主婦でも借りれるカードローンとキャッシングを比較

2018最新版
おすすめのカードローン10社を目的別に比較してみましょう
主婦でも借りれるカードローンとキャッシングを比較

専業主婦で自分自身に収入の無い方は、消費者金融でキャッシングすることはできません。

これは総量規制という法律で制限されているものであり、年収の3分の1までしか借り入れできないためです。

これを当てはめると、専業主婦の方は年収が0円と判断され消費者金融カードローンではお申込みできない、となるのです。

しかし、現在は銀行でも積極的にカードローン商品を提供しています。

銀行のカードローンであれば、銀行法が適用され、貸金業法内にあるこの総量規制は適用されなくて済むのです。

つまり、銀行カードローンであれば専業主婦の方でもお申込みすることが可能ですし、審査に通過することができれば融資も受けることができるのです。

また、主婦の方でも専業ではなく、パートやアルバイトなど安定した収入があれば融資をしてくれる消費者金融はあります。

ご自分の生活状況に合わせてカードローン選びすることが賢いキャッシングの秘訣となります。

主婦でも借りられるカードローンはどこ?

まず、自分の中で借りる際の条件を明確にしておきましょう。

こと主婦の方がカードローンを利用する場合は、事前にカードローンの特徴などを調べておくことが非常に重要です。

即日キャッシングができるところや旦那にバレずに借りられるところ、口座を作らずに借入れできるなどどんな条件で借りられるのかから調べ、その中から自分に必要な条件に沿ったカードローンを選びましょう。

自分が借りたい理由や、今口座を持っているところなど、ご自身の現状と照らし合わせてキャッシング比較することも大切です。

銀行カードローンと消費者金融カードローンではスペックも大きく違いますのでしっかりと確認しておきましょう!

主婦がキャッシングするためのカードローンの審査

貸金業法改正による総量規制の制定により、主婦の方々のキャッシングライフは劇的に変化したと言われています。

自分に収入のある主婦と収入の無い専業主婦では申込みできるカードローンが違ってきますし、カードローンごとにカードローン審査は変わります。

ここでは主婦の方がキャッシングをする際に気をつけておきたいポイントについて紹介します。

総量規制とは?

総量規制とは個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みを言います。

このため、貸金業者は利用者とリボルビング契約を締結した場合、1カ月の貸付けの合計額が5万円を超え、かつ貸付残高が10万円を超える場合、毎月指定信用情報機関から情報を得て、残高を調べなければなりません。

さらに、貸付残高が10万円を超える場合には、3カ月以内に一度、指定信用情報機関から情報を得て、残高を調べなければなりません。

また、貸金業者が、自社の貸付残高が50万円を超える貸付けを行う場合、あるいは他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書類の提出を求めることになります。

専業主婦でも銀行カードローンなら融資可能?

総量規制では自分の年収の3分の1以上の金額を借り入れることはできなくなりました。

しかし、この総量規制は貸金業者に適用される法律なので、銀行には対象外となります。

つまり、収入の無い専業主婦の方でも銀行カードローンであれば融資をしてもらうことが可能なのです。

ただし、銀行カードローンであればどこからでも借り入れできるわけではなく、貸出条件は各銀行によって違いますので、注意が必要です。

本人に収入があることを規定で定めている場合は、専業主婦の方はお申込みできないので専業主婦でも融資OKな銀行カードローンを選びましょう。

カードローンに申し込む場合のポイントは以下の2つです。

●配偶者に安定した収入がある

専業主婦の方は銀行カードローンしかお申込みすることができません。

厳密に言えば、配偶者貸付を行っているところであれば消費者金融カードローンでも利用することができるのですが、このサービスを提供しているカードローンは多くありません。

専業主婦の方は配偶者の方に収入があればお申込みできる銀行カードローンがありますし、配偶者貸付など消去法で考えてみても銀行カードローンからキャッシングするのが現実的でしょう。

パートやアルバイトなどで働いている主婦の方は配偶者の収入に関係なく、カードローンにお申込みすることができます。

つまり、銀行カードローンだけでなく大手の消費者金融カードローンにもお申込みできるので選択の幅を広げることができます。

●配偶者にバレずに借りられる

銀行カードローンは、同意書やその他の書類を提出する必要もなく、夫や家族に内緒で借りられるようになっていますから、専業主婦でも安心して申し込みできるようになっています。

本人の申込だけで専業主婦でも借りられるのは銀行カードローンだけです。

同意書不要なだけでなく、審査の対象も申し込みをした専業主婦だけです。

借入をしたとしても、夫の信用情報に載ったり影響することはありません。

誰にもバレずに専業主婦でも借りられるという条件が揃っているのは、銀行カードローンです。

限度額の制限はありますが、家計を圧迫しない低金利で借りられ、知名度のある銀行から借りる安心感もあり主婦の方の利用も増えています。

収入があれば消費者金融カードローンでも借り入れが可能

上記のように、専業主婦の方でもキャッシングすることはできます。

また、夫の同意書と婚姻を証明できる書類を提出する条件であれば、融資を行ってくれる消費者金融カードローンもあります。

しかし大手消費者金融など(プロミス・アコム・SMBCモビットなど)で配偶者貸付を利用した専業主婦の融資を行っているところはありません。

やはり大手の消費者金融でないと不安な部分もありますし、キャッシングするうえで精神的な面は大きな負担になりますから、なるべく大手の消費者金融から借り入れすることをおすすめします。

となると、主婦の方は消費者金融から借り入れできないのか?と思われるかもしれませんが、パートやアルバイトなどして安定した収入があればお申し込みすることができます。

大手消費者金融カードローンのメリットは即日キャッシングが可能なスピード感と無利息期間などの独自のサービスです。

無利息期間を上手に使えば、利息を0に抑えることだってできます。

場合によっては、銀行カードローンよりもオトクに借り入れできるのです。

●アルバイトやパートでもご融資可能

パートやアルバイトでもご自身に安定した収入のある主婦の方は銀行カードローンでも消費者金融カードローンでもお申込みすることが可能です。

特に消費者金融カードローンは即日で融資を行ってくれるところが多いですし、一定期間の無利息期間もあります。

たとえば、少額の利用で1カ月で返せるほどの金額でのキャッシングであれば、プロミスやアコムなら利息はゼロで抑えることができます。

さらに、消費者金融カードローンには保証会社がありません。

銀行カードローンには保証会社がついていますので、その分審査が厳しいと言われています。

審査が不安な方、短期間でのキャッシングをお考えの方には適しているのは消費者金融カードローンと言えるでしょう。

●即日キャッシングも可能

消費者金融カードローンであれば、よほどのことが無い限り、基本的には即日キャッシングを行ってくれます。

当然、営業時間や必要書類などはあらかじめ把握して準備しておく必要はありますが、銀行カードローンと比較しても即日キャッシングのハードルは消費者金融カードローンの方が圧倒的に低くなっていますので、とにかくお急ぎであれば消費者金融カードローンを選択した方が良いでしょう。

たとえばSMBCモビットならWEB完結で申込みできるので、早い時間にお申込みが完了してうまくいけばその日の午前中に融資を受けることも可能です。

在籍確認はどうなるの?

通常、在籍確認は職場に電話がかかってきます。

しかし、専業主婦の申込みで在籍確認の電話がある場合、自宅もしくは携帯電話に連絡がきます。

この場合、希望連絡先を携帯電話にしておけば、カードローン会社からの在籍確認や問い合わせは自分の携帯電話にかかってくるので他の人が電話に出る心配もありません。

また、もし自宅を連絡先にした場合でも在籍確認の連絡でカードローン会社の方は会社名を名乗りませんので安心です。

利用者のプライバシーを第3者に漏らさないために、ほとんどの場合個人名でかかってきます。

一方でアルバイトやパートなどでも働いてる主婦の方には、職場に在籍確認の電話がかかってきます。

ですがこの場合も基本的には個人名で電話をかけてきます。

さらに、在籍確認の内容は本当に在籍しているかの確認だけで、電話にでて在籍していることが確認できたらすぐに電話を切りますのでほんの数分で終わります。

本人が会社にいない場合でも他の方が電話にでて、「今日はお休みです。」と言われれば、それでも在籍を確認できたことになります。

融資スピードと返済のポイント

主婦だからと言って、通常の融資や返済と何ら変わることはありません。

一般的には銀行カードローンより消費者金融カードローンの方が融資までのスピードは早いと言われています。

銀行カードローンが融資まで数日かかる場合があるのに対して、大手の消費者金融カードローンは即日キャッシングを実現してくれます。

返済方法はカードローンによって変わってきます。

銀行や大手消費者金融のカードローンであれば全国のコンビニATMと提携している場合が多いので利便性は高いと言えるでしょう。

融資の早いカードローンは?

主婦の方でキャッシングする場合、お急ぎで必要なことが多いようです。

そんな時に確実に早いスピードで融資してくれるのは、消費者金融カードローンです。

大手の消費者金融カードローンであれば、お申込み時間が遅くない限り主婦の方であれば、女性専用のプロミスレディースはその代表格でしょう。

女性スタッフが対応してくれるので安心してお申込みすることができます。

他にもアコムやSMBCモビットなどで主婦の方に対して融資を行ってくれます。

アコムやSMBCモビットにはお試し診断という、お申込みした場合に融資してもらえるかどうか事前に調べておけるサービスがあります。

これはあくまでも目安であり、実際の審査では結果が変わってきてしまう可能性もありますが、あらかじめ知っておくことは非常に重要です。

審査に通るまで何社も申し込むという方法を繰り返すと、信用情報にも傷がつきますし、何より時間がかかってしまいます。

先に審査に通る可能性が高いカードローンを知っていれば、先ほど名前を出した大手消費者金融カードローンであれば、お申し込みから1時間ほどで融資してもらうことも可能です。

とにかく融資を急いでいるという方は先にインターネットでお試し診断してから、ご自分の状況に適したカードローンを選ぶようにしましょう。

一番手間がかからない返済方法は口座引き落としです。これは自分の口座からの引き落としになりますので、いちいち店舗まで返済しに行かなくて済みますし、誰にも見られずに返済していくことが可能です。

もうひとつは銀行カードローンや大手の消費者金融カードローンであれば、全国のATMと提携している場合が多いので、お近くのコンビニATMから返済していくことができます。

どちらの方法でも合わせて使えますのでご自分の生活に合わせて、上手に利用しましょう。

主婦におすすめのカードローンのまとめ

主婦の方でも専業なのかアルバイトやパートなどで働いているのかで大きくキャッシングは変わってきます。

端的に言えばアルバイトやパートでも働いていて安定した収入があれば、基本的には銀行カードローンでも消費者金融カードローンでもお申込みは可能です。

一方、専業主婦の方は大手消費者金融カードローンでのキャッシングは難しく、銀行カードローンへのお申込みがメインになります。

銀行カードローンと消費者金融カードローンでは商品の特徴や詳細な仕様が違いますので、お申込みする前によくカードローンおすすめ比較TOPにてしっかりと違いの確認をしておきましょう。

年代別人気カードローン

20代~30代におすすめのカードローン

若い方は借入時間を気にされる方が非常に多いです!

また少額利用される方がほとんどなので無利息期間が付いてるカードローンがおすすめです。

関連記事

  • 人気のおすすめレディースローンを徹底比較!

    女性に人気のレディースローンを詳細に比較しています。気になる部分…ありますよね?人に知られたくない…、わからない事が多い…、丁寧に教えてほしい…、そんな望みに応える内容になっています。 審査に通るための詳細も解説しています。専業主婦の方でも利用出来るところ、アルバイトやパートでも借りれるところも数多くありますので、合わせて確認してみましょう。