審査の甘いカードローンが気になる!賢く選ぶポイントを解説

2018最新版
おすすめのカードローン10社を目的別に比較してみましょう
審査の甘いカードローンが気になる!賢く選ぶポイントを解説
審査 甘い カードローン

無担保・保証人なしで、簡単な手続きによって手軽にキャッシングできる時代になりましたが、それでも希望すれば全員が審査に通過できるわけではありません。

今回は「審査に甘いカードローン」や「各社の審査基準」などについて、分かりやすく解説します。

カードローンの審査基準

カードローン 審査基準

銀行・消費者金融・信販会社など、現在では様々な会社が独自のカードローンを提供しています。

しかしながらどの会社でも明確な審査基準は公開しておらず、たとえ審査に落ちたとしてもその理由を知ることは出来ません。

ただし、あらゆるデータを参考にすると、カードローンごとに審査基準や難易度が異なるのもまた事実です。

気になるカードローンの審査基準や審査項目について、まずは基本情報を確認してみましょう。

カードローンの審査は甘いか厳しいか

契約や利用に「審査」が必要なのは、何もカードローンだけではありませんよね。

日常生活の中でも、以下のような様々な場面で審査が必要になるケースはご存知かと思います。

・マイホーム購入

・携帯電話購入、契約

・自動車の購入

・国からの支援(生活保護など)

・教育ローン、奨学金

・クレジットカード

・賃貸契約

では様々な審査を必要とする案件の中で、カードローン審査は甘い部類に入るのでしょうか?

結論から言えば、ある一定条件に該当している人はほぼ間違いなく審査に落ちてしまうため、一概に審査が甘い案件と分類することは出来ません

この条件というものの代表的な例のひとつが「信用情報」です。

信用情報とは

独立した第三者機関である「信用情報機関」にて収集・管理される情報のこと。
信用取引(割賦契約、クレジット、ローン関係)に関する個人の履歴が過去にまで遡って蓄積されており、以下のような情報が登録されています。

・契約者情報
・契約の申し込み履歴
・契約内容
・支払い履歴
・残高状況
・債務情報

つまり、クレジットカードや何らかのローン関連の申し込みや契約をした際の情報は、すべてこの信用情報機関に集められて保存される仕組みになっているのです。

また信用情報機関は、個人の信用情報を収集・管理するだけでなく、加盟会社から審査の際などに情報の照会を求められた際は該当者の情報を提供します。

以上のように、この信用情報はカードローン審査において、どんな会社であっても必ず判断材料としても用いられる仕組みになっています。

そして信用情報内に下記のような重大な金融事故関連の情報が確認された場合は、審査通過が非常に難しくなります

・長期の支払い延滞

・度重なる支払い期日の遅延

・代位弁済記録(契約者の代わりに保証会社が返済、支払いを行うこと)

・債務整理、自己破産の履歴

・契約の強制解約(契約者に問題がある場合の解約)

・短期間のローン、クレジット関係への申し込み履歴(通称:申し込みブラック)

重大な金融事故が信用情報内に残っている場合は、どんなカードローンを受けても審査に通るのは難しいと覚えておきましょう。

ただし、信用情報はあくまで「信用性」を図る判断材料として用いられるものですので、信用できるだけのプロフィールを持っている人なら、たとえパート・アルバイト、主婦でも融資を受けられる可能性は大いにあります。

カードローンはお金の貸し借りに関する契約ですので、「お金をいくら持っている人間なのか?」が最重要視されるのではなく「お金を返すだけの信用がある人間か?」が何より重視されると考えましょう。

自分の信用情報が気になる人は

自分の信用情報は「信用情報機関」に開示請求を出すことにより内容を確認できます。
日本には現在3つの信用情報機関が存在していますので、いずれかに申請してその内容を確認してみると良いでしょう。(申し込みを検討しているカードローン会社が加盟している信用情報機関がベスト)

なお、信用情報内の登録内容は種別ごとに保存期間が設定されており、該当期間を過ぎると信用情報内からその内容が消去されます。
そのため、たとえ現時点で信用情報内に金融事故情報などが記載されていても、一定期間待てばその内容は消えてしまいます。
カードローンへの申し込みは問題のある情報が消えてから実施するようにしましょう。

カードローンでは何を見られる?審査項目について

前述した信用情報だけでなく、カードローンでは申し込み者の様々な情報を元に総合的目線で審査が行われます。

審査項目についてまずは主な項目をまとめました。

1.属性

2.在籍確認

3.他社借入

4.個人の信用度

では順に解説していきます。

1.属性

属性とは申し込み者の氏名・住所・勤務先情報・年収・家族構成・住居情報など、いわば個人情報を総称した意味合いの言葉です。

この属性は基本的に申し込み者が自己申告する内容を元に収集され、ひとつひとつの項目を参考に「支出の状況」「社会的信用度」「万一のリスクへの備え」などが診断されます。

例えば、結婚していれば社会的信用度が高い、在籍期間が短いとすぐにやめてしまうリスクが高い、などとひとつひとつの項目が採点されるようなイメージを持つと良いでしょう。

2.在籍確認

キャッシング後の返済は、当然働いて得た収入がもとになっていると考えるのが普通です。

そのため、カードローン申し込み時には労働の裏付けとして、「申告した勤務先で本当に在籍しているか?」の確認がカードローン会社によって行われます。 これが俗に言う「在籍確認」と呼ばれるもので、基本的には勤務先への電話連絡にて実施されます。

もちろん在籍確認が完了しなければ審査が滞ってしまうだけでなく、審査に落ちてしまう可能性があることも十分理解しておきましょう。

同僚にバレてしまうか不安な場合などは、事前に正直に訳を話し、対策を講じておくのがベストです。

(在籍確認については申し込み者の要望になるべく配慮して、臨機応変に対応してくれるカードローンが多々あります。)

3.他社借入

この項目も各カードローンは非常に重要視される項目です。

まず第一に消費者金融や信販系カードローンでは、法律上の「総量規制」という取り決めにより、年収の1/3を超える融資は実施できません(他社借入も合算される)。

その他のカードローンでも収入から見て、借り入れ額の割合が多いとみなされると審査通過は難しくなります(上限でも50%程度が目安)。

また、借入額とは別に借入件数が多すぎる場合も審査ではマイナス査定となるでしょう。

目安として3件以上は黄色信号、他社借入が5件を超えるとどのカードローンでも審査通過は厳しくなります

※他社借入件数はあくまで借入残高のあるものが対象となります。契約のみで借入件数のないものはカウントされません。  

以上の3点が主にカードローン審査で見られる部分、審査項目になります。

ひとつでも重大な問題を抱えている場合は他の項目がいくら優れていても、審査に落ちてしまうことは十分に考えられますので、事前にセルフチェックしておくと良いでしょう。

銀行カードローンと消費者金融カードローンの違い

銀行カードローン 消費者金融 違い

カードローンを大きく二つに分類すると、銀行カードローンと消費者金融に分けることが出来ます。

意味合いとしては、「銀行の商品のうちのひとつである個人向け融資」が銀行カードローンで、「個人向け融資専門の会社」が消費者金融と考えてください。

ではこの二つを比べた時、商品の特徴や審査基準など、具体的にどのような点が異なるのでしょうか?

銀行カードローンの特徴

銀行カードローンと言っても、今や膨大な数の商品が存在するわけですが、個々の特徴を抜きにして、全般的に当てはまる共通の特徴をまとめました。

・消費者金融に比べて低金利

・総量規制対象外なので、利用者の年収に制限されることなく融資が可能

・住宅ローンなどと比べるとカードローン審査は通りやすい

・消費者金融よりも審査難易度は高め(銀行と保証会社、両方の審査を受ける必要があることなどが理由)

・審査時間が長引く傾向が高く、即日融資は難しい

見ての通り、審査難易度は高めだが金利は低い、というのが銀行カードローン全般に共通して言える特徴です。

この利点を活かすなら、長期借り入れやまとまった借り入れが向いていますので、目的に応じた使い分けも考えて良いでしょう。

消費者金融の特徴

消費者金融は銀行と異なり、事業の主軸自体が「個人向け融資」です。

そのため、銀行カードローンよりも実績や経験が豊富で、なおかつ長い歴史を持つ消費者金融も多いため、経験を活かした細やかなサービスが充実している印象を受けます。

では消費者金融全般に共通している特徴をまとめてみましょう。

・審査通過率は銀行カードローンよりも高め

・審査・融資スピードが速い

・無利息サービスを用意しているところも

・銀行カードローンと比べると金利は高め

・消費者金融よりも審査難易度は高め(銀行と保証会社、両方の審査を受ける必要があることなどが理由)

・使い勝手が良く様々なサービスが充実

この中でも、特に無利息サービスを用意しているような消費者金融なら、短期利用にはぴったりです。

使い方次第では金利0でのキャッシングも可能でしょう。

また、カードローンを利用する上での便利なサービスやサポート体制も充実していますので、初めての方でも使いやすいのが特徴的です。

「早く」「短期的に」「使いやすい」カードローンを求めるなら、やはり消費者金融がおすすめです。

⇒消費者金融各社の詳細、比較情報はコチラ

「審査が甘い」カードローンは危険

審査が甘い カードローン 危険

商品内容うんぬんでなく、「まずは何より審査に通ることを大前提」としている方にとっては、審査の甘いカードローンは確かに魅力的でしょう。

ですが「審査の甘さ」だけをアピールしたカードローンは非常に危険です。

審査が甘いとなぜ危険?

確かにカードローンは各社審査基準や融資条件が異なります。 そのため、すべてのカードローンにおける審査通過率は決して一定ではなく、通過率が高いところ、低いところが結果として出てくるのも事実です。

審査通過率だけを比較したなら、「審査が通りやすい・通りにくい」と分類することも可能でしょう。

しかしながら「ただ単に審査が甘いだけのカードローン」となると話は別です。

例えば、街中の張り紙や看板、ポケットティッシュなどの広告において、以下のような文言を目にしたことはないでしょうか。

・誰でも借りれる

・ブラックでもOK

・無審査で融資します

これらの文言を前面に押し出して集客している業者は、基本的に「闇金」などの悪徳業者です。

試しにテレビコマーシャルなどで宣伝している大手消費者金融や銀行カードローンのサイトなどをのぞいてみてください。

上記で示したような文言など一言も書かれていないはずです。

このような甘い誘い文句で集客するのは、たいていが違法な金融業者であり、借り入れ後に莫大な返済金を背負ったり、肉体・精神的攻撃を被り、取り返しのない事態に陥る可能性が高いため、十分に注意しましょう。

危険度が高い業者の特徴は?

違法業者のほとんどは、集客時のキャッチコピーや記載内容において、似通った特徴を持っています。

以下のような点が確認される業者は危険度の高い業者である可能性が高いため、覚えておきましょう。

違法業者の特徴
・審査の甘さを強調している(どんな人でも借りれるような文言)
・収入なしでも借りられると宣伝
・アピールしている融資条件があからさまに良すぎる
・連絡先が携帯電話の番号
・貸金業登録番号がない
・金利が明確に出ていない、もしくは年利20%を超えた金利(金利の上限超過)

また、最近では「ソフト闇金」と呼ばれる、こぎれいなサイトを用意しつつ、表面上丁寧な対応をしながら実が違法金利を巻き上げる手口も横行しているようです。

カードローン選びの際は、「審査の甘さ」だけで判断するのではなく、具体的な金利や融資条件なども必ず確認するようにしましょう。

カードローンを選ぶときのポイント

カードローン 選ぶ ポイント

審査が甘いだけのカードローンは危険だとすでにお伝えしましたが、では実際にカードローン選びを行う際、具体的にどのようなポイントを押さえておけば良いのでしょうか?

特に心掛けたいポイントは以下の3つです。

ここをチェック!
①借入額と返済日数で選ぶ
②審査スピードも確認
③短期間で複数申し込まない

ではそれぞれのポイントについて、具体的な解説を行っていきましょう。

借入額と返済日数で選ぶ

お金を必要とするとき、人それぞれ金額や返済計画などは異なります。

そしてカードローン自体もまた、金利や利用限度額は各社様々です。

従って、まずは「いくら必要で」「いつまでに返したいのか」自分の中で具体化してみると良いでしょう。

すると、借入額と返済日数について具体的なビジョンが見えてくるかと思います。

例えば「給料日までの生活費が足りず、少額のキャッシングを希望」。 これなら借入額は少なく、返済日数も短く済む可能性が高くなります。

かたや、「まとまったお金が必要になり、返済は月々分割で行う予定」といったパターンあなら、借入額は大きめに、なおかつ返済日数は長期にわたることが予想されます。

このように、借入額と返済日数について計画を立てると、

①借入額が少ないか、返済日数が短い
②借入額が多いか、返済日数が長い

大きく分けて上記2パターンに分類できるはずです。

①のパターンなら急な出費が多いでしょうし、なおかつ無利息サービス(期間は決まっている)を活用して金利を低く抑えられる可能性が高いため消費者金融がおすすめ。

逆に②のパターンなら利息の負担をいかに抑えるかがポイントですので、低金利である銀行カードローンがおすすめです。

審査スピードも確認

カードローンごとの審査時間、融資までの時間はまさしく「ピン・キリ」です。

最短1時間で融資を受けられるところもあれば、申し込みから融資まで1週間以上かかるところも珍しくありません。

必要なタイミングでキャッシングできるよう、これらカードローンごとの審査時間も事前に把握しておくようにしましょう。

金利や限度額などの商品情報だけで選ぶのではなく、「必要なお金を必要なタイミングで借りる」ことが何より重要であるのをお忘れなく。

とにかく急ぎでキャッシングしたいなら、審査スピードの速い消費者金融の利用を検討しましょう。

短期間で複数申し込まない

審査に不安を抱える人の中には、「落ちた時のことを考えて複数のカードローンへ申し込む」ことを考える人もいらっしゃるでしょう。

ですが短期間での複数申し込みは、ただそれだけで審査に落ちてしまう確率を大きくアップさせてしまいます

というのも短期間での複数申し込みを行うと、カードローン会社では以下のような可能性を疑うからです。

・よほどお金に困っている様子なので、返済してくれるか不安

・審査に落ちそうな自覚があり、何らかの問題を抱えている可能性がある

・まとまった資金を複数社から調達し、よからぬ目的に使うかもしれない

このように、短期間での複数申し込みは「疑われるリスク」を高めるだけのある意味デメリットしかありませんので、控えるようにしましょう。

すでに最近、他のクレジッカード・ローンなどに申し込んでいる場合は、いったん申し込みを控えて、一定時期(3か月ほどがベスト)待ってから改めて申し込むのが賢明です。

審査の甘いカードローンに関する解説まとめ

ここまで「審査の甘いカードローン」に関する情報を主に、審査情報やカードローン選びのポイントをまとめてきましたが、いかがだったでしょうか?

人それぞれ、キャッシングする目的もカードローンに何を求めるのかも異なります。

特に審査が不安な場合は、「審査の甘いカードローン探し」にだけ目が向きがちかもしれません。

しかしながら、すべてのカードローンにはメリットがあれば、逆にまたデメリットも存在するのです。

場合によっては「表面上良いように見えて」、実はデメリットしかない違法業者というのもたくさん存在します。

契約した後に後悔しないためには、カードローン選びのポイントや最低限の知識を念頭に置きながら、「総合的な目線」でカードローン選びを行うことが重要であると覚えておきましょう。

使い道や計画を踏まえたうえで、自分に合った借入・返済方法を確認しつつ、相性の良いカードローン選びを行うことをおすすめします。

今回ご紹介した内容を参考に、ぜひ比較も行いながら、自分にぴったりのカードローンを見つけてください。

以上、カードローン選びのポイントや注意点についてお伝えしました。

⇒おすすめカードローンの詳細、一括比較はコチラ

口コミ・評判を投稿しましょう!

メールアドレスが公開されることはありません。

口コミ・評判一覧

    年代別人気カードローン

    20代~30代におすすめのカードローン

    若い方は借入時間を気にされる方が非常に多いです!

    また少額利用される方がほとんどなので無利息期間が付いてるカードローンがおすすめです。

    関連記事