総量規制対象外とは?審査基準・即日キャッシング・金利・返済・口コミをそれぞれ比較

2018最新版
おすすめのカードローン10社を目的別に比較してみましょう
総量規制対象外とは?審査基準・即日キャッシング・金利・返済・口コミをそれぞれ比較

総量規制とは、個人に過度の貸付を行わせないように、個人の債務の合計が年収の3分の1を超えてはいけないという貸付の規制です。

2010年の6月18日の改正貸金業法の完全施行により、総量規制は導入されました。

これにより、カードローンやキャッシングは大きく変わったと言われています。

たとえば、年収が300万円の人は3分の1である100万円までしか借りる事ができなくなりました。

これは1社からでなく、総額の債務での計算になりますので既に消費者金融やショッピングローンなどの借入がある場合は、借入上限額から差し引かれた金額までが融資可能額となります。

しかし、重要なのは、借入にも、「総量規制の対象となる借入」と「総量規制の対象にならない借入」があることです。

総量規制対象外について詳しく解説していますので、確認しておきましょう。


総量規制って一体なに?

カードローン利用者にとっても、これから初めてカードローンを利用する方にとっても総量規制は非常に重要です。

総量規制対象のカードローンや、限度額、必要書類などをあらかじめ知っておくことで融資までスムーズに進められることができます。

また、総量規制の抜け道として所得あるいは年収を水増ししてお申し込みする方がいらっしゃいますが、それは絶対にやってはいけません。

虚偽の申告をしても収入証明書の提出でバレてしまいますし、確定申告書の所得を多めに申告したとしても税金が大きくなってしまい、余計に首を絞めてしまいます。

しっかりとカードローンを選べば、高額な融資を受けられる可能性もありますし、年収の3分の1以上の金額のキャッシングも可能です。

総量規制の背景

総量規制はお金の借り過ぎで苦しむ人を減らすために施行された規制です。

総量規制ができる以前は、多重債務に苦しむ方の存在が深刻な社会問題になっていました。

平成17~18年頃には、借入件数5件以上の多重債務者が全国に230万人以上にものぼったと言われています。

このような事態を打開するため、平成18年に貸金業法が抜本的に改正されました。

そして、この改正の際に貸金業法に盛り込まれたのが総量規制です。

これにより高額の借り入れをする場合は収入証明書が必要になり、カードローンで身の丈を超えたキャッシングはできなくなりました。

貸金業側も利用者の債務状況を調べてから年収の3分の1までしか貸付できないので、それ以上の金額を融資した場合は罰せられることになります。

利用者にとっても貸金業者にとっても非常に影響のあった規制、それが総量規制なのです。

貸金業法とは

貸金業法とは貸金業者の事業登録や業務について、その適正化を図るための規制を定める法律です。

かつては「貸金業の規制等に関する法律(略称として貸金業規制法)」という名称でしたが、平成18年の改正により名称も貸金業法に改められました。そしてこの貸金業規制法にはいくつかの問題点が指摘されていました。

その最たるものが、いわゆる「みなし弁済」と呼ばれる制度です。

すなわち利息制限法所定の制限利率を超える利息の支払いがあった場合でも、一定の要件を満たせば、有効な利息の弁済があったものとみなすという制度です。

本来、利息制限法に違反する利息は無効のはずですが、これを有効なものとしてしまうというものですからこれが認められると明らかに利息制限法の消費者保護の趣旨と矛盾してしまいます。

またそれは、グレーゾーン金利の弊害を助長するという結果を招いていました。

そして消費者団体や弁護士・司法書士らの批判の声が大きくなってきたのもあり、最高裁判所はみなし弁済の適用を実質的に否定する判決を出していましたが、みなし弁済の撤廃を含む貸金業規制法の抜本的な改正を求める判決を出したのです。

この結果、みなし弁済の撤廃のほか、年収の3分の1を超える個人への貸付けを原則として禁止する総量規制がとりいれられ、他にも生命保険金による返済の禁止などの法改正が行われました。

総量規制対象外のポイント

高額の融資を希望する時はおのずと総量規制対象外のカードローンでキャッシングすることになるでしょう。

消費者金融カードローンは総量規制の対象なので、貸金業法でなく、銀行法が適用される銀行カードローンであれば、総量規制の対象外となります。

銀行カードローンというと敷居が高く感じられるかもしれませんが、銀行カードローンも消費者金融カードローンと仕組みはあまり変わりません。

ただひとつ、大きな相違点としては銀行カードローンには保証会社がつきます。

また、保証会社のカードローン審査も受けることになりますので、消費者金融カードローンよりも銀行カードローンの方が審査は厳しいと言われています。

では各カードローンが総量規制対象外の中でどのようなスペックを持っているのか確認しておきましょう。

限度額

限度額と収入証明書不要の融資額に着目すると銀行カードローンに分があるのがお分かり頂けるのではないでしょうか。

特に、収入証明書を用意せずに高い金額の融資を望めるのは銀行カードローンです。

また、消費者金融カードローンですと、総量規制のため表に記載している限度額までキャッシングする場合、単純に3倍以上の年収が必要になります。

金利比較

金利を見る時は100万円を超えるような高い融資額でない限り、最高金利を見ておくようにしましょう。

消費者金融の最高金利は総じて18%程度となっています。

一方銀行カードローンは、最高金利が15%以下のカードローンもあるのがお分かり頂けるかと思います。

銀行カードローンは審査が厳しい分、通過した時のメリットは非常に大きいと言えるでしょう。

総量規制が気になるぐらいの金額の融資をご希望の場合は、低金利カードローンを選ぶこともポイントです。

返済が高額、あるいは長期に渡る場合、金利の負担は大きくなりますので口コミなども参考にしてカードローン比較してしっかりと確認しておきましょう。

総量規制における年収とは?

「貸金業者は個人の年収の3分の1を超える金額を貸付けることはできない」という話でしたが、ここでいう「年収」には何が含まれるのでしょうか?

給与以外にも年収に含まれるものがあるので、確認しておきましょう。

どこまでが年収?

主に、下記の4つが「年収」に含まれます。

●給与収入

貸金業法における給与収入は、社会保険料などの控除分・賞与・各種手当(交通費・残業手当・住宅手当など)を含めた総支給額のことをいいます。

これは手取りではなく、控除前の額面ということになります。

●年金

年金は、大きく分けると公的年金(国民年金・厚生年金・旧共済年金)と私的年金(公的年金以外の年金)の2種類があります。

貸金業法では、どちらも同じ年金として「年収」に含まれます。

●不動産の賃貸収入

家や土地の賃料だけでなく、礼金・更新料・共益費・返還の必要のない保証金なども賃貸収入に含まれます。

ただし、事業として不動産賃貸業を営んでいる場合、その収入は含まれないので注意してください。あくまでも個人として不動産を賃貸している場合の収入が対象となります。

●個人事業の事業所得

事業所得とは、商業・工業・農業・漁業・自由業など、なんらかの個人事業を営むうえで得た所得のことを言います。

事業により得られた金銭から必要経費を除いたものを事業所得といいます。

年収に含まれないもの

総量規制でいう年収に含まれない収入にはどんなものがあるのでしょうか?

たとえば、次の6つはいずれも年収に該当しません。

  • 宝くじなどによる当選金
  • ギャンブルによる収入
  • 保険金による収入
  • 投資による収入(利子や配当による収入
  • 退職金など退職時の一時的な収入
  • 資産の譲渡により得た収入

上記のものは年収には含まれません。

ご自分での判断が難しい場合は

収入証明書は必要?

基本的には50万円以下なら自己申告で問題ありません。

しかし、下記のどちらかに該当する場合は収入証明書の提出を求められます。

  • 1つの貸金業者から50万円超の金額を借りるとき
  • 貸金業者からの借入総額が100万円を超えるとき

これも総量規制によって決まった縛りです。

たとえば、貸金業者Aですでに40万円のローンを組んでいる人が、貸金業者Bの60万円以上のローンに申込む場合、貸金業者Bからは収入証明書の提示を求められます。

収入証明書として認められる書類は?

収入証明書とは、その名の通り収入を証明する書類のこと。

具体的には、下記の書類が収入証明書として認められます。

  • 源泉徴収票
  • 支払調書
  • 給与の支払明細書(直近の2ヶ月分以上)
  • 確定申告書
  • 青色申告決算書
  • 収支内訳書
  • 納税通知書
  • 納税証明書
  • 年金証書
  • 年金通知書

上記のものが必ず認められるかは各カードローンによって違います。

お申し込み前にご希望のカードローンの公式ページを必ず確認しておきましょう。

総量規制対象外で即日キャッシングのポイント

即日キャッシングなど融資のスピードに関しては消費者金融カードローンの方が銀行カードローンよりも早いと言われています。

銀行カードローンでも即日キャッシングが可能なところはありますが、審査スピードでいえばやはり、消費者金融カードローンの方が確実と言えるでしょう。

また、融資制限である総量規制と審査スピードは異なるものですので、頭に入れておきましょう。

主婦は即日キャッシング可能?

専業主婦は基本的にご自身に収入がありませんので、消費者金融カードローンなどの貸金業者からのキャッシングはできません。

正確には配偶者貸し付けであれば、キャッシングは可能ですが大手の消費者金融カードローンはどこもこの方法での貸付を行っておりません。

調査に時間がかかるためなどの理由から専業主婦等の収入が無い人の利用を断っているようです。

キャッシングしたい主婦の方は

では総量規制のもとでは上記のケースのように全くキャッシングができないかと言われれば、そうではありません。

銀行カードローンは総量規制対象外ですし、銀行カードローンの中には専業主婦でも制限付きで利用可能としているところもありますから、審査を通過することができれば専業主婦であっても借入は可能です。

また、専業ではなくパートやアルバイトなどで安定した収入があれば消費者金融でもキャッシングすることは可能です。

つまり、主婦でも借りることはできますし、審査さえ通れば即日キャッシング可能なカードローンも多くあるのです。

ただし年収3分の1は一定の基準みたいなもので、総量規制対象外であっても元々の収入が低い方は融資額も少なくなる傾向にあります。

銀行カードローン

カードローンには大きく2種類あります。

銀行が提供している銀行カードローンと消費者金融や信販会社など銀行以外の金融機関が提供しているカードローンです。

どちらも融資限度額の範囲内で何度でも借りることができ、返済を分割して行うことができます。

銀行カードローンは、消費者金融のカードローンと比較すると低金利での借り入れが可能となっています。

金利が低い分、返済の際に必要な利息が少なく済みますので、返済の負担が軽減され、幾分か気楽に利用できるようになります。

借入限度額については、消費者金融系のカードローンの上限額が最大500万円程度までの設定であるのに対し、銀行カードローンでは、800万円や1,000万円まで借入限度額を設定できる銀行カードローンもあり、大口融資にも対応してくれています。

銀行カードローンの注意点

銀行カードローンは、消費者金融のカードローンに比べて低金利や高限度額というふうに借入条件が良い分、審査は厳しくなっています。

消費者金融が安定収入のある方には幅広く融資をします、というスタイルをなのに対して銀行カードローンは比較的生活にゆとりがあり、お金を融資するにあたり、きちんと返済できる可能性が高い方を対象としていると言えるかもしれません。

ただし、銀行カードローンの中には本人に収入がなくても配偶者の方に収入がある場合は、融資が可能なカードローンもあります。

一方、消費者金融のカードローンは、本人に収入がない場合は配偶者貸付という方法以外では貸し付けてくれません。

そのため、専業主婦の方は、銀行カードローンを検討したほうが良いでしょう。

総量規制対象外でキャッシングするメリットデメリットとは

総量規制にはメリットとデメリットが存在します。

総量規制にはどのような役割があり、どのように機能をしているのかを理解しておきましょう。

メリット

銀行は貸金業者ではないため総量規制対象外になります。

総量規制対象外は、年収の3分の1などの制限がありませんので、自らの年収の3分の1を超える融資を受ける事も可能です。

また、総量規制対象外の銀行は、低金利ですので、返済に含まれる利息が少なく済み、上手に利用すれば総支払額を減らす事も出来るでしょう。

●融資限度額に影響する
総量規制対象総量規制対象外
貸金業者からの借り入れ総額は年収の3分の1まで借り入れ金額に法律で決められた制限はない

消費者金融やクレジットカードキャッシングなどの貸金業は年収の3分の1までと決められています。

総量規制の対象ではない銀行カードローンは、そもそも銀行法に借り入れ金額を制限するための項目がありません。

そのため銀行が独自の審査で金額を決定しています。

●提出書類に違いがある
総量規制対象総量規制対象外
1社からの借り入れ金額50万円超

または

貸金業者全体からの借り入れ総額が100万円超の場合

収入証明書類が必要

収入証明書類提出は各銀行が決めたライン

総量規制対象では借入総額が年収の3分の1であることを確実にしなくてはなりません。

そのため借り入れ金額が大きくなると総量規制に基づいて収入を証明する必要があります。

しかし、銀行では収入証明書類の提出のタイミングは独自に決定しています。

ただし総量規制がないからといって無限にお金を借りられるわけではありません。

個人の返済能力を超えた貸付は行われません。

そのため銀行カードローンでも破格の融資額が決定するというケースはないでしょう。

返済をすることに困難が生じない程度の、収支バランスが取れた融資限度額が決定されるようです。

デメリット

総量規制対象外としてのメリットなどを中心に解説してきましたが、その対象となる銀行カードローンはやはり利用者にとっては魅力的であるいえるでしょう。

また、金利の低さや融資限度額の高さなどのスペックの面でも銀行カードローンは優れています。

しかし、その銀行カードローンの利用にあたってポイントを抑えておかなければ、利用者は思いがけない不利益を被るかもしれません。

ここではデメリットを紹介しておきます。

銀行カードローンの落とし穴とは

総量規制対象外の銀行カードローンと契約できれば利用者は年収の3分の1以上の金額であってもキャッシングできるわけですが、年収が少ないほど返済の負担は大きくなります。

この点を軽視した利用を続けていくと返済に苦労するだけでなく完済する目処が立たないような状況に陥ってしまう可能性があります。 銀行でも審査を通じて返済能力のチェックはしているものの、常に正確な評価できるとは限りません。

また、利用者の返済能力がローンの利用中にダウンすることもないとはいえないので、銀行側が評価している以上に自分の返済能力が借入額に見合っていないということもありえるのです。

年収の3分の1を超える借入残高になる状態では特に適正かつ実行可能な返済計画をたて、実際に実行していくとともに定期的な返済管理をしなくてはなりません。

反対に、利用者が年収の3分の1以下の金額で十分に借りられるだろうと思っていたとしても、銀行やその保証会社には独自の審査基準があるので審査通過できるとは限りません。。

借入残高が高額になるほど銀行カードローンの審査はより厳しくなっていきます。

また、借入残高の多い方の審査は長くなる可能性もあるので審査結果がいつでるか、借入れがいつできそうかということも公式ページなどでの確認も併せてしていく必要があります。

総量規制の例外

借り入れの全てが総量規制になるわけではありません。

よく、総量規制があるから、という理由でキャッシングを諦めている方がいらっしゃいますが、諦めるのはまだ早いかもしれません。

以下には、総量規制の対象とはならないローンの種類を並べています。

以下に当てはまるものであれば、総量規制にはひっかかりませんので、お申し込みすれば審査に通る可能性はあります。

総量規制対象外のローンの種類

一概に年収の3分の1と言っても総量規制の対象から除外されるローンもあります。

除外されているローンの金額は貸金業者からの借り入れには計算されません。

以下のものが総量規制対象から除外されているものです。

●住宅ローンや自動車ローン

家や土地などの不動産購入や、リフォームなど不動産改良のために組んだローンは総量規制の対象から除外されます。

また、土地購入費・着工金・中間金の支払いのための、いわゆるつなぎ融資も、同様に総量規制の対象から除外されます。

●担保がある借り入れ

自動車ローン

有価証券担保貸付

不動産担保貸付などは除外されます。

●高額療養費の借入れ

本人または生計をともにする親族の医療費や療養費のために貸金業者から借入れた場合、それらは総量規制から除外されます。

なお、ここでいう医療費・療養費とは、高額療養費制度で定められている自己負担限度額を超過した部分を指します。

●不動産の売却代金で返済できる借り入れ

売却を予定している家や土地があり、それを売ったお金で返済できる場合は、総量規制の対象から除外されます。

これらは総量規制の対象から除外されているので、年収の3分の1を超える金額であっても借り入れすることができます。

このように、全部が全部、総量規制の対象というわけではないのでよう確認しておきましょう。

おまとめローンとは

おまとめローン借り換えローンは総量規制の対象外です。

総量規制対象外にはいくつかあります。

実は消費者金融でも総量規制対象外となるローン商品があり、代表的なもので見てみるとおまとめローンがあります。

おまとめローンは総量規制例外貸付条項の「顧客に一方的に有利な借り換え」又は、「段階的に債務を減らす借り換え」に該当します。

おまとめローンのメリットは複数の債務を一本化することにあります。

債務を一本化すれば金利も今より低くなり、返済日を一つに絞ることができることから、返済の負担も精神的な負担も軽減することができるのです。

ただし、複数の借金を一本化するわけですから、借り入れ額は非常に大きくなってしまいます。

これでは、融資してもらうことはできないのではないか、とお思いの方もいらっしゃるかと思います。

しかし、上記にも記載がある通り、おまとめローンは「顧客に一方的に有利な借り換え」になりますので、総量規制対象外となり、審査に通れば融資を受けることは可能です。

複数の債務にお悩みの方は、おまとめローンを検討してみましょう。

おまとめローンにオススメのキャッシング

複数の債務にお悩みの方が、おまとめする場合返済の負担を減らさなければ意味がありません。

また、複数の債務がある状況では借入総額は大きくなっているケースがほとんどです。

そういった意味では、おまとめローンに適しているカードローンは銀行カードローンと言えるでしょう。 銀行カードローンの特徴にマッチしているのがおまとめローンであり、おまとめローン利用者の条件を兼ね備えています。 ただし、銀行カードローンは審査が厳しいですし、融資までに時間がかかることも少なくありません。 当然、おまとめローンに積極的な銀行と消極的な銀行に分かれていますので、カードローン口コミカードローンランキングなども参考にしてカードローンを選ぶことも非常に重要です。

総量規制ついてまとめ

以上が総量規制に関する詳細です。

最後に総量規制について重要なポイントをまとめておきます。

Point1
年収の3分の1以上の融資を貸金業者から受けることはできない。
Point2
年収は自己申告ですが、収入証明書を求められるケースもある。
Point3
おまとめローンは総量規制の例外となる。

カードローンを利用する時、ご自身の年収の3分の1を超えるような高額の金額であれば、総量規制対象外の銀行カードローンをおすすめします。

また、給与収入以外でも年収に含まれるものがありますので、その点もしっかりと把握しておきましょう。

年代別人気カードローン

20代~30代におすすめのカードローン

若い方は借入時間を気にされる方が非常に多いです!

また少額利用される方がほとんどなので無利息期間が付いてるカードローンがおすすめです。

関連記事