

    急な出費にもすぐ対応してくれます!最短審査30分で最短1時間で借入可能です。

    ご相談などはこちらの0120-07-1000(窓口)からもお問い合わせすることができます。

    • 詳細はコチラ
    • 公式サイトへ
    • アコム※① 希望額が50万円以上の場合、収入証明書の提出が必要です
  • アイフル

    アイフル
    実質年率 最高限度額 審査時間 最短融資
    3.0%~18.0% 800万円 最短30分 最短1時間融資
    アルバイト・パート 収入証明書不要 事前診断 無利息期間
    50万円まで 簡単1秒診断最大30日間無利息
    保証会社(審査) アイフル

    消費者金融キャッシング大手であるアイフルは、アコムやプロミスのように銀行傘下に入ることなくあくまでも独自路線を貫き、独自のスコアリングシステムによる与信ノウハウで全国に店舗を展開しています。

    要するにプロミスやアコムとはまた違った審査になるということです。

    アイフルも希望額が50万円以下なら収入証明書不要で身分証明書だけでOKです。

    アルバイトやパート、フリーターの方でも借入可能です。但し審査前に簡単1秒診断は必ずやってみましょう。

    最短審査30分で最短融資1時間で対応してくれますので急ぎの借入でも安心です。

    少額キャッシングを希望される方の利用の方にも適してます。

    カードの受け取りにも配慮してくれます!誰にも知られずにカードの受け取りが可能です

    ご相談などはこちらの0120-201810(窓口)からもお問い合わせすることができます。

    • 詳細はコチラ
    • 公式サイトへ
    • アイフル※① アイフルの利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合。

借入審査を考慮したカードローンやキャッシングの選び方

いざ借入審査を申し込む際になって、ふと不安に感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

カードローンやキャッシングを取り扱う会社の信用度が気になるからだと思います。

必要なお金を借りるために、審査として個人情報を全て提示し、その会社の保証を担保にお金を借りたはずなのに、とんでもない高額な利息を請求され、借りた金額よりもはるかに多い金額の返済をしなくてはならない・・・などという状況になるかもしれないと不安になるものです。

●大手のカードローンやキャッシングを選びましょう

それらが現実として起こっているのは、闇金融業者に関してなのです。

街中で看板や電柱に貼ってあるチラシ、ポストに投函されているチラシ、またインターネットで検索した際とてもよい条件を提示している貸金業者は、まずは「あやしいかもしれない」と疑ってください。

カードローンをご利用される場合は、やはり大手が一番安心できるのです。

CMなどで見かける賃金業者などを出来るだけ利用されることをおすすめします。

審査などの不安から、大手はちょっと・・・という方でしたら、安全な会社を見極めるポイントは、聞いたことがある会社であるか、極端に低い金利を売りに「借りやすさ」だけを誇張していないか、「他社で断られたり、ブラックでも大丈夫」などと審査の甘さを強調していないか、担保を取ったり公正証書を作らされないか、きちんとした登録賃金業者であるかどうか、などの点を注意して、どの会社のカードローンに審査の申し込みをするか判断するように心がけてください。

お金を借りる状況に後ろめたさを感じる方がいますが、それとカードローンやキャッシングを利用することは別の話です。

後むきに考えず、ちゃんとした賃金業者を選ぶようにしましょう。

●銀行カードローンと保証会社

なかには、かつて銀行カードローンで何社にも審査の申し込みをしたが断られた経験がある方もいらっしゃるかもしれません。

だからといって、悲観的になる必要はありません。銀行カードローンでも借入審査基準が緩い会社もあります。

また銀行カードローンの特徴として、借入審査をほとんどが保証会社に委託しています。

つまり、銀行カードローンの申込先が異なっていても、同じ保証会社を経由している可能性が高いのです。

逆説的に言えば、一つの銀行系カードローンの借入審査が通れば、多少借入審査基準の違いがあるにせよ、他の銀行系カードローンも通るという仕組みになっています。

銀行は、銀行法に基づいて基準を設け、消費者金融会社や信販会社が保証会社になって審査を担当しています。

保証会社もしっかり理解した上でお申込することが審査に通るカギになるのではないでしょうか。

銀行カードローンなら専業主婦やフリーターの方など収入が安定しない方でも受け付けている会社もありますので、詳細を確認して色々審査の面も含めて比較してみましょう。

ブラックと虚偽の申告は審査に落ちる可能性が高い

審査に通る基本的なポイントとしては、ご自身の信用情報がホワイトであること。信用情報が仮にブラックになっている場合は借入審査が通らないですので、もし信用情報に問題があるならば、一定期間カードローンの審査申込みを止め、信用が回復してから、再度カードローンの借入審査申込みをする方が良いでしょう。

さらに、カードローン申込み時に他社のカードローンで借入れしていない状態がベストです。

借入れ金額が借入審査に影響しますので、出来る限り借入れがない状態で審査の申込みをしましょう。

複数のカードローン会社の借入審査に落ちた場合でも、比較的借入審査基準が緩いカードローン会社に連絡をし、正直に「○○銀行と××会社に借入審査を申込んだが、断られてしまった。利用目的は・・・」と現状を包み隠さず申告したところ、借入審査に通ったという方も多くいらっしゃいます。

どんなに借入審査基準が緩めであっても、各信用情報機関に情報を照会しているであろうことは間違いないので、嘘や虚偽の情報を伝えても却って信用度を落としてしまう結果になりかねません。

そんな小さなことでも審査の結果が大きく変わってくる可能性があるのです。

どうしても審査に通過したい方は必見のカードローンキャッシング一覧比較!

気になる審査に合わせて一括で比較してみました!

下記で掲載中のカードローンキャッシングの審査をする保証会社は様々です。

全てアルバイト・パートでも借入可能です!身分証明書だけでOK!

さらに詳しく比較したい方は以下のサイトも参考にしてみましょう。

⇒カードローン審査を比較するなら、カードローンキャッシングNAVI

サービス名 実質年率 借入限度額 審査スピード 融資スピード 詳細ページ
収入証明書不要 事前診断 無利息期間 アルバイト・パート 申込
プロミス

プロミス

4.5%~17.8% 500万円 最短30分 最短1時間融資詳細はコチラ
50万円まで※⑤ 簡単3秒診断 30日間無利息※② 可能※① 公式ページへ
保証会社 プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)
プロミスレディース

プロミスレディース

4.5%~17.8% 500万円 最短30分 最短1時間融資詳細はコチラ
50万円まで不要 簡単3秒診断 30日間無利息※② ○※① 公式ページへ
保証会社 プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)
アコム

アコム

3.0%~18.0% 800万円 最短30分 最短1時間融資詳細はコチラ
簡単3秒診断 最大30日間無利息 ○※① 公式ページへ
保証会社 アコム
アイフル

アイフル

3.0%~18.0% 800万円 最短30分 最短1時間融資詳細はコチラ
50万円まで 簡単1秒診断 初回限定30日間公式ページへ
保証会社 アイフル
  • プロミス ※①主婦・学生:安定した収入がある方に限る。
  • プロミス ※②30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
  • プロミス ※⑤新規申込のお客さまでプロミスのご利用限度額が50万円を超えるお客さまは収入証明書類の提出が必要です。
  • プロミスレディース※① 主婦・学生:安定した収入がある方に限る
  • プロミスレディース※② 30日間無利息サービス:メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です
  • アコム※① 希望額が50万円以上の場合、収入証明書の提出が必要です
  • アイフル※① アイフルの利用限度額が50万円以下、且つ他社を含めた借入総額100万円以下の場合。

カードローンの種類と借入審査の特徴

気軽にキャッシングでご利用可能なカードローンですが、大きく分けて、3種類のカードローンに分類されています。

何年か前の金融再編が活発に行われた際に、カードローン各社がグループ再編され、銀行傘下に組み込まれた関係で、分類が難しいとも言えますが、消費者金融カードローン、銀行カードローン、流通系・信販系カードローンが主な分類となります。

それぞれを比較すると、おすすめのカードローンや人気があるキャッシングの特徴が見えてきます。

金利や限度額、返済方法や借入審査基準など、それぞれの特徴を把握していただき、ご自身に合ったカードローンを見つけていただければ幸いです。

消費者金融カードローンの審査について

数年前に大幅に改善された消費者金融業界ですが、以前の消費者金融のイメージはあまり好ましくないものだったと思います。

近年では、金利の設定や借入審査基準なども改正され、CMで見かける印象も随分クリーンになったと思います。

実際、問い合わせなどにも、とても親切に対応してくれますし、ご利用方法を間違えなければ気軽に利用できる便利なサービスがたくさんあります。

消費者金融カードローンのメリットは、借入審査基準が他の2種類に比べて相当に低めで、アルバイトやフリーターといった収入面で不安定な状況の方でも、審査をしてくれて、借入れが可能なところにあります。

借入審査にかかる時間も、他の2種類のカードローンにくらべると、審査時間が抜群に早いので、すぐに融資を受けたい方に便利なカードローンと言えます。

もちろん、消費者金融カードローンにもデメリットがあります。

それは、他の2種類のカードローンと比較すると、金利がかなり高めである点です。

金利が高く、月々の返済額が多くなると、当然ながら日常生活にも影響がでる可能性が出てきます。きちんとした返済計画を立ててからカードローンを利用されることをおすすめいたします。

銀行カードローンの審査について

銀行カードローンですが、3種類の中で最も人気があるカードローンと言えます。一番の特徴は、金利が低めに設定されている点です。

それから、銀行が取り扱っているキャッシングということで、確かな会社のカードローンを利用しているという安心感がある点も人気の理由です。

のちにトラブルを抱えるなどの心配を軽減してくれますし、使い慣れている銀行でのやり取りとなれば返済も楽です。

しかし、金利が低く、大手銀行が運営しているということで、その分、銀行カードローンは借入審査が厳しく、借入審査時間が長いとも言われます。

これらのデメリットを軽減する方法としては、既に普通口座を開設している銀行で、例えば、給与受取口座としてや、公共料金の支払い指定口座としてなどの利用実績が高い銀行で、カードローン発行の審査をお願いする事が大切になります。

これらの利用実績は、借入審査の際の信用度として判断されますので、借入審査基準がグッと低くなる可能性があるのです。

場合によっては、当初の提示されている金利や限度額が優遇される可能性もあります。

しかも、賃金業法の対象ではないローンと見なされるので、年収の1/3以内という限度額もありません。

ある程度まとまった金額で、かつ使途目的がハッキリしている借入れであれば、銀行カードローンがおすすめということになります。

●信用金庫カードローンの審査について

銀行カードローンの中でも、信用金庫は借入審査基準が緩い銀行カードローンと言えます。

しかし、信用金庫は信用金庫法に基づき、しんきん保証基金が保証会社として、借入審査を行っています。

ですので、いわゆる大手の銀行系カードローンとは違う機関が、異なる借入審査基準を基に借入審査を行っているということです。

つまり、銀行系カードローンの借入審査が通らなくても、信用金庫で申し込んだカードローンの借入審査が通れば、他の信用金庫でも借入審査が通る可能性が高いということです。そもそも論になりますが、信用金庫は地域の為の金融機関で、地域を限定する事により地域で集めた資金を地域の中小企業や個人に確実に貸すことができる金融機関なので、営利を目的としていません。

個人の信用がカードローンの審査基準を満たしていれば融資をしてくれます。

では、信用金庫が求めている信用とは何かということですが、単純ではありますが、信用金庫に口座を作り、出来る限りコツコツと貯金をし、信用金庫のローンで借入れをしている場合はきちんと返済し、返済実績を積み重ねていくことです。

可能であれば、メインバンクにし、給料振込口座として、または公共料金の支払い口座にするなど利用回数を増やすことで、更に審査の際の信用度が上がります。

ここで大事なのは、カードローンに限らず、借入れしたお金をきちんと返済しているという実績がさらなる信用を作り出すということです。

カードローンのキャンペーンなども頻繁に行っていますので、そういうタイミングで借入審査の申込みを行うのも良いかもしれません。

信用金庫の場合は、都市銀行や地方銀行とは異なり、まだまだ窓口で行わなければならない手続き等が沢山ありますので、出来る限り行ける範囲にある信用金庫をご利用される方が良いでしょう。

信用金庫が利用しているしんきん保証基金は、保証人となる事で顧客の借入れが簡単になり、生活向上するよう金融会社としての側面から支援する団体です。

もし銀行カードローンの審査は敷居が高いと感じていらっしゃる方で、信用金庫での審査申し込みを行ったことがない方は、ぜひ検討してみると良いかもしれません。

流通系・信販系カードローンの審査について

次に、流通系・信販系カードローンをご紹介します。

まず、第一に流通系・信販系カードローンのメリットは、借入れしやすいところが挙げられます。各社それぞれに特性がありますが、流通系・信販系のどちらのカードローンも銀行のATMで借り入れが簡単に行えるので、初めてご利用される方にも、利用しやすいサービス内容になっています。

その中で、流通系カードローンというのは、百貨店やショッピングセンターのようなお店が発行しているクレジットカードに付随しているカードローンの事を指します。

流通系カードローンを利用するメリットは、借入審査や審査後のカード発行が早い点が挙げられます。

百貨店やショッピングセンターの顧客獲得や販売促進が主な目的で発行しているため、借入審査やカード発行が早いのです。

最近では、利用するごとに発行店舗のポイントもついてくるというサービスが付いているカードローンもあります。

次に、信販系カードローンですが、信販会社が発行するクレジットカードに付随しているカードローンの事を指します。

信販系カードローンのメリットは、銀行系カードローンに比べて、比較的借入審査基準が緩い点が挙げられます。

キャッシング用に改めてカード発行をする必要がなく、普段持ち歩いているクレジットカードで借入れや返済が出来てしまうという便利さもあります。

一方、流通系・信販系カードローンにもデメリットがあります。

それは、銀行カードローンに比べて、金利が少し高めだということです。

それゆえ、長期間の借入れを考えている方などには、不向きなカードローンと言えるかもしれません。

短期間の借り入れを考えていて、すぐに必要な方には、審査が早いのでおすすめのカードローンだと言えるでしょう。

各カードローンの借入審査のまとめ

カードローンと借入審査の関係についてご紹介してきましたが、一般的には銀行カードローンは、その金融機関と保証会社の両社が借入審査を行います。

二段階の借入審査があるので、銀行カードローン以外のカードローンよりも借入審査が厳しいと言えます。

しかし、前述の通り、銀行カードローンは、金利が安く月々の返済額が少なくなる点や、その銀行の普通預金口座のキャッシュカードでそのままキャッシングが可能であったり、その普通預金口座が返済口座として利用できたりと、銀行ならではの安心で便利なサービスが利用できることになります。

信販系カードローンの場合は、保証会社のみが借入審査を行うカードローンとなります。カードローン会社専用のカードが発行され、ほぼ全ての金融機関からキャッシングをご利用できますので、便利なうえ、返済もすでにお持ちの金融機関の預金口座を指定できますので、新規口座開設などの手間もなく、銀行カードローンに劣らない人気のカードローンと言えます。

限度内であれば、必要な時にすぐに現金を引き出せるという気軽さも、カードローンの特徴ではないでしょうか。

カードローンのカードがお財布の代わりを果たしてくれているのです。

しかも限度額をオーバーしなければ、審査なしで何度でも借りることが可能なので、長期的に使いたい方や高額商品を購入する際にはとても便利な機能と言えるでしょう。

これらの便利さをサービスとしているカードローンですから、その分、カードローン会社も借入審査を重要視しているのです。

最近のカードローンの借入審査と特徴・雑学

カードローンやキャッシングのサービスの面から借入審査について解説していきたいと思います。

気になる在籍確認や低金利のカードローンなどの審査はどうなのかを追求していきたいと思います。他のカードローンキャッシングはカードローンおすすめを比較してみてください。

この辺りのこともしっかり踏まえた上でカードローンやキャッシングの審査に臨みましょう。

審査時の在籍確認について

カードローンの種類が増え、選択肢も増えた一方、在籍確認を行う会社が今なお多いのが現状です。

カードローンやキャッシング会社が在籍確認を今なお行っている理由は、勤務した経歴がない会社に勤めているという嘘の記載を行う方や、既に退職している会社に今も在籍していると嘘の記載をする方がいるからです。

ですが、嘘の記載をしていないのであれば、在籍確認を行う際に会社名や電話をかけた理由を他者に漏らすという事は決してありませんし、もし仮に電話に出られない場合で希望額が50万円以下なら収入証明書不要で身分証明書だけでも、在籍していることが確認さえできれば再度会社へ電話をするという事はありません。

審査の際に、時間の指定をして、確実に電話対応できる時間帯に電話をもらうという方法もあります。

それでも電話をかけられては困るという場合は、審査の申込書に「勤務先への電話をしてほしくない」と書きこんでみるのも一つの方法です。

近年では、WEBで申し込みを完結できるサービスを提供している金融会社もありますので、そちらを探して審査に申込してみましょう。

審査の厳しい低金利のカードローン

低金利カードローンは、多額の借入れを行いたい場合、長期の借り入れを希望する場合、特に効果的に返済額を低く抑えられるカードローンです。

例えば、100万円を1年間で返済する借入れを申し込んだ場合、実質年率が0.5%違っていると支払い金額は5000円違ってきます。

適用される実質年率は、利用者の信用度によって異なりますが、多額の借り入れを希望する場合は、低金利カードローンを探して審査の申込みをすると良いでしょう。

但し、低金利のカードローンはほとんどが銀行が提供しているカードローンです。

銀行の場合は保証会社と合わせて銀行独自の審査も加わるため審査が多少厳しくなってきます。

低金利とは別に無利息のカードローンなども御座います。

次で確認してみましょう。

意外と審査に通りやすい無利息期間つきカードローン

無利息期間がついているので、その期間内に返済が完了すれば利息はかからないサービスです。

お給料日までのつなぎとして、返済できるめどはあるが手元にお金がない場合など、無利息期間中に返済する見込みがある方には無駄なく借入れが出来るおすすめのカードローンです。

無利息期間があるカードローンキャッシングは、プロミスやアコムやアイフルなど銀行カードローンでは御座いませんので、銀行カードローンよりは審査が通りやすいのではないしょうか。

但し、無利息期間は最大で30日間しか御座いませんのでその後は通常の金利での借入になりますので注意は必要です。

即日審査でとにかく早い即日カードローン

即日という言葉通り、審査を申込んだその日にお金を借りたい方向けのカードローンです。

借入審査から審査通過後の入金までの手続きが比較的早いので、面倒な借入審査が苦手な方やお急ぎの方にはとても便利なカードローンです。

借入審査によっては、即日借入れにならない場合もありますので、審査についての情報はよく確認してから審査申込みを行ってください。

多額の借入れが可能なカードローン

借入れ限度額の大きいカードローンは、まとまった額の借り入れを受けたい方にとって便利です。

借入れ限度額の審査基準は、年齢や職業などの条件により金融機関が定めます。

当然ながら、学生など収入が不安定と見なされる場合は低く、社会人で定期的な収入が見込める方であれば高く設定される可能性があり、返済実績によってさらに信用度が増し、上限が引き上げられる可能性もあります。

カードローンを選ぶ際の目安として、金利を見る方も多いのではないでしょうか。

現在では、改正賃金業法が施行され、お金を貸す際の金利の上限は最高で20%迄となっています。

これ以上の金利を提示されたら怪しいと思ってください。

金利はいわば手数料です。借りる側の気持ちとしては、出来るだけ抑えたいものです。

欧米だと審査に通ることがステータス?

日本では、クレジットカードやカードローンと聞くと、借金、悪用される、高い金利、しつこい返済を求められる、審査が厳しいなどのちょっとキケンで危ないイメージが先行しているかもしれません。

闇金融と呼ばれるカードローン会社の怖いニュースなどから、銀行系カードローンはもとより、信販系カードローンや消費者金融系カードローンも全て怖いイメージがついてしまったのかもしれません。

元来、日本人は借金=悪のイメージをもっている文化なのかもしれません。

しかし、先進国、特に欧米文化では、日本文化とは異なり、クレジットカードやキャッシングを始めとするカードローンを使う生活は当たり前になっています。 お財布ではなく、カードを持ち歩く人の割合がとても高いのです。

一つには、ひったくりなどの犯罪の多さが考えられますが、最も大きな理由は、海外のカードにはステータスがあるからなのです。

「クレジットカード会社やカードローン会社がその人を審査し、審査基準を満たしていると判断されている方なので、カードを持っている」と判断されるのです。

逆に言えば、クレジットカード会社やカードローン会社のカードを持てない人は、カードローン会社が保証できない人=身元が怪しい人とも考えられるという発想なのです。

なので、海外でホテルに滞在する場合などでは、ホテルのグレードが高くなればなるほど、クレジットカードの提示を求められます。

クレジットカードが提示できない場合は、多額のデポジット=頭金を求められたり、宿泊を拒否されたりする場合もあるほどです。

海外、特に欧米文化でのクレジットカードやカードローンの持つ意味は大きくなっているのが現状です。

審査に通るカードローンとキャッシングのまとめ

いかがでしたでしょうか。

一言でカードローンと言っても、多種多様なサービスがあり各金融会社の特徴や審査もかなり異なってきます。

自分に一番合った借入方法を探し、きちんと返済計画を立て審査に申込みをしましょう。

また金融会社の借入審査基準なども異なります。

きちんとサービス内容や借入審査基準、その後の流れなどを把握して、審査申込みをされる事をおすすめします。

審査スピードもかなり早くなり、利便性も高まっているので便利で使い勝手がいいことは間違いありません。

カードローンやキャッシングと上手に付き合うことで少なからず助けられることもあるかもしれません。こちらのカードローンおすすめ比較TOPで、比較一覧をご確認ください。

ですがカードローンはあくまでも借入金であり、借金であることを忘れずに計画的に利用していきましょう。

年代別人気カードローン

20代~30代におすすめのカードローン

若い方は借入時間を気にされる方が非常に多いです!

また少額利用される方がほとんどなので無利息期間が付いてるカードローンがおすすめです。

関連記事

  • 審査の甘いカードローンが気になる!賢く選ぶポイントを解説

    無担保・保証人なしで、簡単な手続きによって手軽にキャッシングできる時代になりましたが、それでも希望すれば全員が審査に通過できるわけではありません。今回は「審査に甘いカードローン」や「各社の審査基準」などについて、分かりやすく解説します。

  • プロミスの審査を徹底解説!即日キャッシングできるか合せて確認!

    プロミスの審査はどのようなものなのか?即日融資はできるのか?疑問や不安に感じる部分を解消して、ほかのカードローンなどと比較しながら、メリット、デメリットを把握してください。また金利や返済方法なども詳しく解説しています。カードローンの口コミなども合せて確認してみましょう。

  • プロミスレディースの審査を徹底解説!即日キャッシングは?

    プロミスレディースの審査を徹底解説。即日キャッシングの審査について詳しく解説しています。即日融資はできるのか?気になる金利や審査の流れなどをまとめました。カードローンの口コミなども合せて確認してみましょう。

  • カードローンで借り換えしたい!審査に通るポイントとは?

    カードローン借り換えでおすすめのキャッシングを紹介!最新版で気になる審査基準や低金利などを比較して確認してみましょう。人気の口コミや即日融資のスピードなども参考してみましょう。

  • カードローン審査でのスコアリングとは?

    カードローンやキャッシングの審査で重要になるのがスコアリングです。個人信用情報機関に記録されている情報や内容を詳しく知っておくことで上手に利用することができます。口コミなども参考にすることでより深い情報を得ていただけるでしょう。

  • カードローンのクレヒスを確認して審査に通過しましょう

    カードローンやキャッシングの審査で重要になるのがクレジットヒストリーです。個人信用情報機関に記録されている情報や内容を詳しく知っておくことで上手に利用することができます。口コミなども参考にすることをおすすめします。